okd0812さんの映画レビュー・感想・評価

okd0812

okd0812

映画(539)
ドラマ(0)

ストリート・オブ・ファイヤー(1984年製作の映画)

3.2

誘拐された人気ロックバンドの女性ヴォーカルを元カレが助け出すという展開の映画。

しかし、この元カレのトムの言動がキザ過ぎて好きになれなかった、80年代はこれがカッコいいと認識されてたのかな...
>>続きを読む

イリュージョニスト(2010年製作の映画)

3.8

不思議な感覚のアニメーション映画でした。登場人物達にセリフはほとんどなく、身振り手振りからメッセージを受け取る形。
それにしてもとてもきめ細やかで綺麗な作画でした。この絵もまた独特な印象。

ストーリ
>>続きを読む

ラッキー(2017年製作の映画)

3.3

解釈が難しい映画でした。

90歳となる主人公ラッキーは毎朝コーヒーを飲み、バーに出かけて馴染みの銀客と話すという日常生活を送っていた。
しかし、ある日の朝突然倒れてしまい病院へ運ばれ、そこから死につ
>>続きを読む

美術館を手玉にとった男(2014年製作の映画)

3.5

美術館に精巧な名画の贋作を寄贈するという奇行をし続ける男の真相に迫ったドキュメンタリー調の映画。

その男の名前はマークランディス。この映画に本人が出演しています。
映画は主にこの男とランディスの絵に
>>続きを読む

ロング,ロングバケーション(2017年製作の映画)

4.3

認知症で過去の記憶を失いつつある夫ジョンと末期癌で死期が迫っている妻エラの老夫婦がキャンピングカーに乗って逃避行...
最高のロードムービーでした!

認知症の夫が過去の記憶を忘れたり、思い出したり、
>>続きを読む

セカンドベスト/父を探す旅(1994年製作の映画)

3.5

予想に反して中々に暗くて重い話であった。

オープニングでいきなり父親が息子を拉致するという驚きの展開で幕を開ける。
それから森に隠れて1週間ほどサバイバル生活をするのだが、息子との生活に満足したのか
>>続きを読む

真夜中のパリでヒャッハー!(2014年製作の映画)

4.0

先に続編の世界の果てまでヒャッハーの方を見ましたが、ヒャッハーぶりでは今作の方がレベルが高い気がします。
どちらも面白いんですけどね。

出版社で働く主人公のフランクは誕生日の夜に社長から不在の間の社
>>続きを読む

判決、ふたつの希望(2017年製作の映画)

4.0

パレスチナの難民問題について深く考えさせられる良い形で問題提起をしてくれた映画でした。

主人公は工事の現場監督のパレスチナ人のヤーセルと車の修理屋でレバノン人のトニー。
トニーの家の前で工事していた
>>続きを読む

みかんの丘(2013年製作の映画)

4.1

長年の人生経験を経て悟りを開いてしまった聖人君主のような主人公イヴォの言動ひとつひとつに感銘を受けざるを得ない。そんな映画でした。

舞台はジョージアとコーカサスの領土争いの戦いの真っ只中のアブハジア
>>続きを読む

僕のワンダフル・ジャーニー(2019年製作の映画)

4.1

前作から続きのストーリーとなっていますが、前作の内容は把握していなくても楽しめました。

イーサンの孫娘のCJは母親のグロリアに女手一つで育てられていたが、自己中心的なグロリアは育児放棄気味になってい
>>続きを読む

MERU/メルー(2014年製作の映画)

3.5

前人未踏のメルー峰の山頂部、シャークスフィンに挑む男達の姿を描いたドキュメンタリー映画。

一度登り始めたら生きて帰れるかは分からない。独り身ならまだしも家族を持ち、責任もある中でなぜ山を登るのか?
>>続きを読む

人生、ブラボー!(2011年製作の映画)

3.8

若い頃に精子提供を繰り返し、20年後に気づけば500人超の父親になっていたという設定だけ聞くと直球のコメディと思いきや、家族の大切さを考えさられるハートフルコメディでした。

主人公のダヴィッドはスタ
>>続きを読む

ヴィンセントが教えてくれたこと(2014年製作の映画)

3.9

人間嫌いのひねくれたおじさんに最初は多少嫌悪感を抱きつつも、最後まで映画を観るとそんなおじさんに愛着を持ってしまうそんな映画でした。

主人公ヴィンセントは酒、ギャンブル、女に入り浸る退廃的な生活をし
>>続きを読む

パトリオット・デイ(2016年製作の映画)

3.5

ボストンマラソン時に実際に発生した爆破テロ事件を元にした映画です。

爆破シーンの描写が生々しく、その場に居合わせた人達の混乱がリアルに描写されています。
スマホで素人が撮影したような映像を使う演出で
>>続きを読む

フリーダム・ライターズ(2007年製作の映画)

4.0

不良生徒達を更生させる系のストーリーの映画に弱いかもしれない、この映画はとても感動した。

不良を更生させるというところはありがちですが、この映画はその方法がスポーツとかではなく、文章を書くことという
>>続きを読む

インスタント・ファミリー ~本当の家族見つけました~(2018年製作の映画)

3.9

家族に養子を迎え入れることの喜びと苦労をコメディタッチにまとめた映画。

ピートとエリーの夫婦は子供はいなかったが、充実した仕事に満足し、何不自由ない生活を送っていた。
ある日、妻エリーが養子の情報を
>>続きを読む

ニューヨーク 眺めのいい部屋売ります(2014年製作の映画)

3.7

今を生き急ぐ現代人に、ゆっくり自分のペースで生きることの大切さを教えてくれるそんな映画でした。

ニューヨークのアパートに40年以上住むアレックスとルースの老夫婦。
しかし、老朽化に伴い今の家を売り払
>>続きを読む

最高の人生のつくり方/最高の人生の描き方(2014年製作の映画)

4.0

マイケルダグラスが渋い、年老いてもかっこいいですね。

不動産屋のセールスマンのオーレンは気難しい性格からアパートの住民達から疎まれていた。
ある日、オーレンの元に長年連絡をとっていなった息子が現れ、
>>続きを読む

グッド・ライ いちばん優しい嘘(2014年製作の映画)

3.8

恥ずかしながら、スーダン内戦や難民達の実情については知識がありませんでしたが、この映画を見て少し学べました。

スーダンの内戦にから命辛々逃げ延び、難民となってしまった5人兄弟達の運命が描かれた映画。
>>続きを読む

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

3.9

やはりこの映画の見所は、迫力あるミュージカルのシーン。

個人的に印象に残ったのは、バーでバーナムがフィリップを仕事に誘うシーン。
ショットグラスを使ったジャグリング?のようなところ、アイデアが面白い
>>続きを読む

インファナル・アフェア(2002年製作の映画)

4.0

ディパーテッドのリメイク元となったオリジナル作品。

警察に潜むマフィアの一員とマフィアに潜む警察。
とても、緊迫感のある映画です。
この脚本は素晴らしい。

全体的にはやはりハリウッドで制作されたデ
>>続きを読む

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

4.0

観た後に、もう一度見返したくなる!
映画、漫画、アニメに関する隠れた小ネタが満載の映画でした。
DCコミックス系のネタが多めの印象がありましたが、日本からはガンダム、ゴジラ、ストリートファイター関連な
>>続きを読む

幸せなひとりぼっち(2015年製作の映画)

3.8

この映画なんかに似てるなぁと思ったら、主人公の特徴が『私はダニエルブレイク』の主人公と共通する点が多くて似ているなぁと。製作はこちらの映画の方が先ですね。主人公の特徴は以下の点です。

・失業中
・気
>>続きを読む

イグジット・スルー・ザ・ギフトショップ(2010年製作の映画)

3.8

覆面アーティストのバンクシー監督作品。

バンクシーが中心の映画と思いきや、ストーリーの中心はストリートアーティストの活動を映像に収め続けるティエリーグエッタという自称映像作家。
ティエリーのストリー
>>続きを読む

ドリフト(2012年製作の映画)

4.0

サーフィンのドキドキ感から最終的には、晴天の夏の穏やかな海のような爽やかな気持ちになれるエンディング。良いと思います。

海岸沿いに住むサーフィン好きな兄弟とその母親。兄のアンディは若い時に足を怪我し
>>続きを読む

イエスタデイ(2019年製作の映画)

3.9

ビートルズの偉大さを感じる映画だった。

主人公は売れないミュージシャン。
ある日、突然ビートルズが存在しない世界線に移動してしまう?主人公。
自分以外の人間がビートルズを知らないので、ここぞとばかり
>>続きを読む

サイコ(1960年製作の映画)

4.0

名作と言われるだけあって、鬼気迫る曲のオープニングからラストまで息もつかせぬ展開で進むストーリーに魅了されました。

有名な映画というだけあって、オチは既に知っていたのですが、それでも驚かされました。
>>続きを読む

英国総督 最後の家(2017年製作の映画)

3.9

面白い、面白くないかではなく勉強になる。自分の見識をひろげてくれるそんな映画だった。

インドがイギリスからの独立するまでの過程を描いた作品。

主人公のマウントバッテンはインド独立の権利譲渡のために
>>続きを読む

顔たち、ところどころ(2017年製作の映画)

3.6

とてもアートを感じる映画だった。
オープニングの可愛らしいアニメーションから既にお洒落さが感じ取れる。

88歳の映画監督と33歳の写真家がフランス中を旅しながら街中で出会った人達の写真を撮影していく
>>続きを読む

リンカーン弁護士(2011年製作の映画)

3.9

オープニングから70年代ソウルミュージックとリンカーンの映像の組み合わせが激渋ですねー。
リンカーンの車内で流れる90年代ヒップホップの名曲達も渋い。劇中で流れる音楽の選曲がいい感じですね。

主人公
>>続きを読む

ティム・バートンのコープスブライド(2005年製作の映画)

3.8

ディムバートンのこのおどろおどろしい、ホラーな作りなんだけど、どことなくコミカルさも混じってる世界観が好きなんです。

さて、物語の方は主人公ビクターとビクトリアの結婚前日から始まる。この日は両家集ま
>>続きを読む

ラスト・ベガス(2013年製作の映画)

3.9

ビリー、パディ、アーチー、サムは子供の頃から一緒に遊んでいた幼なじみ。
気付けば子供時代から60年近い月日が経ち、70歳を迎えていた。
そんな中、唯一未婚だったビリーが32歳の美女と結婚することになり
>>続きを読む

オール・ユー・ニード・イズ・キル(2014年製作の映画)

3.7

地球を侵略しようとする地球外生命体と人類の戦いを描いた映画。

米軍の広報担当だったにも関わらず、最前線で戦うことになってしまった主人公のケイジ。実戦経験はゼロ。可哀想です。

勿論、戦場に行くことを
>>続きを読む

エクスペンダブルズ2(2012年製作の映画)

3.8

屈強な男達が重火器をぶっ放す、そんな男汁全開で骨太なアクション映画でした。
ストーリーとか細かい設定は抜きにして、豪華俳優達の派手なアクション、それだけでもう十分楽しめます。

特に終盤、ブルースウィ
>>続きを読む

イップ・マン 序章(2008年製作の映画)

3.6

ブルースリーの師匠だった詠春拳の使い手の葉問(イップマン)の生き様を描いた映画。

イップマンの武術の凄さは勿論のこと、人柄の良さが滲み出ていました。
師匠にするならこんな人が良い、まさにそんな理想像
>>続きを読む

マーウェン(2018年製作の映画)

3.6

チンピラ達から暴行を受け、記憶を失ってしまったマークは家の庭でミニチュアの街を作り、そこで人形を使ってナチスとの戦争ごっこをする。という設定が面白そうなので観てみました。

日常生活の中で暴行事件がフ
>>続きを読む

>|