オマンピスさんの映画レビュー・感想・評価

オマンピス

オマンピス

食人雪男(2020年製作の映画)

1.5

どっからどう見ても着ぐるみの雪男を誤魔化そうとせずにちゃんと画面に映す潔さ!!ズレまくりでも気にしないSE!!急に飛び出す「ここは時空の狭間で先史時代に飛ばされている!!」という口だけの説明!!いや言>>続きを読む

ゆきゆきて、神軍(1987年製作の映画)

3.5

U-NEXTだとウィレム・デフォーみたいなジャケットなので、完全にソリッドホラー的な洋画だと思いながらみたら全然違った

極左のキチガイがただただ暴れ狂う2時間


意外と明るいストーリーな上に主人公
>>続きを読む

セックス・チェック 第二の性(1968年製作の映画)

3.7

えぇ…えぇ…!?
女ったらしで自堕落な主人公がいきなり親友の妻をレイプして走って逃げたかと思えば戦争シーンになり急に女バスから女を見つけたかと思えば他の陸上部を全て見捨ててヒロコに絞って朝飯何食ったか
>>続きを読む

狩人の夜(1955年製作の映画)

4.1

リリアン・ギッシュ、素晴らしい役者さんやね!
基本的に昔の映画は好みじゃないのが多いけどこれはめちゃくちゃ面白かった

古典ノワールとして勉強になるー!!

ショットガンしか持たないババアvs変態殺戮
>>続きを読む

MIRRORLIAR FILMS Season1(2021年製作の映画)

3.2

『暴れる、女』絶対に『地獄でなぜ悪い』の大ファンの監督が作ったでしょ。
完全にそれだったもん。わかる、俺も好き。

『充電人』の響矢さんアリすぎてアリになった

『B級文化遺産』は設定が『リアル鬼ごっ
>>続きを読む

バッド・ブラック(2016年製作の映画)

4.0

『クレイジーワールド』の上映を見逃して落ち込んでいたんだけどYouTubeに『バッドブラック』がフルで転載されていていや誰だよ〜載せてるやつ〜って思ったら公式のアップでめちゃくちゃ声出た
日本語字幕は
>>続きを読む

ロスト・ハイウェイ(1997年製作の映画)

4.3

【煽り運転、ダメ、絶対映画】

度肝抜かれたね。マフィアに対して煽り運転をした男が5000億倍返しさせられるの。『アオラレ』の男も尻尾巻いて逃げるよこれは。

そんな煽り運転ダメ映画こと『ロスト・ハイ
>>続きを読む

ミス・マルクス(2020年製作の映画)

3.5

大学の教授がフェミニズムの研究をしていて、その流れで上野千鶴子の「家父長制とマルクス主義」を読んでいたからこれは観なきゃ〜と思って観にきた

エリノア・マルクス自体は全然知らなかったんだけども
彼女は
>>続きを読む

マルジェラが語る“マルタン・マルジェラ”(2019年製作の映画)

3.5

公開初日に鑑賞。マルジェラで香水買ったことあっても服を買ったことはない。でも観に行ったわぇ〜❣️

最近の若者(若者に限らずだけども)目に見えるファッションアイコンに囚われすぎている気がするんですよね
>>続きを読む

ショック・ドゥ・フューチャー(2019年製作の映画)

3.4

全ての創作者へと捧げる映画


少しでも音楽なり小説なりイラストを作ってネットに公表したことある人ならわかると思うんですよ。
作品が出来上がった瞬間はめちゃくちゃええやんこれ!!とか思っても次の日に改
>>続きを読む

マスカレード・ホテル(2019年製作の映画)

3.5

友達とダラダラ見るのに最適ー!!
ほぼ記憶残ってへんでー!!

彼女来来(2021年製作の映画)

2.4

さっきまで電気つけてた部屋が10秒後に戻ったら消えてたり部屋に不法侵入者がいるのに警察が来なかったりそもそも追い出さなかったりなんか生理的に受け付けなかった

映画 おかあさんといっしょ ヘンテコ世界からの脱出!(2021年製作の映画)

4.3

2021年の映画界の大穴

幼児向けだと侮るなかれ…
『おかいつ』映画もここまで重厚なストーリーで勝負できるようになったんだ
韓国映画に負けず劣らずの群像劇
底無しの明るさで持たせてた過去作に比べると
>>続きを読む

遊星王子2021(2021年製作の映画)

2.8

遊星王子が宇宙船のトラブルに見舞われた直後に画面に「200年後」というテロップが…その直後に「現代」というテロップが…

いやもうだいたいわかるやん!現代ってテロップをわざわざ出さなくても背景とか小道
>>続きを読む

DAU. 退行(2020年製作の映画)

4.5

ナターシャは前座にすぎなかった…

6時間中1時間くらい寝てたけど会話の一つ一つが面白かったねー!
ナショナリズムに傾倒すると他の思想を濾過してしまうからそれは宗教!みたいなね


「ドキュメンタリー
>>続きを読む

ムーンライト・シャドウ(2021年製作の映画)

1.6

いくら原作が良くてもゴミ映画になるんだ…

申し訳ないけどめちゃくちゃ面白くなかった。退屈。

画角や劇伴は洋画っぽさもあって映像としてセンスのあるものを作ろうとしてるというのはわかるんだけど…

>>続きを読む

スパイラル:ソウ オールリセット(2021年製作の映画)

2.5

これ観る前に買い物してたら頭のおかしいオッサンにエレベーターから突き落とされて警察沙汰になったんだけど映画でもめちゃ警官でてくるしなんて警察dayなんだ…


序盤から「舌を引き抜いて脱出するか電車に
>>続きを読む

マッドボンバー(1972年製作の映画)

4.0

強姦魔と爆弾魔と暴力魔の三つ巴対決

強姦魔のクセが強すぎて爆弾魔が霞んじゃうのオモロいんだよ。
マナーに厳しい神経質で気に食わない奴は爆殺するってお前のルールどうなってんだよて感じですけどいや、いる
>>続きを読む

先生、私の隣に座っていただけませんか?(2021年製作の映画)

4.2

金子大地と不倫してぇー!!!
奈緒ちゃんと不倫してぇー!!!


不倫絶対ダメ映画
これもTCP作品なんですね。最近みた『ブルーアワーにぶっ飛ばす』や『哀愁しんでれら』がめちゃくちゃ面白かったけど今作
>>続きを読む

荒野の処刑(1975年製作の映画)

4.4

詐欺師や娼婦といった色濃い4人パーティにサイコパスが加わった映画。
子供を預けるのは理解不能やったけどめちゃくちゃオモロい西部劇

花と蛇(1974年製作の映画)

3.0

痛かったらやだなーって思ったけど普通に笑えた

愛のように感じた(2013年製作の映画)

4.4

エリザ・ヒットマン、やはりただものじゃない…


行動の幼さや、男の剥き出しの暴力的なまでの性をノンフィルターで抜き取るもんだから色んな意味で痛い。痛くて怖い。


そして14歳の少女の夏の恋を性教育
>>続きを読む

殺し屋1(2001年製作の映画)

4.5

好きだ…
バイオレンス描写の果てにある美しいラスト…
三池の最高傑作じゃ…?(数本しか見てませんが♫)
ある意味イチと垣原のラブストーリーでもある気が…
精液からタイトルロゴ浮かび上がるの最高すぎる

海街diary(2015年製作の映画)

3.0

あー嫌だ嫌だ
テレビも携帯もない無菌状態の囲われた鎌倉というユートピアで4人姉妹が暮らす映画。ある意味悪趣味なビバリウムですよね。

役者は全て当てがきかな?ってくらい役にピッタリハマってるし、どこを
>>続きを読む

スザンヌ、16歳(2020年製作の映画)

3.2

起伏もなく平坦にナチュラルに進むストーリーが退屈

少女の夢見る恋物語っぽい本作なんだけど、スザンヌの男への近寄り方がかなりキモい。声をかけることもなく遠くからチラチラ眺めるだけにとどまっていて、いや
>>続きを読む

先生を流産させる会(2011年製作の映画)

1.6

センセーショナルな題材を扱っているだけでそれを映像にすることだけに精一杯で、テーマに対する掘り下げがあまりされていないように感じるね。

モラル的に難しい題材を逆説的にモラリスティックに描くことも一つ
>>続きを読む

牛乳王子(2008年製作の映画)

2.5

これが『ミスミソウ』に繋がっていくのか〜白と赤だし。そこは関係ないか。

エネルギーがすごい。
たった15分の間にここまでの熱意を感じる処女作は無い…こともないけどすごい

明らかに中学生じゃないとこ
>>続きを読む

最凶女装計画(2004年製作の映画)

3.0

2004年の映画やな
ほんまくだらんのに大笑いしちゃった(恥ずかしすぎて死ぬ)(おきにはうんこのシーン)

戦場のメリークリスマス 4K 修復版(1983年製作の映画)

4.2

綺麗な『戦メリ』
先月観たけど無印戦メリのレビュー書くのが億劫で遅くなったやつ

戦場のメリークリスマス(1983年製作の映画)

4.0

なんやかんや観る機会がなくて4K前の予習として鑑賞。結果……


最強ホモソ映画でした!


セリアズとヨノイの関係に対してロマンス解釈をしている人がかなり多く見受けられているんたけど、それだと少し違
>>続きを読む

マッド・ストーカー -監禁地獄-(2019年製作の映画)

1.9

『リサ・マクヴェイ』のアンビリーバボー!みたいな撮り方面白かったけど、今回割と粗あるやん💦て感じで見れなかったな

シャン・チー/テン・リングスの伝説(2021年製作の映画)

3.6

シム・リウ、普通におっさんすぎてアメコミヒーローとして大丈夫?とか思ってたけど本編見たら普通に強い普通のおっさんでした!!
それが後々の作品でスパイダーマンとかキャプテンマーベルと合流するわけでしょ?
>>続きを読む

>|