Shimizuさんの映画レビュー・感想・評価

Shimizu

Shimizu

洋画は生きる糧。
最近は戦争物やSFが多めですが雑食なので興味があればなんでも見ます☺︎英国物とおじさま達が好き。

緩い評価基準
☆4.0以上:人にオススメしたい作品
☆5.0:個人的に文句無しで面白いので是非観てほしい!

マッドマックス 怒りのデス・ロード(2015年製作の映画)

4.0

これは映画館で観るべきだった...!

あらすじすらよく知らなかったので序盤のトムハの扱いにびっくりしました、輸血袋(笑)どんな時代でも闘う女性は格好いいですね、守り抜くことを貫き通したフュリオサめち
>>続きを読む

奪還者(2014年製作の映画)

3.3

世界経済が崩壊して10年、無法者たちの巣窟と化したオーストラリア。男は3人組に車を奪われ、取り返すべく追う最中に重傷を負った若者レイを助ける。レイは車を奪った3人組の1人ヘンリーの弟で...。

多く
>>続きを読む

フィフス・エステート 世界から狙われた男(2013年製作の映画)

3.8

「人は素顔のままでは真実を語れない。仮面を与えれば人は真実を語り出す」
政府や企業の機密情報を匿名で公開するウェブサイト「ウィキリークス」。内部告発者や匿名投稿者の情報は追跡されないよう安全に守られ、
>>続きを読む

ダークタワー(2017年製作の映画)

3.3

少年ジェイクが夢に見る巨大な塔、塔の守護者ガンスリンガー、黒衣の男。それは単なる夢ではなく、中間世界という実在する世界のことだった。

レビューを見ると賛否両論ありますが、面白かった!原作未読ですが世
>>続きを読む

パーフェクト・センス(2011年製作の映画)

3.5

なんの前触れもなく突如起こった大規模感染、それは人間の五感を喪失させるものだった。
嗅覚と味覚、聴覚、視覚、触覚。それぞれを失いながらも人は順応して生きていく。研ぎ澄まされた聴覚での世界に音が溢れるシ
>>続きを読む

シングルマン(2009年製作の映画)

4.0

恋人を失い、自殺を図る男のとある1日の話。

色彩の使い方というか、ジョージの感情に合わせて色付く画面がとても綺麗。はじめのキッチンのシーンから時計の秒針の音が気になっていたけれども、ラストの止まる場
>>続きを読む

アメリカン・バーニング(2016年製作の映画)

3.8

ベトナム戦争に対する反戦運動が激情する中、突如起こった爆破テロ事件。容疑者は愛する娘。容疑をかけられ、行方不明になった娘を30年間に渡り信じて探し続けた父親の話。

世界はここから壊れ始める。
そんな
>>続きを読む

ヤギと男と男と壁と(2009年製作の映画)

3.3

新聞記者のボブは取材先で「見つめるだけでヤギを殺せる」という超能力者の話を聞く。妻の浮気により彼女を見返してやろうと傷心最中に単身イラクの戦場へ身を投じ、その先でたまたま出会った男こそ、超能力者リン・>>続きを読む

ダ・ヴィンチ・コード(2006年製作の映画)

3.5

ルーヴル美術館で殺害された館長の周りに残された不可解な暗号。容疑者として連れてこられたラングドン教授と館長の孫娘ソフィーはフランス警察に追跡されながらダ・ヴィンチに関わる暗号の謎解きに挑む。

ラング
>>続きを読む

インフェルノ(2016年製作の映画)

3.0

「100年後の人類滅亡」或いは「今人類を半分滅亡させて生き残る道」
人類を半減させるウイルス、その在りかを探す為にラングドン教授はダンテの叙事詩「神曲」〈地獄(インフェルノ)篇〉の暗号に挑む。

当時
>>続きを読む

天使と悪魔(2009年製作の映画)

3.5

カトリック教会の新教皇を選出するコンクラーベの開催前、4人の枢機卿が誘拐された。教会に報復しようと秘密結社イルミナティが動き出し、その事件と真相を追うべく宗教象徴学者のラングドン教授がヴァチカンへ向か>>続きを読む

ものすごくうるさくて、ありえないほど近い(2011年製作の映画)

5.0

大好きな父親との「調査探検」。ニューヨークには幻の第6区があると父から教わり、少年オスカーは調査をしていた。しかし突如起こった“最悪の日”(9.11)により父親を失う。遺品から見つけた一つの鍵と封筒に>>続きを読む

キングスマン:ゴールデン・サークル(2017年製作の映画)

4.8

このレビューはネタバレを含みます

キングスマン、壊滅。

前作が良すぎてって感想をよく見てたのでどうかなーと思いつつの鑑賞でしたが、なんのなんの。ストーリーもカーチェイスや戦闘シーンも前作に劣らずの良きぶっ飛び具合!やはりスピード感抜
>>続きを読む

ロスト・エモーション(2015年製作の映画)

3.5

感情を抑制された人間共同体「イコールズ」、感情を発症させたものはSOS感染者として安楽死をさせられる。

世界観が独特で好きです。感情を失った人や都市は白くて色味がなく、発症させた主人公たちの世界が徐
>>続きを読む

ゴースト・イン・ザ・シェル(2017年製作の映画)

3.5

キャラクターも名前を聞いたことあるくらいで原作をよく知らずに観ましたが、普通に面白かった!
スカーレット・ヨハンソンの美しさよ。見た目は人間だけれども細かいところでサイボーグというかロボットっぽい動き
>>続きを読む

ハクソー・リッジ(2016年製作の映画)

4.0

1945年5月 日本沖縄戦。
良心的兵役拒否者のデズモンド・ドスは衛生兵として武器を持たず戦場を駆け回る。

奥様との馴れ初め、軍への入隊と直面する葛藤、そして戦場。
銃撃戦や戦艦の砲撃真っ只中でも1
>>続きを読む

ザ・コンサルタント(2016年製作の映画)

4.2

会計士と一流の殺し屋、二つの顔を持つ高機能自閉症の主人公クリスチャン・ウルフ。大企業から財務調査の依頼があり、重大な不正を見つけた後に命を狙われるようになり...。

色々なテーマを描きながらも静かに
>>続きを読む

マン・ダウン 戦士の約束(2015年製作の映画)

4.0

戦場から戻ると、そこは廃退した故郷の姿。愛する妻と息子を探して彷徨う退役海兵の話。海兵隊、面談、廃退世界の3つの視点で進む中、宣伝文句でもある「衝撃のラスト7分46秒、あなたの心はえぐられる」本当に衝>>続きを読む

アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場(2015年製作の映画)

4.0

重要指名手配犯殺害のためミサイルを撃つ、しかし爆破範囲内にパンを売る少女が。

戦場ではなく軍会議にて行われる軍事サスペンス。
一体誰が正当な判断を下せるのか、何かあった場合の責任はどこが持つのか、そ
>>続きを読む

君の名は。(2016年製作の映画)

4.6

映画館も行きましたがDVD版で改めて鑑賞。
やっぱり絵が綺麗。人物もだけど背景やら光の具合やらめちゃくちゃ美しい。新海監督の作品を他に見た事がないのですが、やはり映像が美しいようなのでいろんなもの見て
>>続きを読む