オカダカオリさんの映画レビュー・感想・評価

オカダカオリ

オカダカオリ

映画(353)
ドラマ(36)

search/サーチ(2018年製作の映画)

3.5

あっという間に終わった
面白かった

個人的にはSNSとか親には見られたくないけど

劇場(2020年製作の映画)

3.0


「梨がある家が1番安全」

極端なくらい恋人としてのスキンシップの場面がなく、そこが重要じゃない2人の関係を思わせる

山崎賢人の関西弁は逆効果

バジュランギおじさんと、小さな迷子(2015年製作の映画)

3.3

子役が可愛すぎる

迷子の親を探すのだけで国境を越えなくてはいけない国問題
人々はニュースでは憎しみを
求めているってセリフは心に残る

少し長いかな

カラフル(2010年製作の映画)

3.0

どっかの誰かの絶賛が頭の片隅にあって鑑賞

結構早い段階で本人の魂なんだろうなぁと予想

ずっと頑なに反抗するやんと思ったら
あっという間に素直になってて
そのグラデーションが不自然だったかな

もし
>>続きを読む

閉鎖病棟ーそれぞれの朝ー(2019年製作の映画)

2.8

鬱鬱と長い映画

ゆきちゃんの境遇がかわいそうすぎる
小松菜奈頑張った

ひとよ(2019年製作の映画)

4.1

佐藤健!!!!!!
とにかく汚れた佐藤健がこんなにかっこいいとは…

ゆうじは擬似家族と書いたけど
私にはちゃんと兄弟、ちゃんと家族にしか
見えなかったよ

喫煙所のシーンよかったなぁ

松岡茉優、鈴
>>続きを読む

Red(2020年製作の映画)

3.5

夏帆……
可愛いくせにエロいってなんなんだよ
パンツにちょっと大きめのニット…エロすぎる

妻夫木くんの疲れた渋さ、エロい

濃淡のはっきりした照明に
不穏さとか
エロさとかを感じました
映像が綺麗
>>続きを読む

世界から猫が消えたなら(2015年製作の映画)

3.1

静かにゆっくり時間が流れる映画
宮崎あおいと佐藤健の声は優しくて
ずっとBGMとして流してたい

他者との関係を絶ってまで
私は生きていたいって思うんだろうか

空色物語(2012年製作の映画)

3.3

4人のピュアすぎる演技が見られて貴重
萌音ちゃんはやっぱり妹がいるからなのか
この頃からしっかりしてて
周りに気を遣ってて
なんか感動してしまった

楽園(2019年製作の映画)

3.5

犯人と思える人がいることで
救われてしまう怒りがあるんだなぁ
と悲しくなった

行き場のない悲しみ
やりきれないことばかり
つむぎは、それも含めて抱えて生きていく覚悟をしたのだろうか

上白石萌音の歌
>>続きを読む

海獣の子供(2018年製作の映画)

3.4

理解しようとしてはいけないのかも
よく五十嵐大介さんのこの漫画を映画化したなぁ…

作画もCGも死ぬほど大変だったんだろうなぁ
としみじみしてしまうくらい
綺麗だった

億男(2018年製作の映画)

3.1

モロッコにいき、道案内を強引にされ
fuck youと叫び合い
砂漠ツアーに参加した私には
エモエモ思い出映画であった

ハーフ・オブ・イット: 面白いのはこれから(2020年製作の映画)

3.7

やっと見つけた理解者も大切だけど
自分を変えてくれた人はそれ以上に大切なのかも

写真家 ソール・ライター 急がない人生で見つけた13のこと(2012年製作の映画)

3.2

ゆっくりとした喋り方は
歳のせいなのか
もともとなのか
写真家であるということは
まず写真を撮り続けるということなのだなと思った
そして写真について考え続ける人のこと

舞妓はレディ(2014年製作の映画)

3.2

上白石萌音ちゃんの初主演映画
自信のない感じ、か細い声
野暮ったい眉毛
でも美しい声、くりくりの目
笑う時に少し上がる肩
時折見せる笑顔

全部愛おしい

もうダメだ
上白石萌音の
全てが美しく見えて
>>続きを読む

ちはやふる ー結びー(2018年製作の映画)

3.5

いや、それにしても広瀬すずはアップも横顔もずっと見てられるな…
いい青春を見せてもらった…

21世紀の女の子(2018年製作の映画)

3.0

黒川芽衣!!

セリフを少なくするのって大事なんだなとすごく思った

ヴィヴィアン・マイヤーを探して(2013年製作の映画)

4.0

こんな風に見つけられなかったら
本当に評価されていたんだろうか

写真を撮ることって
ある程度自己顕示欲が必要だと思うんだけど発表しないという行為が矛盾している

そして秘密主義で自分を開示せず
孤独
>>続きを読む

ミセス・ダウト(1993年製作の映画)

-

小さい頃に見た記憶
小さい頃に見たのに
元嫁にはもう次の相手がいて悲しくなったことは覚えている
子供の視点で見てたのかなあ

また見たいなぁ

PARKS パークス(2016年製作の映画)

3.0

私は声フェチなので
永野芽郁の声、橋本愛の声、石橋静河の声が聞けて満足です

となりの怪物くん(2018年製作の映画)

3.0

菅田将暉の子犬ばりの可愛い泣き顔!!!
なんだこりゃ〜〜

3D彼女 リアルガール(2018年製作の映画)

3.7

中条あやみの4億満点の可愛さはもちろんのこと
周りのキャストも面白くてたくさん笑った
いや、しかし中条あやみ可愛いな…

羊と鋼の森(2018年製作の映画)

3.7

終始、柔らかい光に包まれた綺麗で美しい映像と音楽
山崎賢人の声には癒しの力があるなぁ
水の中の映像がものすごく綺麗だった

僕と世界の方程式(2014年製作の映画)

3.8

お母さん、本当に辛かっただろうな
子供とのコミュニケーションがなかなか取れない中で旦那さんが亡くなって…

個人的には
Sex education とこのサイテーな世界の終わりの主役の子供時代を見られ
>>続きを読む

僕はイエス様が嫌い(2019年製作の映画)

3.5

ユラくんいいなぁ…

いい意味で退屈な映画
綺麗な構図

風の谷のナウシカ(1984年製作の映画)

4.6

大人になってみると
こんなに怖い映画だったのかと驚愕する

宮崎駿って本当に天才だなと思う

>|