MelClearwaterさんの映画レビュー・感想・評価

MelClearwater

MelClearwater

新しい映画とドラマをたくさん観ていきたい!
(ただいま多忙な時期により滞り中。マーベルとDCを履修したいけど、完全に波に乗り損ねてます…)
好きな作品と星の数が必ずしも一致しているわけではないです。語り出すと止まらないタイプなのでレビューは長文になりがちです。
Netflix民

映画(289)
ドラマ(35)

合唱(2015年製作の映画)

-

理不尽な先生に対抗する子どもたち

アカデミー賞短編映画賞を受賞したのも納得でした。25分間にドラマがぎゅっと詰まっていました。

ショフィー役の女の子が綺麗だった。
それだけではなくて、ショフィーが
>>続きを読む

シュガー & スパイス(2016年製作の映画)

-

この映画の監督の両親を撮したドキュメンタリー


生きるために働く

夫婦でも「学知」と「仕事」に対する考え方はそれぞれで、何を楽しみに生きるかも違うんだなと思った。

上手く言葉で言い表せないけど、
>>続きを読む

カトンプールでの最後の日(2017年製作の映画)

-

プールの底から上を見上げると太陽が白くぼんやりと揺れていて綺麗ですよね。
(⚠️鼻と耳にお水が入らないように細心の注意をはらいましょう。)

ボワワワーンとしていて思い出の塊みたいな映画でした。
愛を
>>続きを読む

華麗なる晩餐(2008年製作の映画)

-

クチャクチャカチャカチャカシャカシャベチョベチョ…………

スドーーン!!!


何だかよく分からなかったけど、キモくて苦笑いしてしまった。

もっと静かに食べられんのか!!ロッテンマイヤーさんが怒る
>>続きを読む

ボガビラのバス(2016年製作の映画)

-

何か大きなことを一つやり遂げると人間も変われる───かもね!

恋が芽生える前の親友のような男の子と女の子の関係が好きだな~。ピュアだよね。
テラビシア味がありました。

バスがバンプしたときに鶏(?
>>続きを読む

ポカホンタス(1995年製作の映画)

3.6

アラン・メンケンの"Color Of The Wind"を聴いて、心で大自然を感じよう!

本国では実在したポカホンタスとスミスが全然違うとかなんとかで賛否両論あるみたいだけど、私は「愛」と「自然」に
>>続きを読む

アラジン(1992年製作の映画)

4.5



とにかく楽曲が大好き!✨
「ホール・ニュー・ワールド」と「フレンド・ライク・ミー」は今までもこれからも何千、いや何万回と聴いていくであろう。

ロビン・ウィリアムズのジーニーの優しさ面白さに笑
>>続きを読む

ハイジ アルプスの物語(2015年製作の映画)

3.4

ハイジとクララの仲直り


◯ハイジ映画2本目
1本目は2005年の金髪のハイジでした。たぶんこっちのキャストのほうが原作のイメージに近いんじゃないかな。アニメのハイジが好きな人も違和感なく観られると
>>続きを読む

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

3.7

リアル×ゲーム

公開時に劇場で観たかった映画でした!
スピルバーグは何歳なの?(笑)いつの時代にもいて、新しい映画をどんどん生み出しているのがスゴイ。


実は、期待していたほどじゃなかったです…!
>>続きを読む

桜と靴ひもと彼女の告白(2013年製作の映画)

-

友達でいくしかないっすね。
以上

恋愛経験がないから何とも言えない。ラストのベンチシーンの人の配置が現実味なさすぎて、ちょっと笑ってしまった。

👟🌸
NYと八重桜
いい組み合わせ

みんなビッチ/人生はサイアクだ(2014年製作の映画)

-

約5分に95カットも入っているっていうのが面白い。

この男がなんで彼女と別れたのかが分からないから、同情のしようもないけど、ただ一つ分かるのは、この男のストレス発散方法は50点だということ。良い面と
>>続きを読む

女たちの駆け引き(2011年製作の映画)

-

大人の女はコワイなあ~
私は傍観者になっても、一緒にテーブルを囲むことはないだろうな~
…こういう面倒くさい女は嫌いだ。(キッパリ)

フランス語と英語って似ているなって思った。

切れ端を食べててっ
>>続きを読む

C'est du caviar(原題)(2015年製作の映画)

-

私生活にキャビアが紛れ込む機会なんて全然ないから、短編を観て、検索して、やっと「なるほどな~」と思いました。

壁に飾られたアトムのポスター
寿司と一緒にワイン
…どちらもお洒落。

ユニバの待ち時間
>>続きを読む

プリティ・プリンセス(2001年製作の映画)

3.5

キラキラのアン・ハサウェイと薔薇のようなジュリー・アンドリュースがタッグして面白くないわけがない!!

地味でモテモテとは程遠い女の子が実はプリンセスだったというサクセスストーリー!👑💄✨

そうか、
>>続きを読む

ナニー・マクフィーの魔法のステッキ(2005年製作の映画)

3.1

たくさんの笑顔のコリン・ファースをありがとうございました!!!


ストーリーはメリーポピンズに似ていなくもないけど、子どもの人数が多くてヤンチャだというところが違うかなというかんじ。いや、全然違うん
>>続きを読む

ブーリン家の姉妹(2008年製作の映画)

3.3

ヘンリー8世……おまえ、そんな奴だったのか。
どこまで事実に忠実なんだろう?これがほぼ本当のことなら、イギリスの宮廷って嫌だなぁと心底思いました。

今では主役を飾るエディ・レッドメインとベネディクト
>>続きを読む

ライアー ライアー(1997年製作の映画)

3.9

This pen is…   Blue ! ! !

✍️

全力投球の演技!!!
身体全身がカオってかんじ!!!
言葉がなくてもジム・キャリーが動いているだけで最っ高にオモシロイ!!!
それなのにだ
>>続きを読む

her/世界でひとつの彼女(2013年製作の映画)

4.1

人もPCも作られたもの

周りがどう見ていようと楽しみは人それぞれ違う
自分には楽しいと思ったことが他人にはつまらないと思えることも当たり前
逆もある

OSに感情があるように見えるけど、それがリアル
>>続きを読む

サイレントチャイルド(2017年製作の映画)

-

手話の理解が広がりますように…

手話って耳が不自由な人を支えている人たちにも重宝されているコミュニケーションツールだとばかり思っていたら、どうやらそうではないらしい。まだまだ知らないことばかりです。
>>続きを読む

カリフォルニア・ドールズ(1981年製作の映画)

3.4

カリフォルニア・ドールズと一緒に全米を巡っているような気分になった!🇺🇸🏆

マネージャーは『刑事コロンボ』のピーター・フォーク!映画では両手に花を添える役が多いイメージかな(笑)


"カリフォルニ
>>続きを読む

宇宙人ポール(2010年製作の映画)

3.2

I love nerds! I am a nerd!

誰が何と言おうとオタクは愛らしいですね~!

誰だよ、グッズを背負い込んだオッサンの絵を描いている奴(笑)
イボのついた鷲鼻の魔女のイメージを覆
>>続きを読む

リトルウィッチアカデミア 魔法仕掛けのパレード(2015年製作の映画)

3.8

✨🎆光の魔法のオンパレード🎆✨

大迫力のアニメーションだから映画館で観てもきっと楽しいんだろうなぁって思う。

友情物語もギュッと詰まっていて、悲しみも喜びも全部感じられるファンタジーです!また観よ
>>続きを読む

リトル ウィッチ アカデミア(2013年製作の映画)

3.6

動く、動く、動く!!!

アニメシリーズのリトルウィッチアカデミアがとても面白かったので、こちらもそのまま鑑賞しました!

キャラクターがみーんな可愛くて魅力的!私は毒々しいスーシィがお気にいり(笑)
>>続きを読む

バスターのバラード(2018年製作の映画)

3.7

コーエン兄弟のブラックユーモアが怖い(笑)

ドラマ版『ファーゴ』に続き、今回はNetflixオリジナル映画『バスターのバラード』です!

後味の悪いもの(9割)から良いもの(1割)までさまざま
ほと
>>続きを読む

未知との遭遇(1977年製作の映画)

3.0

巨大な宇宙船の迫力と
不思議なメロディーを使った交信
宇宙船の中から現れたのは…

お母さんが好きな映画なんだけど、一般的に放送されるのがカット版なのか「『星に願いを』が流れない~」と呟いております。
>>続きを読む

E.T.(1982年製作の映画)

4.1

スティーブン・スピルバーグの名作

E.T.は冒頭数分を前にチラリと観ただけ。これを観ずして映画好きを名乗るのは恥ずかしい。(私の周りにはまだ観ぬ名作がゴロゴロ転がっているんだよね~。)


E.T.
>>続きを読む

銀河鉄道999(1979年製作の映画)

3.8

謎の女・メーテル
復讐に燃える少年・星野鉄郎

銀河鉄道999に乗って終わりのない旅に出る


お初にお目にかかります!タイトルは聞いたことがあるけど、観たことがないアニメの一つです。

"銀河鉄道"
>>続きを読む

メリー・ポピンズ リターンズ(2018年製作の映画)

4.3

ディズニー史上、最高のハッピーを───

まさにそのとおりのハッピーマジカルナイトを体験させてくれました。
『メリー・ポピンズ(1964)』と隅々までシンクロを見せたストーリーとミュージカルの数々で興
>>続きを読む

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生(2018年製作の映画)

3.5

公開から2ヶ月経って、やっと観てきました。雑誌を読んで復習して置いていかれないように心を据えて観ました。普通に全部はついていけなかったよね(笑)


動物たちとキャッキャッするニュートが最高の癒しだっ
>>続きを読む

愛を伝えるって…(2014年製作の映画)

-

愛を伝える前に、どれくらいの"好き″が必要?

ショートフィルムあるあるのファンタジーな世界
女の子が気軽に話しかけてくれます

「うるさくてごめんなさいね。」「私って変?」
…それな。
ごめーーん!
>>続きを読む

ロングブランチの街角で(2011年製作の映画)

-

優しい男の子っていいなぁ…
逆に女の子は推しが強かったけど、世間の男の子はこういうタイプが好きなのでしょうか?

カナダのバスってこんなかんじだよね。懐かしくなってしまった。
あと、カナダ人って雪でも
>>続きを読む

インクレディブル・ハルク(2008年製作の映画)

3.1

こんな華奢で謙虚な人間がハルクだと…!!

気が弱そうな眉の下がった男なのに、心拍数が上がるだけであんなふうになっちゃうなんて。心拍数が上がることって日常ではそんなにないけど、彼女とイチャつけないのは
>>続きを読む

ザスーラ(2005年製作の映画)

3.4

声変わりもしていないムチムチのジョシュ・ハッチャーソン!
これで15歳なのが信じられなくて何度も自分と見比べさせられたクリスティン・スチュワート!

兄弟喧嘩が微笑ましい。私もふたりの弟のお姉さんにな
>>続きを読む

アイアンマン(2008年製作の映画)

3.3

ついにMARVELデビューです!

今まで全く触れて来なかったヒーローものに手を伸ばしました!ヒーローものと言えば、小さい頃に大好きだったアンパンマンくらいです。

「世間にとっては小さな一歩だが、私
>>続きを読む

アーネスト式プロポーズ(2002年製作の映画)

2.4

なぜ邦題が『まじめが肝心』じゃないのでしょうか?…まじめに邦題を付けてください(笑)

ゼミでオスカー・ワイルドの喜劇"The Importance of Being Earnest"をやるので、ゼミ
>>続きを読む

主人公は僕だった(2006年製作の映画)

3.1

このレビューはネタバレを含みます

"「うおっ!オレを投げるな!痛いじゃねぇか!!」───とハロルドに投げ飛ばされたギターは思いました。"


もし自分が小説の中の主人公だったら?
私も今のところ小さな幸福は何度も見つけているけど、恋愛
>>続きを読む

>|