オカダカオリさんの映画レビュー・感想・評価

オカダカオリ

オカダカオリ

映画(295)
ドラマ(15)
  • List view
  • Grid view

町田くんの世界(2019年製作の映画)

3.4

青春ヤベェ〜
ほんと唐揚げ棒とか食ってる場合じゃねぇなぁ〜


主演の女の子可愛い!

それにしても
脇を固める前田敦子、太賀、高畑充希
池松壮亮、戸田恵梨香
の演技が最高

この世代が次の世代を支え
>>続きを読む

ウィーアーリトルゾンビーズ(2019年製作の映画)

3.4

無料公開の日に鑑賞

壮大なMVのようだった

カラフルで電子音がうるさくて
衣装も奇抜で
それと真逆の感情がない4人の棒読みのセリフ

この映画のキャスティングは素晴らしいと思うな
紅一点の中島セナ
>>続きを読む

パラサイト 半地下の家族(2019年製作の映画)

3.3

地下室怖すぎる。
終始ドキドキドキドキする映画。

なんとも言えない結末で
まぁそうなるよなと思ってしまうけど

この映画に出てくる裕福家族が
なんとも言えない程度の
ムカつく雰囲気を自然に醸し出して
>>続きを読む

キングダム(2019年製作の映画)

3.5

原作大好きマンだけど
とてもよかった…

原作の一部分を切り取ることで
早足のストーリー展開ではなく
しっかり観れる

長澤まさみねぇさんの色気よ。
あと、誰があんな変態みたいな強さの王騎やるんだよと
>>続きを読む

愛がなんだ(2018年製作の映画)

3.5

承認欲求の塊のような男を
それをいとも容易く満たしてくれる女

いつでも来てくれるし
ちっちゃくて可愛いし
触ったらふわふわしてるし
1人でいるのもつまんないしさ

って

てるちゃんみたいな子がいた
>>続きを読む

さよならくちびる(2019年製作の映画)

2.8

もう!お互い素直になって!
満面の笑みを見せてくれ〜!小松菜奈〜!

インタビューで突然歌い出して泣き出す女!情緒がやばいぞ!

天気の子(2019年製作の映画)

3.4

期待値が高かった故に
厳しい目で見てしまったかもしれないけど
あまり感情移入できずに終わった

色々な背景が見えなさすぎたのかも

ひなが晴れ女になった理由
あの鳥居が特別な場所なの?

穂高の家出理
>>続きを読む

鈴木家の嘘(2018年製作の映画)

3.6

お父さんの泣いた姿に号泣してしまった

嘘をつく時はなんだがコミカルなのに
どんどん泣いてしまう

妹の気持ちを考えると感情が大変だった

許せない兄
兄に夢中な母
自殺現場を見てしまったこと
残され
>>続きを読む

フォルトゥナの瞳(2019年製作の映画)

3.4

神木隆之介のラブストーリーってなんだかむず痒くて感情移入が難しい

あと本当に変なポリシーなんだけど
手をつなぐ時は
男の子の手が前になるように
女の子は後ろから繋いで欲しいの

青夏 きみに恋した30日(2018年製作の映画)

2.5

男!もっと頑張れ!目の前の葵わかなはこんなにも美しいのが見えないのか!

君は月夜に光り輝く(2019年製作の映画)

3.3

結末はわかってるけど永野芽郁ちゃんの涙で泣いてしまう
あんなに若くてこれからで
ずっと闘病してて
自分が死ぬ身で
好きな人に幸せになってくださいって言える?

北村匠海は死んじゃう女の子好きになりすぎ
>>続きを読む

グリーンブック(2018年製作の映画)

3.5

差別って本当に根底に
人の本当に深いところに根付いていたんだなあと改めて感じた
今もそうなのかもしれない

差別によって迫害されている人種の
成功を手にした人は孤独になって虚しさを感じていく

迫害さ
>>続きを読む

十二人の死にたい子どもたち(2019年製作の映画)

3.6

それぞれのキャラクターがわかりやすく
エンターテイメントとして面白かった

でも、妹が1番初めに告白してしまったらよかったのでは?と思ってしまう

それにしても
死ぬと言う決断は
自分は生まれてきては
>>続きを読む

サムライマラソン(2019年製作の映画)

3.4

小松のお菜奈の横顔で始まる映画
それはそれは美しゅうございました

来る(2018年製作の映画)

3.1

小松菜奈のピンク髪を見たかったんだよ、私は

チワワちゃん(2018年製作の映画)

3.5

チワワちゃん、なんだろうか
実体のない空虚みたいで色々な人から魂を吸い取ってしまう妖怪みたい

センセイ君主(2018年製作の映画)

3.4

浜辺美波はロングよりショート派

竹内涼真の身長は神の贈り物

SUNNY 強い気持ち・強い愛(2018年製作の映画)

4.1

いっぱい笑っていっぱい泣いた
いいなぁ〜高校生、最強だよな〜

寝ても覚めても(2018年製作の映画)

3.1

ふわふわして掴み所はないのに男のためなら全てをポイって捨ててしまう透明感の強い女の子が恐ろしいとしか思えない

犬猿(2017年製作の映画)

3.6

なかなかグッと来るものがあった
お互い持ってないものを持っている相手

疎ましくてやっかいで邪魔だけど
居なくなってしまうと思うと違う

2人兄弟とか姉妹ってちょっと危ないなと思った、1対1だから。
>>続きを読む

ここは退屈迎えに来て(2018年製作の映画)

3.1

結局、高校時代をみんなが引きずってて
結局、高校生の時から変われない人ばかり

見ていて嫌だなぁと思ったところは
きっと私の中の恥ずかしいところや、嫌だなぁと思っているところを、くすぐるんだろう。
>>続きを読む

君が君で君だ(2018年製作の映画)

3.5

異常だよ、異常
好きって?
守るって?
人を好きになるってどういうこと?
受け入れるってなんだ?

頭が痛くなるな、わからなすぎて
池松壮亮はすごいな

レディ・バード(2017年製作の映画)

3.7

わかる、この気持ち
背伸びしたくて地元が嫌いで

お母さんのお見送りの場面で泣いてしまう

銀魂2 掟は破るためにこそある(2018年製作の映画)

3.3

機内にて

イケメンがたくさん〜
吉沢亮の目が素晴らしい

佐藤二朗の演技で
みんなが笑いをこらえているところは
見ていて幸せ度が高い

サバイバルファミリー(2017年製作の映画)

3.9

面白かった!笑った!
考えさせられるシリアスな場面もありつつ
お父さんには本当に笑わせてもらった

それと同時にこんな時自分だったらどうするか考えるキッカケになった
震災が絶えない日本では
明日は我が
>>続きを読む

リバーズ・エッジ(2018年製作の映画)

3.7

僕らの短い永遠…

二階堂ふみのくびれ
吉沢亮のまつげ

7月22日(2018年製作の映画)

3.8

当たり前だけど忘れていたこと
事件は起こった後もずっと続くということ
亡くなった人がもちろん1番不幸だけど
残されたものにもまた別の地獄が待っていて続いていく
判決がどうでても起こった前にはもう戻れな
>>続きを読む

5パーセントの奇跡 嘘から始まる素敵な人生(2017年製作の映画)

3.7

工夫と助けを借りて
どうにか頑張ってる姿がカッコよかった
やってやれないことはないぞといった感じ

マックスとサリーの関係性が最高だった
お互いがお互いを必要としていて
障害関係なく仲間だなと。

>>続きを読む

名もなき復讐(2015年製作の映画)

3.3

見るのに覚悟が必要だった

DVDで見たのだけれど
本編の前の予告編6本も全て強姦の復讐系でどうしてこんな映画ばかりなんだと悲しくなった

>|