オカカさんの映画レビュー・感想・評価

オカカ

オカカ

SF・アクション・サスペンス…色々観ます。どちらかと言えば洋画好き。記録は2016年〜

  • List view
  • Grid view

20センチュリー・ウーマン(2016年製作の映画)

-

途中、何気なく出てくる「幸せかなんて考えていたらうつになるわ。」というセリフが好きだった。

デスプルーフ in グラインドハウス(2007年製作の映画)

-

前半はちょっと眠かったけれど、その分後半の盛り上がり方への振り幅が凄かった!
暴力とカーアクションとスラングで出来た、女子がめちゃくちゃ格好良い変態映画。
エンディング曲も素敵だった。

ムーンライト(2016年製作の映画)

-

1人の男性の幼少期〜大人になるまでをあまり顔の似ていない役者さん達が演じているのに、仕草や話し方等で、同一人物に思えるのだから、凄い。。
お話は、可もなく不可もなくって感じだった。自分にはまだ早すぎた
>>続きを読む

ブレードランナー 2049(2017年製作の映画)

-

観るのを躊躇って、今頃鑑賞。
結果、IMAXで上映してる間に観に行けば良かったと後悔。。
とても丁寧に、美しく作られた映像と音楽。
何年後に見返しても綺麗だと感じられる作品だった。
お話と世界観は前作
>>続きを読む

インビテーション/不吉な招待状(2015年製作の映画)

-

最初〜中盤は丁寧。
後半はバッタバタ笑
あまりの展開に急にコントを見せられているのかと思った。
ん〜残念。。

アイアンマン(2008年製作の映画)

-

マーベル系を見てみたくてレンタル。
セオリー通りに先ずはアイアンマンから。
お話は単純明快。
スーツが出来上がっていく過程も面白い。
ただ、主役にそこまで惹かれなかった。自業自得感が否めないからかな。
>>続きを読む

すばらしき映画音楽たち(2016年製作の映画)

-

映画音楽の凄さと重要さを改めて感じる。
個人的には、無声映画にオルガンで音楽をつけていた時代の話が好きだった。
あと、ジョンウィリアムズの神様っぷりも。。
自分の好きな映画が出てくると嬉しくなるし、取
>>続きを読む

奇蹟がくれた数式(2015年製作の映画)

-

ほっこり系が観たくてレンタル。
天才的な数学者、ラマヌジャンの半生を描いた実話ベースのお話。
数学の話の部分は全然理解出来なかったけれど、ハーディ教授とのやり取りや、もどかしくも距離が縮まっていく様は
>>続きを読む

フレンチ・ラン(2015年製作の映画)

-

バディアクションもの観たさにレンタル。
スリの設定を活かした前半のテンポが良い。後半は普通。
全体的にまぁ普通。。
邦題とエンドロールがダサいのが残念。

エンド・オブ・トンネル(2016年製作の映画)

-

あらすじ読んで気になりレンタル。
パッケージから勝手に想像していた感じとは違い、結構いっぱいいっぱいな主人公。
なぜ車椅子設定にしたのか良くわからないし、ツッコミ所も多々あるけれど、話自体は途中ダレた
>>続きを読む

ノー・エスケープ 自由への国境(2015年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

予告を観て面白そうだと思いレンタル。
終始ハラハラする展開かと思いきや、そうでもなかった。
最初に殺される人達が呆気なさすぎる。
殺す側に大した理由なんて無い事すら、現実的と言われればそれまでだけれど
>>続きを読む

メメント(2000年製作の映画)

-

久々に観たくなって。。
前に観ているので何となく憶えているかと思いきや、肝心な所を完全に忘れてしまっていた。
自分の記憶力のなさにガッカリ…。
おかげで初見みたいに楽しめたけれど…笑
何回観ても、見終
>>続きを読む

手紙は憶えている(2015年製作の映画)

-

あらすじ読んで気になりレンタル。
認知症のおじいちゃんが主人公。なので基本登場人物の年齢が高め(笑)。
たどたどしいおじいちゃんにハラハラしながら進むお話。最後はなかなか驚きの結末。。

メッセージ(2016年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

ヴィルヌーヴ監督作品が気になってレンタル。
静かなSF。
言語学者と異星人という珍しい組み合わせ。
ちょっとややこしかったけれど、観終わった後はじんわり感動するお話。
何回か観ることでより深く入り込め
>>続きを読む

エンド・オブ・ウォッチ(2012年製作の映画)

-

ジェイクギレンホール観たさにレンタル。
映像がアメリカ版警察24時みたいな感じ。リアリティはある。けれど、お話自体は…普通だったかな。
ジェイクギレンホールの演技がナチュラルで素晴らしかった。

コンタクト(1997年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

ハードSFが観たくてレンタル。
SFと宗教や愛情というある意味定番の組み合わせ。深く考える事も出来るのだろうけど、個人的には何だかパッとしなかった。。
面白くないわけではないけれど、絶賛できるわけでも
>>続きを読む

プリズナーズ(2013年製作の映画)

-

久々の骨太サスペンス。
2時間半超えの長尺だけれど、最後まで真相が分からない展開と無駄のない演出で長くは感じなかった。
セリフ1つ登場人物1人たりとも見逃せない緊迫感。
ヒュージャックマンとジェイクギ
>>続きを読む

ランダム 存在の確率(2013年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

シュレーディンガーの猫を元にしたSFスリラー。
何でもありになっちゃいそうなお話を綺麗にまとめてある感じ。
最後の余韻の残し方は嫌いじゃなかった。

チャイルド44 森に消えた子供たち(2014年製作の映画)

-

トムハーディ観たさにレンタル。
単純な犯人探しではないサスペンス。
色んなテーマを含んだ内容で中々濃い作品だった。
50年代ソ連の時代背景を知っていればより面白かったのかも。。

ライフ・オブ・デビッド・ゲイル(2003年製作の映画)

-

あらすじ読んで気になりレンタル。
謎解き系かと思ったら割と社会派ミステリーだった。
最後の最後まで気になる展開。
ケヴィンスペイシーは頭の良い犯人役が本当によく似合う。

ミッドナイト・スペシャル(2016年製作の映画)

-

何となく気になってレンタル。
パッケージには超常現象スリラーと書いてあったけれど、SFを土台にした家族のお話。
スリルを求めて観ると微妙な感じ。
ただ、説明し難い良さがあって、作品としては好きなものだ
>>続きを読む

フィフス・エレメント(1997年製作の映画)

-

久しぶりに観たくなって。。
ゲイリーオールドマン扮するぶっ飛んだ武器商人ゾーグがとても良い。
この作品を作るために、レオンの脚本を3日で書き上げ、結果、レオンは名作。フィフス・エレメントは何だかイマイ
>>続きを読む

>|