きよPさんの映画レビュー・感想・評価

きよP

きよP

最近はミステリーやホラーが多め。以前はビビリだったのでホラー映画を極力避けていました。見てこなかったことをよく悔やんでいます。

映画(734)
ドラマ(5)

悪魔は誰だ(2013年製作の映画)

4.3

韓国映画はこの手のサスペンスがうまいなあ。スリリングで複雑でとても良かった。時間差がずるいですが、面白くなってたからいいと思う。最後まで驚かされた。
ほんと、誰が悪魔なんだろうねぇ。

ブラック・ミラー: バンダースナッチ(2018年製作の映画)

4.0

新感覚の作品ですね。面白いです。ゲームブック風な映像で、10数話分は見たはず。でもまだまだありそうですね。2回目に別の道が拓けたりとなかなか複雑。全部で幾つの話があるのかしら。ハッピーエンドが一つくら>>続きを読む

パフューム ある人殺しの物語(2006年製作の映画)

4.5

昔これ見た時には不快で不快で仕方なかったんたが、すっごい面白いじゃないか!どストライク。見応えありすぎ。どのあたりを見て嫌いになったんだろう。昔の自分を理解できない。再視聴するまで最低評価をしていたこ>>続きを読む

バード・ボックス(2018年製作の映画)

3.8

これは怖かった! グロでもびっくり系でもないのだが、見ている方も精神的に追い詰められた。結局アレはなんだったのか。正体不明なままではあるがこれはこれで好み。テンポが良くて目が離せない。目隠し越しのカメ>>続きを読む

キスできる餃子(2017年製作の映画)

3.0

地元の映画なので楽しめました。ロケ地の「これはあそこでカメラの角度は…」とか、ストーリー外のことが気になって気になって。ご当地PR作品としてはいいできではないでしょうか。安心して家族で楽しめる、嫌味の>>続きを読む

シャイニング(1980年製作の映画)

4.0

初見です。綺麗な映像でした。ラストの斧を振り回してくるあたりからの緊迫感がすごい! 怖かったー。ジャック・ニコルソンの顔芸も怖かったけど、奥さんの顔がもっと怖かったです。原作と違うところがあるというの>>続きを読む

ルームロンダリング(2018年製作の映画)

4.7

すっごい好み。いいわーこの空気感。キャラもいいし役者もいいし。インテリアのセンスも自分のツボにはまってました。いいもの掘り当てた気分です。円盤買おうかなー。

来る(2018年製作の映画)

3.0

原作が大好きなのでどうしても比較してしまう。コレはコレでありかな。ホラーとしては怖くはないがエンターテイメントとして非常に面白かった。ラストの除霊のシーンは必見。映画オリジナルの展開だったが、映像表現>>続きを読む

シャークネード ラスト・チェーンソー 4DX(2018年製作の映画)

3.5

まとめに終始していたので、正直話は面白くなかった。シリーズのファンとしては見所はたくさんあったけれどね。母ちゃん、相変わらずかっけー! スカイ姉さんにも痺れた。フィン、君は最高だよ。

ありがとう、シ
>>続きを読む

鉄男 TETSUO(1989年製作の映画)

3.5

全方向に凄かった!好きではないけれど面白い。何もかも突き抜けてる。独特の音楽とカメラワークがこの不思議な感覚を生み出すんだろうな。凄い勢いで作品の中に引き込まれる。ドリルに大笑いした。

ジェーン・ドウの解剖(2016年製作の映画)

4.0

なかなか良かったです。身元不明の女性の司法解剖をするのですが、作業が進むにつれ、この死体の状況がありえないことだらけだとわかる…。
解剖なのでグロだと思う人もいるでしょうが、私は全く平気でした。むしろ
>>続きを読む

雨の日は会えない、晴れた日は君を想う(2015年製作の映画)

4.0

突然、大切な人が亡くなってしまった時の喪失感、時間が経つことで変化していく感情、とてもよく表現されていたと思う。時間がたたないとわからないことも多いよね。

ディセント(2005年製作の映画)

3.5

Netflixで紹介に上がってる写真が変なクリーチャーだったのであまり興味がなかったのだが、洞窟探検に入った女の子vs地底人と知り見てみた。思ってたよりずっと良かった。サバイバル→アクションに行く流れ>>続きを読む

太陽(2016年製作の映画)

3.8

舞台に感動したので映画を見た。自分はどの人物に近いのか。もしかしたら、全員が自分のような気もする。人を描いた深くて、ある意味残酷なストーリーだと思う。
ただ今回は、舞台と映画ではこのように演出が変わる
>>続きを読む

バイバイマン(2016年製作の映画)

2.7

知ってはいけない系。ホラーというよりもサスペンスに近い。好きなタイプではあるのだが惜しい。絶対的な何かが足りない。バイバイマンも中途半端な印象。出てくるならもっと強烈に存在感を出すべきだし、このくらい>>続きを読む

ゲーム(1997年製作の映画)

4.0

ハラハラしっぱなし。引き込まれたなあ。予測不能。誰が味方なのか、どこまで信用していいのか、何度も何度も裏切られた。映画としては楽しかったけど、こんなことされたらたまんないわな。趣味が悪い。

PLANET OF THE SHARKS 鮫の惑星(2016年製作の映画)

2.0

サメなのにマジメ風か!パクパクみんな食べられちゃうね。女番長が面白かったけど、イキってただけで弱かったねぇ。サメは意外と小さかった。話も怖くない。スリルもない。期待していなかったのでこんなもんでしょう>>続きを読む

Mr.ホームズ 名探偵最後の事件(2015年製作の映画)

3.8

もしもホームズがおじいちゃんになったらという話。痛快な推理はないが、こういうのもいいと思う。探偵を随分前にやめて田舎暮らしというのが似合わないと思ったが、その理由は話の中で明かされる。ワトソンもマイク>>続きを読む

タッカーとデイル 史上最悪にツイてないヤツら(2010年製作の映画)

4.2

こういうの大好き。大笑いした。大学生グループが湖のほとりの別荘で殺人鬼に襲われると勘違いするコメディ。勘違いされた中年コンビは非常に気の毒。大学生たちも運が悪すぎる。結構グロく、血の量も多い。ホラーを>>続きを読む

サニー/32(2018年製作の映画)

2.5

暴力的な変わった作品だった。『凶悪』のコンビだというのですっごい楽しみにしていた。が、狂いすぎててよくわからん。笑いながら見るものなのかな?それとも感動すべき? とにかく好みではなかった。小学生の犯罪>>続きを読む

去年の冬、きみと別れ(2018年製作の映画)

4.2

前情報一切なしで鑑賞。とても良かった。斎藤工さんや北村一輝さん、良かったなあ。正直、今まであまりいいと思ったことがなかったのだ。申し訳ありませんでした。
視覚障害者の描き方は良かったと思う。でも今はP
>>続きを読む

1922(2017年製作の映画)

2.7

くらーい作品だった。回想ナレーションが半分くらいあったかな。自分のエゴのために妻を殺し、それがきっかけとなりみんなが不幸になっていった。当然の報いといえばそれまで。それともネズミの呪いか、気が変になっ>>続きを読む

ショーン・オブ・ザ・デッド(2004年製作の映画)

3.5

なかなか良かった。少しずつ日常が脅かされている部分をコメディで通り過ぎていくアイデアがいい。一般的なゾンビ映画なら、不安を煽っていくところだと思う。
単に好みの問題なのだが、後半ヒステリーに騒ぐ男性の
>>続きを読む

アポストル 復讐の掟(2018年製作の映画)

2.8

離れ小島のカルト集団だというのでウィッカーマンみたいなやつかと思って見始めた。かなりいかれた教団だが、まともな信者もいるというのがいいのか悪いのか。全体的に小汚い。とても痛くて目を逸らしたシーンもあっ>>続きを読む

トワイライト ささらさや(2014年製作の映画)

3.0

あのセリフのないシーンは素晴らしかった。いいところが詰まってましたね。が、正直、あそこに来るまでの間はハズレだと思った。ストーリー自体は感動する路線なのだが、グッとこなかったのはなんでだろう?単に好み>>続きを読む

百円の恋(2014年製作の映画)

4.2

人間臭い作品だった。人の醜いところばかり描いていた。そんな中でがむしゃらに頑張る姿がキラリと光ってた。安藤サクラさん、演技の幅があってすごいなぁ。前半のやる気のないダメ人間っぷりからのマッチョへの変貌>>続きを読む

クラウン(2014年製作の映画)

3.5

まともなホラーでした。偶然着てしまったピエロの衣装が実は呪われていたという話。雑な展開もあるが、乗っ取られていく様は結構怖い。グロ描写や痛いシーンも怖さを引き立てている。子供が犠牲になるところを容赦な>>続きを読む

シャーク・プリズン 鮫地獄女囚大脱獄(2015年製作の映画)

2.0

作品としての点数は1.2。この点数にしたのは「サメ映画はクソだからこんなものだ」と達観して見るとつっこみながら楽しめたから。ずっと山の中でプリズンは出てこないw 女囚ときたらお色気かと思いきやそれもな>>続きを読む

サイド・エフェクト(2013年製作の映画)

4.2

良質のサスペンスでした。薬の副作用のために起こった事故なのかどうか。製薬会社の話になるのかと思って見ていたら違う方向に行ってなかなか面白かった。

ジョゼと虎と魚たち(2003年製作の映画)

4.8

余韻を引きずっている。観て良かったなと心から思う。
出会いは興味や哀れみだったのかもしれないが、彼の愛情は本物だったんだろう。越えたように見えても越えられなかった壁があった。そういう予感が幸せの中にも
>>続きを読む

デッド・サイレンス(2007年製作の映画)

3.0

結構良かった。腹話術の人形というだけで怖さ3割増し。美術と小道具の力がすごい作品だなと思う。ラストがいい。あれがなければ面白さ2割減。

白ゆき姫殺人事件(2014年製作の映画)

4.0

随分前に原作を読了。作品中、SNSや雑誌記事などが入り面白い構成だったが、映画ではワイドショーが入り込み映像を生かした内容になっていたと思う。キャスティングがとても良かったと思う。ワイドショーがクソな>>続きを読む

Re:ゼロから始める異世界生活 Memory Snow(2018年製作の映画)

2.7

原作の短編を2話くっつけて膨らましたものだとのこと(息子談)。本編の流れとは関係ないゆる〜いお話。おふざけが多く戦いはゼロ。アニメは好きなので楽しく見ましたが、これだけ見る人にはなんのことやらでしょう>>続きを読む

インシディアス(2010年製作の映画)

2.8

怖いといえば怖いのだが音でびっくりさせてくる。不協和音がやたらに盛り上げてくるがうるさい。出でくるお化けどもは見た目にも怖い。血筋というのも面白いと思う。だがどうもあっちの世界のイメージが自分のものと>>続きを読む

ネオン・デーモン(2016年製作の映画)

4.0

怪しい作品だった。綺麗な田舎娘がトップモデルを目指すという、書いてしまえばなんてことない話。映像がとにかく綺麗だと思った。嫉妬や愛憎が蠢く醜い様を美しく表現しているなと。女は怖いね。

青鬼 ver.2.0(2015年製作の映画)

2.0

前作よりはいいかなと思った。でも面白くはなかったなあ。内容がほとんど同じなのでわかりやすかっただけなのかもしれないが。本作もホラーではなく、何が主題なのだろうか。友情かな?何もないよりはいいけど。演技>>続きを読む

>|