いっちーさんの映画レビュー・感想・評価

いっちー

いっちー

良かった。面白かった。以外の表現で映画の感想を書けるようになりたい。

灼熱/灼熱の太陽(2015年製作の映画)

4.0

おぼろげに面白かった記憶だけ残っている。3つのエピソードに引き込まれた。もう一度観よう…。

マイ・ブルーベリー・ナイツ(2007年製作の映画)

3.5

「道をわたるのはそう難しくない。道路の反対側で待つ人次第なのだから」このセリフがすごく心に残る。あと口にクリームをつけたノラジョーンズ。凄くキュートだった。

監督ウディアレンだと思ってみてた。ウォン
>>続きを読む

ワンダーウーマン(2017年製作の映画)

3.5

ワンダーウーマンの強さと逞しさ。女性的なそれではなくいわゆるストロングスタイル的なそれが全面にでている感じはここ最近のアメコミ映画の中にはなかったものだと思う。そういった意味でワンダーウーマンはそこに>>続きを読む

ムーンライト(2016年製作の映画)

3.8

煙草に火をつける。吸う。渡す。
車で送り届ける。送るだけと言い聞かせ。
涙を自分で拭う。母の涙を拭ってあげる。
この辺りのやり取りというかコミュニケーションが凄く鮮明に残る作品だった。

冒頭のカメラ
>>続きを読む

イップ・マン 葉問(2010年製作の映画)

4.2

1作目であるイップ・マン序章はすごくシビアで暗めのストーリーで日中戦争での日本統治下の中国が舞台だっただけにかなり日本人が悪く描かれていた。誇大表現はあるにせよ大枠あってるんだろうというところもあり、>>続きを読む

お嬢さん(2016年製作の映画)

3.7

韓国でも規制という触れ込みだったので相当なエログロなのかと思ってわりと気合いをいれて観たらそこまでグロいものではなくて安心した。

物語は第1部~第3部までで、一つの主軸であるお話の情報量が少しずつ上
>>続きを読む

マイティ・ソー バトルロイヤル(2017年製作の映画)

4.2

個人的にはあんま好きじゃないマイティ・ソー単体だから…。ダークワールドとかマジ何だったのって感じだから…。ロキもイマイチ好きになれないから…。
そんな気持ちでハードル下げて観に行ってごめんなさい。
>>続きを読む

アトミック・ブロンド(2017年製作の映画)

3.8

シャーリーズセロンの研ぎ澄まされた肉体美と女性ならではの柔軟性がある柔術を中心としたアクションがすごく魅力的な映画だった。1対1では背負い投げシーンがすごく多く、蹴りなんかも急所を押さえたり、道具を駆>>続きを読む

ゲット・アウト(2017年製作の映画)

4.1

Run rabbit run. にっ、逃げろぉおお!
フリオチがしっかりしているというか作品を通じてすべての伏線をスイスイ回収してくるところが素晴らしかった。

全体にモワーッと漂う不気味な雰囲気の演
>>続きを読む

ネオン・デーモン(2016年製作の映画)

3.5

美は肥やし。どんどんお食べなさい。

観終わった最初の感想は「グリーンインフェルノと間違えたかな…。」でした。今作も全体的な色味はレフン節がビンビンに出ているし、ストーリーはモデル業界を舞台にしている
>>続きを読む

マグニフィセント・セブン(2016年製作の映画)

3.4

So far , So good.
純粋にクリスプラットがこのセリフを多用するのが印象に残った。観終わったあとちょっと調べたらこれは「荒野の七人」の名ゼリフだそうです。お恥ずかしながら荒野の七人をまだ
>>続きを読む

ボーン・レガシー(2012年製作の映画)

3.0

可もなく不可もなく。ホークアイらしいっちゃらしい。

スピンオフと捉えれば楽しめた方ではあるけれどシリーズの1作品と捉えるのはかなりしんどい。本編への物語的インパクトが皆無かつ一ミリもジェイソンボーン
>>続きを読む

アウトレイジ(2010年製作の映画)

3.4

ドンパチというよりかは随所に痛々しいところがすごくゴッドファーザーっぽい作り。そこにたけし流のユーモアや日本のヤクザ的しきたり、イメージが絶妙なバランスで配合されている。中身というか人間的な感情はそこ>>続きを読む

パッセンジャー(2016年製作の映画)

3.3

宇宙空間にたった二人的…なちょっとロマンチックなお話なのかとポスターを見て思っていたのだがいざ観てみるとそういうテイストではなく誰の助けもないなかでどう生きるかみたいなサヴァイブものに近かった。

>>続きを読む

T2 トレインスポッティング(2017年製作の映画)

3.8

本当に20年経ってるからこその個性が際立っててよい。この間に何があったんだろう…。と想像を掻き立てられる。初見の人を全く受け付けないと割りきってしまい、無駄な説明もほとんど省いているのもよくある続編と>>続きを読む

夜に生きる(2015年製作の映画)

3.8

ベンアフレックはホントに真面目。生真面目。映画に対しての真摯な姿勢と脚本へのこだわりが詰まった作品になっている気がする。

未公開映像がコメンタリー付きで観れるんだけどそこでも「いやーこのシーンさぁ、
>>続きを読む

ドクター・ストレンジ(2016年製作の映画)

3.5

ベネディクトカンバーバッチがアメコミヒーローねぇ…だって数学者じゃん?シャーロックじゃん?そのイメージがなぁ。って思ってたんだけど、ごめんなさいって感じでした。いい意味でマーベルっぽくなくて割とデアデ>>続きを読む

ベイビー・ドライバー(2017年製作の映画)

4.4

この映画はエンドロールまでが1つのトラックでありアルバムであるにもかかわらずエンドロール始まった瞬間から隣にいた白人男性と日本人ババアのカップルが英語でペチャクチャ喋り始めたのが本当にファ○クだった。>>続きを読む

ボーン・アルティメイタム(2007年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

連ドラの続きのようなスマートな続編。アクションもシナリオも尻上がりに面白くなってくるのがすごい。

うるさくない丁度いい具合に過去2作品からのセルフオマージュがあってそこにニヤリとさせられる。逃走劇だ
>>続きを読む

マトリックス レボリューションズ(2003年製作の映画)

2.8

STAR WARSばりのスペースオペラで一応シリーズを完結させる。いや、でもさっぱりわからん。より一層難解さを増した感を持たせつつ、回収すべき伏線を回収せずに終わってるところが否めない。

良さであっ
>>続きを読む

ボーン・スプレマシー(2004年製作の映画)

3.8

戦闘シーンはカメラが揺れ~る揺れ~る。
カーチェイスのカット割はカチャカチャで視点切り替わりまくり。

臨場感、ハラハラ感が伝わってくるから良さなのかもしれない。でもあんまり得意じゃないなー。特にベル
>>続きを読む

マトリックス リローデッド(2003年製作の映画)

3.0

全体的にアクションシーンが増えており、その分ストーリーは大味になっている印象。最終的には愛を取るかザイオンを取るかといういかにもSF大作らしいシナリオになっていき、このあたりがジュピターを観たときに若>>続きを読む

ボーン・アイデンティティー(2002年製作の映画)

3.6

逃げずに闘い、最終的には全滅。

逃走ものでもスパイものでもあるんだろうけど割と落ち着いた映画でその中でスピード感はあって、楽しめた。

マッドデイモンも地味ながら映画の中で徐々にオーラを取り戻し、終
>>続きを読む

マトリックス(1999年製作の映画)

3.7

運命は信じない。自分の道は自分で決める。
キアヌ!若かった。

この映画以降マトリックス的なアクションの撮り方を模倣?したものが映画界を席巻したんだろうけど、それも頷けるアクションシーンの素晴らしさ。
>>続きを読む

ラッシュ/プライドと友情(2013年製作の映画)

3.2

プライドと友情。

F1と雨ぐらいダサくてなにも言えていない。邦題のダサさから観るのを嫌煙してたけど実際観てみたらいい作品だった系の筆頭候補。

性格やパーソナリティーが真逆なF1レーサー二人の人生に
>>続きを読む

ジョン・ウィック:チャプター2(2016年製作の映画)

3.3

怒らせたらヤバイ男ことジョンウィックが割と理不尽に追い詰められるのが今作のテーマであり見所と言った感じ。

やはり前作は犬と車というリベンジ理由が他の人から観るとしょーもないというのが良かった点だった
>>続きを読む

フルメタル・ジャケット(1987年製作の映画)

3.2

前半のシゴキと後半のベトナムでの葛藤とが連動してるんだろうけど、いまいちハマらなかった。殺伐とした戦争シーンに明るい音楽をつけるのはキューブリックならではと思った。前半は悪口が雪崩のように降り注いでき>>続きを読む

ホドロフスキーの虹泥棒(1990年製作の映画)

3.0

金と蓄音機と石。あと命。

どれも当人にとっては死ぬほど大切なもの。それぞれ何が大切かは違うってことなのかな。

冒頭が相当狂っててあっけにとられるものの、思ってた以上に構成が分かりやすくてビックリ。
>>続きを読む

マンチェスター・バイ・ザ・シー(2016年製作の映画)

4.3

過去は乗り越えられないし、未来も見えない。けど今だけなら何とか乗り越えられそう。

マンチェスターっていうから舞台はイギリスなのかと思ってたらボストンで戸惑った。

配水管も直せなければ自分や他人の壊
>>続きを読む

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス(2017年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

権藤権藤雨権藤ならぬ
ヨンドゥヨンドゥ雨ヨンドゥ。

全編ヨンドゥのスピンオフやってくれ。
ってぐらいに今作はヨンドゥが主役級にかっこいい。前作でも割と好きなキャラクターだったけど、今回は男前すぎた。
>>続きを読む

>|