こさんの映画レビュー・感想・評価

こ

フラクチャード(2019年製作の映画)

-

何もかも予想を裏切らなかったけど不気味な雰囲気は良かった。もっと短かったらなぁ…エレベーター相撲にそんな尺いる!?

呪われし家に咲く一輪の花(2016年製作の映画)

-

もうちょっとキビキビ動いてください!
花に名前付けて話しかけたり「がんばるのよアタシ!」みたいな独り言が多い主人公は確かにホラーで怖いけど。

ネトフリオリジナル暫定ワースト

サイトレス(2020年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

「見えない」ことの映像表現はすごく良かった。視力がないのが後天的なのも加味した上での、これ以上ない演出だったと思う。

話はツッコんだらキリがないけど、クレイトンがバトル弱すぎるのと(実際はかなり細身
>>続きを読む

フリー・ガイ(2021年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

昨今のゲームネタをいじり倒したコメディ作品かと思いきや、友情も恋愛も生き方へのメッセージもどれも嫌味にならないバランスで描かれていて期待以上に良かった。
ミリーからのキスでデータが戻る画が綺麗で泣かさ
>>続きを読む

レッド・ノーティス(2021年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

オンライン試写会にて。

豪華すぎる主演3人のアクションコメディ、序盤から予算をドバドバ使っていく!
緩急はあるにはあるけど約2時間ずっと見せ場の連続なので一つ一つはあんまり印象に残らないし少し疲れる
>>続きを読む

ELI/イーライ(2019年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

✝️✝️✝️
🔥🔥🔥

↑好きなシーン。

予想外のオチだったけど予想を裏切ればいいってもんでもないなと思った。
中盤の霊描写が秀逸だったのであのまま行けば良作ホラーに落ち着いたのでは…でも冒険したい
>>続きを読む

メカニック ワールドミッション(2016年製作の映画)

-

もう1となんも関係ないけどアクションが最高だったので最高

空腹(2019年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

インドの物価とか文化に疎いので最初どういうオチか理解出来なかったけど(レア紙幣かと思った)、賄賂か…!策士というかお国柄的に出来ちゃう技なんですかね。
コメディ仕立てだけど貧困は笑えない。

オープンハウスへようこそ(2018年製作の映画)

-

現実で起こる不条理な事件ってこういう感じなのかもしれないけどこれは映画だし、回収しない匂わせは伏線とは言わないんですよ…。

息子がスノーデンに似てると思いながら観た。スノーデン観てないけど。

『ヒップ』なブランチ(2013年製作の映画)

-

友人を嫌味に揶揄してるだけでなんもお洒落じゃない
石でも食ってろ

スキン~あなたに触らせて~(2017年製作の映画)

-

このテーマを腫れ物扱いじゃなくパステルカラーで描写してるの良かった。
アナの手紙が好き。

「配慮」って上から目線だなと感じる。

特捜部Q カルテ番号64(2018年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

シリーズの中で一番面白かった。
そしてやはり北欧作品らしく重い、暗い、胸糞が悪い。
歴史に基づいた事件なのがまた最悪。

序盤の逆さカメラワークから不穏丸出しで、嫌な予感に眉間のシワが寄って戻らないけ
>>続きを読む

特捜部Q Pからのメッセージ(2016年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

水が印象的な三作目。
洗礼、船小屋。

「神を信じていない」カールに対する犯人の言葉が衝撃的だった。自分のことも無神論者と思っていたけど価値観が揺らいでしまったかも。
神の不在証明は簡単だから悪魔の子
>>続きを読む

>|