せびたんさんの映画レビュー・感想・評価

せびたん

せびたん

B級C級がお気に入りです。洋画のホラーが好きです。ツボが普通と違ってるという自覚がありますのでスコアはあまりアテにしないで…( ̄▽ ̄;)
ベスト10はわりと本気で選んでます。きっと。

せびたんさんだと何かへんなので、せびたん、と呼んでもらえるとうれしいです。

映画(522)
ドラマ(0)

Virginia/ヴァージニア(2011年製作の映画)

3.0

古典的でなんだか上品なホラーでした。
コッポラが監督だから付き合ってもいいかなって感じで最後まで観ました。もう1回くらい観たらいろいろ語れそう。

地味すぎる物語が好きでした。
ロリコンが主題のひとつ
>>続きを読む

HERO(2002年製作の映画)

3.8

おもしろかった。きれいだった。という印象。英雄は英雄を知るというお話。ですが小物の私にも楽しく見れました。

話の大部分が無名という名の男の語りの再現映像という形式なので、どこまで真実なのか保証されて
>>続きを読む

血まみれ農夫の侵略(1971年製作の映画)

4.0

私が惹かれてジャケ借りしたのはこのジャケットじゃないんです。
そのジャケットをどうしても皆さんに見てほしくて、例によってプロフの写真を期間限定で変更しました(・ω・。)

(追記:これを書いた翌日にジ
>>続きを読む

THE BITE 変身する女(2015年製作の映画)

3.6

溺殺魔で名前を知ったチャド・アーチボルト監督の映画です。
イクラ・ネバネバというふたつの前情報を持っての鑑賞でした。ホントにイクラでした。そしてネバネバしてました。めっちゃイクラとか納豆を食べたくなる
>>続きを読む

ローズマリー(1981年製作の映画)

3.0

お店でみかけてジャケットにひとめぼれです(お米じゃないほうの)。購入しました。

そのままずっと忘れてて1年くらい経ちました。3日前に見始めたのですが寝落ちの連続…。さきほどやっと観終わりました。
>>続きを読む

ZOMBEE 最凶ゾンビ蜂 襲来(2015年製作の映画)

1.5

ゾンビーです🐝書き間違いでも読み間違いでもありません🐝ゾンbeeです🐝ええ🐝ゾンビ➕ハチなんです🐝

カラスくらいの大きさのスズメバチでした🐝ミツバチだったらかわいかった気がしました🐝そのことをお伝え
>>続きを読む

ドクター・エクソシスト(2016年製作の映画)

2.8

ジャケットからは嫌な予感しかしないけれどたまたま予告編を観たらおもしろそうだったんです。実際に観てみるとジャケットを信じればよかったかなって感じでした。けしてつまらなくはないんだけど何かの成分が足りな>>続きを読む

ロサンゼルス女子刑務所(2013年製作の映画)

3.0

フォローさせてもらってる方のレビューを読みましたら、おっぱいを連呼されておりましたので、つられて観ました(・ω・。)
おっぱいはよかったけどジャケ写が映えないのが残念ですね。

主演女優さんは「シャー
>>続きを読む

デビルシャーク(2015年製作の映画)

1.6

映画とは何かについて考えてしまう反面教師的作品でした。ひさひざにひどいのに当たったけど、それでも観終わったあとの印象(読後感的なやつ)は邦画の標準作よりはいいっていう。がんばれ、現代の邦画。

サメは
>>続きを読む

Sock 'em Dead(原題)(2015年製作の映画)

3.5

相互フォロワーさん達のレビューで知った作品です。ロドリゲス監督の短編でして、youtubeで観れるのでお得感があります。
時間は7分弱なので昼休みや移動中に余裕に観れたりします。やはりなんだかお得感あ
>>続きを読む

(r)adius ラディウス(2017年製作の映画)

3.3

こういうジャケ写は好きなパターンでした。
幾何学模様の中では圧倒的に円(ドット?)が好きな私としては外せない作品だったのです。
しかもこのマニアックで使い勝手の悪そうな設定!
テンションあげるなという
>>続きを読む

フランケンジョーズ(2016年製作の映画)

3.6

フランケンジョーズ!!
原題はシャーケンスタイン?

内容はタイトルのまんまです。マッドサイエンティストが何種類もの鮫をツギハギして怪物を作る話でした。

ジャケ写の盛り具合は、たまらないレベルでした
>>続きを読む

ルーザー ~サッカー愛は国境を超える!?~(2015年製作の映画)

3.6

偶然出会った3人の訳ありオジサンのロードムービーでした。
チリ、アルゼンチン、ペルーの合作映画でして、3人のオジサンはそれぞれの国からひとりずつ選出されてました。

観終わった後の感じ(読後感的なやつ
>>続きを読む

パニック・マーケット3D(2012年製作の映画)

3.6

スーパーマーケットと鮫…
水中を漂う死体…
そして起伏のない地味な物語…

最高でした。

全部私のツボでした。

ジャケ写見た印象から思うとよくできてました。なので安心してつっこむことができるという
>>続きを読む

モンスター・パニック(1980年製作の映画)

3.2

モンスターがほぼジャケ写通りで盛られてなくてびっくりしました。
このモンスターの実物(着ぐるみ)の着ぐるみ感(ていうか着ぐるみ)がかわいくてたまりませんでした。

例によってフィルムの色味を楽しみ、C
>>続きを読む

怪奇!吸血人間スネーク(1972年製作の映画)

2.0

このジャケットを目にしてしまったらもう観るしかなかったんです。だってこのインパクトですから。

しかもこの邦題とこの原題です!
sssssssですよ?ssssssnakeて。たぶん発音できねーわ、日本
>>続きを読む

ハリーの災難(1955年製作の映画)

4.5

コクのある映画でした。出汁の効き方がハンパなくてよかったです。こういう味噌汁を飲みたいと思うくらいでした。適当ですみません。

この頃のフィルムの発色が大好きなんです。さらには繰り返して観るほど物語を
>>続きを読む

キリングフェイス(2013年製作の映画)

3.0

大学時代の仲間という設定だけどキャスト全員が夜の匂いしかしない見た目の人たちだったのが笑えました。絶対昼間は働いてなさそうな感じ?太陽に弱そうな感じ?そんな感じでした。あとみなさん顔立ちが個性的でおも>>続きを読む

マーダー・オブ・キャット(2014年製作の映画)

2.6

よくできてましたが話がまったくおもしろくなかったです。少なくとも私には…^^;

猫の死体がめっちゃ雑な作り物だったところは笑えました。そこは好きでした。

こんなつまらない作品でさえよくできていると
>>続きを読む

ゴースト・ブライド(2017年製作の映画)

3.2

主人公ナスチャ(女)の初登場は大学の授業中に居眠りしてるシーン。このシーンが象徴する通りこの主人公、人の話をまったく聞いてないやつでして、ストーリーの古典的な様式のバランスとか観てる側の気分とかを微妙>>続きを読む

猿の復讐 ISLAND OF THE APES(2009年製作の映画)

2.0

私にとっては観るしかないジャケ写でした。
内容とかどうでもよかったんです。この独特のインパクトがあるジャケ写の作品の内容を確かめずにはいられなかったです。
そんな本能の叫びに従って観ました。
後悔なん
>>続きを読む

恐怖ノ黒電話(2011年製作の映画)

3.2

恐怖ノ黒シリーズの一作です。
これ以外には『恐怖ノ黒鉄扉』、『恐怖の黒洋館』があるみたいです。わたし的にはどれも古めかしくていいタイトルです。

けどこれ全然怖くなかったし、目立ったツッコミどころもあ
>>続きを読む

シャークトパス(2010年製作の映画)

2.0

みなさんのレビューを読んでるだけで観たような気分になってたこの映画。
先日、まだ観てなかったことを思い出しました。なので観ました。

テンポがよかったのと役者さんがみんななぜかテンション高かったのとで
>>続きを読む

蛾人間モスマン(2010年製作の映画)

3.5

ノリがよかったです。
『仲間を殺しちゃったけど事故に見せかける』とか『都市伝説だと思ってたけど実在した』とかよくある設定ばかりだし、モスマンの造形もひどかったけどノリのよさが光りました。よくいえは時間
>>続きを読む

異形未知生命体 エボミネーション(1986年製作の映画)

3.8

ジャケ写から期待するようなことは何も起こらない映画ですがそれはお約束ということで……。

意外とおもしろかったです。音楽の使い方がうまかったです。あとはカットワークが斬新でした。そして雰囲気はヌーベル
>>続きを読む

スペース・ゾンビ/吸血ビールス大襲来(1984年製作の映画)

3.6

昨日は遅くまで飲みすぎて、腹筋が筋肉痛になるくらい笑ったことは憶えているのだけれど深夜まで一緒に笑ってくれていたあの人は誰だったんだろう?
おかげで今日は肉体的にも精神的にも反動がきてて重くて、プレー
>>続きを読む

溺殺魔 セバスチャン・ドナー(2014年製作の映画)

3.6

30年くらい前のスタイルのホラーでした。私の中では『でも誰が信じる?』系のホラーでして、初期のチャッキーと同じ分類です。最近主流のアトラクション系ホラーではなく、想像力(感情移入?)が要求されるので注>>続きを読む

SECURITY/セキュリティ(2016年製作の映画)

4.0

他のレビュアーさんの表現をお借りしますと、「アントニオ・バンデラスがショッピングモールでホームアローンする」。まさにそういう作品でした。
こういう映画に出会ってしまうからB級映画はやめられないって感じ
>>続きを読む

MESSI/メッシ -頂点への軌跡-(2014年製作の映画)

3.6

アレックス・デ・ラ・イグレシア監督作品。
幼なじみから今のチームメイトまでメッシを知る人たちを集めた晩餐会を開き(けどメッシはその場にいない)、それぞれがさまざまなメッシについて語るという形式の作品。
>>続きを読む

オキュラス 怨霊鏡(2013年製作の映画)

3.0

初期のチャイルド・プレイ系というか私が«でも誰が信じる?»系と勝手に呼んでいるタイプの作品でした。
この世のものではない何かと遭遇したけれど、でもいったいこんなの誰が信じてくれる?というシチュエーショ
>>続きを読む

パコ・デ・ルシア 灼熱のギタリスト(2014年製作の映画)

4.0

フラメンコ音楽のギタリストであるパコ・デ・ルシアについてのドキュメンタリー。
パコ・デ・ルシアのギターがかっこいい。いい意味でめちゃ饒舌なギター。

彼自身が語る彼の半生はまるで神話のようでもありまし
>>続きを読む

メガ・シャークVSジャイアント・オクトパス(2009年製作の映画)

3.5

笑わせにきてましたね、これは。
くすくす、にやにやが多かったですが、何ヶ所か爆笑できました。

オクトパスとメガシャークはほとんど闘いませんでした。しかし日本の怪獣映画へのリスペクトが感じられる映画で
>>続きを読む

ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章(2017年製作の映画)

2.5

一番おもしろかったのは始まってから5分くらいで『第1章』って表示されるところでした。苦笑しながら(第2章は)ないない、て思いました。

たった5分でそういう判断をさせるとはある意味すごい映画ではないで
>>続きを読む

マザー!(2017年製作の映画)

3.6

これって…
コメディってことでいいんでしょうか?
尺が2時間もあったのにおもしろく観れました。うん、私にはコメディっぽかったです。

予備知識がちょっとだけあったんで初見である程度飲み込めました。ひと
>>続きを読む

ファンハウス/惨劇の館(1981年製作の映画)

4.4

おもしろかったです。
ゴア描写が強くないのに怖いという私好みのホラーでした。

静かで不気味な立ち上がりからのスピード感のある惨劇という流れもよかったです。
序盤はカーニバルの下世話で悪趣味なアトラク
>>続きを読む

フライトナイト/恐怖の夜(2011年製作の映画)

3.5

同名のトム・ホランド監督作品のリメイクだったみたいです。
観てるうちにオリジナル作品を前に観たことを思い出しました。

ネットで人気のヴァンパイア・ハンターを売りにしているイリュージョニストに助けを求
>>続きを読む

>|