きょんきょんさんの映画レビュー・感想・評価

きょんきょん

きょんきょん

気に入った作品だけマーク꒰ ・ ̫・ ꒱
好きな映画は何度も観るのでその都度追記したり。

映画(120)
ドラマ(2)

勝手にふるえてろ(2017年製作の映画)

-

うわーーーーーーー、
ヒロインの松岡茉優を通して、自分を振り返ってしまった!!!!

陰キャの人には特にささる映画かもしれません…ご注意を。

娼年(2018年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

一般的にはとんでもない変態行為の要求を、戸惑いつつも引いたり、拒絶したり、蔑んだりせず、最大限に応えてるリョウに好感。

娼夫の仕事をするリョウを罵倒する友人のメグミとシンヤ。
メグミからは罵倒され
>>続きを読む

シェイプ・オブ・ウォーター(2017年製作の映画)

-

大人のディズニー映画、という感想でした。

水中の映像が美しい…。
洗面所に2人が沈むぐらいの水をため、そこで抱き合っているシーンが好きでした。

ただただ、2人は惹かれ合うだけ。
そこに美しいから、
>>続きを読む

ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団(2007年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

またもハリーが周囲から冷ややかな扱いを受ける中、ロンだけが信じると言ってくれたシーン、ロンの株がだいぶ上がりました。
ハリーはイライラしてて突き放すんだけど笑

新登場のルーナもかわいい。
ハリーがル
>>続きを読む

ハリー・ポッターと炎のゴブレット(2005年製作の映画)

-

4作目からハリーが恋をしたり、死者が出て物騒になったり。

ハリーが17歳に満たないのになぜか代表に選ばれたことで周囲から白い目でみられ、ロンが嫉妬?したり、ハーマイオニーがなんだかんだハリーの心配し
>>続きを読む

ハリー・ポッターとアズカバンの囚人(2004年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

シリーズで1番好きな作品。
3作目から生徒たちの私服姿が増えたりそれぞれのキャラが濃くなったり、生活感が増してリアリティがより出てきました。

ハリーの仲間も増えます。
狼男のルーピン。
ハリーの名付
>>続きを読む

ハリー・ポッターと秘密の部屋(2002年製作の映画)

-

1作目はワクワクの王道ファンタジー。
秘密の部屋からシリアスな空気が漂います。

ダンガル きっと、つよくなる(2016年製作の映画)

-

インドのスポ根もの!
王道の展開ですが、演出がちょっとくどい!でもものすごく上手い!笑
胸にガンと響きましたし、感動して泣かされました。

レスリングに集中して家事をやらされない姉妹に、女の子が「2人
>>続きを読む

リメンバー・ミー(2017年製作の映画)

5.0

ピクサーサスペンス劇場、としてもなかなか面白かった笑

死後の世界の存在はあると信じたい派なので、笑
待っていてくれるなら、現世をたっぷり楽しんでたくさんの土産話もっていきたいな。

俺たちに明日はない(1967年製作の映画)

5.0

事件は知っていたので展開はわかっていましたが、緊張感と衝撃がすごい…

ボニーの、惚れた男についていきたい気持ちは女として理解できるし、
若い2人が自由に生きるのに憧れるのもわかるし、

ボニーとクラ
>>続きを読む

キングスマン:ゴールデン・サークル(2017年製作の映画)

-

冒頭から飛ばしてくれる!
目がチカチカぐるぐるするほどのアクション、カーチェイスは大好物なので、初っ端から大興奮です。

ハリウッドの大衆アクションと違うのは、敵を徹底的にぶっ殺すところですね。
え、
>>続きを読む

冷たい熱帯魚(2010年製作の映画)

-

実際の事件が元ということで鑑賞。
実は教授のススメもあり、大学時代から興味はあったのですが「1週間肉が食えなくなるぞ」と脅されていたので、ビビってなかなか鑑賞できませんでした。笑

鑑賞後の感想として
>>続きを読む

風俗行ったら人生変わったwww(2013年製作の映画)

-

作業用BGMに流しておくだけのつもりだったのに、結局見入ってしまった…

元カレのせいで借金背負った風俗嬢に惚れた童貞男(29)が、友人たちの力を借りて彼女を救い出す話。

「効果音/7人友達うるさめ
>>続きを読む

打ち上げ花火、下から見るか? 横から見るか?(1993年製作の映画)

-

奥菜恵、当時14〜5歳?
ティーンの美人独特の憂いとミステリアスさに釘付けになる…

ソング・オブ・ザ・シー 海のうた(2014年製作の映画)

5.0

新年早々、自分映画史に残る作品に出会えました。

アイルランドに伝わる"セルキー"というアザラシの妖精の母を持つ兄妹の冒険のお話。

ストーリーは子供向けなのでとても分かりやすく、大人でもジーンとくる
>>続きを読む

ゴースト・イン・ザ・シェル(2017年製作の映画)

-

ハリウッド化した割に地味だったなーという印象。

でも映像美は最高。映画館に観にいきたかった。ウチの55インチじゃ足りなかった…

芸者ロボ×トランスフォームはアニメでもよかったけど、ハリウッド化した
>>続きを読む

ゴメンナサイ(2011年製作の映画)

-

ハロヲタなので鑑賞。
舞美ちゃん主演のゾンビデオはアレだったけど笑、これはまあまあのシナリオで思ったよりはよかった。

内臓出るとかよりも指を切るとか爪が剥がれるとかの方がゾワゾワするので、好きでした
>>続きを読む

IT/イット “それ”が見えたら、終わり。(2017年製作の映画)

-

リメイク版IT
以前のITよりもストーリーがしっかりあった印象でした。

ちょっと可笑しい場面が多々あったりしますが笑、ライトめな海外ホラー映画って感じで気軽に楽しめます。

個人的にはピエロの動きが
>>続きを読む

エクス・マキナ(2015年製作の映画)

-

完全にエヴァに誘導されてしまいました…
しかしあまりに美しすぎて、恨みの感情が持てません!笑

作り手に騙される快感を味わえて幸せです。笑

亜人(2017年製作の映画)

-

原作もアニメもどちらも素晴らしいので、実写化は心配でしたが思ったよりも良かったです!

「お守り」のくだりが最高。
佐藤の圧倒的な強さと頭脳、それによって呑まれる主人公側の人間たちが無力で、絶望感味わ
>>続きを読む

エル ELLE(2016年製作の映画)

-

登場人物が大体おかしかった、
ど変態とサイコパスとウルトラバカが2人ずつぐらい出てくる感じ。笑

こんな安っぽい言葉で感想をつづるような作品ではないのですが、登場人物のあまりのおかしさに終わった瞬間吹
>>続きを読む

打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?(2017年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

純文学的な、不思議なお話。
if世界で夢を見ているのか、もしかして本当にifが叶っているのか、引き込まれました。

ラストの2人のキス、登場人物たちのif(願望)が不思議な玉の破片に映されているシーン
>>続きを読む

ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ(2016年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

華麗なサクセスストーリーかと思いきや、
エゲツない、弱肉強食の世界でした…

人から奪って成功した話。

これが現実か…と複雑な気持ちですが、それでも私はマクドナルドが大好きで足を運んでしまうんです。
>>続きを読む

劇場版ポケットモンスター キミにきめた!(2017年製作の映画)

-

懐古厨なのでタケシとかカスミを出して欲しかったと思うけど〜〜!

あえて別キャラを用意したことで、懐かしさに囚われず、幼少期に抱いたポケモンの面白さやポケモンと旅する憧れを思い出せました。

懐かしさ
>>続きを読む

22年目の告白 私が殺人犯です(2017年製作の映画)

-

久しぶりの映画鑑賞でしたが、大当たりで最高の気分でした!

シナリオが本当によくできているなあ…。
伏線の貼り方が観ててわかりやすいのに、その後の展開の予想を超えてくるのがすごい。
ミスリードされまく
>>続きを読む

美女と野獣(2017年製作の映画)

-

期待通りの実写化でした!

良い意味で91年のアニメーション映画「美女と野獣」と印象はあまり変わらず、映像的にはより美しく豪華になった実写版は大変に目の保養でした。

特にベルをおもてなしする家来たち
>>続きを読む

ウォーリー(2008年製作の映画)

-

ほぼ無声映画、ロボットたちの仕草や表情や行動でしっかりストーリーを伝えてくれるのは流石、ディズニー&ピクサー。

宇宙船の中でロボットに管理されてる人間たちがどうしようもないけど、だらけてると言うより
>>続きを読む

美女と野獣(1991年製作の映画)

-

実写版が公開する前に鑑賞!

はじめは仲違いする野獣とベルが、互いに少しずつ歩み寄るシーン一つ一つに心動かされます。
同時に恐ろしかった印象の野獣も柔らかい表情に変化していく様が観ているこっちまで気持
>>続きを読む

夜は短し歩けよ乙女(2017年製作の映画)

-

文学独特の台詞回しがおもしろかった。
キャラクター原案の中村佑介の絵と世界観がマッチしていると思う。
色彩のトーンが丁度良い。ハイセンス。

個人的な好みとしては、中盤でごちゃごちゃしだしたあたりから
>>続きを読む

うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー(1984年製作の映画)

-

押井守監督のうる星やつら…。
哲学的で深いなあと思ったり、ループ世界が退廃的なのにラムちゃんは絶えず明るくて、そこがラムちゃんの魅力なんだけど、ラムちゃんの明るさがこの作品においては不気味さを彩る要素
>>続きを読む

ラ・ラ・ランド(2016年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

鑑賞中、これミュージカルにする必要ある?なんて愚問を抱きましたが、
これは"ジャズピアニストと女優"のラブストーリー。
音楽と俳優で成り立つミュージカルのようなカップルなのだから、ミュージカル仕込みで
>>続きを読む

ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち(2015年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

全体的に
かわいいいいいいいいいい❣️❣️❣️
って思った!笑
これが#キミョかわいいなのね?

メインのエイサ・バターフィールドの青い、けどまっすぐで勇敢な男の子っぷりが爽やかで可愛くて素敵だったな
>>続きを読む

ドクター・ストレンジ(2016年製作の映画)

-

髭を生やしたベネディクト・カンバーバッチが渋すぎて見惚れました♡♡笑

アメリカンヒーローもの?はあまり観たことなかったのですが、
やはりテンポよく、クスッと笑える会話やシーン、バトルや映像の迫力は、
>>続きを読む

ネオン・デーモン(2016年製作の映画)

-

正直うーん…
長い間の取り方に見入り、はじめの方はすっかり映像に主導権を取られていたのですが、
それが続くので退屈になってしまいました。

メインのエルファニングは可愛いけどちょっと野暮ったいルックス
>>続きを読む

>|