okayuさんの映画レビュー・感想・評価

okayu

okayu

映画(320)
ドラマ(0)

TENET テネット(2020年製作の映画)

3.8

キャット、191cmも身長ある。
イエスタデイの主人公出てて嬉しくなった。

序盤、任務中に逆行する弾に助けられる主人公。
任務は失敗に終わり、歯を抜かれる拷問を受ける。自殺ピルを服用。でもそれは仮死
>>続きを読む

バットマン ビギンズ(2005年製作の映画)

3.0

普通。笑
バットマンがなぜ生まれたのかわかったのは嬉しいし、街並みやカラーグレーティングが暗めでとても格好いい。
自分的に何も考えずに観れる映画は感想が一緒。

「セットすげぇ」
「装置すげぇ」
「C
>>続きを読む

ペット(2016年製作の映画)

2.0

若手CGスタッフ達に色んな動物を描かせる練習のために作った物としか思えない。
ズートピアの方がよっぽどメッセージ性と教育性があって好き。

イエスタデイ(2019年製作の映画)

4.7

見返したので。
コメディ映画って、色んな度合いがあるけどイエスタデイはそのバランスが良すぎる…。最高。

歯医者さんにいって、ビートルズの歌詞を思い出すシーンとか、もっとビートルズの曲をわかっていたら
>>続きを読む

最強のふたり(2011年製作の映画)

4.0

今まで観た映画の中で一番、笑顔が印象的な作品。

速弾きで有名な熊蜂の飛行をトムとジェリーと例えたのが一番笑った。フィリップの誕生日の日にドリスが音楽をかけて踊り始めるシーンを観たときになぜか泣いてし
>>続きを読む

ニキータ(1990年製作の映画)

3.7

昔に観て、忘れたのでもう一度。
レオンが生まれるきっかけになった作品。
かなり後半にジャン・レノが出てきた瞬間、やっぱりその存在感の大きさは凄いし、嬉しくて笑ってしまった。

レオンとマチルダが抱き締
>>続きを読む

借りぐらしのアリエッティ(2010年製作の映画)

3.5

金曜ロードショーでやってた。

音の作り込みに感動。
コンセントを差すプラグの蓋を開けて閉めるときの、気圧の変化の音とか。時計のうるさい音とか、自らが小さくなってしまったように感じさせる音のこだわりが
>>続きを読む

マスカレード・ホテル(2019年製作の映画)

2.0

東野圭吾だから観てみた感じ。
怪しさ満点で犯人に見せかけて、でもこの人じゃありませんでしたー!ってなったけどでもこの人また後半に出て来てやっぱり真犯人じゃないの?って思ってたら本当にそうなってしまって
>>続きを読む

GAMER ゲーマー(2009年製作の映画)

3.5

これ11年前!懐かしい。スコア2.9で低くて笑った。
私は好きな映画だったけどなぁ。後半はサクサク進んでしまって「もう終わり?」と設定がいいだけになんとも勿体ない感じはしたけれど…。でも今流行ってるF
>>続きを読む

ジョン・ウィック(2014年製作の映画)

3.4

王道なアクション&復讐劇。
ストーリーもややこしくなく、101分と短く腰が痛くない。これをもの足りないと取るか、シンプルで良かったと取るか好みが別れる映画だと思った。嫌な部分があるとすれば台詞がちょっ
>>続きを読む

ジョジョ・ラビット(2019年製作の映画)

4.5

子供×戦争。
のブラックコメディって珍しいなあと(笑)
最高に良かった。

ヨーキー、可愛すぎる。
キーホルダーにして持っておきたい。

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド(2019年製作の映画)

4.0

女性への暴力シーンが遠慮ない(笑)
ブラットピットかっこよすぎる…。
面白かった。

1917 命をかけた伝令(2019年製作の映画)

4.5

ワンカットに見えるような撮影はバードマンもだけど、こんな爆破シーンも沢山あって一体どうやって撮影してるんだろう!!!メイキング映像が観たい!!

ベネディクトカンバーバッチ出て来てかなり燃えた。

ペンギン・ハイウェイ(2018年製作の映画)

3.9

大好きな小説家、森見登美彦さんの作品。
ぺんぎん。かわいい。

こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話(2018年製作の映画)

4.3

「俺が幸せになっちゃいけねーのかよ!」
の電話のシーンが大好き。

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

4.5

最後のチャリティーライブのシーン、実際の映像とそのまんまでもう、すごいなって。乗り移ってるようにしか見えない。

グリーンブック(2018年製作の映画)

5.0

もう大好き。
皆この作品を観て、差別なんてなくなればいい。

夜は短し歩けよ乙女(2017年製作の映画)

4.4

森見登美彦さんの作品。
四畳半好きな人は絶対楽しめる作品。

リップヴァンウィンクルの花嫁(2016年製作の映画)

4.0

Coccoさんの不思議な魅力と、黒木華の女優さんとしての魅力がたくさん詰め込まれた映画。

>|