おんちゃんさんの映画レビュー・感想・評価 - 4ページ目

おんちゃん

おんちゃん

洋画と邦画両方見ますが
洋画の方が見る機会が多いかもです。笑
色んな体験が出来るので映画が大好きです!!
シリーズ物にハマりやすい傾向
4.0を越えたら時間を気にせず楽しめた
作品の基準かなと思います!

映画(155)
ドラマ(3)

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生(2018年製作の映画)

3.8

満を持して観てきました!!
冒頭からジョニーデップが演じる
グリンデルバルドのシーンが迫力が凄く
ワクワクが止まりませんでした!!
その後は前作の記憶を一生懸命
思い出しながら観ました。笑

やはりハ
>>続きを読む

スマホを落としただけなのに(2018年製作の映画)

4.3

結構好きなタイプの映画でした。
最後の方まで容疑者が
全然絞ることが出来なくて、
良い具合に全員動機があるという。
監督がホラー映画、「リング」の
中田秀夫監督というのもあって、
ホラー映画が苦手な自
>>続きを読む

マイ・プレシャス・リスト(2016年製作の映画)

4.3

ハーバード大学を飛び級で卒業した
キャリーは天才が故に同級生の
友達や信頼出来る人間もおらず
読書ばかりしている彼女が
セラピストから6つのリストを渡され
最初は否定的だったのだが、
リストをこなして
>>続きを読む

ヴェノム(2018年製作の映画)

4.3

悪のヒーローの成功例でした。
流石はMARVELといった感じで、
話の展開が凄く良かったです!!
途中で飽きることもなく最初から
最後までハラハラしてました!!!
そして年齢制限があるだけあって、
>>続きを読む

告白(2010年製作の映画)

5.0

日本特有のサスペンスホラーというか
このような不気味な映画は
結構好きです。
主な登場人物一人ひとりに視点が
沢山変わっていき時系列もそれぞれ
バラバラの状態なのですが、
それがいい具合にマッチングし
>>続きを読む

メイズ・ランナー(2013年製作の映画)

3.8

謎を解いて迷路を脱出を
目指すというより
その場にいる人間達の
人間模様をメインに置いてる感じの
作品だったなという印象です!!

迷路の中にいるグリーバーという
怪物から逃げるシーンなどの
走るシー
>>続きを読む

トイ・ストーリー(1995年製作の映画)

4.7

見ると毎回、懐かしさを感じる
作品の1つです!!
子供の頃はただ単純におもちゃが
意思を持って動いているのが
新鮮で楽しく見ているだけでしたが
改めて大人になってから、
この作品を見るとまた違った
>>続きを読む

検察側の罪人(2018年製作の映画)

4.3

人それぞれ正義ある中で、
それを如何にして正当化させるかが
この世の仕組みであったり、
それがこの世の正義になりうる
存在なのかもしれないと感じさせた
作品でした。

キムタクの演技もニノの演技も
>>続きを読む

プーと大人になった僕(2018年製作の映画)

4.3

「何もしないをしたくなる」作品です
今の自分の状況だったり、
生き方を改めて考えさせてくれる
素敵な作品でした。

大人になったクリストファーロビン。
子供の頃に100エーカーの森に
通うことを止めて
>>続きを読む

響 -HIBIKI-(2018年製作の映画)

4.1

原作は未読です。
予想以上に楽しめた作品の1つでした。
やっぱ天才とかって「普通」の
人間とは少しズレてる部分が
どこかにあるものなのかなって
感じてはいたんですが
この作品はその「普通」というのを
>>続きを読む

クワイエット・プレイス(2018年製作の映画)

3.6

久々のホラー映画観てきました。
やはり、こういう系の映画は
観終わった後の疲労感が
半端なくやってきます...笑

音を立てると“アレ”に殺されるという
題材のおかげで映画館の中にも
いつも以上の静寂
>>続きを読む

SCOOP!(2016年製作の映画)

4.2

自分の仕事にプロ意識を持ち、
自分の信念に基づいて仕事をしてる
映画を見ると、自分もまだまだ
「プロ意識」という物に対する
意識がまだまだだなと思わせられます。

1つのスクープを撮るためには
どんな
>>続きを読む

累 かさね(2018年製作の映画)

4.3

予想以上のサイコホラー感!!笑
過去の事件で顔に大きな傷がある
芳根京子が演じる淵累。
そして女優ながらスランプに陥ってる
土屋太鳳が演じる丹沢ニナ。
その淵累は今は亡き母であり、
大女優の檀れい淵透
>>続きを読む

クリード チャンプを継ぐ男(2015年製作の映画)

3.8

ロッキーの作品はまだ1度も
見れたことがないけれど
評価が高かったので思わず視聴。

主演のマイケル・B・ジョーダンは
演技も好きだったけれど
マジでボクシング選手にしか
見えませんでした。笑
シルヴ
>>続きを読む

ズートピア(2016年製作の映画)

4.0

肉食動物と草食動物が共同して
生きる世界で1番最初に
共同して生きた街のズートピア。
その中で田舎から警察官を夢見て
その15年後にうさぎで初めて
警察官になった今作の主人公の
'ジュディ・ホップス'
>>続きを読む

オーシャンズ8(2017年製作の映画)

4.3

ゴージャスな映画。
出てくるものが全部豪華で、
ただひたすら豪華な映画でした!!
オーシャンズ8ということで
今回は8人で盗みを行うわけですが
8人ぐらいが丁度良いです。笑
役割もしっかりも分かるし、
>>続きを読む

オーシャンズ12(2004年製作の映画)

2.9

オーシャンズ8が公開するので、
その前にオーシャンズシリーズを
振り返りも込めて視聴。
オーシャンズ11は展開が良くて
最後の結末まで楽しめたのですが、
今回のオーシャンズ12は前作に比べて
物足りな
>>続きを読む

オデッセイ(2015年製作の映画)

3.8

火星探索チームの一員だった、
マット・デイモンが演じる
「マーク・ワトニー」は火星における
嵐が原因で1人火星に取り残される
場所から物語は始まり、
そこで自分の知識だけを頼りに
火星で生き残っていく
>>続きを読む

ミッション:インポッシブル/フォールアウト(2018年製作の映画)

4.2

トム・クルーズの挑戦は、
いつまで続くのであろう...笑
現在、56歳とは全く思えない全力の
ダッシュであったり、
ヘリコプターでのアクション。
どれをとっても1級品のものでした!

映画の内容も前作
>>続きを読む

劇場版コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-(2018年製作の映画)

4.3

ドラマは第1期をちょっとだけ
見た状態で劇場に行きました!!
自分は登場人物の人間関係だったりを
かじった程度には知っていたので
十分楽しむことが出来ました。
しかしシリーズ物の運命ですが、
全く予備
>>続きを読む

ジュラシック・ワールド 炎の王国(2018年製作の映画)

3.9

ジュラシックワールドの続編。
前作がアクション系が多い所から
今作はどちらかと言うと、
ホラー要素の強い作品になってます!
最初のワンシーンから最後の
クライマックスまでずっと
ドキドキさせられました
>>続きを読む

バリー・シール/アメリカをはめた男(2016年製作の映画)

3.3

個人的に後味の悪い映画でした。
副題の「アメリカをはめた男」は、
正直何のことを言っているのかが
よくわからなかったです。笑

ストーリー自体はトム・クルーズが
演じるバリー・シールが
お金目的の為に
>>続きを読む

ゲット・アウト(2017年製作の映画)

4.1

黒人差別が露骨に出てる映画。
久々にこういったサイコスリラーな
映画を観ました!!
前半は、色んな場面でその場の
居心地の悪さを感じていたのですが
それが後半になるにつれて、
その居心地の悪さの解明が
>>続きを読む

パシフィック・リム(2013年製作の映画)

3.9

CGの迫力に圧倒されました...
敵との拮抗した力関係というより、
どちらかと言えば敵の方が
力は上の絶望的な状況下で戦いが
始まっていくので戦いの度に
手に汗握る展開が物語が進む度に
増えていき楽し
>>続きを読む

リメンバー・ミー(2017年製作の映画)

4.2

吹替版で視聴!
主人公のミゲルの家は元々音楽を
禁止されている家系であるが
自分の音楽に対する強い思いがあり、
家族に隠れながらギターの練習を
行う日々が続いている。
そんな中、町で行われる
音楽コン
>>続きを読む

ナイトクローラー(2014年製作の映画)

3.8

ジェイク・ギレンホールの演技で
主人公であるルイスブルームに
凄く恐怖感を感じました...

スクープに関して貪欲で
金を稼ぐ為になら何でもするって
言葉だけを見ると怖い感じがするけど
その目的がお金
>>続きを読む

ピンポン(2002年製作の映画)

4.0

ヒーロー見参。
何も考えずに素直に見ることが出来た
映画でした!!
スマイルのもやもやした感じに
個人的にイライラしてしまったが。笑

窪塚洋介さんの演じたペコは
なかなか面白いキャラクターで
窪塚洋
>>続きを読む

ブラックパンサー(2018年製作の映画)

3.9

待ちに待ったMCUの新作!!
今回のこの作品は、
「シビル・ウォー」の際に初登場した
ブラックパンサーを主人公とした
映画です!!

アフリカのワガンダと呼ばれる場所が
メインになる話とあって、
登場
>>続きを読む

セブン(1995年製作の映画)

4.8

後味が悪いという情報は聞いてたが
予想以上に悪かった。笑
この映画は七つの大罪を
モチーフとした殺人事件の映画ですが
殺し方のえぐさが半端ないです!
物語も後半になればなるほど
どう結末として締めくく
>>続きを読む

鍵泥棒のメソッド(2012年製作の映画)

3.3

全体的に不思議な雰囲気の映画でした。
堺雅人、香川照之らは相変わらず
見ていて楽しい人達。
堺雅人のいい感じのダメ加減と
香川照之の厳格な雰囲気からの
気弱な感じのギャップが好きです。

話のストーリ
>>続きを読む

ターミナル(2004年製作の映画)

4.1

Amazonプライムで視聴。
主演のトム・ハンクス演じる
“ビクター・ナボルスキー”が自国で
起きた内戦の影響でアメリカの空港で
軟禁状態になってしまい
空港という狭い空間の中で沢山の
出来事が起きる
>>続きを読む

セッション(2014年製作の映画)

5.0

J.K.シモンズの演技が最高過ぎ。
ドラム演奏者のマイルズ・テラーも
ドラムの演奏にどんどん
のめり込んでいく姿はある意味
狂気すら感じました。
しかし、何か1つを極めるって
こういうことを言うのかな
>>続きを読む

ジェネラル・ルージュの凱旋(2009年製作の映画)

3.9

前作の「チーム・バチスタの栄光」の
続きということで視聴。
前作よりはミステリー感は弱いが
映画に没頭し過ぎてあっという間に
時間が過ぎてしまいました!!

堺雅人のキャラクターも凄く良くて
前作より
>>続きを読む

ひるね姫 〜知らないワタシの物語〜(2017年製作の映画)

2.8

最初から最後まで色々と
置いていかれてしまった映画でした。
当初、想像していた以上に
ファンタジー要素が強く、
もっと現実的に物事も解決していく
映画かと思っていたので、
ある意味期待を裏切られました
>>続きを読む

今夜、ロマンス劇場で(2018年製作の映画)

3.4

友人に連れられて観賞。
綾瀬はるかの演じる美雪が、ある日
白黒映画の世界から飛び出して来て
元々、お姫様のキャラクターのため
世の中の常識が通じず、
色のある世界を体験していく
ストーリーはなかなか興
>>続きを読む

チーム・バチスタの栄光(2008年製作の映画)

4.0

ドラマ版未視聴で観ました。
元々、医療系のドラマだったり、
映画は個人的に受け付けなかったため
この映画もドラマも敬遠してました。

しかし、個人的に阿部寛が好きで
阿部寛が目的で観てみたところ、
>>続きを読む