Daichiさんの映画レビュー・感想・評価

Daichi

Daichi

本当に見たい映画を後回しにしちゃうことがある

映画(60)
ドラマ(0)

僕たちは世界を変えることができない。 But, we wanna build a school in Cambodia.(2011年製作の映画)

3.8

医学生だから見た。
作品の中にあったように、特に何もしなかったら自分も普通に勉強して普通に働くことは間違いないよな。だから行動を起こせることは素敵。

そして「なんで」を考えるとキリがないことは多いよ
>>続きを読む

時計じかけのオレンジ(1971年製作の映画)

3.6

狂った世界観、官能、暴力。
ファッション等で少しハンガーゲームを思う。見ててゾワゾワした。。。
愛が一切ない映画。

万引き家族(2018年製作の映画)

4.0

是枝作品を3本見てたけれど、他の作品を思い出した。けど今まで見たものの中で1番エネルギーを使った映画だった。

松岡茉優がぎゅってして、「あたたかいね」と言うシーンが好き。

横道世之介(2013年製作の映画)

5.0

素直に、ひたむきに生きることはやっぱり素晴らしい。後になって思い出されて、泣かれるよりもいい思い出だったと笑ってもらえるように自分もなりたい。

主人公の元恋人が大人になって、主人公について聞かれた時
>>続きを読む

フォレスト・ガンプ/一期一会(1994年製作の映画)

5.0

生命力の奪還シリーズ第2弾!

「人生どこでどんなチャンスがあるかわからない。」

これを知ってるだけでひたむきに生きれる気がする。本当に美しい物語だった…。

阪急電車 片道15分の奇跡(2011年製作の映画)

4.0

テーマ「生命力の奪還」第1弾。

人はそれぞれ皆、いろんなやりきれない気持ちを抱えて生きている。
死ぬほど辛いわけではないけれど、どうにもならない想いを抱えて生きている。

このセリフの印象は深い。た
>>続きを読む

ベロニカは死ぬことにした(2005年製作の映画)

3.0

本当になんとなく観ました。
別に批判をする訳ではなく狂ってる映画だと思います。
タイトルの側に、「本当に幸せなセックス」と書かれていますが、そこだけが焦点では決してないです。他の人の生に耳を傾ける、仲
>>続きを読む

娼年(2018年製作の映画)

3.5

久々に劇場で邦画を見ました!
原作を読んでいたのですが、原作ではもっとねっとり行為をするイメージだったので、ガッシガシにやるのー!?って思っちゃった。笑
面白かった

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

3.5

見ました。
僕はベッタベタでわかりやすい映画好きなので、よかった。元気でた。
スタッフロールが終わってからのメイキングで追い討ちをかけられた。

劇中で、僕は2度、男女は時代や国を問わずこうなってしま
>>続きを読む

映画 聲の形(2016年製作の映画)

3.5

失敗を取り戻す過程は、自分を見つめ直すなかなかないチャンスだと思った。ノリノリで上手く行ってる時は自分がどんな奴かだなんてあんまり気にしないのが普通だから。

世界から猫が消えたなら(2015年製作の映画)

3.8

「世界から僕が消えたなら一体誰が悲しむのだろう」
大事なものは失わないと気がつけない。ましてや自分がいることの価値など、死んでも気がつけないかもしれない。だけどこういう映画や本に触れることは、そういっ
>>続きを読む

ツレがうつになりまして。(2011年製作の映画)

4.3

3月からずっと観たかったけど、なんだか観ることができなかった映画。3月、まさに自分はうつの序章で、孤独を感じている自分がこの映画を観たら、もっとダメになりそうで怖かったから。当時、ずっと寝れなくて、彼>>続きを読む

バトル・ロワイアル(2000年製作の映画)

3.3

GWなにもない2日目の12:00に観ました。
北野たけしがマジで怖いです。アウトレイジなんて怖さじゃない。前田亜季が好きなのでよかった。前田亜季つながりで、全然関係ないんだけれどリンダリンダリンダをも
>>続きを読む

クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦(2002年製作の映画)

4.0

個人的3大クレヨンしんちゃん好き映画のひとつ。自分を貫く。責められて、恨まれて、どんなに憎たらしいやつに対しても、最後は優しさで包む。やりあいで勝った相手の命まで取らなくていいよね、試合が終わったらノ>>続きを読む

クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ!夕陽のカスカベボーイズ(2004年製作の映画)

4.0

個人的クレヨンしんちゃん3大好き映画のひとつ。つらい時間は永遠に続くんじゃないかと勘違いするけどそんなことはない。1日ずつどうにかごまかしごまかしでも生きればどうにかなる。まずは目の前のことを。壁に5>>続きを読む

ポテチ(2012年製作の映画)

3.5

音楽がいい。切ないけど短い映画だから重くなくて済んでる。

ムーンライト(2016年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

最後のセリフ、「あれ以来、誰も俺に触れていない」が頭に残る。

>|