おぺちょぺさんの映画レビュー・感想・評価

おぺちょぺ

おぺちょぺ

サマー・オブ・ソウル(あるいは、革命がテレビ放映されなかった時)(2021年製作の映画)

-

The 5th Dimensionの”Aquarius / Let the Sunshine In”がとても大好きなんですけど、そのライブが収録されていて興奮してしまった。
まだ10代のスティーヴィー
>>続きを読む

ドライブ・マイ・カー(2021年製作の映画)

4.6

鑑賞中に『はちどり』を思い出したんだけど、まさにキム・ボラが製作支援にクレジットされていた。
3時間という尺を感じない。序盤、中盤、終盤と無駄がない。素晴らしい。

演劇を描く映画としての完成度ね!稽
>>続きを読む

オールド(2021年製作の映画)

4.3

シャマランの挨拶からすでに始まっていたのか......。

文字どおり、「人生の縮図」。
ホラー、スリラー、コメディ、ヒューマンドラマ......さまざまなジャンルを一つに融合することに成功している。
>>続きを読む

サムジンカンパニー1995(2020年製作の映画)

3.9

男性の私が軽々しく「エンパワーメント映画」だなんて易々とラベル付けすることはできない。本作の舞台である1995年は、もっとひどいことがあったはずだから。

話運びの手際が見事。彼女たちの連帯に私も活力
>>続きを読む

ザ・スーサイド・スクワッド "極"悪党、集結(2021年製作の映画)

4.6

DCがMARVEL、ひいてはディズニー資本に唯一勝つ方法。オトナのためのバイオレンスハチャメチャ活劇の完成に、快哉を叫ばざるを得なかった!!!ジェームズ・ガンに感謝しながら、当然、IMAXで鑑賞。>>続きを読む

ローズメイカー 奇跡のバラ(2020年製作の映画)

4.0

ジャンルで言ってしまえば、ベーシックな『負け犬たちのワンスアゲイン』モノではある。ただ、薔薇が題材ということも手伝って全編とおして”流麗”な手際だったと思う。

他の登場人物たちの背景はセリフで語られ
>>続きを読む

とびだせ!ならせ! PUI PUI モルカー(2021年製作の映画)

4.0

ほんっとうに単なるノーカット総集篇だったのが唯一にして最大の欠点。

作品自体の素晴らしさは言わずもがな。

ワイルド・スピード/ジェットブレイク(2020年製作の映画)

3.5

4DXで鑑賞。まさにそのための映画、という感じ。お客さんもけっこう入ってた。

思ったよりカーチェイスが少なかった。凝ったシナリオや重たい話は求めていないので、本作に限ってはシリアスシーンが他の作品よ
>>続きを読む

ライトハウス(2019年製作の映画)

4.0

本当に不思議というか、奇妙な映画だった。わかりやすさが追求されがちな昨今において、こうした強烈な作家性のある”変”な作品を観ることができるのはうれしいことだ。
独特のアスペクト比のせいで、常に窮屈な印
>>続きを読む

ファンタスティック・プラネット(1973年製作の映画)

4.0

時折、突然挟み込まれる謎生物たちの生態がたまらなく愛おしい。謎兵器のギミックもどうしてこんなことを思いつくのかと感嘆しっぱなし。
独特の間と余白のある素晴らしい作品なんだが、細部への異常なまでのこだわ
>>続きを読む

サイコ・ゴアマン(2020年製作の映画)

4.3

暴力、ゴア、理不尽、不謹慎......私がフィクションに求めているものが全て詰まっている。ギャグの切れ味も抜群。

前半が非の打ち所がなかっただけに、中盤以降の「家族の絆!愛!」的展開がいらなかった。
>>続きを読む

返校 言葉が消えた日(2019年製作の映画)

3.8

原作ゲームは未プレイ、オチも知らない状態で鑑賞。
品がある、上品だ。主人公と先生の繊細な会話、恐怖シーンも”空気感”を大切にしていることがわかる。
白色テロについて恥ずかしながら全く知らなかったんだが
>>続きを読む

フリー・ガイ(2021年製作の映画)

4.5

現代版にアップデートされた『トゥルーマン・ショー』。ジム・キャリーとライアン・レイノルズ、どことなく似てるから混乱するんだよな。世界の外縁の”壁”が印象的に機能する展開も、まさにそれ。
”私”という存
>>続きを読む

イン・ザ・ハイツ(2021年製作の映画)

4.1

予告編で泣きそうになってしまったので、とにかく楽しみにしてたんだけど......期待しすぎたな〜という印象。
冒頭のブチ上がりがクライマックスで、最後までその高揚感を超えてこなかった。尺が2時間半、そ
>>続きを読む

17歳の瞳に映る世界(2020年製作の映画)

3.9

スカイラーは現実には存在していないのではないか。制作陣が意図しているかは不明だけど、こう解釈するといろいろと腑に落ちる。若年層女性が望まない妊娠をした場合、スカイラーのような存在が近くにいることは、残>>続きを読む

プロミシング・ヤング・ウーマン(2020年製作の映画)

4.6

観賞後、その男性が何を言うかでその人物の本質をあぶり出すことのできる、恐怖のリトマス試験紙。
言うまでもないことだが、脚本が本当によくできている。舞台美術や衣装といった、細部へのこだわりも素晴らしい。
>>続きを読む

アフリカン・カンフー・ナチス(2020年製作の映画)

3.6

監督と東條役の秋元義人さんの舞台挨拶付きで鑑賞。
最近は精緻に作り込まれた作品ばかり観ていたので、本作はなんというかちょうどよかった。繰り広げられる光景はたしかにB級なんだけど、編集の手際が見事。

逃げた女(2019年製作の映画)

3.5

多種多様な”窓”でつながっていく物語、独特のズーム表現、女性同士の会話(男性の顔があえてほとんど映されない)。
やりたいことはわかるんだけど、それにしても少々刺激が足りない。話運びも単調で、退屈に感じ
>>続きを読む

ストップ・メイキング・センス(1984年製作の映画)

4.2

映画館の大音量で楽しめてよかった。どんどん熱を帯びていき、最後はもう大爆発。これこそライブの醍醐味だよな。

クルエラ(2021年製作の映画)

4.6

エマ・ストーンがバルコニーで会話をしているシーンがある。個人的オールタイムベスト『バードマン』を思い出して、それだけで泣きそうになってしまった。
私の気のせいかもしれないが、エステラとクルエラを姿勢の
>>続きを読む

不思議惑星キン・ザ・ザ(1986年製作の映画)

4.5

こいつらに会えなくなるのかあと思えれば傑作だから、もうこれは傑作で間違いないだろう(語彙貧弱)。
観る前はカルト映画というイメージだったけど、なかなか丁寧な作りで、非常に美しいラスト。

中だるみもあ
>>続きを読む

映画大好きポンポさん(2021年製作の映画)

1.0

純粋に聞きたいんだけど、映画好きの皆さんは本当にこの作品を素晴らしいものとして享受しているんですか?
私は「映画大好き」って看板を金輪際掲げてほしくないほどに苦痛で、怒りが込み上げてきた。観客ナメてん
>>続きを読む

Mr.ノーバディ(2021年製作の映画)

4.6

典型的な「ナメてた相手が実は殺人マシンでした」(©︎ギンティ小林さん)なんだけど、その枠組みに簡単には収まりそうもない傑作だった。

まず、映画の尺。92分。とにかく無駄がない。私のために作ってくれた
>>続きを読む

アメイジング・グレイス アレサ・フランクリン(2018年製作の映画)

3.3

思ったほどでは無かった、というのが率直な感想。

『アメリカン・ユートピア』の後だったから、ショーを切り取った映画としての完成度の差を強く感じてしまった。ワイプ的に「ミック・ジャガーも観に来てますよ!
>>続きを読む

アメリカン・ユートピア(2020年製作の映画)

4.6

舞台経験者としては、舞台上のバミりの少なさにびっくり。これでどうやって板付きや複雑な移動をしてるんだ???
触れられる機会は少ないかもしれないが、あの人数が無線マイクや楽器のワイヤレスシステムを使って
>>続きを読む

ペトルーニャに祝福を(2019年製作の映画)

4.2

原題は『God Exists, Her Name Is Petrunija』(神は存在する、彼女の名はペトルーニャ)。紛れもない傑作。

「伝統」といえば聞こえはいいが、それを盾に行われる、ペトルーニ
>>続きを読む

ファーザー(2020年製作の映画)

4.4

自分すらわからなくなってしまう前に人生から退場したいと強く思った。

CGを使わず、舞台美術と人の入れ替わりだけで「認知症4DX」を表現する見事な演出。
そして、物語が後半に進む(進んでいたのかは不明
>>続きを読む

ジェントルメン(2019年製作の映画)

4.0

ガイ・リッチーが手クセで作った作品とか言われてるけど、彼の作品好きとしては話運び、俳優のチョイス、キレッキレのバイオレンス......大満足

と言いたいところだけど、完全にスベってる人種差別ネタ、ア
>>続きを読む

くれなずめ(2021年製作の映画)

4.2

私は本作の監督・脚本を務めた松居大悟の主催する劇団、ゴジゲンの作品が大好きだ。『アメリカン家族』を観て以降、大半の作品を劇場で鑑賞している。そんな私が本作を観た感想を以下に述べる。

ゴジゲンは活動休
>>続きを読む

夏時間(2019年製作の映画)

4.5

韓国映画の作劇には毎度驚く。
独特なイメージカットが挟み込まれる『はちどり』と異なり、実景のみで構成される展開に序盤は盛り上がりに欠ける印象だった。ただ、じわりじわりと物語が熱を帯びていく。ラストの食
>>続きを読む

21ブリッジ(2019年製作の映画)

4.1

銃を構えた瞬間の緊張感を出せるアクション映画って、案外少ない。何人もの犯人を射殺している主人公の警官だが、彼のバックボーンがしっかりと描かれている。彼が銃を構えても発砲しないシーンには説得力が生じるし>>続きを読む

パーム・スプリングス(2020年製作の映画)

4.4

『アバウト・タイム』でも感じたんだけど、タイムループのギミックが雑な方が余白があっていいよね。

すっかり一大ジャンルになり、食傷気味になってきたこのテーマで存在感を発揮した時点で個人的に大満足。
>>続きを読む

スタイルウォーズ(1983年製作の映画)

4.1

1980年代における黒人や貧困層の人々。彼らが自らの存在を誇示することができる方法が、グラフィティだった。
私は”ヒップホップ”文化が好きだけど、その3大要素の中でも唯一(?)明白な違法行為と認識され
>>続きを読む

街の上で(2019年製作の映画)

4.5

珉亭のピンクチャーハンにびっくりしたこと、スズナリで観劇時にずーっとしゃべったりケータイいじったりするヤバい客がいたこと、下北沢THREEで進行方向別通行区分を観たこと......下北沢での思い出がバ>>続きを読む

ノマドランド(2020年製作の映画)

3.8

不随意運動をフィクションで見る機会はなかなかない。フランシス・マクドーマンドの「くしゃみ」が映されていたことに大きな衝撃を受けた。それだけでけっこう満足した。

フランシス・マクドーマンドの演技は文句
>>続きを読む

ザ・バッド・ガイズ(2019年製作の映画)

3.6

これだよね!やっぱこういうの時々観たいよね!半年に一回くらい猛烈に二郎系ラーメンが食べたくなる。そんな映画。

マ・ドンソクが品質保証のマークになっていることが本当にうれしい。今作もしっかり素手で殴り
>>続きを読む

>|