おのよーへいさんの映画レビュー・感想・評価

おのよーへい

おのよーへい

映画(633)
ドラマ(0)

孤狼の血(2018年製作の映画)

4.2

役所広司演じる大上刑事の存在感が群を抜いている。出演作を観る度にそういう感覚にさせられるのは日本映画界にとって稀有な存在であるということの証明。

松坂桃李も江口洋介も真木よう子も軒並み素晴らしいし、
>>続きを読む

ランペイジ 巨獣大乱闘(2018年製作の映画)

3.4

ランペイジした動物たちがかわいそう。
ジョージは元よりモンスター化したワニもオオカミも。
ドウェイン・ジョンソンは見た目のインパクトが強すぎて全て同じ人物に見えてしまう現象が発生中。

ピーターラビット(2018年製作の映画)

4.2

癒されたし、めっちゃ笑った。派手なうさぎ目線アクションも見応えあり。ピーターと仲間たちの連携プレーも良かった。たれ耳の従兄弟も妹達も豚も小鳥ボーカルユニットもキレた鶏もみんな好き。

ただ可愛いだけで
>>続きを読む

君の名前で僕を呼んで(2017年製作の映画)

4.6

次第に惹かれ合うエリオとオリヴァーの姿がなんとも甘酸っぱくて、こそばゆくて、何度もにやけさせられた。

また、エリオの両親の愛情の深さにもほっこり。全てを受け止めてくれるお父さん、優しく名前を呼ぶお母
>>続きを読む

ウィンストン・チャーチル /ヒトラーから世界を救った男(2017年製作の映画)

4.2

とにかく光が美しい。特に国会のシーンや、宮殿のシーンは西洋絵画を見ているかのような感覚。実話ベースながらも、セットや衣装などの素晴らしいディテールと光の演出が合わさって、世界観がとても映画的だと感じた>>続きを読む

ぼくの名前はズッキーニ(2016年製作の映画)

4.4

テーマ自体はとても悲しく、重い。もしこの物語を実写で撮ったとしたら、辛すぎてきっと観ていられない。
そこを愛くるしいキャラクターデザイン、フランス語独特の語感(特に子供たちの)が絶妙なフィルターとなっ
>>続きを読む

女は二度決断する(2017年製作の映画)

3.8

ダイアン・クルーガーの体当たり演技がすごい。悲しみが痛みとしてひりひり伝わってくる。

敵の弁護士はめっちゃやな奴(そういう仕事だから主人公の立場から見れば当然だが)だったし、味方の弁護士はめっちゃい
>>続きを読む

ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル(2017年製作の映画)

3.8

前作と同じく、ひたすら楽しいファミリームービー。
ドウェイン・ジョンソンという人物自体をギャグ的に扱ってみたり、ギャルをジャック・ブラックにしてみたり、アクションも派手だし、最後まで一気に突っ走るタイ
>>続きを読む

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

3.6

バーチャルゲーム感がすごかった。個人的にゲームというものに対しての入れ込みが元々そこまでなかったためか、熱狂には至らず。ただ、ガンダムvsメカ○○○のところは上がった。

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー(2018年製作の映画)

4.2

アベンジャーズ1作目から言えることだが、やはりこれまで対面することのなかったキャラクターたちが同じ画面に映り会話し共闘する、この点だけですでに満足してしまう。まさにお祭り。
MCU作品はもうだいぶ前か
>>続きを読む

レッド・スパロー(2017年製作の映画)

3.6

007やM:Iのような派手なものではなく、裏切りのサーカスやインファナルアフェアのような頭脳戦がメインのシリアス系スパイ映画。これはこれで見応えあり。

ジェニファー・ローレンスの強さと脆さを合わせ持
>>続きを読む

リメンバー・ミー(2017年製作の映画)

4.6

音楽と物語の相乗効果がすごい。これでもかってほどストレートで、強く、温かいメッセージが詰まった劇中歌「Remember me」は本当に素晴らしい曲であり、この映画のテーマそのもの。

肉体的な死と精神
>>続きを読む

15時17分、パリ行き(2018年製作の映画)

3.6

ごく普通の青年3人が悲惨な大事件(になり得た事件)を未然に食い止めるという英雄譚。〝普通〟というところを際立たせ過ぎたのか旅行パートがやや退屈ではあったものの、実話を必要以上に脚色せずに作るイーストウ>>続きを読む

聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア(2017年製作の映画)

3.8

終始漂う、不穏な空気が胸をざわつかせる。大きく物語が動き出す前からずっと不穏。深い沼にゆっくりと沈んでゆく感覚の映画。

あとで色々な人の考察を読んでみて、やはりかなり練り込まれている脚本なのだなと。
>>続きを読む

ブラックパンサー(2018年製作の映画)

4.0

音楽と映像のクールさは間違いなくMCUトップクラス。やっぱりアクションシーンにはカッコいい音楽が合うなあ。ワカンダの街、乗り物、武器、諸々のデザインもわくわくするものだった。

アベンジャーズ絡みのキ
>>続きを読む

パージ(2013年製作の映画)

3.0

こんな法律があったら嫌だ。不気味な仮面取ったら素顔も不気味だったパージ野郎のあっけなさ。

ジャッジ・ドレッド(2012年製作の映画)

3.4

ジャッジの装備にわくわくし、常にへの字な口がじわじわくる。
プロフェッサーXのような新人とのコンビも良かった。

悪女/AKUJO(2017年製作の映画)

4.4

アクションもドラマも見応えありまくりで、韓国ノワールにまた傑作が。
驚きと興奮で、開いた口がふさがらない。

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

3.6

ミュージカルシーンはどこもかしこも最高。それだけで十分観る価値がある作品。曲も歌もセットもカメラアングルもライティングも何もかも、作り手のこだわりが感じられるものだし、どのシーンも思わず拍手したくなる>>続きを読む

彼の見つめる先に(2014年製作の映画)

4.0

恋愛と友情の境界線は目に見えない。
レオとジョバンナとガブリエル、三者三様な思いのベクトルが甘酸っぱくてほろ苦い。素晴らしい青春映画。

犬猿(2017年製作の映画)

3.6

兄弟姉妹はどこまでいっても兄弟姉妹。
愛していても憎んでいても、それは変わらない。逆の逆なラストも良い。

パディントン 2(2017年製作の映画)

4.4

冒頭、ルーシーおばさんを喜ばせたいというパディントンの思いが、飛び出す絵本と共に描かれるシーンで早くも感動。

事あるごとに「〜とルーシーおばさんがよく言ってました。」というパディントンがかわいい。
>>続きを読む

パディントン(2014年製作の映画)

4.0

常に帽子の中にあんなものを隠してるというだけで癒された。
とても礼儀正しいパディントン、おっちょこちょいなパディントン、全てが愛おしい。

クローバーフィールド・パラドックス(2018年製作の映画)

3.6

この映画はジグソーパズルの1ピース。それも今のところ公開してる3作品はどれもまだまだ外枠でしかなさそうな気配。

いつ解き明かされるのかも分からない謎の数々にやきもきしつつも、あーだこーだと推測したり
>>続きを読む

スリー・ビルボード(2017年製作の映画)

4.4

人は善人にも悪人にもなりうる。重いテーマの作品だと思って臨んだが、笑えるところも、心温まるところもあり、いい意味で裏切られた。物語上で観る者の心理をころころ転がす脚本も、よく出来ている。

何より役者
>>続きを読む

フェーズ6(2009年製作の映画)

2.4

いつくるいつくる…ってこないんかーい!という感じ。

デトロイト(2017年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

痛ましく、やるせない。事件の真相究明が果たされなかったことも悲しい。

満員だったお客さんが居なくなったコンサートホールで、モーテルで不当な暴力に晒されてる最中も、最後は小さな街の教会で、ラリーの歌う
>>続きを読む

猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)(2017年製作の映画)

4.2

シーザー!ありがとう!
バッドエイプ面白かわいい。
大佐には同情してしまう。

ジェネシスからの3部作は大好きなシリーズになった。

スター・ウォーズ/最後のジェダイ(2017年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

新キャラに魅力があまり感じられなかったこと、大ボス(かと思っていた)スノークが口ほどにもないところ、レイがカイロ・レンとの戦いのあとどうやって脱出したか、描かれてない(見逃した?と思ってしまうような脚>>続きを読む

キングスマン:ゴールデン・サークル(2017年製作の映画)

3.6

アクションのカッコよさはさすが中のさすが。マシュー・ヴォーン監督ならではのブラックユーモアも存分に発揮されてる。

ただ、やはり前作と比較してしまうと、いくつか越えられない壁を感じた。
武器義足の女(
>>続きを読む

ピンカートンに会いに行く(2017年製作の映画)

3.2

笑えるポイントのほとんどに絡んでくる、たむけん。面白かった。

希望のかなた(2017年製作の映画)

4.2

優しさとユーモア溢れる、なんとも愛おしい映画。途中何度か流れる音楽も渋い。

好き。

KUBO/クボ 二本の弦の秘密(2016年製作の映画)

4.6

素晴らしきストップモーションアニメーション。VFXとの融合で、一見するとフルCGアニメとも誤解されかねないか心配にもなるが、やはり生の質感や動きの微妙なニュアンスに不完全さの美がある。
クボの表情だけ
>>続きを読む

パーティで女の子に話しかけるには(2017年製作の映画)

3.6

ぶっ飛んでる、予想の斜め後ろから殴られた、そんな感じ。
好き嫌いはさておき、独創性という面では今年No.1かもしれない。エンの太った友達がいい味出してる。

今度、手をあげるときは甲を前にしてみよう。

ローガン・ラッキー(2017年製作の映画)

3.8

オーシャンズ11的な仕掛けはさすがソダーバーグ。
ローガン兄弟も良いけど「お前のせいで考え方が360°変わっちゃったぜ」とか言うバング兄弟が最高だった。

gifted/ギフテッド(2017年製作の映画)

4.0

とっても良いお話。
メアリー役のマッケンナ・グレイスが素晴らしい。もっと長くて良いから深く見たかった。

>|