かいとさんの映画レビュー・感想・評価

かいと

かいと

映画(162)
ドラマ(0)
  • List view
  • Grid view

バトル・ロワイアル(2000年製作の映画)

4.0

31.1億
1.全身かけた役者さんたちの演技
2.自分も現場で熱血指導
※「国家への不信」「大人への憎しみ」が学徒動員の際に人格形成の根本にあった。
少年犯罪の加害者少年の気持ちを思うと、他人事ではな
>>続きを読む

リトル・ダンサー(2000年製作の映画)

4.0

「イギリス北東部の訛りを持つダンスが得意な少年」という条件。
約2000人の候補から選出。

英国アカデミー賞
主演男優賞(ジェイミー・ベル)
助演女優賞(ジュリー・ウォルターズ)
英国作品賞

放送
>>続きを読む

ラブ・アクチュアリー(2003年製作の映画)

4.0

○初監督作品
「映画の製作には時間がきかり、ラブ・ストーリーを書き続けようとしたら人生が終わってしまう。だから複数の物語を同時に書き進めようと思った」
グランドホテル方式


2004年 第57回(英
>>続きを読む

親切なクムジャさん(2005年製作の映画)

3.0

1.イ・ヨンエさんの怒りの激怒
2.復讐には悲しみが多くあり、復讐者にも辛さがある
※R18にも関わらず3ヶ月で約350万人 歴代2位(R18)興行成績


2005年度
第26回青龍映画賞 - 最優
>>続きを読む

オールド・ボーイ(2003年製作の映画)

4.0

2003年度
第57回カンヌ国際映画祭:審査員特別グランプリ
審査委員長のクエンティン・タランティーノから「できればパルム・ドール(カンヌ国際映画祭の最高賞)を授与したかった」と激賞される。
中央日報
>>続きを読む

復讐者に憐れみを(2002年製作の映画)

3.0

1.ソン・ガンホさんの怒りを怒鳴らないで表現。
2.復讐することに意味はない訴えかけているとともに、韓国の社会問題を提示している

チャップリンの殺人狂時代(1947年製作の映画)

4.0

「…殺人において私はアマチュアだ。しかし、世界は戦争による大量殺人をあげている。破壊兵器を製造し、罪もない女や子どもたちの命を奪っている。殺人者は権力を持つ貴方達であり、私の犯罪に衝撃を受けているだけ>>続きを読む

素晴らしき日曜日(1947年製作の映画)

3.0

・この映画の撮影中、東宝ニューフェイスオーディションに呼ばれ、三船敏郎と出会う

ライフ・イズ・ビューティフル(1997年製作の映画)

4.0

○ベニーニ夫妻と子役のカンタリーニは撮影に入る前に実際に寝起きをともにした。


第51回カンヌ国際映画祭(1998年)で審査員グランプリを受賞。第71回米国アカデミー賞(1999年)で作品賞ほか7部
>>続きを読む

大日本帝国(1982年製作の映画)

3.0

14億
○東條が連合軍に連合されるシーンは実際に起きたとう東條邸で撮影
○ラストシーン
関根さん複雑な思いを1つで表さないといけないシーン。
舛田は脚本の笹原の要求に応えてないんじゃないかと思い込み、
>>続きを読む

怒り(2016年製作の映画)

4.0

16億1000万円
○初日2日間で2億3300万円 17万人
映画観客動員ランキング初登場3位


第40回山路ふみ子映画賞 (2016年)

山路ふみ子映画賞
山路ふみ子女優賞:宮崎あおい

第41
>>続きを読む

悪人(2010年製作の映画)

4.0

19.8億
○ロケは福岡、佐賀、長崎
○初日2日間2億4.624万2.900円
19万1.296人
観客動員ランキング初登場2位
○客層男女比34:66
20台女性多


第34回モントリオール世界映
>>続きを読む

ロスト・イン・トランスレーション(2003年製作の映画)

5.0

○主演ビル・マーレイはオファーを受けたが、契約書にサインはしなかった。
○監督はパークハイアットを「世界で1番好きな場所というほどお気に入り。撮影に許されたのは廊下とコモンスペースのみ。夜のわすがな時
>>続きを読む

歩いても 歩いても(2007年製作の映画)

4.0

※「母親が亡くなった時何もしてやれずほったらかしにいたという後ろめたさがろあった。それで母親に関連したことや母親が家にいる情景を、形にして残しておきたくなった。

第56回サン・セバスティアン国際映画
>>続きを読む

犬ヶ島(2018年製作の映画)

4.0

○68回ベルリン国際映画祭 銀熊賞(監督)
製作を始める前にもし黒澤作品だったらどうなるだろうと考えがスタート。
特に意識。「悪いやつほどよく眠る」「野良犬」「天国と地獄」街を舞台 黒澤、宮崎

バンド・ワゴン(1953年製作の映画)

4.0

1.アステアさんの怒りのシーンなどが垣間見える。
2.どれだけ生理的に無理なことは相手をしろうとしないということ。ダンスはどこでも踊れる
※アステアはチャリシーの背が高いと気にしていた、彼女も、尊敬あ
>>続きを読む

花よりもなほ(2006年製作の映画)

3.0

3億600万
※仇討ちで重たく描こうと思えばいくらでも重くなるもの笑いで包んで届けたほうがいろんな世界観が伝わると思ってた
※キャスティングタレント図鑑から抜き出しながらキャスティング表を「夢」として
>>続きを読む

誰も知らない(2004年製作の映画)

5.0

9億2300万
※「ラジコンであそんでていいよ」とだけ監督に言われた
そこに長男がやってきて怒ったため本当に怒られたのだと心配してしまいその日ずっと柳楽の背中を見ていた
(その日の撮影終わりには仲直り
>>続きを読む

わが青春に悔なし(1946年製作の映画)

4.0

※本作と同時期に同じ題材の「命ある限り」が企画されていた。「新人監督を潰すつもりかとの圧力を受ける。映画後半の展開を大幅に変更。
農村シーンに込められた異様な気迫はこの圧力に対する反感があったと黒澤は
>>続きを読む

明烏 あけがらす(2015年製作の映画)

3.0

1.ムロさんの行動の喜劇
2.ホストというものとお金のことをおもしろく映しだしている
2900万

銀魂(2017年製作の映画)

4.0

1.役者全員わかりやすい表情
2.アニメを入れてきちゃう(CDTV)
※近藤の全裸シーン
「近藤さんが前貼りなんてしてるわけねーだろ」といい全裸で撮影
38.4億

斉木楠雄のѰ難(2017年製作の映画)

3.0

1.山崎さんのずっと無である存在
後ろでしっかりボケる役者さん
2.1つのシーンで何個もボケを続ける
心の声との演技
※吉沢さんの呪文「ギャラドラグス」はアドリブ
10億

街の灯(1931年製作の映画)

5.0

○トーキー映画反対論者だったチャップリンが基本的にサイレントだが伴奏音楽と音響が入ったサウンド版として製作した初めての作品。
○盲目売り子を演じていてヴァージニア・チェリルが「美容院」に行くから。と言
>>続きを読む

姿三四郎(1965年製作の映画)

4.0

○上映時間は190分しかし「電力節約」のため80分以下に
カットされたテープは行方不明(その後ソ連崩壊のロシアで再発見)
○最後の決闘シーン
実際はセットでやっていたが、映像に迫力がないと会社に無理を
>>続きを読む

サーカス(1928年製作の映画)

4.0

・撮影前にセットであるテントが暴風で破壊されたり4週間ものま間撮り溜めていたフィルムが現像ミスで使用不能になったり、本作品は困難を極めた。
私生活でも2人目の妻リタ・グレイとの離婚騒動など、公私共に多
>>続きを読む

黄金時代(1930年製作の映画)

4.0

・靴の皮は海藻、釘を飴細工、靴ひもはイカ墨スパゲッティ。
・冒頭のシーンはシエラネバダ山脈で撮影。サクラメントにいたホームレス600人をかき集め撮影。
・雪は塩と小麦粉を使用

ディア・ハンター(1978年製作の映画)

4.0

第51回アカデミー賞
受賞・・・作品賞/監督賞/助演男優賞/音響賞/編集賞
ノミネート・・・主演男優賞/助演女優賞/脚本賞/撮影賞

第33回英国アカデミー賞
受賞・・・撮影賞/編集賞
ノミネート・・
>>続きを読む

47RONIN(2013年製作の映画)

4.0

1.真田さんの目線の使い方
2.日本の歴史をファンタジーにしたのは面白かったとともにしっかりと歴史を感じさせてくれた

イースター・パレード(1948年製作の映画)

4.0

ジーン・ケリー主演として進められたが撮影期間中にプライベートのフットボールで足を骨折。引退宣言をしていたアステアに代役。ケリー本人から直接依頼。映画界復帰。

今夜、ロマンス劇場で(2018年製作の映画)

-

10.2億
1.加藤さんの存在。綾瀬さんの同じ世界でいきていないという存在役。
2.白黒というのをきれいにに使い映画という存在を表している。
※加藤(剛)公開から4ヶ月後に死去。最後の映画。

希望のかなた(2017年製作の映画)

3.0

1.役者さんの感情を表に出さないセリフの言い方。
2.人々が歌うシーンを連想させるのがいい。



ベルリン国際映画祭 2017年2月18日 銀熊賞 (監督賞) アキ・カウリスマキ 受賞

金熊賞
>>続きを読む