おひさまさんの映画レビュー・感想・評価

おひさま

おひさま

観た先からタイトルも監督もストーリーさえも忘れていくタイプの映画好きです

映画(50)
ドラマ(0)
  • List view
  • Grid view

とらわれて夏(2013年製作の映画)

4.0

逃亡犯を一夜匿う事態に巻き込まれた母子。傷つき閉じこもる母とその母を支えるため背伸びをして頑張る息子と逃亡犯のフランクが次第に心通わせていく物語。

3人それぞれの心の傷や悲しみがとても静かに丁寧に描
>>続きを読む

シシリアン・ゴースト・ストーリー(2017年製作の映画)

4.0

‪映画「シシリアン・ゴースト・ストーリー」を観た。1993年に実際にシチリアで起こった”ジュゼッペ・ディ・マッテオ少年誘拐監禁事件”を元に作られた作品。
とても残酷でやりきれない出来事を同級生の恋心を
>>続きを読む

宇宙人ポール(2010年製作の映画)

4.2

吹き替え版で鑑賞。
ユーモアたっぷりで宇宙人のポールがとっても魅力的。
大好きです。サイコー!

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー(2014年製作の映画)

3.1

吹き替え版で観たせいか、アニメ銀魂感が凄い。
宇宙人はアマントにしか見えないし宇宙海賊のラヴェジャーズは長谷川(立木文彦)さんだし、下ネタあり、そして不真面目なのにみんなちょー強いし、突然しんみりした
>>続きを読む

哭声 コクソン(2016年製作の映画)

1.0

映画としてはとても質が良く、監督の力量も光る作品だと思うが個人的心情的にどうしても好きになれないので低評価にした。

劇中「何者か知らなければ信じられない」という台詞が出てくるが、その言葉がこの映画の
>>続きを読む

ポーラー・エクスプレス(2004年製作の映画)

3.5

ぎこちないアニメーションの不思議な味わいのアニメ。
ホットココアのシーンがすごく好き。

ザ・ホスト 美しき侵略者(2013年製作の映画)

3.4

宇宙から来た侵略者と生き残ったわずかな地球人との静かな闘いの物語。

侵略者は体を持たないだけで非常に人間に近い存在として描かれている。

この手の世界の終末物語のようなものはツッコミどころ満載なのが
>>続きを読む

ワールズ・エンド 酔っぱらいが世界を救う!(2013年製作の映画)

4.0

最高にバカバカしくてクール。
スパイでも殺し屋でもない普通の酔っ払い中年おっさんのアクションの振り付けがとにかく素晴らしい。
「SHERLOCK」でワトソン役を演じていたマーティン・フリーマンが爽やか
>>続きを読む

マザー!(2017年製作の映画)

-

今まで観た映画の中で最も最低最悪の映画。
特定の誰か、又は宗教に対する強い怒りと憎悪で満ちているとしか感じられなかった。
ただしこれを具現化して映像化しようとした努力だけは評価したい。

アンフレンデッド(2015年製作の映画)

4.0

最近見た若者向けのホラーの中ではかなり好きかも。
全編PC画面のみで構成されていて字幕は少々見づらいが、短い中に臨場感がぎゅっと詰まってる感じがする。

レモニー・スニケットの世にも不幸せな物語(2004年製作の映画)

4.0

吹き替えで鑑賞。
メリル・ストリープほんとになんでもやるのね(褒めてます)と心底感じ入りました。
次女のサリーを演じた双子ちゃんの演技がとにかく素晴らしい!

嵐が丘(1992年製作の映画)

2.8

何度もリメイクされている名作中の名作だけれど、どうしてもこの世界観が理解できないんだよなぁ…。

31年目の夫婦げんか(2012年製作の映画)

4.2

メリル・ストリープの映画はどれも好きだけどこれもとてもいい映画だった。

身につまされる夫婦は多いんじゃないだろうか。
この手の映画はコメディタッチのものが多いけど、これは結構生々しくてリアル。
熟年
>>続きを読む

ゴースト・イン・ザ・シェル(2017年製作の映画)

3.4

外国人が描く日本への違和感が先立ってなかなか感情移入できなかった…。

でも劇中の店の品書きやチラシの日本語がめちゃくちゃでそれはそれで面白いです(笑)

バスケット・ケース(1982年製作の映画)

2.3

本編放送前に「問題ある表現云々…」という但し書きが出たのですが、確かに今は作るの難しいだろうなぁと思いつつ鑑賞。

シャム双生児として母の命と引き換えに生まれ、切り離された兄は奇形のためバスケットの中
>>続きを読む

生きうつしのプリマ(2015年製作の映画)

2.0

男のエゴがつまった作品。
サスペンスでもミステリーでもない。

ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち(2015年製作の映画)

4.0

公開前から観たいと思っていて見逃していたのだけど、やっと鑑賞。
予告編からは想像つかないほどいろんな意味で多弁な作品だった。

時代、戦争、奇妙である(人とは違う)という事、孤立と協力、大人になるとい
>>続きを読む

ゾンビランド(2009年製作の映画)

4.2

ストーリーはよくあるゾンビものだしB級なんだけどアクションも映像も凝ってて見応えあり。なんの期待もしてなかったけどつい見入ってしまった。
これ好きです(笑)

フラワーショウ!(2014年製作の映画)

2.5

まだ若いガーデンデザイナーが伝統ある英国チェルシーのフラワーショウを目指す話。

ガーデニングが好きなのでチェルシーのフラワーショウの雰囲気を味わえたのは楽しかったがそれ以外はつまらなかった。
自然の
>>続きを読む

メメント(2000年製作の映画)

4.2

長い時間記憶を保つことができない男が妻を殺した犯人を追うサスペンス。
時間軸を遡って行く構成なので慣れるまで分かりにくいが、途中から徐々に謎のパーツが一つずつ繋がってテンポアップしていく。

記憶がな
>>続きを読む

何がジェーンに起ったか?(1962年製作の映画)

4.4

人気子役スターだったジェーンと人気映画
女優として活躍した姉ブランチ、ブランチは事故で車椅子の生活となりジェーンはその世話をしながら二人で暮らしているがジェーンの精神は徐々にバランスを失っていく。
>>続きを読む

パーソナル・ショッパー(2016年製作の映画)

4.2

サスペンスかと思って見たらまさかの……でした。
最後まで明確な説明がほとんどないのでハッキリとした起承転結のある作品が好きな人には向かないかも。
私は好きですが。

トゥルー・ストーリー(2015年製作の映画)

4.0

妻と3人の子供を殺害した容疑者と真実を記事にしようと彼と交流を続ける記者との心理劇。
実在する事件と人物をモデルに実話を元にした映画らしい。

余計な効果演出を一切排除して主人公の記者の目線で淡々と物
>>続きを読む

SF/ボディ・スナッチャー(1978年製作の映画)

3.8

謎の植物によって次第に街が支配されてゆくSFパニックムービー。
何度かリメイクされている映画らしいがこれは最初のリメイクで78年の作品。
70年代の映画らしく静かに淡々と追い詰められてゆく恐怖を描いて
>>続きを読む

ファング一家の奇想天外な秘密(2015年製作の映画)

3.6

芸術と称しハプニング映像を作り続ける両親の元で育った姉弟が両親の失踪に疑問を持つという物語。
「芸術」といえば何でも許されると思ってるかの様な父親に終始振り回され続ける家族。その父を演じたクリストファ
>>続きを読む

クーパー家の晩餐会(2015年製作の映画)

4.5

それぞれに心の傷と問題を抱えた人々のクリスマスイブを描いた群像劇。

すごく好き!
とても好きな映画!!

現実は退屈でつまらなくてうまくいかない事ばかりだけど、どんな人生にも表と裏がある。陰を見るの
>>続きを読む

パディントン(2014年製作の映画)

4.2

びっくりするほど違和感がない(笑)
クマと暮らしたくなるチャーミングな作品。
それにしてもブラウン家のお家はほんとに素敵。

>|