umasoさんの映画レビュー・感想・評価

umaso

umaso

大学生

映画(371)
ドラマ(1)

猫の恩返し(2002年製作の映画)

2.5

猫の仕草とかが丁寧で、かわいいからずっと観てられる

ゆれる人魚(2015年製作の映画)

3.0

人魚が人間になりたがるっていうのは、もはや時代遅れだと思うけど、ミュージカルっぽいシーンが良かったからいいと思う。

歌いながら手術のところと、その後のシーンがめっちゃすき。

ベーシストと、妹人魚の
>>続きを読む

海よりもまだ深く(2016年製作の映画)

2.5

どんな終わり方で、いつ観たかも忘れた

けど真木よう子が良かったのは覚えてる

時をかける少女(2006年製作の映画)

2.5

タイムスリップ系映画は矛盾ばかり考えちゃうから、なんか好きになれない。

万引き家族(2018年製作の映画)

3.5

普通に良かったけど、そして家族になるとかの方が好きだなあ

安藤サクラとリリーフランキーが夫婦ってのに終始違和感しかなかった。

藍色夏恋(2002年製作の映画)

2.5

こういう素敵な映画だけを観ていたいと思った

タイトルもなんかいい。
人に言いたくなる言いやすさある

パーティで女の子に話しかけるには(2017年製作の映画)

2.5

エルファニングかわいいことしか、覚えてない

ラストにかけてアホくさい設定がどんどんでてきて、意味がわかんなくなる

TOKYO TRIBE(2014年製作の映画)

2.5

ラップカッコいい

一番好きなのは三つ編みのツインテールのやつ。

15時17分、パリ行き(2018年製作の映画)

2.5

最後本物だったんだっていうのは驚いたけど、なにこれ


子ども時代は観てて楽しいけど、旅行してるときとか飽きる。

アメリカン・ハッスル(2013年製作の映画)

2.5

なんか難しいけど、みんなで一気に攻めてく感じはよかった

Strange Circus 奇妙なサーカス(2005年製作の映画)

4.0

ラスト20分、震えるくらい興奮した

いしだ壱成のキャラクターがかっこよすぎて惚れた。過去一で好きかも

訳の分からない映像は多いけど、一応物語があるからいい。若干退屈するけど、ラストのおもしろさで結
>>続きを読む

アウトレイジ 最終章(2017年製作の映画)

3.0

相変わらずのかっこよさはある。

けど今までと同じ感じ

パターソン(2016年製作の映画)

3.0

詩がいいのかわかんないけど、余韻の残る詩だなあとだけ思った。

哭声 コクソン(2016年製作の映画)

4.0

観終わっても謎が多くて、整理がつかない。

けどもう一回観る体力はない

勝手にふるえてろ(2017年製作の映画)

3.0

普通に面白ろかった

松岡茉優はかわいいのにすごいなあと思った

KUBO/クボ 二本の弦の秘密(2016年製作の映画)

2.5

ストップモーションアニメのクオリティはハンパないと思ったけど、正直どこで感動するのかわかんなかった。

登場人物たちのつり目も嫌い。

日本へのリスペクトは感じた

散歩する侵略者(2017年製作の映画)

3.0

最初DVD間違えたと思った。けど最初のところが園子温みたいで良い良い。

思ってたんと全然違ってたし、ジャンルすらよくわかんくて、そんなおもしろくなかったけど、好き。

長澤まさみかわいいのと変な音楽
>>続きを読む

ムーンライト(2016年製作の映画)

2.5

人権とか虐待とかLGBTとか、今らしいテーマの映画としては価値があると思うけど、観てておもしろくなかった。

長回しで手持ちってのはわかるんだが

スタイリッシュな雰囲気と綺麗な月明かりはよかった

三度目の殺人(2017年製作の映画)

4.0

同じセリフがいろんなとこで出て来たり、顔のアップだったり、なんか感情が揺れる。
ガラスに映る顔を取るやつとかは特に。

結局何もかも曖昧で、どれかを知らずに選んでそれを信じてるだけなんだなと。

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

2.5

ララランドよりノリノリな曲が多い。

話は普通だけど、なにより音楽がいいから観てて楽しい。

久しぶりに映画らしい映画を観た気がする。

ミスティック・リバー(2003年製作の映画)

3.0

深いこと考えずにおもしろかった。

クライマックスのドキドキ感はすごかった

ミニオンズ(2015年製作の映画)

2.5

万国共通

いいんだけど、これに好評化つけたくない

ダークナイト ライジング(2012年製作の映画)

3.5

バットマンかっこよすぎ。

一貫してこの三部作は好き。

けどやっぱりジョーカーがいい

夜は短し歩けよ乙女(2017年製作の映画)

3.0

独特な絵がいいのと、星野源がはまってる。

こんなドラマのある学生時代をおくってみたい。

本読んだと思ったら、途中までしか読んでなかった。

トウキョウソナタ(2008年製作の映画)

2.5

いっそ大地震でも起きてしまえとか、常に考えてることだったからわかる。

絶望してこのままなにもしたくないだて感じがよかったけど、結局最後は普通に終わってがっかり。

役所広司に人質にされてからのくだり
>>続きを読む

犬ヶ島(2018年製作の映画)

3.5

こういうストップモーションアニメの質感が好き。

最初のシーンかららしさ全開でよかった。

ナレーションがいい。

日本を変に表現されてるところがあったけど、それを含めてリスペクトがあるからいいと思う
>>続きを読む

スティング(1973年製作の映画)

3.0

理解力不足で肝心などんでん返しの部分で衝撃を受けなかった。

似てる人が多いし、一歩遅れて納得しながら観てた。

頭が悪すぎた

途中の絵とか、ジャズっぽい音楽とか、急なアップショットはセンスがあって
>>続きを読む

>|