ピロンさんの映画レビュー・感想・評価

ピロン

ピロン

映画(957)
ドラマ(126)

あの頃、君を追いかけた(2018年製作の映画)

3.5

台湾オリジナル版→日本リメーク版
オリジナルのぶっ飛んだ青春あるあるを見てしまったら、日本版は爆笑過激シーンを全て取り除いてこじんまりまとまった作品に仕上げた感じでした。よくある漫画っぽい青春映画に変
>>続きを読む

あの頃、君を追いかけた(2011年製作の映画)

4.3

これは素晴らしい!
まさにあの頃ですね。結ばれない恋。わかります。本当にあの頃に戻れるような作り方でした。下ネタかなり多かったけれど‥。主役の2人も可愛くてカッコよかったです。

きみの瞳(め)が問いかけている(2020年製作の映画)

3.9

映画館で泣きっぱなしでした。韓国版の良さを全部引き継ぎつつ、過激なシーンが少しマイルドになっていて見やすかったし未来のあるハッピーエンドで良かったです。曲もマッチしていて最高でした!

ライアー ライアー(1997年製作の映画)

3.6

顔芸、全身芸凄いですね!とにかく子供がとっても可愛かったです。

エクストリーム・ジョブ(2018年製作の映画)

3.7

とにかくコメディー映画でした。何回か声を出して笑ってしまいました。最後の5人の意外な素性も面白かったです。

弁護人(2013年製作の映画)

4.0

何かを変えることは本当に大変な事で、それが実話であることも、その闇を見せてくれる事も韓国という国は凄いです。映画のクオリティーが高い!拷問シーンもリアルすぎて心が痛い。でも最後のシーンは嬉しくて心の中>>続きを読む

勝手にふるえてろ(2017年製作の映画)

3.9

乙女の心の内面の妄想をここまで映像化するのは凄いと思った。わかりすぎて私も絶滅危惧⁉️
渡辺大知君大好きなので、もっとはやく見ればよかったです。面白かった!

ただ君だけ(2011年製作の映画)

3.9

ほのぼのと進むストーリーで見ていてとても美しいのに途中の格闘シーンが目を背けたくなるほど痛々しい。ハッピーエンドになるためには、ここまで悲惨にならなきゃいけなかったの?最後は涙が止まらない。
ハン・ヒ
>>続きを読む

ジョジョ・ラビット(2019年製作の映画)

3.9

コメディーなのだけれど、しっかりストーリーがあって最後は感動した。ナチスドイツ下の少年の心の動きや葛藤が繊細に描かれていてとても素敵だった。お母さんがとてもいい人。ブレない芯のある女性はとても魅力的で>>続きを読む

超能力者(2010年製作の映画)

3.0

殺す男(超能力者)vs死なない男(モンスター?)の戦い。
でも2人の背景や過去が全く見えず、何か面白さが半減していた。
何故超能力の子が生まれたの?苦しみや悲しみがあっただろうに、何故そこまでただの嫌
>>続きを読む

わたしに会うまでの1600キロ(2014年製作の映画)

3.6

「いつやめてもいい」と言いながら始めた旅。いろいろな過去の出来事やトラウマなどに向き合いながら、たった1人でやり通した強い女性。
言葉が染みる。同じ状況じゃなくても皆心のどこかに迷いや後悔を抱えている
>>続きを読む

悲しみよりもっと悲しい物語(2009年製作の映画)

3.8

真相がわかってからの数分は堪えていた涙が溢れ出す。そして最初の話が最後の歌に繋がる‥それが正しい選択だったのかは別として、悲しみよりもっと悲しい物語だな。

守護教師(2018年製作の映画)

2.5

ちょっとありえない話過ぎる。その上こういう話の割に深みがない。マ・ドンソクでなかったら持たない。美術教師がイ・ミンホに似ていて嫌だった。

僕の中のあいつ(2018年製作の映画)

4.1

楽しくて楽しくて!王道なんだけど、スカッと爽快で後味も最高でした!

BREAK THE SILENCE: THE MOVIE(2020年製作の映画)

4.0

前回見た映画では舞台裏の苦悩や怪我など彼らの大変さが映し出されたものだった気がするが、今回のは同じ裏側でも何かを悟った後のように吹っ切れていて、彼らの明るい表情や仲の良さ、素の日常が垣間見れてとても良>>続きを読む

スウィング・キッズ(2018年製作の映画)

4.1

戦争という状況の中でイデオロギーに振り回されるタップダンスに魅了された若者たちの話。人種差別、言語、肌の色の問題や南北の争い、敵味方の立場、地位、兄弟愛などなど、いろんな事が複雑に絡み合ってとても考え>>続きを読む

劇場版 おいしい給食 Final Battle(2020年製作の映画)

3.8

最初は大笑いして見ていたのに最後ホロリとさせられました。

スウィング・キッズ(1993年製作の映画)

3.7

洗脳される者、されない者。友達とは何か?親子とは?
ナチスドイツ時代、スウィングキッズというジャズ音楽を愛した青年達の物語。登場する誰の心にも共感してしまう。こんな時代でなかったら彼らの友情は引き裂か
>>続きを読む

工作 黒金星と呼ばれた男(2018年製作の映画)

4.0

スパイ映画なのに銃撃戦などひとつもなく、それでいて緊張感が漂う映画。北の人達だって平和な生活を望んでいる。北の景色がそこで撮影したのかと錯覚してしまうほど。見終わった後、実際に黒金星を取材した監督のイ>>続きを読む

レザボア・ドッグス(1992年製作の映画)

4.0

たわいもない話からのどんどん引き込まれる展開。血だらけ、サイコでありながら、肝心なところは見せないことによる恐怖と最後の悲しみ。個々の物語を途中で入れることによって、おしゃべりだけで進んでいく彼らの人>>続きを読む

ルームロンダリング(2018年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

私にとっての日本映画の好きな所が詰め込まれていた。音楽も雰囲気も良かった。キャストもみんな良かった。




テイストは全然違うけれど、悪夢探偵2のお母さん(他人の心の声が全部聞こえてしまって怖い怖い
>>続きを読む

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド(2019年製作の映画)

3.8

途中まで見て、面白くなかったので一回やめてシャロン・テート事件を予習した。その後続きから見たら面白い面白い!そして最後の意外な展開!これは元の話を知ってから鑑賞するのがおすすめです。
マックイーン大好
>>続きを読む

ヘアスプレー(2007年製作の映画)

3.9

明るいし楽しいし身体が自然に動く。歌も踊りも素敵でhappyな気分になれる!
そうだけれど‥デモで歌うクイーン・ラティファと民衆の大合唱に胸が熱くなった。

パルプ・フィクション(1994年製作の映画)

3.8

心臓が痛くなるほど過激なシーンが待っているのか!と思わせておいてコメディーになっていて、ホッと安心したらドカンと来るというのが何度もあって、私の心臓が持ちません!最初と最後の繋がりが、時間軸がズレてい>>続きを読む

キングダム(2019年製作の映画)

4.0

予想以上に良かった!
夢を持つ者の強さと熱さに感動した。キャストがみんなかっこよく美しい。原作は未読だけれど、信、政と漂、大騎などそれぞれの素晴らしさが感じられた。特に大沢たかおの大騎の偉大さ大物感が
>>続きを読む

華麗なるリベンジ(2015年製作の映画)

3.6

カンドンウォンのポンコツっぷりが話を明るく軽快にしているので安心して見ることができた。パクソンウンの検事が良かったな!

義兄弟 SECRET REUNION(2010年製作の映画)

3.7

ソン・ガンホ、カン・ドンウォン2人とも好きな役者です。北と南の敵同士だけれど、いろいろな事情から情が芽生えていく過程が素晴らしいです。この手の映画は最後涙で終わるのが多いけれど、この話はハッピーエンド>>続きを読む

インセプション(2010年製作の映画)

3.9

もう一回観たい!見れば見るほど私の中で評価が上がる作品だと思う。
最後、止まって欲しい‥

ガリーボーイ(2018年製作の映画)

3.9

言葉で伝える映画。
インドの現状や文化を知った。路地裏で撮影したMV格好よかったな!(本人のMVもYouTubeで見ましたが…)
彼女のサイコぶりが最高ー!!

>|