甘味さんの映画レビュー・感想・評価

甘味

甘味

ぐうたら主婦の備忘録。個人的に思い入れの強い作品にだけ★5つ。ゆるゆるやっとります。読みはかんみでも、あまみでも…

映画(615)
ドラマ(0)

クリーピー 偽りの隣人(2016年製作の映画)

4.4

何これ傑作やないか。やっべぇ。やっべぇ。最初から最後まで吃驚するほど面白かった。
映画自体がもうクリーピーってタイトルそのまんま。違和感に次ぐ違和感な演出が最高に気持ち悪くてゾックゾクする。登場人物み
>>続きを読む

シング・ストリート 未来へのうた(2016年製作の映画)

2.9

是枝、黒沢と続けて観たせいで重くなった心を軽くしようと、試しに長らく食わず嫌いしてたやつをぶっ込んでみた。
結果、あまりのペラッペラさに途中頓挫。な、何一つ心に響いてこねぇ…(白目)と心折れてその日は
>>続きを読む

アカルイミライ(2002年製作の映画)

4.2

14年ぶり?ぐらいに再見したけど、改めてめっちゃくちゃいい映画やなぁと。
モラトリアム期を描いた作品は数あれど、本作が放つ魅力は唯一無二。大人になり切れない時期の不安感とか焦燥感とか、全部ぐっちゃぐち
>>続きを読む

万引き家族(2018年製作の映画)

4.5

フィクションだからこそ持たせることが出来る、ドキュメンタリー以上の力。

元々ドキュメンタリー演出家である是枝監督の、まさに集大成的作品だった。脚本、キャスティング、演出…もう何もかもが最高峰の、ぐう
>>続きを読む

海を駆ける(2018年製作の映画)

3.8

宮崎駿信者を公言する深田監督が「もののけ姫は、氏が次に進むための壮大なる愛すべき失敗作という印象だった」と仰っていたけど、私は本作が内容的な意味も含め、まさに深田監督にとってのもののけ姫なんじゃないか>>続きを読む

グランドフィナーレ(2015年製作の映画)

4.2

やっぱ最高やなパオロ・ソレンティーノ…。グレート・ビューティ鑑賞時はただただその高尚かつ斬新な映像美に飲まれ、「もしかしてリアルタイムでフェリーニの映画観た人ってこんな感覚やったんかなぁ」なんて呆けな>>続きを読む

ノクターナル・アニマルズ(2016年製作の映画)

4.3

シングルマンが大好きで超楽しみにしてたトム・フォードの新作、やっと観れたよ〜。もうオープニングから度肝抜かれてラストまで釘付け。鑑賞後のじわじわ具合が堪らん。

ただ、女の私にとっちゃ身につまされ感が
>>続きを読む

犬ヶ島(2018年製作の映画)

4.8

ファンタスティックMr.FOXが死ぬほど好きなんですよ。なので何年か前にウェスがまたストップモーションアニメ作るって知った時は飛び上がるほど嬉しくて。そして遂に、遂にこの日がやってきた。待ち焦がれたよ>>続きを読む

欲望の翼(1990年製作の映画)

4.0

マザコンでヤリチンな上に無職のチンピラっていう、控えめに言ってもクズ過ぎる主人公がここまで嫌味なく見られるのは、ひとえにレスリー・チャンの魅力の賜物かと。(ブエノスアイレス然り)
終始じっとりと湿度の
>>続きを読む

At the terrace テラスにて(2016年製作の映画)

4.1

山内ケンジ2本目。岸田國士戯曲賞を獲った自身の舞台の映画化。

大好物のワンシチュエーション会話劇ってんで楽しみにしてたけど、期待以上の面白さで大満足。夜中に一人ゲラゲラわろてもうたやないの〜
役者陣
>>続きを読む

君の名前で僕を呼んで(2017年製作の映画)

4.5

オープニング・クレジットでもう傑作だと確信するパターンのやつ。画は勿論なんだけど、サントラがもーーー死ぬほど良くて震えたわ。(ジョン・アダムスのハレルヤ・ジャンクションで開始早々ノックアウト。教授のM>>続きを読む

さらば、わが愛 覇王別姫(1993年製作の映画)

4.5

もう映画好きって自称すんのやめよかなぁとか思っちゃうほど映画欲減退しまくって、毎日毎日何も観る気が起きない今の自分に喝を入れるべくドーンと大傑作放り込んだった。
あぁ〜〜〜凄い。容赦ない力に圧倒される
>>続きを読む

マーク・ジェイコブス&ルイ・ヴィトン ~モード界の革命児~(2007年製作の映画)

4.0

マーク・ジェイコブスがルイ・ヴィトンのアーティスティック・ディレクターを務めてた頃のドキュメンタリー。やっと観た〜

アートやファッションを観て刺激を受ける事を活力の源にしてる私ですが、若い頃から大大
>>続きを読む

小説家を見つけたら(2000年製作の映画)

4.1

言っちゃえばグッド・ウィル・ハンティングとセント・オブ・ウーマンを足して二で割ったような感じの話。でも素直に感動したし、あーいい映画観たなぁ〜ってしっかり心満たされたからやっぱりガス・ヴァン・サントの>>続きを読む

ロブスター(2015年製作の映画)

3.5

ほほぅなるほど…これがヨルゴス・ランティモスワールドか…気持ちわりぃぃ……ウオェッ
豪華キャストで贈る大掛かりな不条理コント…なんやろうけど全っ然笑えねぇ。

や、アイデアは抜群にいいのよ。独身者は人
>>続きを読む

リメンバー・ミー(2017年製作の映画)

4.5

鑑賞後、
娘「お母さん泣いてたやろ」
私「…………グスッ」

娘の手前必死に耐えてみたけどバレバレ。はいはい泣いたよ泣きましたよ。心の中じゃ嗚咽してたよ。出来る事なら一人で観たかったわ…!(うち同様
>>続きを読む

女囚701号 さそり(1972年製作の映画)

3.9

やっと観られたー。こりゃ思ってた以上の復讐活劇。愉快痛快でめっちゃおもろかったわ。本場の怨み節聴けて嬉しい〜。
梶芽衣子さんはもちろんカッコいいんやけど、脇もみーんな凄く良い。それぞれキャラが立ってて
>>続きを読む

ホテル・ハイビスカス(2002年製作の映画)

4.2

昔から大好きな『ナビィの恋』の中江裕司監督作品。ここへ来てやーっと鑑賞。

はー、良き。中江監督が描く沖縄が本当に大好き。ほっこりが振り切れて泣いちゃったよ〜。
美恵子の気の強さや好奇心旺盛さがちょい
>>続きを読む

お家をさがそう(2009年製作の映画)

3.7

こないたレボリューショナリー・ロードで奈落の底に突き落とされたとこやけど、なんとか這い上がってもいっちょサム・メンデス。
生まれてくる子供の面倒をみてもらえると思ってた親がまさかの引越しで当てが外れた
>>続きを読む

ちはやふる 上の句(2016年製作の映画)

2.6

金ローにて、すずちゃん好きの娘と一緒に鑑賞。
ふ、普通…何もかもが想像以上に普通……( ゚д゚) ナンジャコリャ
個人的には正直、すずちゃん萌え以外突出したとこは何も無かった。公開当時なんであんなに
>>続きを読む

犬猿(2017年製作の映画)

4.3

楽しみにしてた吉田恵輔監督の新作。今回は兄弟姉妹の愛憎劇。
いやー、やっぱ達者やわ。またしてもやられた。めっちゃおもろかったしめっちゃ泣いたし。
なんつってもキャスティングね。毎度毎度絶妙過ぎて感心す
>>続きを読む

レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで(2008年製作の映画)

3.2

大好きなアメリカン・ビューティーのサム・メンデス監督作品って事で前々から気になってたやつ。

む…む…胸糞悪りいぃぃぃ……_:(´ཀ`」 ∠):

アメリカン〜も大概底意地の悪い映画やったけど、そこへ
>>続きを読む

リアリティのダンス(2013年製作の映画)

4.2

めっちゃおもろかったわー。大好き。
ホド爺ちゃんが両親へ書いたラブレターやなこれは。芸術の中に深い愛を感じた。

相変わらずナチュラルに狂った変態ワールドで笑ってもたけど、若い頃とはまた違った品格みた
>>続きを読む

花筐/HANAGATAMI(2017年製作の映画)

4.4

すっげぇ……
三部作中ダントツで変態が振り切れてた…すっげぇ…すっげぇ…

芸術と性癖が大爆発し続ける圧巻の三時間。凄すぎて感動通り越してもう笑っちゃったよ。

病に侵されながら撮った映画とは到底思え
>>続きを読む

サンドラの週末(2014年製作の映画)

4.1

やっと、やーっとデビューしたよーダルデンヌ兄弟。(ほんとは8年半ぐらい前に『ある子供』でデビューする筈が、借りた後に赤ちゃん捨てる話だと知り、当時妊婦だった私は「うわ無理無理無理絶対無理」って脊髄反射>>続きを読む

風花 kaza-hana(2000年製作の映画)

4.6

初見時は今ひとつピンと来なかった風花。大好きな相米監督作品の中で唯一ハマらなかった風花。13年ぶりにようやくリベンジ。
観る前から予感はしてたけどもうね、良さしかない。あらゆるショットに痺れ、心揺さぶ
>>続きを読む

ノー・ドロウニング(2016年製作の映画)

4.1

myFFF短編5本目。
ファンタジック&スタイリッシュ。これは良かったなー。今んとこトップ。
確立された世界観、起承転結。短編作品として今まで観た中で一番完成されてる気がした。ラストがとにかく粋で可愛
>>続きを読む

死と父と息子(2017年製作の映画)

3.8

myFFF短編4本目。
死神の父親とは違う道に進みたい息子っていうありがちな親子ものなんだけど、ストップモーションアニメのクオリティといいサイレントにもかかわらずグイグイ惹きつける脚本といい、凄い小慣
>>続きを読む

ベイブ(1995年製作の映画)

3.8

高校生の時、学校帰りに友達と映画館で観た思い出の一本。
動物たちが見せる見事なまでの演技に驚き、何よりベイブの可愛さに悶絶し、ラストは素直に感動して泣き…その後暫く豚肉が食べられなくなった当時の私。(
>>続きを読む

美味しい美女(2017年製作の映画)

3.6

myFFF短編作品3本目。
カニバリストで野菜恐怖症の男が恋した相手はベジタリアンなにんじん女だった…

おしゃかわグロポップ!これはハマる女子多いやろな〜。とにかく隅から隅まで可愛いもんねぇ。
バー
>>続きを読む

妹の誘惑(2011年製作の映画)

1.5

※ 妹、全然誘惑しません。

エロ映画に見せかけたジャケット&邦題に騙されるべからず。フツーのドラマです。

良かった点:妹がめっちゃ美女。(エマ・ロバーツをセクシーにした感じ)お兄ちゃんもイケメン。
>>続きを読む

ひつじ村の兄弟(2015年製作の映画)

3.9

こりゃ最高のヒツジジイ映画。
隣同士で暮らしながら40年もの間不仲だった羊飼いの兄弟が、ある事件をきっかけに近づいていくお話。

カンヌある視点部門グランプリってのが観て納得。っぽいわ〜、面白いって言
>>続きを読む

ラザール(2016年製作の映画)

3.8

myFFFにて無料配信中の短編。キモカワ男子コンビの災難。
なにこれ笑った〜。間が絶妙。ラザールのルックスも絶妙。そして画がやたらめったらお洒落。壁紙可愛すぎかよ。ツボ。

結末だけが中途半端な感じで
>>続きを読む

ウェディング・バンケット(1993年製作の映画)

4.3

小津愛に溢れたアン・リーの父親三部作、ようやくコンプ完了!
思ってた通り本作も最高だったわ。『推手』『ウェディング・バンケット』『恋人たちの食卓』どれも甲乙つけ難い面白さ。全くハズレなしの三部作。いや
>>続きを読む

サマードレス(1996年製作の映画)

3.7

myFFFにてフランソワ・オゾンの短編をば。
どエロいくせに可笑しくって可愛くて、清々しい風に吹かれてるような爽やかさを持つ15分の青春映画。
てか、胸騒ぎの恋人の元ネタこれやったんか!確かにドランめ
>>続きを読む

パディントン 2(2017年製作の映画)

4.0

ちょうど2年前劇場で観て大好きになったパディントン。今回も娘と二人で胸を弾ませいざ映画館へ。

あぁやっぱりまた可愛すぎて泣いちゃったわ。親切で優しくておっちょこちょい、そしてとびっきりピュアな紳士。
>>続きを読む

>|