yomodさんの映画レビュー・感想・評価

yomod

yomod

映画(419)
ドラマ(7)

若おかみは小学生!(2018年製作の映画)

5.0

若おかみと黒魔女さんの青い鳥文庫二強時代のど真ん中にいたので、本気でくらった。原作を超超超大切にしている映画だと私は感じました、本当にありがとうございます…… 優しいアニメーションだ

スキン~あなたに触らせて~(2017年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

蔑視しかないこの世を風刺しつつ、でもそんな中でも救いはあるかもね という最後のメッセージ、そして結局その主人公達が女性なのが良かった。残酷だけど
何回も言ってますが恐怖や不安の象徴としてパステルカラー
>>続きを読む

泣きたい私は猫をかぶる(2020年製作の映画)

-

新海誠/RADのタッグを、コロリド/ヨルシカでやってみた感がある。劇伴は色んなアニメの匂いがした…
タイトルの付け方はお洒落だな〜と観ながら思った

アクアマン(2018年製作の映画)

-

なろう系が海外で大人気な理由、こういう王道の観るとめっちゃわかる。挿入歌がダサい

ジャージー・ボーイズ(2014年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

お約束バンドメンバーの軋轢はもちろんあって、でも例えばフレディが堂々主役だったボヘミアンラプソディと違うのはこの映画からはバンドが"主人公"だという印象を強く受けたこと。なので喧嘩パートはかなりハラハ>>続きを読む

そうして私たちはプールに金魚を、(2016年製作の映画)

5.0

このニュースのことはなんとなく覚えていた。北関東出身とかもうなんかの呪いだろと思ってた頃が私にもありまして(今もですが)、あの悲観とダサさが絶妙だった。破茶滅茶な"2012年の中学生像"もあはは って>>続きを読む

たまこラブストーリー(2014年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

とにかくラストシーンで身体がぶわっと熱くなった。やっぱりたまこは勢いのまま走るんだ。そこが超良くて泣いた

テレビ版でずっと覗かせてきた色んな人の感情がちゃんと映画に繋がっていて、そこもめちゃくちゃ感
>>続きを読む

名探偵コナン から紅の恋歌(2017年製作の映画)

5.0

ストーリーはクロスロードの方が好み、でも倉木麻衣先生がエンディングなのでもう何でもいいです。ただポスターの着物哀ちゃんが本編に出てこなくてそこはキレた

LUPIN THE IIIRD 次元大介の墓標(2014年製作の映画)

5.0

ロマン過多で死んだ。おちゃらけが一切無い。全部の台詞が必然って感じだった

はじまりへの旅(2016年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

グッド!どのシーンも良かったけどラストが1番爽やか。火葬のシーンにかけて色が増えてどんどん鮮やかになった気がする、明るい気持ちになれた

良いなと思ったとこ:スーパーの店内BGMがタイタニックのダサア
>>続きを読む

劇場版『えいがのおそ松さん』(2019年製作の映画)

-

このアニメを哲学の視点からガチ考察してた松クラスタの友を思いながら観た、つーか六つ子歳下なのか…

エヴォリューション(2015年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

妊娠や出産は神秘的だしグロい。出産時の死ぬほどの苦痛も、その為だけの月経も女だけの呪いみたいなものだ。なんで腹が異様な程膨らんで十月十日で人間が産まれるのか意味わからん。管理側が女(のようなもの)だけ>>続きを読む

The Beguiled/ビガイルド 欲望のめざめ(2017年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

めっちゃシンプル。女の集団の中に男がひとり混ざると一瞬で空気が変わる時がある、あれは本当にすごい。そういう映画。
音楽や照明がほとんど無くて、それがとても良かった

365日のシンプルライフ(2013年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

海見るとスマホぶん投げて全てを終わりにしたい衝動に駆られる、みたいなやつを本当にやらかした人の映画。失恋とか、色んな未練から解放されるためにそれらを見えない所(倉庫)へしまう。でも捨てない選択をした時>>続きを読む

ハチミツとクローバー(2006年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

バイブル的漫画なので映画もアニメも怖すぎて今まで観れなかった。原理主義オタク厄介すぎる。
森田はもうちょい柔らかいイメージだったけど山田がハマり役なのでオールオッケーです!かわいい女の子が激重片思いし
>>続きを読む

天使にラブ・ソングを…(1992年製作の映画)

5.0

こんなに歌をゴリ押ししといてミュージカル映画じゃないのが良い。最高に楽しいコメディ

スターリンの葬送狂騒曲(2017年製作の映画)

5.0

ドタバタ劇が全て終わった後に待ってる遺灰が舞うシーンと、最悪なエンドロールが良かった

東のエデン 劇場版 II Paradise Lost(2009年製作の映画)

5.0

滝沢BIG BIG LOVE!

設定が複雑なアニメ観た後wiki読んでナルホド〜ってなるの楽しい。ほのかなロマンスが大事。そして亜東家四姉妹の登場がアツかった

リップヴァンウィンクルの花嫁(2016年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

現代の冠婚葬祭とかSNSとかそういうリアルタイムの描写がすごく良くて、なんかみんなその辺に住んでそうだな〜って思った。増田に書いてありそうな誰かの(壮絶な)体験談って感じ、少しのフィクション。
真白が
>>続きを読む

ペット2(2019年製作の映画)

-

海外アニメキャラたまに苦手なんだけどペットの子達はみんなかわいい!アニメ、当たり前だけど全部人間が作ってんのすごすぎる

マレフィセント(2014年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

ずっと観たかったので嬉しい〜
トチ狂いすぎて最後マレフィセントとオーロラが結婚する百合展開かと思った

Love Letter(1995年製作の映画)

5.0

好き!ただめっちゃ照れる

情景も情感も何もかも、なんなら邦画で1番好きになってしまったかもしれない。わかりやすく青春を受け取れる。小説読んでいるみたいな感覚。中山美穂の柔らかい声とすてきなショートカ
>>続きを読む

>|