おぎすけさんの映画レビュー・感想・評価

おぎすけ

おぎすけ

映画(50)
ドラマ(0)
  • List view
  • Grid view

カリフォルニア・ダウン(2015年製作の映画)

3.4

何も考えずに見たいなーと思って鑑賞。

うん、考えるよね。だって突っ込みどころ満載だから笑

終始ツッコミどころ満載。
ストーリは3流。CGは1.5流。

ザ•アメリカ映画の流れ。

もう少しストーリ
>>続きを読む

リチャード・ジュエル(2019年製作の映画)

3.6

マスコミ報道のあり方、偏見、差別。

この映画を通じて観れるのは、主人公の活躍でなく、陥れられ、どうすることもできなくなった主人公とその数名の周りの主人公を信じる人の戦いの様子。

胸糞悪い気持ちにな
>>続きを読む

アラジン(2019年製作の映画)

3.7

ミュージカル映画?としても中々面白いし、ディズニー好きならきっと楽しめると思う。

子供にもわかりやすく、全世代楽しく鑑賞できる。ただ、その分、終盤のアクションシーンが少し迫力に欠けるのは仕方ないか。

レオン 完全版(1994年製作の映画)

4.3

名作。
人生で1度は見るべき映画。

少し前の映画なので古くさい感じはするがそれがまた新鮮に感じる映画でもある。
普遍的な魅力のある映画はいつ見ても評価は変わらないのだろう。

全てハッピーエンドでは
>>続きを読む

サマータイムマシン・ブルース(2005年製作の映画)

4.2

よくできている映画だと思う。
舞台劇を映画にしたと知り、舞台はどんな感じなのか不思議におもった。

あー。馬鹿だよね。この大学生たち。でもこんな時代も過ごせていいよね。的な感じで観れるといいと思う。
>>続きを読む

今夜、ロマンス劇場で(2018年製作の映画)

3.2

うーん、捻りが足りない。
惰性で見る映画になってしまっている。

綾瀬はるかが可愛いとうのが間違い無いけど、それ以上でもそれ以下でもない感じ。

天国からの奇跡(2016年製作の映画)

3.3

うーん。人によるかもしれないけど、結構映画でなく私でも涙は出なかったかな。

他の人が言ってるように、宗教色が強めというのも理解できる。

事実に基づく話として、アンビリバボーでやったらCM込み多分4
>>続きを読む

タイラー・レイク -命の奪還-(2020年製作の映画)

3.8

アクション映画として何も考えず観るならいいかも。ストーリー性を求めてはいけない。

なお、劇中のノンストップの流れるようなアクションシーンがあるが、言われてみると凄いな!と気づくが普通に見てるもん、へ
>>続きを読む

翔んで埼玉(2018年製作の映画)

3.9

埼玉県民でなくても関東近郊の人ならわかるネタが散りばめられており、観るべき映画である。観るなら埼玉県民または千葉県民と見ると盛り上がること請け合い。

なお、私は埼玉県人であることを申し伝えておく。

時をかける少女(2006年製作の映画)

4.1

アホな女子高生のタイムスリップもの。

と、書くと魅力ないのだが、引き込まれるストーリー展開。最初はスマホいじりながら見てても最後には真剣に見てる映画である。
※スマホいじりながらは家で見てる時。
>>続きを読む

ビッグ・フィッシュ(2003年製作の映画)

3.5

あー、2000年代の映画だなーと思う。

作りやストーリー展開、映像。
その意味ではその時代の王道の感じがする。

が、時代としては少し古く感じるしその古さが逆に新鮮になるということもなく(わたしとし
>>続きを読む

アキラ AKIRA(1988年製作の映画)

3.4

期待値が高すぎたか。イマイチわたしには響かなかった。

もう少し若い頃に見てればまた違ったかもしれないがアラフォーおじさんの初見はキツかったかも。

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

4.0

最初の40分は今後の大きな前振りだと思って我慢してみるべし。

その後はコメディになります。
映画館で見た時に最初の25分で出て行くカップルをみて、まぁ、この映画じゃ仕方ないかとその時は思ってたが、見
>>続きを読む

トイ・ストーリー4(2019年製作の映画)

3.5

4が好きな人にはお申し訳ないが、3が良すぎたのでこの点数。

うーん。3で終わりで綺麗でよかったんじゃないか?と、思う。

感情移入があまりできなかった。私がおじさんになっただけかもしれないが。

フォレスト・ガンプ/一期一会(1994年製作の映画)

4.5

人生前向きになりたい時に見る映画。

人生は山あり谷あり、前向きに生きることの大切さを知ることのできる映画だと思う。

アメリカの歴史に触れながら見れるのも中々面白い。

最近はテレビでやらなくなった
>>続きを読む

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

-

映画館で観るべき映画の一つ。

家で観るならちゃんと大画面でいい音で見て欲しい。ストーリーもいいし、それ以上に音楽が素晴らしい。

スマホで見るのはもったいない気がする映画。

イエスタデイ(2019年製作の映画)

4.1

ビートルズをあまり知らなくても楽しめる映画。

気楽に見ていても映画に引き込まれる。
CMなし、DVDでちゃんと見たい作品。

最強のふたり(2011年製作の映画)

4.6

最高のオープニングから始まる。

お涙頂戴に走りすぎず、ユーモアも挟みながら生きるとは何かということをこの映画を通じて考える気がする。

とても元気の出る映画。実話ベースなのも凄い。

日曜の夜に見た
>>続きを読む

ハーフ・オブ・イット: 面白いのはこれから(2020年製作の映画)

3.9

面白いかと聞かれれば、おもしろいと答えると思う。

では、何が面白いかといえば、中々表現しづらい。

自分には手が届かないと高嶺の花のように感じていたその人にもその人なりの悩みがあり、そこからの心の機
>>続きを読む

ウォーターボーイズ(2001年製作の映画)

4.2

あぁ、そうそう。こんなくだらないことでも高校時代は大笑いできたんだよなー。

何かに懸命になるっていいよなー。と、感じられる作品。

そんなことあるかい!ってこともたくさんあるけど、そこは気にせず、元
>>続きを読む

シン・ゴジラ(2016年製作の映画)

4.0

ゴジラを見たことない人にもオススメしたい。

と、いうか私はこのシン・ゴジラ以外ほとんどゴジラを見たことがないが良い。

ゴジラというより、日本政府の緊急時の対応予測映画としても秀逸。

サマーウォーズ(2009年製作の映画)

4.3

夏の定番になりつつある映画。

背景、グラフィックが綺麗。ストーリーもなかなか良い。音楽も素晴らしい。ある意味、バランスの良さが秀逸。

よろしくお願いしまーすの件が最高。

金曜の夜に見たい。

マイ・インターン(2015年製作の映画)

4.1

映画館で見て、飛行機の中で見て、Netflixで見る。

結論知ってても見てしまう。そんなに夢中に見なくても話が見えるのが程よい感じ。

土曜の夜、日曜の午後、夜におすすめ。

インデペンデンス・デイ:リサージェンス(2016年製作の映画)

2.5

ひどい。
パート1を中学生の頃に見て、続編ということで楽しみにしてたのに、、、

これからみようと思う人、パート1が好きならみないほうがいいですよ。

いやむしろ見るなら、あれはひどい映画だねとネタに
>>続きを読む

ザ・コンサルタント(2016年製作の映画)

3.3

気楽に見るにはいいかも。記憶にはのこならない映画。

ぼくは明日、昨日のきみとデートする(2016年製作の映画)

4.2

深夜のイオンシネマで泣いた。

なんの気なしに見たのがよかったのかもしれない。バックナンバーのエンデソングも秀逸。

君と100回目の恋(2017年製作の映画)

3.0

うーん。イマイチ。

もう少し捻ってくれないと。。。

ひるね姫 〜知らないワタシの物語〜(2017年製作の映画)

2.0

見るだけ時間の無駄。
よくわからなすぎる。試写会で見ても時間返してほしかった。

声優さんに高畑充希持って来てるのに意味なし。

LION ライオン 25年目のただいま(2015年製作の映画)

3.5

うーん。面白いんだけど、なんか特報のイメージと違うので減点してしまった。

映画としては面白いんだけども。

空飛ぶタイヤ(2018年製作の映画)

3.4

うーん!もったいない!
映画としては面白かったけど、原作を読んるので色々もったいない!と思ってしまった。

こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話(2018年製作の映画)

3.0

個人的にはあまり合わなかった映画。

テレビで流れれても見ないかも。

>|