鳥さんの映画レビュー・感想・評価

鳥

映画(69)
ドラマ(0)
  • List view
  • Grid view

世界にひとつのプレイブック(2012年製作の映画)

4.3

面白い!
このヒロインのコワモテ感が最高
食器ガシャーンってやるシーンが特に最高でした、
リトルミスサンシャイン然りダンス大会って映画で描かれるといいよね!
コメディでなんだが強い女の押しと掛け合いが
>>続きを読む

新しい人生のはじめかた(2008年製作の映画)

2.6

最初、デニーロが家族の中で浮きまくる描写、ヒロインの奥手さがリアル、だけど中盤なー
デニーロがめっちゃ押しまくってて、女引いてない?って感じ、
一晩で終わりにしましょうっていう女の切実さよ

グラン・トリノ(2008年製作の映画)

4.1

映画学校に行ってた時、好きな映画でこれを言ってた男の子たくさんいた。
孤独な老人と孤独な青年の心の交流を描いたベタな筋書きなのに、めちゃ感動する。モン族の文化とかアメリカの移民地域の毛並みの悪さが愛ら
>>続きを読む

ダーティハリー(1971年製作の映画)

3.2

2度目の鑑賞。
これを真似して世界中が刑事モノ撮ったんだなぁと感無量。

電子的迷宮/THX-1138:4EB(1967年製作の映画)

2.2

意外に静的な映画でシンプルだ。
よく分からないけど、映画をっぱしってく少年だったルーカスに愛着を感じられる。

ズーランダー(2001年製作の映画)

3.3

めっちゃくちゃ下らないギャグ映画だけどベン・スティラーとオーウェン・ウィルソンの絡みが絶妙なのと、さらっとデヴィト・ボウイが登場するやなんやでムダに豪華。

おわらない物語 アビバの場合(2004年製作の映画)

4.1

かなり面白かった。
マネしたいぐらい。
一人の主人公を10人以上の女優が演じる。
中絶した女の子の冒険。
普通に撮っても面白いのに、過激な実験が功を奏し見たことない映画になってる。

キッチン・ストーリー(2003年製作の映画)

3.6

スウェーデンとノルウエー?の国家間の緊張関係やら資本経済と田舎の関係を独身高齢者男性とその生活調査をする調査員との交流で描くコメディ。
シュールで一貫して終わるのかと思いきや以外に落ちどころあって終わ
>>続きを読む

白い肌の異常な夜(1971年製作の映画)

4.0

若きイーストウッド様の傑作。
イーストウッドの軽チンぶりと女子の闇が繰り広げるハーレムムービー。
70年代?のレトロな心の声のナレーションとかウケるけど見入ってしまうサスペンスもの。

LIFE!(2013年製作の映画)

4.2

時期問わずいつでもみたくなる大好きな映画。
CGの使い方も好きだし、ベン・スティラーの人の良さとユーモアが堪能できて旅に出たくなるし、仕事頑張りたくなる元気をもらえる映画。
ベン・スティラー出身のブル
>>続きを読む

レディ・バード(2017年製作の映画)

3.5

飛行機で鑑賞。
カリフォルニアの田舎の17歳の少女が、都会を夢見るって話。
アメリカのティーンたち一人一人の描写がみずみずしくリアル

ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書(2017年製作の映画)

2.5

飛行機で鑑賞。
リメンバー・ミーの後に見たからか、とても退屈。50、60年代の新聞の剃り方とか、新聞社と政界の関係を知る資料としてはいいかも。
ロマンスも何もない、シンプルな話

二十歳の死(1991年製作の映画)

2.9

femisの卒制?
53分くらいの短い作品で、音楽はコンテンポラリーで気に入った。
20歳の青年の自殺で、集まる親戚たちが、少しその子の自殺理由も話したりしながらも、
オペラ聞いたり、親戚の一人が彼女
>>続きを読む

レヴェル5(1996年製作の映画)

2.1

可愛らしいCGでCGとかヴィデオアート黎明期に撮られた、ジュラシックパークは1993年なので、3年後にフランス映画で、コンピュータをおちょくる映画が公開されたというのも反応が早いと思った。

印象に残
>>続きを読む

シェイプ・オブ・ウォーター(2017年製作の映画)

3.4

エログロファンタジー。
可愛い。最初の導入部分は本当に世界に引き込まれる。アメリに似てる。
ただ後半がねぇ
それできるなら、最初からやれよ!笑
って突っ込んでしまうね。
私個人的にはこの作品も監督
>>続きを読む

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

3.4

ララランドよりよく出来てるのに、だからこそララランドの方が魅力的っていう事実に打ちひしがれる。
ララランドの方が音楽もダンスもどどこか素人だし、脚本も荒々しいところがあるのにそっちの方が面白いっていう
>>続きを読む

リピーテッド(2014年製作の映画)

3.2

ふつうに面白い。
1日しか記憶がない設定、よくロマンスとかに使われるけどよく考えたら怖くね?っていうコロンブスの卵的アイディア。
最後のどんでんも結構怖い

ストロベリーショートケイクス(2006年製作の映画)

2.9

多分韓国映画だったら許せたけど、日本だから終始イライラしっぱなしの女子の痛いとこの詰め合わせケーキ箱。
遅い。動画配信サービスでは映像がビデオでそこも見たくない。

淵に立つ(2016年製作の映画)

2.6

久々に見た邦画。
邦画の問題点の85%は2倍速にすれば解決できる気がする。
この遅いかんじが堪らないフランス人向けのテンポはさっさとやめた方がいいと思う。

ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ(2016年製作の映画)

3.1

もう少し深くまで描いて欲しかったなぁ
マクドナルド社から相当な肖像権料取られた挙句辞書並みの契約書にハンコ押して、まったく自由に表現できなかった感がハンパない。身動き取りにくそうにハリウッドが映画撮る
>>続きを読む

パターソン(2016年製作の映画)

4.5

面白い。3回みた。
アマゾン・スタジオ製作なのに、アマゾンではまだ配信してないのが謎だが、とてもいい映画だった。
とある幸せな夫婦の1週間を描いただけというシンプルさながらいつまでも見たい魅力的で心地
>>続きを読む

地獄愛(2014年製作の映画)

2.7

多分ハネムーン・キラーズの方が面白い。
多分。
最後がなあ、、
ぼんって放り投げたように終わってしまって消化不良。
あの女が泣き叫ぶところまでちゃんと取ればいいのに。
あと遺体切断のシーンでかかってた
>>続きを読む

THE NET 網に囚われた男(2016年製作の映画)

2.0

ギドクには珍しい、つまらなさ!
でもエロもグロも捨ててまでして描きたかったこの南北朝鮮、真面目な心意気は感じるが、描いていることは全くもって普通のスパイとか戦争映画である話、多分実際たくさんある話。
>>続きを読む

未来よ こんにちは(2016年製作の映画)

3.5

「フランス映画ってこういう感じだよね」って書いてる人が多いけど、「確かに」半分「もっと面白いのもあるよ」半分笑

哲学教師が主人公ということで小難しさ満載でそのまま引用して、凡人のために噛み砕こうと
>>続きを読む

エル ELLE(2016年製作の映画)

4.0

イザベル・ユペールは映画界の宝だ
両親にも恋人にも、親友にも平気ツバ吐きまわしながら、颯爽と生きるイザベル・ユペールは可愛らしいし美しい。
結構切なくもあったな、氷の微笑と比べてもやっぱ作品が円熟した
>>続きを読む

プラネタリウム(2016年製作の映画)

1.0

予告編のがよかった
この監督の「美しき棘」は本当に良かったんだけどなぁ半端に高い予算をなにに使おうってなってナタリー・ポートマンで意外に高く着いて、あれもこれもで定まりのないよく分からない映画になっち
>>続きを読む

ルーム(2015年製作の映画)

4.8

全ての人が観るべき作品。
現実の事件をベースにしている。現実の残酷さも美しさにも余すことなく、殺すことなく寄り添って描いてる。これを作った人はとてもストイックな人だと思う。ドキュメンタリーでもフィクシ
>>続きを読む

バルタザールどこへ行く(1964年製作の映画)

3.8

悲しかった。
一頭のロバの一生からみた小さな村のいざこざ。技術好きな牧師は村八分になって、その娘は初恋も、不良ともうまくいかず、なにか嬉しいことが起きると3倍返しになって底に突き落とされる。
どんどん
>>続きを読む

隠された記憶(2005年製作の映画)

4.2

映像の破壊力、人を混乱に陥れる力をファーストショットから実感できる作品。これは面白い。怖くない。けどヨーロッパ現代史の授業にも心理学の授業にも参考に出来そうなよく作り込まれた作品。
日常を破壊する不条
>>続きを読む

白いリボン(2009年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

印象が薄くて、思いがけず2度目の鑑賞。
ハネケ特有の不条理かつ腐りきった人間の本性の表現を試みていると思われるが、めずらしくまとまりがない風に感じた。恐らくあの牧師の家の子供たちがやったんだろうけど真
>>続きを読む

光陰的故事(1982年製作の映画)

3.6

エドワード・ヤンの作品は面白かった。
ほんとに、この人の作品はいつも抜かりなく絶望的で、その深さに足がすくむ。
あとの3つもノスタルジック、コメディありの面白い短編。80年代?台湾の感じは多分日本と結
>>続きを読む

中国女(1967年製作の映画)

3.9

60年代フランスに巻き起こった毛沢東主義の若者たちを描いた作品。
ずっと、劇と、インタビューが入り混じっていてラストがいきなり急ピッチで進んでいく雑さが心地よく感じられる。10代のころには理解ができな
>>続きを読む

>|