おおぬまさんの映画レビュー・感想・評価

おおぬま

おおぬま

映画(24)
ドラマ(0)

アメリカン・ヒストリーX(1998年製作の映画)

-

人は常に生まれ変わる。
良い方向にも悪い方向にも。

物事を考えるときは、主観的観点より客観的観点の方が重要

我々は皆敵ではなく友人である。敵になるな。激情に溺れ、愛の絆を断ち切るな。仲良き時代の記
>>続きを読む

アバウト・タイム 愛おしい時間について(2013年製作の映画)

5.0

人生で何をしてる時が楽しいですか?

「生きている時が楽しい」

人生観見つめ直す

キングダム(2019年製作の映画)

4.5

めっちゃ昔の話だけど、1人1人の考え方が同じ方向に向かって壮大な1つの夢に変わっていく様が、おもしろい。

剣技アクションもレベルが高い

長澤まさみかわいい

LION ライオン 25年目のただいま(2015年製作の映画)

4.7

やっぱり泣いた。
家族愛と兄弟愛に勝てるものは何もないしやっぱり家族に会いたくなった。
幼少期を懐かしく思い出して今まで愛を注いでくれている家族に感謝を伝えたい。

グランド・イリュージョン(2013年製作の映画)

-

手品なのか魔法なのか途中からわかんなかったけどカッコいい

ムーンライト(2016年製作の映画)

-

世間から同性愛者たちへ向けられる視線はこの映画をキッカケになにか変わればいいと思った

リメンバー・ミー(2017年製作の映画)

-

キャラクター、ストーリー、歌、アニメーション、4拍子全て揃っている涙を流さずにはいられない映画だった

ちはやふる ー結びー(2018年製作の映画)

-

キュッって感じ
青春の時間ってみんな限られてるけど、どんな形にも変えられる

レオン 完全版(1994年製作の映画)

-

マチルダに恋しました。
大人になるってどうゆう事だ

最強のふたり(2011年製作の映画)

4.0

心に残った言葉
「なぜ人は芸術に興味を持つと思う?それは唯一の残せる足跡だから」
全身麻痺で車椅子のフィリップが放った言葉が重く響いた