なみつさんの映画レビュー・感想・評価

なみつ

なみつ

出かけるのは映画を観るときくらいだけど、その中では国を越えて、星を越えて、時を越えることもできて、映画ってすごいなと思う、今日この頃です。
基本的には映画館で観た映画の感想を綴ってます。
上映前にスクリーンがびゅいーっと広がる瞬間がたまらなく好き。

映画(131)
ドラマ(0)

神と共に 第一章:罪と罰(2018年製作の映画)

4.3

お も し ろい!第二章はやく!

キャラクターたちが魅力的。
胸や目頭が熱くなる。
七つの地獄それぞれの手強い大王を攻略していく感じのストーリーは少年マンガ的で深くも重くもないですが映像はハリウッド
>>続きを読む

スパイキッズ3-D:ゲームオーバー(2003年製作の映画)

2.1

【当時の映画日記より】
3Dメガネをかけるやつだった。でもそのメガネが左右の色がちがったから見にくいきわまりなくてイマイチだった。カルメンもぜんぜんでてこなかったし。1、2に比べたらおもしろさ2乗分の
>>続きを読む

名探偵ピカチュウ(2019年製作の映画)

3.0

ピカチュウのあまりのかわいさに内容があんまり入ってこなかった!
電気ネズミだからもふもふじゃなくもう少しとぅるんとしてるイメージだったけどこれはこれでよしでした。


ピカチュウはピカピカ言うけど、フ
>>続きを読む

キングダム(2019年製作の映画)

3.3

うん。めちゃくちゃ何かが突出してよかったというのもないし、ダメなところも特にない、王道の王道映画!

今回の主人公は吉沢さん演じる嬴政でしたね。
坂口拓さんを拝めた感動!
要潤さんは御意ポーズしてた記
>>続きを読む

アベンジャーズ/エンドゲーム(2019年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

皆さんお疲れさまでした!キャラクター達も、製作に関わった方々も、ほんとにほんとうにお疲れさまでした!!
3時間、あまり長く感じなかったです。
前半は鬱々と、後半シビアな展開はもちろんありつつも、すごく
>>続きを読む

座頭市(2003年製作の映画)

3.5

【当時の映画日記より】
けっこうおもしろかった。最後のタップダンスがかっこよかった。ビートたけしけっこうやるじゃん。って感じだった。座頭市はけっきょく目が本当は見えていたのかどうかがぎもん。カラコンい
>>続きを読む

名探偵コナン 紺青の拳(2019年製作の映画)

3.9

・ぶっちぎりアクション!(空手とは…)
・園子の前髪
・けっきょく犯人だれだっけ?

コナンをたしなむようになって早2年。つっこみながら楽しむことも覚えたし、たいていのことは受け止められるつもりでいる
>>続きを読む

バンブルビー(2018年製作の映画)

3.7

初めてのトランスフォーマーだったのでいろいろわからなくて至らない点もございましたが楽しめたと自負しております!このガショガショはサイコーのガショガショだ!

彼らは生物ってことでよいんですよね?表情が
>>続きを読む

グリーンブック(2018年製作の映画)

3.7

ほっこりロードムービー。実話に基づくなのですごいドラマティックななにかが起きたりどんでん返しがあるわけではないけどほっこり。

「差別」はこの映画のメインではないと、個人的には感じました。同じ黒人でも
>>続きを読む

ねことじいちゃん(2019年製作の映画)

3.3

観たいって言うから連れてったのに、気付いたら横でぐーすか寝てるハハ。
「だって何も起きないんだものー」
このタイトルから何が起きると思っていたんだよ!まあでも言いたいことはわかる、、、何も起きない。で
>>続きを読む

翔んで埼玉(2018年製作の映画)

4.1

「ダサいの語源は埼玉という説がある」と中学校のとき社会の先生が言ってました。

たのし!!関東圏の人はもっと笑えるんだろーなー、いいなー
とはいえ「田無」「八王子」「所沢」などなどの地名で笑いが起きて
>>続きを読む

アクアマン(2018年製作の映画)

3.9

観る前からなんとなくきっとそうなんだろーなーという予感はあったんですけど予想以上にジェイソン・モモアさんがもう完全に完璧に自分の好きなタイプのおじさんど真ん中でした!!憧れ。なんというか、もし男だった>>続きを読む

劇場版シティーハンター 新宿プライベート・アイズ(2018年製作の映画)

2.1

THE・昭和。
一元さんお断りな映画でした。わたしはお断りされました…劇場は暖かな笑いに包まれていました。
もっこりとか目がハートとかハンマーとかの流れはお約束ってことでぜんぜんいいんですけどちょっと
>>続きを読む

サスペリア(2018年製作の映画)

3.5

怖い映画はふだん観ません、怖いから。でも、勇気を出して観ました。
音も悲鳴もむちゃくちゃリアル!夢のカットと終盤はほぼ半目半耳でした。通常シーンとエグいシーンを交互に出すのはやめてくれ。お願いします。
>>続きを読む

チワワちゃん(2018年製作の映画)

3.5

油断すると誰かと誰かが何らかの形でキスしていた。
この映画のすごいところは、若い男女が10人近く出てくるのにわりと序盤で名前と顔が一致するし、それぞれの性格とか立ち位置とかがなんとなくわかること。
>>続きを読む

この道(2018年製作の映画)

3.3

この道、あの道、どんな道。

童謡ってなにかを伝えるというより淡々と景色を紡いでるだけのことも多いのになぜかじんとくるのは、やっぱり自分の思い出なんでしょうか。
この映画もけっこう坦々としてるけど、な
>>続きを読む

来る(2018年製作の映画)

3.7

お祓いエンターテイメント!
コトコト姉妹が尊い!

好きなシーンは、
・お姉さまのワンパン
・カプセルホテルから出勤する神主カルテット
・妹が大好きすぎるお姉さま

お姉さまにはダメと言われたけど、妻
>>続きを読む

シュガー・ラッシュ:オンライン(2018年製作の映画)

4.1

楽しー!
毎日接しているインターネットはディズニーの手にかかるとこうなる!のね。アイディアのひとつひとつに目と心を奪われました。

そしてディズニーによるセルフパロディ!
…というよりこれは自虐?大先
>>続きを読む

ヴィヴィアン・ウエストウッド 最強のエレガンス(2018年製作の映画)

3.0

いちばん印象的で驚いたのは、初期のヴィヴィアン・ウエストウッドが世間からバカにされていたということ。あのテレビ番組のようすはいろんな意味でかなり衝撃。
こんなことするんだ、、、海外怖すぎる。

初めて
>>続きを読む

ナイン・ソウルズ(2003年製作の映画)

3.5

京都みなみ会館 presents “Directed by 豊田利晃” 3本上映最後の作品。前2作と比べるとだいぶマイルド!気軽に楽しめました。

正直ちょっと、9人もいるといまいち印象に残らない人た
>>続きを読む

青い春(2001年製作の映画)

3.7

「新井浩文の″ド素人の″演技をご覧ください」
そんな豊田監督の結びから始まりました。

こういう話を観ると、ブレーキをどこまで壊せるかが暴力の世界では強さの基準なのかなあと思う。刃物や銃を手にしても使
>>続きを読む

PORNOSTAR ポルノスター(1998年製作の映画)

3.0

「なんすかこの映画!?!何がしたかったんすか監督!」

映画上映後のフリートークで登壇した千原ジュニアさんの第一声。観たひとはだいたい思ったであろうことを代弁してくれた!!

映画を観たあとのトークだ
>>続きを読む

search/サーチ(2018年製作の映画)

3.5

昔読んだマンガで、願いを叶える対価として「今後一切、一生何にも写らない」というのがあって、そのときもそうだったけど、現代ではさらに不可能だな、、、と思いました。
列に並んでるとき、前の女子高生の自撮り
>>続きを読む

jam(2018年製作の映画)

3.7

すごく失礼な感想なんですが、とても映画でした。もちろん、良い意味で。

全体的な雰囲気がすごく好きだったのもさることながらなにせ…マサコ!この映画のどこにも好きなところがもしなかったとしても、マサコを
>>続きを読む

A GHOST STORY ア・ゴースト・ストーリー(2017年製作の映画)

3.7

やーーーなんかすごい映画でしたほんと。
序盤、ルーニー・マーラがソファをずりずり運んでるシーンから違和感はありましたが、幽霊が話さないことを抜きにしてもほんとにほぼセリフがない。ひとつのシーンがべらぼ
>>続きを読む

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

3.5

なぜタイトルが「ボヘミアン・ラプソディ」なのか?
それがわからなかった時点でわたしはこの映画、そしてクイーンをちゃんと理解できなかったんだろうし、もともとほとんど知らないのもあって、そこまでのめりこめ
>>続きを読む

スマホを落としただけなのに(2018年製作の映画)

3.5

映画館で「ひいいぃぃーーー」という悲鳴が上がるのを初めて体験しました。真犯人が判明した衝撃とその豹変した表情に会場が戦慄したシーンでのできごとでした。
ホラー映画は怖いので映画館で観ることはないのです
>>続きを読む

ヴェノム(2018年製作の映画)

3.5

期待以上でも以下でもない!ヴェノムのキャラクターは良い意味で意外でした。

この映画には、この映画でしか得られないものがあんまりなかったので、そのぶんヴェノムの愛らしさと清々しい動きを存分に楽しみまし
>>続きを読む

あの頃、君を追いかけた(2018年製作の映画)

3.5

女子にときめく男子の気持ちがわかりました。
これはかわいい。これはずるい。
言ってることは要所要所できついのに。かわいくなかったらしばかれてるぞ?と思うところもちらほらあるのに。

タイトルにあるよう
>>続きを読む

DTC 湯けむり純情篇 from HiGH&LOW(2018年製作の映画)

3.5

DTCシリーズはコメディとしてもともと好きなので、映画でも通常運転なテンポよい3人のやりとりを楽しませてもらいました。ほんとに空気がある感じが好き。
本編にはない、メタとかパロディとかがあってそのへん
>>続きを読む

検察側の罪人(2018年製作の映画)

3.5

時代なのか、自分の見る景色が変わったのかはわからないけど、
・出世欲の塊で家族を顧みない仕事人間
・正義を貫く不器用な熱血漢
・スーパーヒーロー
みたいな存在が現実にいるとはもう思えなくなってしまった
>>続きを読む

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

4.8

このレビューはネタバレを含みます

大好きです!はーわらけたー
最初のほう退屈だったから、あれっわたしそんな感性ずれてるの??とおもってちょっと焦りました。
ワンカットゾーンでなんとなく覚えた違和感が鮮やかに解明される瞬間の快感といった
>>続きを読む

ブリグズビー・ベア(2017年製作の映画)

5.0

気が付けばブリグズビーの虜。
ブリグズビーグリブズビーグリズリーブリグズビーブリグズビー

一言で言えば、オタクつええええーーーー!!!!設定的には暗いはずなのに、笑えて泣けて、どこまでもハッピーなお
>>続きを読む

ウタモノガタリ CINEMA FIGHTERS project(2018年製作の映画)

2.3

そもそもショートフィルムってなんだろう?と興味を持った人間がここに1人いるということが、この映画の意味なのかなーと思ったりします。

興味がわいて、Filmarksで紹介されていた2作品『663114
>>続きを読む

パンク侍、斬られて候(2018年製作の映画)

1.3

前半は、いるいるこういうやつ会社に、ていう現代人あるある(これがいわゆるクドカン節?)にふふっとなったけど、後半、戦いが始まったあたりからつまらなかった。昔、松本人志さんの「大日本人」とかを観て感じた>>続きを読む

万引き家族(2018年製作の映画)

5.0

おもしろかった!!
なんて、陳腐でチープな表現になってしまいましたけど、わたしにとっては、純粋におもしろい映画でした。
テレビでたまにやる大家族特集を見ている感覚。大変そうだなー、でも楽しそう。そして
>>続きを読む

>|