Melさんの映画レビュー・感想・評価

Mel

Mel

映画(531)
ドラマ(69)

エサ(2015年製作の映画)

-

ゆ、夢が欠片もなくなった………
砕け散った………
跡形もなく消えた………

手作り感満載のアニメ。
こういう絵でこういう物語のアニメを書くアニメーターさん(?)が日本にもいるよね?

『ファインディン
>>続きを読む

お早よう(1959年製作の映画)

4.0

「お早よう」
「いいお天気ですね」
「そうですね」

実くんと勇くんのおっしゃる通り、天気の話がしたいわけじゃない。
でも、大人の無駄な会話もいいもんだなって思えてくる。本当に言いたいことは言えないの
>>続きを読む

ザ・ゲスト(2015年製作の映画)

-

・1度目の鑑賞

え????夢オチ???
でも、オチてないよね??

狐につままれたような不気味な雰囲気。

最近、ストーリーが分からないことが多い。
理解力がなさすぎてやばい。鍛える方法ありますか?
>>続きを読む

微妙なプレゼント(2015年製作の映画)

-

知らない男の人に貢がれたら怖くない?
なのになんでキスしてんの?

ストーリーもキャラクターの心情もよく分からなかった。

あれだけ大勢の人に誕生会を開いてもらえるだけいいじゃないか。

エンディング
>>続きを読む

窓から見える世界(2017年製作の映画)

-

窓から見える世界は意外と大きくて、美しい。
景色には今までの日常も思い出も全部詰まっているんだなぁと思った。

ほとんど台詞もなく全編寂しげな雰囲気の映画だけど、最後の景色を見て父と息子の今後に希望が
>>続きを読む

クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ栄光のヤキニクロード(2003年製作の映画)

3.1

本を隠すなら本の中
人を隠すなら人の中

byボーちゃん


噂の顔芸しんちゃんはコレだったか!!!
ひろしはよく見るけど、しんちゃんの髪の色どーした!!(笑)

「今夜は焼肉!」
これだけで頑張れち
>>続きを読む

晩春(1949年製作の映画)

4.2

すでに小津安二郎節が確立している一本

昔の映画は"お嫁に行くこと=本当の幸せ"を肯定している映画ばかりかと思っていたら、そうじゃなかった。
小津安二郎監督は早くもそれに気づいて問題提起していた。
>>続きを読む

アグネス(2014年製作の映画)

-

アグネスの気持ちがよくよ~く分かるように練られて作られている作品

私は一人っ子なのでアグネスのような体験もお兄ちゃんのような体験もしたことがないのですが、
「アグネスちゃんかわいそう!!」
ってなり
>>続きを読む

上を向いて(2016年製作の映画)

-

みんな同じ人に見えるわ

だってみんな頭の形が一緒だもん

この形の頭を見てると、洗濯機が帽子に見えてくる

え、入れ替わるってそーいう!?

きもい、きもい、きもいわ!(苦笑)

でも、君たちみんな
>>続きを読む

Mishimasaiko(2016年製作の映画)

-

虫の妖精と花の妖精の恋物語?的な?

小人たちのおはなし。
小人目線の虫や植物の描かれ方が良くて、アリエッティを思い出した。虫の足音とか生い茂る草とかあんなかんじ。

虫と花の異なるものを栄養源として
>>続きを読む

プリンセス(2014年製作の映画)

-

あ、友達だ(笑)

小学生の時によく遊んだ友達に顔も体型も服装までそっくりで、そのまんま。あとでお母さんに見せよ。

そうか~、もしかしたら友達にもこんな悩みがあったのかな。全然そんな性格に見えないし
>>続きを読む

幸運なマーク(2016年製作の映画)

-

あーーーーそういうことですか!?!?

全っ然"幸運"にも"幸せ"にも見えなかったからナンジャコリャと思っていたけど、ラストのラストで納得。

あれやこれやの正体も判明。

ファーストカットが好きだっ
>>続きを読む

ゴランの道(2015年製作の映画)

-

金髪の女の子がしっかりとした足取りで歩く後ろ姿とハキハキとしたモノローグから惹き込まれた

しかも、これだけで女の子の性格が分かる

ませた女の子

たとえ貧乏でも堂々と振る舞い自分の意見をハッキリ言
>>続きを読む

一本の線(2016年製作の映画)

-

毎日毎日規則正しいルーティーンを繰り返す男が恋に落ちて世界が変わる

線の動きと色で喜怒哀楽を表現していてセンスが良くておもしろい

単調な日常の中にときどき特別なことがあればいいよね

結構好きな短
>>続きを読む

太陽の王子 ホルスの大冒険(1968年製作の映画)

3.6

高畑勲の初監督作品

今までホルスホルスと名前は聞いても一度も観たことがなかったのですが、ついに映画館で上映されることになりました!

場面構成は宮崎駿
作画監督は大塚康生
原画は宮崎駿、森康二、小田
>>続きを読む

暗く不気味に静かな日(2014年製作の映画)

-

不気味っぽいアニメーション。

ただでさえもストーリーがよく分からなかったのに、観てから時間が経っちゃったからさらに分からない。(というか忘れかけた。)

雲からいろいろ落ちてくる。
子どものときに雲
>>続きを読む

なめとこ山(2019年製作の映画)

-

殺して殺されて……

人間は身勝手だよね。

人間と動物が互いに関わらないことも共存していくためには必要。

でも、生きるためには……

十月の物語(2019年製作の映画)

-

昔の映画のようなクレジット画面だなって思った。

んんーー夜に何があったのか気になる!
悪酔いしない女の子はあざといよね!

あの男の人、たぶんお客さんがお姉さんじゃなかったらあんなに話しかけてこない
>>続きを読む

最後の恋のはじめ方(2005年製作の映画)

3.1

大学の授業で鑑賞

ウィル・スミスってどんな役でも器用なイメージ。

恋愛は論理じゃないんだなって思った。

そして、勇気と努力が必要なことも。

チキン・リトル(2005年製作の映画)

-

話は普通だけど、マイケルJフォックスの声がいい。


チキン・リトルが小さくてかわいい。

アナと雪の女王/エルサのサプライズ(2015年製作の映画)

-

アナとエルサがかわいい!

歌もすっごく好き!

イディナ・メンゼルもクリスティン・ベルも抜群に歌が上手くて、ハモリが最高!

🌻🌻🌻🌻🌻

ハンスの伏線も回収?(笑)

トイ・ストーリー 謎の恐竜ワールド(2014年製作の映画)

-

こういう短編ならもっとほしい。

昔はおもちゃで遊んでめいっぱい想像力を働かせてたな~。

だいぶ前に観たから記憶が曖昧だけど、こっちはちゃんと3の延長線上。

河童のクゥと夏休み(2007年製作の映画)

-

河童を守るために家族が一生懸命なところだけ覚えてる。

記憶が曖昧だから、また観たい。

シャーロック・ホームズ シャドウ ゲーム(2011年製作の映画)

3.2

モリアーティー登場!

度重なる爆発とアクション。これでもかと出てくるスロー再生。
監督の好みが弾けてるな~。もはやホームズである意味も疑うけど、ここまで来ると潔い。

やーーっと髭を剃ったかと思った
>>続きを読む

シャレード(1963年製作の映画)

4.1

オードリー・ヘップバーンのラブコメサスペンス😘😊😎

オープニングからお洒落。オードリーの服もお洒落。パリの街並みもお洒落。
だけど、ストーリーもしっかりしていてお洒落でごまかしてない。

オードリー
>>続きを読む

シャーロック・ホームズ(2009年製作の映画)

3.3

良くも悪くもハリウッド版シャーロック・ホームズ

随分前に親が観ているのを覗いたことがあるけど、ちゃんと観たのは初めてかも。
すっかりBBC版とグラナダ版シャーロック・ホームズの虜になってしまったから
>>続きを読む

君の名前で僕を呼んで(2017年製作の映画)

4.8

ティモシー・シャラメ

木漏れ日が差す北イタリアもアーミー・ハマーもピアノの音色も、すべてが美しかった

なんだろう……
『ニュー・シネマ・パラダイス』のような名作になりそうな映画だと直感しました
>>続きを読む

さよなら銀河鉄道999 -アンドロメダ終着駅-(1981年製作の映画)

2.8

今一度、万感の思いを込めて汽車が行く───


まぁ続編は観なくていいかなーと思っていたのですが、森の映画祭2020に参加してプラネタリウムまで買っちゃって「宇宙」な気分に浸っていたら観ずにはいられま
>>続きを読む

シング・ストリート 未来へのうた(2016年製作の映画)

3.3

夢を見る青春真っ只中の少年と少女
荒んだ現実から脱け出して羽ばたいていく

たくさんの歌が出てくる!しかもMVを作るところまで自力でやっちゃう映画は新鮮でモノづくりのワクワクが伝わってきた!最初は下手
>>続きを読む

カーゴ(2017年製作の映画)

3.3

ゾンビになってしまうウイルスに侵されながらも、最後の最後まで愛する娘を守るために歩き続ける父親の姿を描く───

マーティン・フリーマン主演

こちらを観る前に短編映画の『カーゴ』を予習。短編と長編、
>>続きを読む

カーゴ(2013年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

7分間なのにグッとくる……

冒頭から世界観が分かるし、お父さんの人柄も分かる。

お話で親が赤ちゃんを手放すときに託す人に向けて手紙を残すシーンはよく見るけど、親がメッセージを残すべき人は赤ちゃんだ
>>続きを読む

二つの窓(2016年製作の映画)

-

これってNGシーンで下に落ちたりしたのかなぁ?

ん?待てよ?最初から最後までずっとカメラ固定ということは、長回しということで、10分間一気撮りなのか!?!?

すごい!!

「いつも君を見てたよ」「
>>続きを読む

ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語(2019年製作の映画)

3.7

あの『若草物語』を現代風にアレンジ!

と言っても、舞台も時代もそのままストーリー構成だけでここまで現代人に刺さるメッセージを浮き彫りにできるのがすごい。
原作を読んでいないから原作から受け取るメッセ
>>続きを読む

ベルリンの壁(2009年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

このおじいさん、一言もしゃべらない。

多数派の意見が正しいと限らないように、ベルリンの壁が存在していて良かったこともあったのかな。

正直あまりよく分からなかったけれど、最後に奥さんの名前が刻まれた
>>続きを読む

ワールズ・エンド 酔っぱらいが世界を救う!(2013年製作の映画)

3.0

🍺🍺🍺🍺🍺

\ウェーイ!イェーイ!フゥー!ワッホーイ!イエァ!/
そんな感じの"五銃士"の映画。(途中で崩れる)

でも、ハイなのはペッグだけ。
笑えるというより、なんだかちょっと泣けてきたよ……
>>続きを読む

ホット・ファズ 俺たちスーパーポリスメン!(2007年製作の映画)

3.5

村 中 に ! ! !

銃 弾 が ! ! ! !

飛 び 散 る ! ! ! ! !

エドガー・ライト×サイモン・ペッグ×ニック・フロストの三部作の二作目。

ラストスパートのバトル画面も音
>>続きを読む

>|