なみつさんの映画レビュー・感想・評価

なみつ

なみつ

出かけるのは映画を観るときくらいだけど、その中では国を越えて、星を越えて、時を越えることもできて、映画ってすごいなと思う、今日この頃です。
基本的には映画館で観た映画の感想を綴ってます。
上映前にスクリーンがびゅいーっと広がる瞬間がたまらなく好き。

RE:BORN(2015年製作の映画)

4.3

アクションすごいと聞いてはいたけど、速すぎて見えないレベルなんですがこれ映画としていいの?ってくらいすごい!!
上がるなーこれは問答無用で上がるなーーー

いるんだろうな、こういう方々はほんとうに…き
>>続きを読む

HiGH&LOW THE MOVIE3 / FINAL MISSION(2017年製作の映画)

4.2

このシリーズを通して学んだことは、「楽しんだもん勝ち」ということです。
前の自分は、安易っぽいと思ったものは食わず嫌いして、本当に良いものがわかる自分でいたいとか、誰にも理解されなくてもいいやみたいな
>>続きを読む

ブレードランナー 2049(2017年製作の映画)

3.5

わたしは「なぜかライアン・ゴズリングがかっこよく見えない病」にかかっており、最初にジョイちゃんが登場したとき、まさかのエア彼女!寂しすぎる!!と、ちょっと笑ってしまいましたごめんなさい。

この映画の
>>続きを読む

ゲット・アウト(2017年製作の映画)

3.6

タネがわかるととたんに冷めてしまう奇術と同じでこの映画も、「何かがおかしい」に満ちあふれた中盤すぎくらいまでがおもしろさMAX!どんなに考えても自分の中の「なんでなん!?」を解決する答えは見つからなく>>続きを読む

ブラッド・スローン(2016年製作の映画)

3.7

監獄コロシアムデスマッチトーナメントを想像してたらぜんぜんちがった!一般市民がいきなりギャング共の巣食う刑務所に入れられたら?選択肢はほんとうに、少ない。
ひとつひとつ、失ってゆく。そのプロセスが、時
>>続きを読む

僕のワンダフル・ライフ(2017年製作の映画)

3.0

犬の声がおっさん!
この感覚はあれですね、プーさん。見た目かわいいのに声おっさん!ギャップ萌えず。子犬のときもメスになってもぶれずに一貫しておっさん!

この映画には「嫌なもの」がほとんどなくて、その
>>続きを読む

ドリーム(2016年製作の映画)

3.6

少し、辛かった。
これまででいちばん、「自分が差別する側になる」ことをすごく意識してしまった。

自分が同じ時代に白人として生きていたらと考えると、彼女たちを線引きする彼らのようにならなかったとは言え
>>続きを読む

スイス・アーミー・マン(2016年製作の映画)

2.0

無理でした。笑いのツボがまっったく合わなかった!わたしは少年の心を持ち合わせていないことがわかった。

家で一人で見たらちがったかもしれませんが、映画館で観ると、
笑いの渦起きる→えっ今の笑うとこ??
>>続きを読む

エイリアン:コヴェナント(2017年製作の映画)

3.8

「エイリアン」って、こういう映画だったの?!これまでの人生ただひたすら避けてきたのに、プロメテウス→今回のこれを観て、思っていたものとまったくちがっていて驚きました。

終始エイリアンからの凌辱を見せ
>>続きを読む

新感染 ファイナル・エクスプレス(2016年製作の映画)

4.1

王道を気持ち良く貫いた、マイルドなゾンビ映画!
とてもとても楽しめた。

序盤、あれ?もう詰んだやん?

途中、えっまさかそんな展開!?

少しうるり。

主人公がクズに凌駕される理不尽さ。

ラスト
>>続きを読む

狂覗(2017年製作の映画)

3.6

ひええ~なんだこの疲労感、そして謎の達成感。

観た直後は、身体の中に積もったなんだかもくもくしたものを掃き出すことに必死だった。とにかく疲れた!けど次の日、映画の内容をがんばって人に説明しようとする
>>続きを読む

HiGH&LOW THE MOVIE2 / END OF SKY(2017年製作の映画)

4.8

どうすればこの映画をひとりでも多くの、映画をこよなく愛する人々に観てもらえるんだろう?最近そればかり考えている。

観ない気持ちは死ぬほどわかるし、絶対の保証なんてできないけどこれに関しては!映画好き
>>続きを読む

ワンダーウーマン(2017年製作の映画)

3.5

ダイアナをかわいいと思えればオールオッケー!悪く言うとそれがすべてと言えなくもないけれど、それでじゅうぶん!

赤ん坊を見てテンションが上がるダイアナ。
アイスクリームをぺろりとほおばるダイアナ。
>>続きを読む

ベイビー・ドライバー(2017年製作の映画)

4.0

楽しい!!!
OP のカーチェイスは本当に爽快。いやいやいや笑ってなるような愛すべきつっこみどころも散りばめられていて、最初からガッ!とテンションが上がりました。

わたしは主人公のベイビーより、まわ
>>続きを読む

東京喰種 トーキョーグール(2017年製作の映画)

2.7

原作の流れをだいたい知っている身としては、残念ながらクリスマスツリー映画でした。

クリスマスツリー映画というのは、クリスマスツリーの飾り付けを見ているかのような映画のことで、オーナメントひとつひとつ
>>続きを読む

ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ(2016年製作の映画)

3.9

まさか、こんな気持ちにさせられるなんて!

兄弟が人生をかけて創り上げたマクドナルドが、「創始者」レイ・クロックによって奪われ、拡がり、今日もわたしの胃袋に納まって。

子どものとき、週末ハハに「今日
>>続きを読む

スパイダーマン ホームカミング(2017年製作の映画)

3.8

良くも悪くも期待を裏切らない!
おもってたとおりスパイディはかわいいし、トニーはいつもどおりトニーだし。

映画全体として観たら正直なところ新鮮さはなくて、細かいところにうれしさや驚きや、愛を感じる作
>>続きを読む

ダンサー、セルゲイ・ポルーニン 世界一優雅な野獣(2016年製作の映画)

3.9

すごいものを、観た。
「生まれながらの」とか「天才」という言葉がこれほどまでに必要とされる人間がほんとうにいるなんて…
でもそれが同時に、いわゆる持てる者の義務というのか、神様に与えられた使命のような
>>続きを読む

ライフ(2017年製作の映画)

3.6

なんの前情報もなしに観たので、「ライフって君のことかヨー!!!」となりました。
正直なところ話としては、好きな俳優さんが出てなかったらびみょーーだったかもしれないけど、いろんな発見や、考えさせられるこ
>>続きを読む

キング・アーサー(2016年製作の映画)

3.3

苦行、、、でした、ごめんなさい。

そう!ふしぎなことに、この映画を観て感じたのは苦行を強いられた怒りではなく!むしろ、監督・出演者を初めとするたくさんの人たちが一生懸命作ったこの作品を楽しめなくてご
>>続きを読む

セールスマン(2016年製作の映画)

3.8

これはとてつもない映画だと思った。
何がかというと、日常に起こった非日常が、できるだけ本物に近い形で描かれているところ。

本物の非日常を目にすることは普通ほとんどない。なぜならそんなことが自分に起こ
>>続きを読む

帝一の國(2017年製作の映画)

4.2

すごく清々しい映画だった!
でも決して爽やかではない!!
しいて言えば、爽やかなクズ達の話。
落ち込んだとき、元気になれるね!

序盤は「総理大臣目指して海帝高校の生徒会長になる」ために手段を選ばない
>>続きを読む

恋愛奇譚集(2017年製作の映画)

3.9

これまでに観たことのない映画!
というとちょっと大げさかもしれないけれど、少なくともわたしの映画人生においては、新しい体験ができたふしぎな映画でした。

台湾からの留学生ヤンさんと、なぜかヤンさんだけ
>>続きを読む

カフェ・ソサエティ(2016年製作の映画)

3.6

わたしの中のウディ・アレン映画は2種類あって、ひとつはおもしろファンタジー系、もうひとつが人生切り取り系なのですが、今回は後者でした。

いろんなことにすべて納得いくわけではないけど、こういう人生もあ
>>続きを読む

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー(2014年製作の映画)

3.5

うん。
楽しげだったけど内容があんまり頭に入ってこなかった!


ひとつひとつはふふっと笑える感じだった。
最後に踊ってるグルートはすごくかわいいし、ガモーラちゃんのくびれは最高に素敵でした!
あと、
>>続きを読む

キャプテン・アメリカ ウィンター・ソルジャー(2014年製作の映画)

4.0

好きです!!!!

ただ、ファーストアベンジャー→シビルウォー→これの順で観たからか、キャラに愛着がわきすぎてもはや客観的に映画として観れなくなっている気がする。その時点でマーベルの手中なのかも、、、
>>続きを読む

ドライヴ(2011年製作の映画)

2.9

合わなかった!
自分が映画に求めているものがほとんど存在しない作品でした。

理由を考えてみましたが、ライアン・ゴズリング演じるドライバーはクールでイカすやつだという認識を、監督と共有できなかったこと
>>続きを読む

しゃぼん玉(2016年製作の映画)

3.9

この映画のタイトル、しゃぼん玉ちゃう、にぎり飯や、、、というわけでぜったいに!空腹時に観てはいけない。ひどい目に遭います、遭いました。

また、荒んだ人間が周囲との触れ合いの中で立ち直る話、というので
>>続きを読む

暗黒女子(2017年製作の映画)

3.8

大好物!です!!
かわいい女の子たちがきゃっきゃしている。それだけでもう、わたしは満足。しかも、いろんな意味でどろどろしていたりしてありがとう!玉城ティナちゃん目当てで見たのですが、他のみなさんも惜し
>>続きを読む

キングコング:髑髏島の巨神(2017年製作の映画)

3.5

まあまあ!でした。ちょっと、もの足りなかったです。

登場人物がけっこう多くて(コング含め)、それぞれがそれぞれの思いで髑髏島にいるわけですけど、少しずつつまみ食いするくらいで、あんましぐっ!とはこな
>>続きを読む

アキラ AKIRA(1988年製作の映画)

4.1

ドアにどあーーーーって書いてある!?の衝撃から始まり、あらゆる感動と衝撃で貫かれた2時間でしたー。
端的に言って、好きです!

海外を含め、多くの作品が影響を受けているというのもいろんな意味で大納得。
>>続きを読む

SING/シング(2016年製作の映画)

3.8

テンションMAXに楽しめた!!
映画というよりはSHOWだとおもった。最後のショーをどれだけ楽しく魅せるかのために、途中までの展開が組み立てたてられたふうに感じました。
なので、最後のジャンプに向けて
>>続きを読む

フレンチ・ラン(2015年製作の映画)

3.8

なんも考えずに観られる映画!そこまで期待してなかったのもあるとはおもうけど、とても満喫できました。

まず、アクションが生々しい!最近はシュッシュッとしてるやつばっかり観てたけど、これはどっちかという
>>続きを読む

モアナと伝説の海(2016年製作の映画)

3.7

ノリで!押しきったなーーーー!!!!と思いました。
ファンタジーの世界では、設定として「こうだから、こう!」ていう決まりごとみたいなものがあると思うのですが、いまいちそこがよくわからないまま、歌と海の
>>続きを読む

マリアンヌ(2016年製作の映画)

3.5

良くも悪くも、目の保養映画でした。
おもしろくない、とかじゃないけど、自分にとって新しく発見したことや、この映画を観ないと得られないものがとても少なかった。

ただ、あの美しき夫婦はもうそれだけで観る
>>続きを読む

LUPIN THE IIIRD 血煙の石川五ェ門(2017年製作の映画)

3.6

五ェ門、すごい喋る!しかもなんかとてもいけすかない!!!とおもったら、原作における初期の五ェ門を描こうというのが製作者の意図するところで、高飛車な感じをあえて出してたみたいですね。まんまと掌の上でした>>続きを読む

>|