okawarichanさんの映画レビュー・感想・評価

okawarichan

okawarichan

映画(71)
ドラマ(0)
  • List view
  • Grid view

クレイジー・リッチ!(2018年製作の映画)

3.8

笑って、泣いて、元気になる!
シンガポールに行きたくなる!

プーと大人になった僕(2018年製作の映画)

3.5

クリストファーロビンの立場を気にして、プーにやきもきしてしまった自分が淋しい。何もしない旅に出たい。

女は二度決断する(2017年製作の映画)

3.8

裁判とはああいうものだと分かっていても、つらいしムカつく。苦しいけど、見応えあり。

ブレス しあわせの呼吸(2017年製作の映画)

4.0

できないことを嘆くより、やりたいことをやってみる。実際には苦労も多かっただろうけど、とにかく前向き。
前向きさと行動力は、人生の希望。

ペンギン・ハイウェイ(2018年製作の映画)

3.8

ペンギンが落ちたときの、ぷよぷよ感がたまらなく可愛い。
最後まで飽きない、素敵なファンタジー。

タクシー運転⼿ 〜約束は海を越えて〜(2016年製作の映画)

4.0

こんな事件があったなんて。
優しい人が死んでいくのをみるのはつらい。

万引き家族(2018年製作の映画)

3.8

何が正しいかなんて、見方次第。
こどもも親を選べればいいのに。

ブリグズビー・ベア(2017年製作の映画)

5.0

めちゃくちゃ面白かった。
あまり期待してなかったけど、今年一番かも。笑えて泣けて前向き。
たくさんの人に観てほしい。

ワンダー 君は太陽(2017年製作の映画)

4.5

優しくて温かい。
オギーが好かれようと頑張るんじゃなくて、ありのままで愛されているのがよかった。

レディ・バード(2017年製作の映画)

5.0

久しぶりに、大好きな映画。素直に観て、泣いて、エンドロールが終わるまで余韻に浸れた。

15時17分、パリ行き(2018年製作の映画)

3.8

日本で似たような事件が起きた後だったので、結末の違いに切なくなった。
勇気ある行動に栄誉を。

フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法(2017年製作の映画)

4.2

明るい色彩と子供たちの笑い声なかに、暗い大人の現実が垣間見えて、でもずっと子供たちが笑っているから明るくて、そしてあのラスト。なんとも言えない気持ちで映画館を出た。

ユダヤ人を救った動物園 アントニーナが愛した命(2017年製作の映画)

3.5

近代史に無知な自分が、戦争の恐ろしさだけははっきり分かるのは、きっとこういう映画のおかげ。私も正しいことをしたい。

君の名前で僕を呼んで(2017年製作の映画)

3.8

俳優も景色も音楽も、美しい。
となりのおばちゃんがスマホをいじってたのが悔やまれる。
もっと浸りたかった…。

パティ・ケイク$(2017年製作の映画)

3.6

ozの田舎のカリスマ感。
最後のライブシーンがよかった。パティが笑った感じが優しくて好き。

否定と肯定(2016年製作の映画)

3.7

嘘と説明責任を果たさない者の言論の自由は認められない。格好いい。

モーリス(1987年製作の映画)

4.0

ヒューグラントの美しさよ。
景色や街並みも美しい。

ダンガル きっと、つよくなる(2016年製作の映画)

4.0

直球のスポ根映画。
試合の場面は、本気で応援してた。
泣ける。

ロンドン、人生はじめます(2017年製作の映画)

3.5

自分の 人生が、まるで他の誰かの人生の借り物のような、居心地の悪さを感じることって割とあるんじゃないかな。いくつになっても遅すぎることはない。やり直せばいい。
自然が本当に美しい。

リメンバー・ミー(2017年製作の映画)

3.7

映像が綺麗。明るい死者の世界。
ストーリーも悪くないんだけど、先が読めてしまって、突出して良いという感じではない。

シェイプ・オブ・ウォーター(2017年製作の映画)

4.8

この映画の全てが素晴らしいとは思わないけど、一晩経ってもまだ余韻が残っている。最高に美しい。

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

4.0

歌も素晴らしいけど、ダンスも楽しい!
観ていて本当に楽しい映画。
映画の世界でも、エンタメっぽいものは軽く見られがちだけど、観ていて楽しい気持ちになれるって、もっと評価されるべきだと思う。確かにストー
>>続きを読む

スリー・ビルボード(2017年製作の映画)

4.3

うまく感想がまとまらない。
結末が読めず、登場人物についても、印象がまとまらない。見応えあり。

ベイビー・ドライバー(2017年製作の映画)

3.7

オシャレ。
前半すごくよかったけど、後半いまひとつ。ラストは好き。

ローズの秘密の頁(ページ)(2016年製作の映画)

4.0

男の嫉妬、おそろしい。ズタボロにされた人生。記憶は奪われない。

>|