かわせさんの映画レビュー・感想・評価

かわせ

かわせ

映画(548)
ドラマ(0)
  • 548Marks
  • 2Clips
  • 0Fans
  • 0Followers
  • 0Followings
  • List view
  • Grid view

華麗なるギャツビー(2013年製作の映画)

3.5

映像がキレイで、当時の綺羅びやかなニューヨークの雰囲気がわかり易かった。ディカプリオの演技はそこまでインパクトは強くないけど、脚本が良かったので最後まで面白かった。
街に出てから最後までの急転直下な出
>>続きを読む

パトリオット・デイ(2016年製作の映画)

3.0

ボストン爆破事件の実話をテーマにしているため、心が痛むシーンが多かった。
それだけよく描かれていると思うし、ボストンの住民の団結力は凄いと感じられた。

ラフ・ナイト 史上最悪! ?の独身さよならパーティー(2016年製作の映画)

3.5

下品で馬鹿っぽいけど、それを女性で実施したのが面白かった。
スカーレット・ヨハンソンが面白い役をやっていて、最後まで笑わせてもらった。

トランスフォーマー/最後の騎士王(2017年製作の映画)

3.0

いつものトランスファーマーらしく、アクションは派手で、ストーリーは気にしないで頭空っぽで見れた。
スケールがインフレし過ぎな気がするが、それも予想のうちなので良かったと思う。

アイヒマンを追え! ナチスがもっとも畏れた男(2015年製作の映画)

3.0

当時のドイツの雰囲気がわかるけど、終始地味な映画だと思う。
新生ドイツになっても政府、民間含めて至るところに当時のナチ関係者がいて、誰を信じていいかわからない所は面白かったけど、絵的に地味がったのが残
>>続きを読む

パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊(2017年製作の映画)

3.5

アクションシーン満載、コミカルなシーンも十分満足できる作りだった。
自作に続くフラグはちょっとやりすぎな感じがしたけど、途中のポセイドンの槍の謎解きや、ジャックが船長になる直前の話などのボリューム満点
>>続きを読む

パイレーツ・オブ・カリビアン/生命(いのち)の泉(2011年製作の映画)

3.0

過去三作と比べるとアクションなどがこじんまりとなった印象。
ストーリーは面白かったけど、全体的に印象が薄くなってしまった。ただ、悪役側はバルボッサも出てくるのでしっかりしていたと思う。

CUB/カブ 戦慄のサマーキャンプ(2014年製作の映画)

2.5

最後のオチは納得できなかった。結局カイは何だったのかよくわからず、サムがああなってしまった伏線があまりにも弱過ぎた。

ジーサンズ はじめての強盗(2016年製作の映画)

3.5

テンポがよくあっさりと見終わった印象。それでも、しっかりとした脚本だったと思う。
派手なアクションはないけど、きちんとした計画と多少漏れがあったけどキチンと銀行強盗をやり遂げていたのは面白かった。

スナッチ(2000年製作の映画)

3.0

面白い群像劇だった。話の争点がダイヤモンドを中心に、パイキーや黒人コンビが良い味出してストーリーに絡んできて、犬も最後まで活躍するとは思わなかった。

ローガン・ラッキー(2017年製作の映画)

3.0

所々笑いがあるけど、個人的にはあまりヒットしたのが少なかった。
強盗計画自体は最後まで行けば用意周到だったけど、途中まではハラハラドキドキで良い意味で気になってしまった。
最終的にどのくらい盗めたかは
>>続きを読む

リメンバー・ミー(2017年製作の映画)

4.5

最初の方は才能はあるけどわがままな子供と、頭の硬い家族だなと思ってみていたけど、ウンポコロコの辺りから非常に楽しくなっていった。
そこから先のリメンバーミーやエンディングまで、家族の見えない絆というも
>>続きを読む

EXO <エクソ:地球外侵略者>(2016年製作の映画)

2.5

テーマは面白いけど、絵が単調すぎた。
ストーリーの大半を一人演技で引っ張っていったのはすごいと思う。ただ、結局最後は自らの手で自滅を招いてしまうのが残念だった。

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

3.0

シャイニングやゴジラ、VR等個人的には色々と刺さる作品だった。
ただし、作品全体を通じてみてみると、敵側の過失が目立ち、仮想現実への干渉の仕方に比べて、現実世界のショボさが目立った。現実世界では最初ド
>>続きを読む

400デイズ(2015年製作の映画)

2.0

見るだけ時間の無駄だった。
伏線の回収もないし、監督が何を描きたかったのか不明。
いっそホラーにした方が良かったと思う。

シャーロック・ホームズ シャドウ ゲーム(2011年製作の映画)

3.5

前作よりもアクションや仕込みが洗練されていて、面白かった。
シャーロックの色々と破天荒な行動がこの作品の魅力だと思うし、それが十分に堪能できた。
最後の登場シーン含めて、いい感じに終わったと思う。

バーニング・オーシャン(2016年製作の映画)

3.0

実話が元なのでそこまでドラマチックな演出はなし。当時の事故はいつ終息するかとモヤモヤしていたけど、事故原因はよくある話なので何とも言えない気分になった。
演技や迫力は凄いあったけど、作品全体で見た時に
>>続きを読む

ウォークラフト(2016年製作の映画)

3.0

ゲーム原作でゲームの内容はまったく知らなかったけど作品そのものは楽しめた。
人間とオークの戦争だけど、ロード・オブ・ザ・リングのような感じで最後まで面白かった。普通に続くような終わりだったのが気になる
>>続きを読む

サンキュー・スモーキング(2006年製作の映画)

3.5

製品パッケージを模したオープニングから始まって、最後の公聴会でのディベートまで、テンポよく進んで最後まで面白かった。
タバコは吸わないし、個人的には嫌煙だけど、この作品は非常に好感を持てる内容だった。

シャーロック・ホームズ(2009年製作の映画)

3.5

トリックも奇抜で、アクション直前の行動予測も楽しかった。
ホームズの話し方もコミカルで全編通じて面白かった。最後の最後での真相が明かされるところは若干消化不良気味だったけど、それもまた良い終わり方だと
>>続きを読む

デジャヴ(2006年製作の映画)

3.5

過去を覗いてるだけかと思いきや、干渉できるので、よくあるパラドックスを折り込みつつテロ解決に突き進んでいく話なので最後まで面白かった。
途中の時間軸が移ってからは色々な伏線を回収していくのも良かった。

キング・アーサー(2016年製作の映画)

3.0

映像が派手で面白いんだけど、エクスカリバーを使った戦闘シーンはカメラワークが派手すぎて何やってるか分かりにくかった。
円卓会議も最後にとってつけただけだったのでちょっと残念。

バイバイマン(2016年製作の映画)

3.0

ホラーとしては若干物足りない気がしたけど、最後の締め含めて期待したレベルだったと思う。
主人公の追い詰め方は派手さはない割に、何でもできる感じなので、やってることがしょぼく見えてしまった。

ウルヴァリン: SAMURAI(2013年製作の映画)

2.5

X-menシリーズの中で一番しっくり来なかった。
時代背景的にミュータントを出しにくいと言うのはあるけど、その代わりが忍者やパワードスーツなのはスケールダウンしすぎだと思う。スピンオフのゼロの良さがす
>>続きを読む

人狼ゲーム マッドランド(2017年製作の映画)

2.5

人狼ゲームは好きだけど、このシチュエーションは好きになれなかった。
感情に任せて殺す事はこのシリーズ特有だったけど、殺される側が反撃しなさ過ぎて面白みに欠けてしまったと思う。

スパイダーマン ホームカミング(2017年製作の映画)

3.5

最後まで楽しめたけど、アベンジャーズに絡ませすぎてる気がして、ちょっとマイナス気味だった。
アクションも全て機械に頼りっぱなしで、スパイダーマンの良さが欠けてしまっている印象だった。

ブラックパンサー(2018年製作の映画)

3.5

科学技術が発展してるので、SF感や爽快なアクション満載で面白かった。
脚本も良く、国王になる儀式の前後とか色々と見どころが多かった。

LOGAN ローガン(2017年製作の映画)

3.5

アメコミ感が少なく、ウルヴァリンのど派手なアクションも少なく、ミュータントが絶滅したあとの厳しい世界だった。
今までと違い凄いミュータントはいないけど、納得できる最後だった。

ボス・ベイビー(2017年製作の映画)

3.0

赤ちゃんだけどおっさん臭くてTedとはまた別の面白さがあった。
コミカルな描写も多く、クスッとするシーンもあり最後まで飽きが来なかった。
最後の終わり方も良くいい感じのハッピーエンドだった。

ザ・ウォール(2017年製作の映画)

3.0

描画やストーリーはシンプルながらも、攻防の緊迫感が続いて最後まで面白かった。
最後の締めはこの作品であれば、有りだと思う。

タッカーとデイル 史上最悪にツイてないヤツら(2010年製作の映画)

3.5

色々とスプラッターなシーンはあるけど、それに負けず劣らずコメディ色が強くて面白かった。
最後の男の子がしぶとかった割に最後の最後は呆気なくてそれはそれで良い味が出ていた。

ザ・マミー/呪われた砂漠の王女(2017年製作の映画)

3.0

ハムナプトラリブートだった気がするけど、完成度は微妙。二作目も同じ流れだとすると期待薄かも。

コロニア(2015年製作の映画)

3.5

エマ・ワトソンの演技が良かった。派手さはないけど、その中でも狂気が潜んでいて、収容所の悲惨さが感じられた。
独裁政権化ではいかんともし難い事実だろうけど、実際こういう事は今でも色々な場所で起きていると
>>続きを読む

ネイバーズ2(2016年製作の映画)

3.5

多少下品だけど、それでも納得なコメディだった。ソロリティ文化やアメリカの大学生のノリ的な部分が伝わってきて、非常に面白かった。
クロエは相変わらず可愛かった。

ラ・ラ・ランド(2016年製作の映画)

3.0

途中のお互い努力しながら夢を負い続ける姿や、最後の切ない感じが良かった。
ミュージカルの曲は全体的に良かったけど、テーマソングしか頭の中に残らなかった。

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス(2017年製作の映画)

3.5

ヨンドゥが最初から最後までいい感じだった。
緩急織り交ぜつつストーリーが進み、中だるみしそうな時にちょっとコミカルなネタを挟んだりと、1作目同様に面白かった。

>|