せびたんさんの映画レビュー・感想・評価

せびたん

せびたん

最近なんでも観るようになってきた気がしますけどホラーが好きです。ホラー要素が入ってるとコメディや恋愛も楽しめます。商品て感じの大作ものより自由な感じのB級がお気に入りです。

せびたんさんと呼ばれるのはなんか変なので、よかったらせびたんと呼んで下さい。

おんなのこきらい(2014年製作の映画)

3.6

良作。主人公の女の子をよく描けてた気がするし女の闘いおもしろかったです。けど構成的には邦画にありがちなまったく盛りあがらないパターンだったような気が。折り返し地点まではそこそこ楽しいけれどその後ほぼず>>続きを読む

ドールズ(1986年製作の映画)

3.8

おとぎ話的なストーリー。人形がいっぱい出てきてまして、その造形がよかったです。
途中で前に観たことあったのを思い出したけど、話の展開はまったく覚えてなかったので最後まで楽しんで観れました。

サランドラ(1977年製作の映画)

3.5

面白かった。1977年にこれっていうのはすごい。登場人物が隙だらけなのはいつものウェス・クレイヴンだった。

ビースト(犬)がほんとにビーストだったので笑った。どっちかというと悪役一味に飼われててもお
>>続きを読む

赤線地帯(1956年製作の映画)

3.2

スコアについては映画館で観てたら違ってたかも。

若尾文子のアイドル顔と京マチ子の圧倒的な存在感を堪能しました。八頭身や…笑
木暮実千代もよかったなあ。昔の女優さんはみんなすごいな…。

日払いで給料
>>続きを読む

ドルフ・ラングレン ゾンビ・ハンター(2017年製作の映画)

3.5

楽しいB級ホラーでした。
結末はちょっと意外でした。
死ぬ瞬間に殺した相手に憑依する悪霊(つーかデーモンて言うてた気がしますけど)の設定が好き。憑依された人の真っ黒な目もかわいかったですね。

地獄門(1953年製作の映画)

3.2

色がきれい。衣装が豪華。
話は今でいうストーカーものだった。京マチ子演じる袈裟の最後の選択が衝撃的。
京マチ子の虚ろな瞳はホラー。京マチ子が相手なら惚れても仕方ない。

ゴースト・スクール(2012年製作の映画)

3.5

子供の頃から幽霊が見えるために変わり者扱いされてきた教師が授業する相手は5人組の幽霊たち、という青春コメディでした。スペイン映画らしいひねり方ではないでしょうか。

流れ的に最初のうちはアメリカ映画の
>>続きを読む

ライト/オフ(2016年製作の映画)

4.0

暗闇って怖いよねっていう日常的な感覚をここまで視覚化するのはすごいかも。これはいい映画。ケレン味のない良作ホラー。

ホラーは設定とかがわりと適当だからセリフ回し(というのかどうか正確には知らない)が
>>続きを読む

羅生門(1950年製作の映画)

4.5

ベルイマンの『第七の封印』とセットで観ると面白いかも。とてもよく似ている。そして先に作られたのは『羅生門』というのがちょっと気分がいい。

移動撮影がすごすぎるし、光と影の動きが楽しすぎる。三船敏郎は
>>続きを読む

白薔薇学園 そして全員犯された(1982年製作の映画)

3.6

邦画を知るにはロマンポルノは外せない、みたいなことを当時敬愛していた先輩方(美術系・文学系)に言われまして、せっせとロマンポルノを観てた時期があります。まっとうに生きている同学部の友人達(法学部)から>>続きを読む

鮫の惑星:海戦記(2017年製作の映画)

2.0

ヒロインが痛くてずっとイライラできる作品です。最後の無双っぷりはちょっと楽しかったけど。

恋人役の男はポンコツすぎるのが痛すぎて笑えました。久々に見る本格派のポンコツなんでわりとよかったです。

>>続きを読む

インド・オブ・ザ・デッド(2013年製作の映画)

3.5

インド映画はずっと昔に『マハラジャ』観て以来です。
冒頭の主人公たちがテレビを見てる場面にフェイクのマイケル・ジャクソンの「スリラー」が出てきたので、後半に期待しましたが、ゾンビが踊るシーンはなかった
>>続きを読む

シャッフル(1981年製作の映画)

3.5

映像と音楽が一体化してました。おもしろかったです。

『吠える犬がなんちゃら』っていう某国の映画がこれをまるパ……リスペクトしてて苦笑した記憶があります。
なんだかんだいって他国の映画に引用される率が
>>続きを読む

爆裂都市 BURST CITY(1982年製作の映画)

4.0

思い出しレビューです。

役者さんが何言ってるのかほぼ分からないことさえ演出なんじゃないかって気がしてくるっていう疾走感。

町田町蔵(芥川賞作家の町田康)と戸井十月の兄弟が復讐を果たす話というのは分
>>続きを読む

人狼村 史上最悪の田舎(2011年製作の映画)

3.8

スペイン映画らしいひねりというかずらし方を楽しめる映画でした。
このての映画にありがちなお約束の展開がほんのちょっとずれていくのですが、そのずれ方がすごくいいんです。特に私たちが基準にしがちなアメリカ
>>続きを読む

マイノリティ・リポート(2002年製作の映画)

3.3

原作フィリップ・K・ディックということでテンションマックス!
ああこれプレコグのやつや、萩尾望都が『スターレッド』でオマージュしたやつやあってなってレンタルしました。

家に帰ってきてからスピルバーグ
>>続きを読む

アイランド・オブ・ザ・デッド(2006年製作の映画)

1.5

まさか私がオブザデッド系にこんなスコアをつける日が来るとは…(・・;)
ていうかこれってそもそも映画なんだろうか?という疑問が…

おもしろくなくもないんだけど観ててつらかったのはワンパターンだったか
>>続きを読む

ミラクル・ニール!(2015年製作の映画)

3.8

喋れるようになった犬が最高でした!
犬ってほんとにあんな感じなんだろうなあ。

後はストーカー気質のアメリカ人のやることがアメリカ映画に出てくるサイコ野郎のパロディっぽくて楽しかったです。

バッド・テイスト(1987年製作の映画)

4.2

あのピーター・ジャクソンの長編第1作です。自主制作映画なので手作り感満載です。けどまぶしいくらいの才能を感じます。どんな仕事についても一流になったんじゃないかという安定感ですかね。そして作品や映画に対>>続きを読む

ゾンビ・ヘッズ 死にぞこないの青い春(2011年製作の映画)

3.2

音楽もストーリーもビジュアルも1980年代の映画の雰囲気出てたけど意外と最近の映画でした。昔の映画の雰囲気を再現してる映画はよく見かけるけど80年代のは珍しいような気がしてます。

体はゾンビだけどそ
>>続きを読む

セーラー服と機関銃 卒業(2016年製作の映画)

3.0

配役がはまってる映画は最後まで退屈せずに観れますね。ほぼ全部のキャラがちゃんと立ってて嬉しかったです。ウエットになりすぎないのも私は好きでした。冒頭の長回しは、元の作品の相米慎二監督へのリスペクトでし>>続きを読む

最凶女装計画(2004年製作の映画)

3.8

コメディにおいて顔がおもしろいというのは最強だなって思いました。顔がおもしろい上、動作にキレがあるし喋り方もおもしろいんでホントに最強でした。私にとっては『最強女装計画』でした。

ふたりのイケメン黒
>>続きを読む

-less [レス](2003年製作の映画)

3.0

よくできてる映画でした。
オチはかなり早い段階(開始20分くらい?)で分かるので後はどういうプロセスで楽しませてくれるのかということだったんですが、すべての事件がまさかのワンパターン。そこはちょっと残
>>続きを読む

アダム・チャップリン(2011年製作の映画)

3.5

まさか北斗の拳がイタリアで実写化されていたとはっ!

というのはもちろん嘘ですが、あたたたたたたは実写で見れました。もろケンシロウでしたね。それは誰にも否定できないし、否定する気もなさそうでした。
>>続きを読む

シェアハウス・ウィズ・ヴァンパイア(2014年製作の映画)

3.8

ドキュメンタリーっぽくシェアハウスしている4人のヴァンパイアの日常を描くコメディでした。

ヴァンパイア以外にもゾンビ、ウェアウルフ、魔女が登場します(出番はそんなに多くないけど)。
スチューというキ
>>続きを読む

プラネット・テラー in グラインドハウス(2007年製作の映画)

3.5

B級感満載で楽しい映画でした。
昔のB級映画を映画館で観てる雰囲気出すために?フェイクの予告編が最初にありました。『マチェーテ』というその映画、めっちゃおもしろそうだったんで念のためにここで検索したら
>>続きを読む

96時間 レクイエム(2015年製作の映画)

4.2

いいっすね、このシリーズ。

シリーズ恒例の家族の描写(娘妊娠)→衝撃的な展開(元嫁)→カオス→リーアムパパ無双→無双→無双→娘救出という流れでした。

無双っぷりは本作がシリーズ最高だった気が。
>>続きを読む

コックと泥棒、その妻と愛人(1989年製作の映画)

3.5

普通におもしろかったけど『ZOO』のように印象に残る作品じゃなかったです。
とりあえずアート感強かったです。
よくも悪くも80年代だな、というのは思いました。

最後のシーンで供される料理は『食べられ
>>続きを読む

エヴォリューション(2015年製作の映画)

3.5

冒頭の海のシーンがめっちゃきれいだったんで新作で観てよかったなと思った(←いろいろ詐欺られすぎた結果満足するライン下がりすぎw) いい映画だなと思ったけど特にささってはこなかった。

エヴォリューショ
>>続きを読む

スパニッシュ・ホラー・プロジェクト ベビー・ルーム(2006年製作の映画)

4.0

めっちゃ怖い…。
音でびびらせるタイプじゃなくて、じわっとくる正統派でした。
お薦めしたいけどレンタルショップにはあんまり置いてなさそう…

これは古い屋敷を購入した夫婦に起こる話でして、自室にひとり
>>続きを読む

エージェント・ウルトラ(2015年製作の映画)

3.5

あらすじとか予告編から期待した通りの作品でした。
フライパンとかスプーンを武器に闘うのはジャッキーのアクションみたいで楽しかったです。

素のときと超人モードのときのギャップがすごすぎて時代が追いつい
>>続きを読む

スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還(1983年製作の映画)

4.0

オープニングのC3POとR2D2の二人旅のところがお気に入りです。ずっとふたりで(2体で?)話しながら歩いてくれてても見飽きない気がしました。そういうゆるーい低予算のスピンオフを希望します。笑

それ
>>続きを読む

スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲(1980年製作の映画)

3.0

地上波放映が録画されてたので久々に観てみました。

これ、めっちゃつなぎの回ではないかと…。
この世界観にはまれない私にはちょっときつかったです。

キャプテンスーパーマーケットで手を切断されるやつの
>>続きを読む

スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望(1977年製作の映画)

3.6

観てると楽しいんだけどあまりテンションがあがらないし、はまりもしないのが私にとってのスターウォーズなんです…(・・;)

世の中の熱狂から取り残されたみたいでさびしいです。でもま嘘ついて高評価つけても
>>続きを読む

キングスマン(2015年製作の映画)

4.5

もう語り尽くされてて書くことないです笑
無双っぷりが楽しかったです( ・ㅂ・)و ̑̑

みなさん書いておられることだけど、威風堂々+花火のコラボがタイミング的にも発想的にも最高に笑えました。
あとは
>>続きを読む

96時間 リベンジ(2013年製作の映画)

4.0

全作同様娘に干渉しすぎて嫌がられるところからのスタートだけど、娘の反応で親子の絆は深まってることが分かりました。よかったね、ブライアン( ¨̮⋆)

私の仕事が入国管理なら、この家族を入国させないこと
>>続きを読む

>|