みりんさんのドラマレビュー・感想・評価

  • Filmarks
  • みりんさんの鑑賞したドラマ
みりん

みりん

TRUE DETECTIVE/トゥルー・ディテクティブ(2014年製作のドラマ)

5.0

どうしようもない男ふたりがどうしようもないなりに光を見つける話。はじめて子どもみたいに泣くシーンがよかったですね。マコちゃんの話は哲学的で深淵をみた。怖いし暗いし何を言ってるかよくわからないけど心地良>>続きを読む

0

ピュア(2019年製作のドラマ)

-

イギリスのドラマってこういう人間のキモイところを抽出するのがうまい。キモイっていうのは会話の中での微妙な間とか上辺の態度とか痛々しさとか挙動不審さとか。他者と生きていかなきゃならぬ限り人間はキモくなっ>>続きを読む

0

コブラ会 シーズン3(2021年製作のドラマ)

-

みんなどうかしてるよ!ジョニーがぜんぜん成長しなくてわらうけど最後そうこなくっちゃ!な展開はアツいな。ことの発端はイジメから身を守るためだったし、強くなれた空手を否定することはできない、いざとなれば相>>続きを読む

0

ニュー・ブラッド 新米捜査官の事件ファイル(2016年製作のドラマ)

-

クールとキュートのコンビ。パッションは二人とも持ってるよ。一緒に死の恐怖を味わったりジム行ったりサイクリングしたり殴り合いしたりして肉体的な運動を通して精神的にも繋がっていく...みたいな脚本のテンシ>>続きを読む

0

ボクらを見る目(2019年製作のドラマ)

-

恐ろしく狭まった視野のまま正義の名の下に突き進んでいく人々よ。自分が正しいとは限らない、相手の世界を否定しない、これを分かってないと人を傷つける。傷つけるだけじゃ済まないかもれない。思い込みってのは致>>続きを読む

0

PREACHER プリーチャー(2016年製作のドラマ)

4.0

神、いないから。みたいな姿勢がみえながらも怪奇や異世界の存在を否定しないふしぎな世界観。前提がなんなのかわからなくて怖い。おちゃらけヒロイン吸血鬼、やらかした天使さんたち、得体の知れない食肉工場、ご当>>続きを読む

0

架空OL日記(2017年製作のドラマ)

-

大好きなドラマ。
誰も男とか女とかでいようとしないあの空間が心地よい。だからこそ、オチがちょっと切ない。
実はふだんからああいうふうに、OLのようにキャッキャ生きていたい男の人がごまんといるんじゃない
>>続きを読む

0

ザ・ボーイズ シーズン2(2020年製作のドラマ)

-

レイシストやポピュリストがなぜかチヤホヤされてるニュース映像を絶望と怒りと憎しみのこもった目で見つめる血塗れのボーイズにグッとくる。こっからはもうモラルも何も無い(今までも無かったけど)戦いの始まりだ>>続きを読む

0

コブラ会 シーズン2(2019年製作のドラマ)

-

「先に打て」っていうのは、自分が傷つく前に相手を傷つける、自分が恥をかく前に相手に恥をかかせる。そういうことですよねセンセイ!
戦いと人生における「情け無用」の匙加減は難しい。適応を間違えると有害性に
>>続きを読む

0

コブラ会 シーズン1(2018年製作のドラマ)

4.5

このドラマで、あのとき救えなかったジョニーという男の子の魂をこのタイミングで救おうとしている。
彼自身はまだ何が問題なのか微妙に理解してないから、弟子たちはどんどん暴力的になっていくし、結局30年前と
>>続きを読む

0

バリー(2018年製作のドラマ)

-

ノホハンクの優しさを弱さだって言うゴラン。ハンクは優しい人間で、そういう人ってだけで、それを弱いって言って怒るなんて悲しいよお。マフィアだから支障があるかもだけど 優しさと愛嬌を大事にすればいいことも>>続きを読む

0

ハリウッド(2020年製作のドラマ)

-

立場も価値観も一見バラバラの人たちがある一つの崇高な目的のために一致団結して何がなんでもがんばる話。いいよ〜〜!!ポリティシャンもその感じが最高だった。ちょっとイージー過ぎてどうなのと思わないこともな>>続きを読む

0

ザ・ポリティシャン シーズン2(2020年製作のドラマ)

-

倫理と道徳の問題。前者は社会、後者は自分の問題。良心の呵責を感じないのなら、それで苦しまないのなら、最後は己の小宇宙に従いなさい みたいなとこすごかったな。ペイトンはあの感じで普通に落ち込んだり迷っ>>続きを読む

0

ウォッチメン(2019年製作のドラマ)

4.5

すごかった。
6話の重みはたぶん一生忘れないと思う。彼らの、わたしたちの恐れと痛みをちゃんとわかっていたい。時空も場所も離れていても味方になれる。たくさん涙を流して、そしてもっと守るべきものがあるって
>>続きを読む

0

ナチ・ハンターズ シーズン1(2020年製作のドラマ)

-

HBOのウォッチメンと並行して見てたこともあり考えるところが多かった。“法に任せよう”って、当事者になったら言ってられないだろう。復讐は何も生まないだって?そんなんわかってんだよ。なんの解決にもならな>>続きを読む

0

Fleabag フリーバッグ シーズン 2(2019年製作のドラマ)

-

カウンセラーに自嘲的な笑いを指摘されるところが辛かった。いつも誰かに選ばれない、優先されないわたし。挙げ句の果てには神にも負ける。そりゃ負けるか。人生ってこんなにもままならない

0

Fleabag フリーバッグ シーズン1(2016年製作のドラマ)

-

「5年間完璧な体と交換できるならしたいですか?」という質問に揺るぎなく真っ直ぐ手を挙げるフリーバッグとお姉ちゃん。私たちbad feministねって言うとこ好き

0

13の理由 シーズン3(2019年製作のドラマ)

-

このレビューはネタバレを含みます

蛇足とはまさにこのことで、ハンナが成仏して終わるのでよかったんじゃないのかなと思う。
なにより最終話の急な倫理観の崩壊にこわくなりました。本当の悪がここにある...モンティに罪を被せて死んでしまっても
>>続きを読む

0

セックス・エデュケーション シーズン2(2020年製作のドラマ)

5.0

オーティスに恋してるメイヴたそがかわいすぎて…百回くらい「オーティスおまえ〜〜〜〜〜〜!!!💢💢💢😭😭」って叫んだ

0

アンビリーバブル たった1つの真実(2019年製作のドラマ)

-

「でもレイプが世界から一つ減ってよかったじゃないですか」という言葉にハッとする刑事さんのシーンが印象的。そうだよ、そういう感覚忘れてたっていうか思いもしなかったんでしょ、他人事だから
あとゾンビランド
>>続きを読む

0

チェルノブイリ(2019年製作のドラマ)

5.0

証言台に立って事件までの経緯を話し、その瞬間、1時23分45秒が近づくにつれ涙ぐんでしまうレガソフ。気持ちがシンクロして私もなんでかぽろぽろ泣いてしまった。だってこんなこと起こらなくてよかったのに、ど>>続きを読む

0

マーベル/ジェシカ・ジョーンズ シーズン1(2015年製作のドラマ)

4.0

この世界でいちばん美しくて力強くて泣いてしまった "I love you."

0

マインドハンター シーズン2(2018年製作のドラマ)

5.0

世の中合理的じゃないことが多すぎる、ルールのせいで進むもんも進まなくてイライラするよねホールデンくん。ちょっと太ったね?

0

マインドハンター シーズン1(2017年製作のドラマ)

5.0

イカれた連中のことなんか理解できない、理解してたまるかという気持ちと、理解しようと努める気持ち、どちらも当然ある。そこを丁寧に誠実に描いていた。
腹立つキョトン顔のホールデンが初めて怯えた子犬のような
>>続きを読む

0

ザ・ボーイズ シーズン1(2019年製作のドラマ)

5.0

スーパーウルトラグレートデリシャスワンダフルおもしろい

0

ボディガードー守るべきものー(2018年製作のドラマ)

-

「あなたは今病気なの、助けが必要」と言われ続けてもひとりで突っ走るバッドさん。最後の「助けが必要です」にすべて詰まっていた気がしたよ。めちゃくちゃ泣いた‬

0

ブロードチャーチ ~殺意の町~ シーズン1(2013年製作のドラマ)

-

謎解きよりその市井の人の話がメインのよう。怪しいジジイ、怪しいババア、しゃしゃり出る牧師、自称サイキックまで登場してもうわかんねえなこれ...な警部補ハーディさんのやさぐれっぷりが見どころです。しんど>>続きを読む

0

ザ・パシフィック(2010年製作のドラマ)

5.0

のちのフレディマーキュリーとジョンディーコンである 感慨深い

0
>|