なみつさんの映画レビュー・感想・評価

なみつ

なみつ

出かけるのは映画を観るときくらいだけど、その中では国を越えて、星を越えて、時を越えることもできて、映画ってすごいなと思う、今日この頃です。
基本的には映画館で観た映画の感想を綴ってます。
上映前にスクリーンがびゅいーっと広がる瞬間がたまらなく好き。

映画(99)
ドラマ(0)

ブリグズビー・ベア(2017年製作の映画)

4.3

気が付けばブリグズビーの虜。
ブリグズビーグリブズビーグリズリーブリグズビーブリグズビー

一言で言えば、オタクつええええーーーー!!!!設定的には暗いはずなのに、笑えて泣けて、どこまでもハッピーなお
>>続きを読む

ウタモノガタリ CINEMA FIGHTERS project(2018年製作の映画)

3.0

そもそもショートフィルムってなんだろう?と興味を持った人間がここに1人いるということが、この映画の意味なのかなーと思ったりします。

興味がわいて、Filmarksで紹介されていた2作品『663114
>>続きを読む

パンク侍、斬られて候(2018年製作の映画)

2.5

前半は、いるいるこういうやつ会社に、ていう現代人あるある(これがいわゆるクドカン節?)にふふっとなったけど、後半、戦いが始まったあたりからつまらなかった。昔、松本人志さんの「大日本人」とかを観て感じた>>続きを読む

万引き家族(2018年製作の映画)

4.3

おもしろかった!!
なんて、陳腐でチープな表現になってしまいましたけど、わたしにとっては、純粋におもしろい映画でした。
テレビでたまにやる大家族特集を見ている感覚。大変そうだなー、でも楽しそう。そして
>>続きを読む

バーフバリ 王の凱旋 ≪完全版【オリジナル・テルグ語版】≫(2017年製作の映画)

4.1

やっとのことでの初鑑賞!

オープニングロール(と言うんでしょうか?)長っ!あまりにも始まらなくて焦ってしまったよ
前回までのあらすじの長さ!これを一本の映画でやったとは!!
前半は予想外に超絶壮大な
>>続きを読む

名探偵コナン ゼロの執行人(2018年製作の映画)

4.0

いやあーー楽しませてもらいました、いろんな意味で!
語ります。語らせていただきます。

最後にコナンを映画館で観たのは14年前の「銀翼の奇術師」。当時、なんだこのクソ映画はと思って(すみません)それ以
>>続きを読む

スリー・ビルボード(2017年製作の映画)

3.9

湖面に投げられた石みたいな映画だった。静かだけどゆらゆらしてるときもあって、たまにぽちゃん、ときにドボンと。観終わって少し経った今も、その波紋が心に残っています。
次に誰が何をしでかすのか、ほんとうに
>>続きを読む

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー(2018年製作の映画)

3.8

惜しみない!
話はふつう!
サノスの憂鬱!

です。感想。

ほんと惜しまない、惜しまないなあー、あっこの人も出て?くれるの!!?これいつ撮ったの??ってくらいこれまでのあらゆるキャラクター大集合オー
>>続きを読む

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

3.9

すっっっっごく楽しかった!!!謎を解き明かす一番の鍵はゲームへの愛情というのが、良いですよね。
けどあれです、わたしあまのじゃくなんでしょうね、現実も見なさいねって、やんわり言われたかなーとか、サマン
>>続きを読む

ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル(2017年製作の映画)

4.1

あーおもろ!
なーんも考えずに観られるやつ。
誰と観てもオッケー!個人的には、付き合いたてまたはその直前のカップルとかが観るとなんか良い感じになるんじゃない?とかね、何目線
前のジュマンジは観てません
>>続きを読む

ニワトリ★スター(2018年製作の映画)

2.0

このレビューはネタバレを含みます

好きな人はハマるし、合わない人には苦痛。

…苦痛でした、わたしには
オープニングから嫌な予感。「ぶっ飛んでる」って、思わせたいんだろうな、ていう、狙いすぎてどこかで見たことある感じになってしまったや
>>続きを読む

シェイプ・オブ・ウォーター(2017年製作の映画)

4.4

ああーシンプルにきた。
なぜだろう、なんでこんなに。

初めてポスターの絵を見たときの心がぎゅっと締めつけられるような感覚が、そのまま映画になっていた。

ストーリーはすごく王道だと思う。ヒロインが話
>>続きを読む

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

3.6

ふつう、というのが感想です。たぶん、ミュージカルと呼ばれる映画とそうでない映画に求めるものが、私はあまり変わらないからだと思います。楽しみ方を心得てないだけかも。

いろんなメッセージを、音楽と共に。
>>続きを読む

ブラックパンサー(2018年製作の映画)

3.7

この映画にはたくさんの感謝を伝えたいけどその前にこれだけ言わせてほしい。
ワカンダ・フォーエバーはちょっと、ダサいと思ってしまいましたごめんなさい、、、!
せっかくだからそこは現地語でもっとなにかなか
>>続きを読む

リメンバー・ミー(2017年製作の映画)

4.0

「音楽」「家族」「記憶」の三拍子!
そしてメキシコとスカルとオラ。雰囲気がすごく好きでした。メキシカンな音楽に、スクリーンと地面に敷き詰められた橙の花。

無為に過ごされてしまった時間と、それが報われ
>>続きを読む

15時17分、パリ行き(2018年製作の映画)

3.9

好きです。
ほんとうにあった話。なにが、なんで好きなのか、言葉で表すのがけっこう難しいな。

普通なら世界仰天ニュース案件なんだろうなあ。「あまりの出来事に、一瞬我を忘れるスペンサー」みたいなナレーシ
>>続きを読む

ルイの9番目の人生(2015年製作の映画)

3.6

よくある話といえばそうかもしれない。世界仰天ニュースで一回は見たやつ。
読解力・理解力の乏しいわたしにもなんとなーく真相は想像がつきました。なので、「驚愕の真実」と煽られると少しちがう気がする。

>>続きを読む

女神の見えざる手(2016年製作の映画)

3.7

「力に孤独はつきものだ」と、どこかの先生が言っていた台詞が頭に浮かびました。

こんなにも能力のある人が本当に世の中にはいるのか…いるんだろうけど、理解されないんだろうなあ、特に、近くにいる人たちには
>>続きを読む

ローガン・ラッキー(2017年製作の映画)

4.0

わたしもこんなアホに生まれたかった…
なんて、考えてしまった。
登場人物がみんな好きだー。
それぞれが愛すべきアホで、悪い奴は一人もいない。
てかなんでその労力をもっと有用なことに使わないんや…前科す
>>続きを読む

世界でいちばん美しい村(2016年製作の映画)

3.6

望遠鏡をぽんっと渡されて、ネパールのようすを見ているみたいに感じる。

タイトルから、これぞ絶景!みたいな映画だと勝手におもっていて、人々の生活が撮し出されているのが意外でした。

小さいころから引越
>>続きを読む

キングスマン:ゴールデン・サークル(2017年製作の映画)

3.8

もの足りない!
設定の発想やキャラクターがとても魅力的なので、スパイ道具をもっと見たいとか、この脇役にも活躍してほしいとかいろんな願望がふくれ上がって、この作品にはいつも消化不良感を覚えてしまう。
>>続きを読む

スター・ウォーズ/最後のジェダイ(2017年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

どこかのある時点までは正直なところ「つまらない…」と思っていた気がするけど、どこかのある時点からは、なんだかじーんとしながら観ていました。
ルークがぜんぶ持ってったなーーていう印象です。夕日を浴びて立
>>続きを読む

エンドレス・ポエトリー(2016年製作の映画)

3.4

すごい体験をしてしまった…
いわゆる「ぶっ飛んでる」とか「行き着いてる」と言われる映画だと思います。

ついてけねーーー!!!
人生経験なのか、ボドロフスキー体験、芸術体験、なにかはわからないけど自分
>>続きを読む

オリエント急行殺人事件(2017年製作の映画)

3.2

綺麗で淡々とした映画。
個人的に豪華キャストである意味はそんなに見出だせなかったです。この人じゃなきゃできない、この人のこれが見たい、てのが少なくて。

原作を知ってる、知らない、どちらの立場から見て
>>続きを読む

ある精肉店のはなし(2013年製作の映画)

4.0

牛の命がひとつなくなる場面からこの映画は始まる。

知らないこと。そこにあるもの。
たまらなく好きだーーこういう映画は。

のぞかせてもらっている、という感覚がすごく強かった。「精肉店のはなし」という
>>続きを読む

予兆 散歩する侵略者 劇場版(2017年製作の映画)

3.7

黒沢清監督は苦手意識がありましたが、この作品はドラマを再編集したこともあってか展開が丁寧ですっと、入り込めました。
といっても黒沢さんで観たことのある作品は少ないのですが、独特の黒沢ルールにいまいち入
>>続きを読む

RE:BORN(2015年製作の映画)

4.3

アクションすごいと聞いてはいたけど、速すぎて見えないレベルなんですがこれ映画としていいの?ってくらいすごい!!
上がるなーこれは問答無用で上がるなーーー

いるんだろうな、こういう方々はほんとうに…き
>>続きを読む

HiGH&LOW THE MOVIE3 / FINAL MISSION(2017年製作の映画)

4.2

このシリーズを通して学んだことは、「楽しんだもん勝ち」ということです。
前の自分は、安易っぽいと思ったものは食わず嫌いして、本当に良いものがわかる自分でいたいとか、誰にも理解されなくてもいいやみたいな
>>続きを読む

ブレードランナー 2049(2017年製作の映画)

3.5

わたしは「なぜかライアン・ゴズリングがかっこよく見えない病」にかかっており、最初にジョイちゃんが登場したとき、まさかのエア彼女!寂しすぎる!!と、ちょっと笑ってしまいましたごめんなさい。

この映画の
>>続きを読む

ゲット・アウト(2017年製作の映画)

3.6

タネがわかるととたんに冷めてしまう奇術と同じでこの映画も、「何かがおかしい」に満ちあふれた中盤すぎくらいまでがおもしろさMAX!どんなに考えても自分の中の「なんでなん!?」を解決する答えは見つからなく>>続きを読む

ブラッド・スローン(2016年製作の映画)

3.7

監獄コロシアムデスマッチトーナメントを想像してたらぜんぜんちがった!一般市民がいきなりギャング共の巣食う刑務所に入れられたら?選択肢はほんとうに、少ない。
ひとつひとつ、失ってゆく。そのプロセスが、時
>>続きを読む

僕のワンダフル・ライフ(2017年製作の映画)

3.0

犬の声がおっさん!
この感覚はあれですね、プーさん。見た目かわいいのに声おっさん!ギャップ萌えず。子犬のときもメスになってもぶれずに一貫しておっさん!

この映画には「嫌なもの」がほとんどなくて、その
>>続きを読む

ドリーム(2016年製作の映画)

3.6

少し、辛かった。
これまででいちばん、「自分が差別する側になる」ことをすごく意識してしまった。

自分が同じ時代に白人として生きていたらと考えると、彼女たちを線引きする彼らのようにならなかったとは言え
>>続きを読む

スイス・アーミー・マン(2016年製作の映画)

2.0

無理でした。笑いのツボがまっったく合わなかった!わたしは少年の心を持ち合わせていないことがわかった。

家で一人で見たらちがったかもしれませんが、映画館で観ると、
笑いの渦起きる→えっ今の笑うとこ??
>>続きを読む

エイリアン:コヴェナント(2017年製作の映画)

3.8

「エイリアン」って、こういう映画だったの?!これまでの人生ただひたすら避けてきたのに、プロメテウス→今回のこれを観て、思っていたものとまったくちがっていて驚きました。

終始エイリアンからの凌辱を見せ
>>続きを読む

新感染 ファイナル・エクスプレス(2016年製作の映画)

4.1

王道を気持ち良く貫いた、マイルドなゾンビ映画!
とてもとても楽しめた。

序盤、あれ?もう詰んだやん?

途中、えっまさかそんな展開!?

少しうるり。

主人公がクズに凌駕される理不尽さ。

ラスト
>>続きを読む

>|