しかこさんの映画レビュー・感想・評価

しかこ

しかこ

映画(522)
ドラマ(0)

ナイチンゲール(2019年製作の映画)

3.7

~今年の許せない男暫定的1位~

期待値★×4

自粛前に見たくてチェックしてたんだけど、何故これが見たかったのか。。過去の自分の記憶がさっぱり、でも多分この歌声と主人公の狂っていく様がみたかったんだ
>>続きを読む

ぼくを探しに(2013年製作の映画)

3.9

2回目
このいかにもヨーロピアンな雰囲気がすき
おば姉妹の歌声が頭から離れないし
素敵な母親像だな~と改めて浸れた。。

くすりと笑えるブラックユーモアがあったり、予想外な結末ではあったけど、、
自分
>>続きを読む

ビッグ・リトル・ファーム 理想の暮らしのつくり方(2018年製作の映画)

4.1

~豚がかわいい海外版人生フルーツ!?~

期待値★×4

自粛明けの初映画がこれでよかった
ドキュメンタリーなんだけど映像が美しくかわいいアニメーションが入ったりもしてあっという間の時間だった
8年間
>>続きを読む

エクスペリメント(2010年製作の映画)

3.8

エス見てません(;;)
寝る前に見るには刺激的すぎた。。
これが実話?だなんて辛すぎる
お金に縛られた団体行動で完全に狂っちゃってる
入るまでは平等だったのに
「正義」がどこまで通用するのか見物だった
>>続きを読む

ハウルの動く城(2004年製作の映画)

4.0

音楽を聞いていたら久々にとても見たくなった訳で。。
ラピュタ要素(?)が強いけど、戦争が絡む割に比較的平和で穏やかに見れる
ハウルへのときめきが止まらなかった
何となく見るには最高だけど、訳を考え出す
>>続きを読む

モールス(2010年製作の映画)

4.0

ぼくのエリ、より先にこっちを見たからこっち派なんだよな。。
ファンタジーホラー?
痛くてかわいいところがすき
繰り返し見ない方なんだけどこれは何故か3回目かな、安定のすき。。

セブン(1995年製作の映画)

4.0

胸糞悪い映画として有名?だけど
初めてみた、そして途中ちょっと寝た😂レンタルまで時間あるのでもう1回見ます。。
でも想像していた胸糞悪さじゃなかった
免疫出来てきてるんだろうなあ
///
そして見直
>>続きを読む

ディープ・ブルー(1999年製作の映画)

3.5

サメ好きな友達イチオシのサメ映画

うん、サメが容赦なく食いちぎるシーンがあったりスリリングだった
そしてやはりどんどん亡くなっていく、容赦なし
サメもだけど閉鎖空間からの脱出映画としても楽しめた
>>続きを読む

ディセント2(2009年製作の映画)

3.8

時間を感じず、そのまま続けて見たんだけど
1と監督が違うんですね。。
なんというか、これまた好みが分かれそう
個人的にはきれいかなぁと。。
1とメドレーで見たから余計によかった

ロストバケーションも
>>続きを読む

ディセント(2005年製作の映画)

4.0

待って。。
友達から強くおすすめされて見たんだけど
めちゃめちゃ最悪ですきな映画だった!!
映画館でみたらトラウマになってたこと間違いなし
前から思ってたけど女のいざこざは普通のホラーよりもある意味こ
>>続きを読む

トレマーズ(1989年製作の映画)

3.5

昔みて衝撃だった。。
多分3か4まで見たけど断然1がすき
今まで気づかなかったけど2人をくっつけようとちょいちょい目で合図してるおっちゃんが分かりやすくて和んだ(笑)

ミストを見て久々みたくなったし
>>続きを読む

マイ・マザー(2009年製作の映画)

4.2

久々にみた
やはり好きだった。。
いちいちおしゃれ
思春期、両親とのなんとも言えない葛藤
ママのファッションセンスにいちいち目がいったし、生きにくそうで何ら障害と感じてない様が素敵だった。。
大事な時
>>続きを読む

キャスト・アウェイ(2000年製作の映画)

4.0

無性に見たくなってみたけど、長さを感じさせなかった
飛行機の中で見たくない映画だわ
遭難するのも、最愛の人を失うのも、選べるとしてもどちらも選べる気がしない。。

きみはいい子(2014年製作の映画)

3.6

2つのお話し?で展開していく
見ていて辛い場面もあったけど、これがリアルなんだろな。。

抱きしめる、という文化が当たり前のようで日本では恥ずかしくてスルーされているような気もする 、でもハグの効果は
>>続きを読む

アノマリサ(2015年製作の映画)

3.7

大人のクレイアニメだった(笑)
日本絡みもあるのがなんか嬉しい
大人の事情、声にも注目しながら、何が本当だったのか、ぼーっと考えてた

ジュマンジ(1995年製作の映画)

3.8

安定のジュマンジちゃん
続編が出てるけどダントツこれがすき
改めて見ると動物の3Dがしょぼく感じるけど、当時はどきどきしたものです
繰り返し見たはずなのに内容はうる覚えで、その分とても楽しめた
金ロー
>>続きを読む

チョコレートドーナツ(2012年製作の映画)

3.9

ずっと見たくて気になっていた作品
アランカミングが美しくて終始魅力的だった(;;)
LGBTへの差別がある中で自閉症の子どもを預かり育てようするなんて、、それ以外にも色んな側面で楽しめる作品だった
>>続きを読む

ロスト・バケーション(2016年製作の映画)

3.4

サメ映画と思って見たけど意外な内容だった!
たまたまbaby-Gして鑑賞してたんだけど。。これみてGショック欲しくなった人もいるのでは!?
スマホの画面など画面の中で画面が出るのも印象的だった

カモ
>>続きを読む

ピラニア 3D(2010年製作の映画)

3.1

クロールの監督!
わくわくで見たんだけど、レビュー通りだった(笑)
アメリカンビューティな女体を女2人で完璧すぎるやろ~と絶賛しながらの鑑賞、家族で見る自信なし!😂
このシーンいる!?(あの人のあれが
>>続きを読む

プール(2009年製作の映画)

3.3

眠る前に見るにはゆるくて最適だった
なんとなく優しい気持ちになれる
母と娘の関係性が依存してなくて個々でかっこいい、でも自分の母親がこんな自由なら実際寂しく感じるだろう、、
相変わらず登場人物が少なく
>>続きを読む

人生、ブラボー!(2011年製作の映画)

3.8

コメディ、と思いきや感動させられてしまった
まず数がありえない(ó﹏ò。)
でもそれにもちゃんと意味があって。。
親が誰であれ、どんな経緯であっても生ませてくる子どもに罪なんてない
生まれてきたら誰
>>続きを読む

南極料理人(2009年製作の映画)

3.7

有名なのに、やっと見た!
南国の孤独さが分からはずなのに、なんとなくコロナの現状と少しリンクした気がする
どんなに辛い環境でもご飯が美味しかったらはっぴー!
1人じゃなければはっぴーは作り続けられる!
>>続きを読む

365日のシンプルライフ(2013年製作の映画)

3.9

1.2年前にTSUTAYAの占い?で自分にあった作品が出てくる心理テストで知った作品
そこから気になりつつ、この度アマプラで無料鑑賞出来るようになり!やっと拝見しました

ドキュメンタリーにしては出来
>>続きを読む

ダム・キーパー(2013年製作の映画)

3.8

これがクレイだなんて!!
動物いっぱい、だけど辛い🐷🦊
子供なのに何故ダムキーパーしてるんだろうっていう疑問はあったけど
うるっときた
この作品と出会えてよかった◎

ジュディット・ホテル(2018年製作の映画)

3.7

短いけど完成度高かった
これもある意味ハッピーエンドな気もする
不眠症の人の苦労ははかりきれない
どうか深くぐっすり眠れますように

それでも夜は明ける(2013年製作の映画)

3.8

よい作品やと知りながら自粛のメンタルで見届けるか不安でなかなかタイミングがはかれず。。
それでもやはりよき作品だった(;;)
これも実話に基づいてるなんて、、
減りつつある黒人差別、まだゼロではないよ
>>続きを読む

シャーク・ナイト(2011年製作の映画)

3.3

サメ映画が見たかったので🦈
ざ、アメリカの青春!!
大型連休に別荘行こうとか日本じゃ敷居が高いのに、このケース多いよね。。
主人公がどんどんカッコよく見えてくる現象(わざとか?)
思ってたよりたくさん
>>続きを読む

スイス・アーミー・マン(2016年製作の映画)

3.5

コメディと思いきや、結構言ってることが深くてびっくりした
しかしコメディは笑えず、個人的にはあまりハマりきらなかった
ダニエルくんの演技を久々見れたのはよかった

藁の楯(2013年製作の映画)

3.2

内容はあまり入ってこなかったけど
藤原竜也のクソさがすごかった
ただそれだけ★

はじまりはヒップホップ(2014年製作の映画)

3.6

映画館で見るか悩んでた作品
ドキュメンタリーだったとは知らず!
やっぱりどの国もお年寄りはかわいい。。
それぞれの人生があって、ヒップホップへ真面目へ取り組む姿勢が素敵
歳をとっても新しいことへチャレ
>>続きを読む

ブリムストーン(2016年製作の映画)

3.5

映画館で見逃して楽しみにしてたんだけど
思ってたんと違った(;;)
色々ツッコミどころはあるんだけど(だってなんで誰も助けてくれないの!?)
とにかくめちゃめちゃ気持ち悪い!!
長くて4章まであるけど
>>続きを読む

レオン 完全版(1994年製作の映画)

5.0

大好きな映画
恐らく10歳くらいでみて、更に15歳くらいでもう一度みてマチルダの絵ばかり描いていた
一人暮らしするなら植物を買ってブタの鍋掴みを買うと決めていたものです。。

これを家族愛という人もい
>>続きを読む

>|