oppo0914さんの映画レビュー・感想・評価

oppo0914

oppo0914

映画(184)
ドラマ(0)
  • List view
  • Grid view

ムーンライト(2016年製作の映画)

-

記録 :
確かに、最後の終わり方は色んな解釈があって良いと思う。シャロンのこの後の生活を見てみたい。

デタッチメント 優しい無関心(2011年製作の映画)

-

記録 :
学校の先生って大変だよな。。
エリカは施設に入ったけど、そこにどういう思いで迎えに行ったのか分からない。
親になる覚悟が出来た?それとも恋人?

ブルーバレンタイン(2010年製作の映画)

-

記録 :
どしーんときて、眠れない。生々しい。
切ない、悲しい。シンディがもう少し早く自分の気持ちを伝えていたら、少しは違う道に進めたのかな。時を経て、2人がまた変わって、巡り合って、恋に落ちることは
>>続きを読む

彼らが本気で編むときは、(2017年製作の映画)

-

記録 :
トモはリンコさんに出会えて良かった。リンコさんもトモに出会えて良かった。リンコさんは優しくて、柔らかくて、温かくて、強い人だった。トモの母親を許せないと思うけど、トモにとってはやっぱり母親な
>>続きを読む

マイ・ブルーベリー・ナイツ(2007年製作の映画)

-

記録 :
いかにもウォンカーウェイ作品。
ナタリーポートマン出てたのビックリ!
警官の妻のエピソードも、賭け事好きなナタリーのエピソードも、やや首をかしげたくなる無理やり感みたいなのがあったけど、最後
>>続きを読む

グレート デイズ! 夢に挑んだ父と子(2014年製作の映画)

-

記録 :
自転車を直すパパを見たときのジュリアンの嬉しそうな顔。ジュリアンの誕生日ディナーでのお姉ちゃんのスピーチ。パパが用意してた花火。こみあげるものがありました。子のために、親は、頑張れてしまうん
>>続きを読む

君が君で君だ(2018年製作の映画)

-

記録 :
狂気。髪の毛食べるシーンがもう忘れられない…。

ジュディット・ホテル(2018年製作の映画)

-

記録 :
あっという間の16分。大満足。一番最後のメイドさんが壁を掃除してるシーン、好きだなぁー。

映画 すみっコぐらし とびだす絵本とひみつのコ(2019年製作の映画)

-

記録 :
娘と鑑賞。言うまでもなく、登場するキャラクターが全部可愛い。そして、なんと最後は意外にも泣けるの!2人でわんわん泣いた。友情に感動するよ。この自粛生活中におススメの作品。

君の名前で僕を呼んで(2017年製作の映画)

-

記録 :
エンドロールまでこんなに目を離したくない作品は初めて。エリオの顔は悲しさとか、辛さとか、怒りとか、悔しさで溢れていた。とても印象的だった。そして美しかった…😢
私がエリオの親だったら、あんな
>>続きを読む

サイン(2002年製作の映画)

-

記録 :
若くて細いホアキンがかっこいい!宇宙人がうつる画像を見てビビりまくるホアキンも頭に銀色の帽子を被ってるホアキンも好き…。ホアキンファンなら見て損はなし。で、やっぱり出てきたシャマラン監督。突
>>続きを読む

ウンギョ 青い蜜(2012年製作の映画)

-

記録 :
キム・ゴウンはとびきりの美人ではないと思うけど、魅力に溢れていて目が離せなくなる。無防備さ、無邪気さ、可愛らしさ、妖艶さ、平静さ…色々な素質が備わってる…!彼女の仕草ほんとに好きだ。

ある少年の告白(2018年製作の映画)

-

記録 :
これも実話なのか…。作品中で描かれていた矯正施設は、矯正施設という名の過激宗教集団のようだった。母親が理解し受け入れてくれていなかったら、またひとつ尊い命が失われていたかもしれない。ひとりで
>>続きを読む

となりのトトロ(1988年製作の映画)

-

記録 :
もう何回見たかな。メイもサツキも本当に良い子。いつからか、母親目線でしか見れなったな。

天使のくれた時間(2000年製作の映画)

-

記録 :
邦題は『天使のくれた時間』だけど、誰が天使なの?あと、どうでも良いけど、ニコラス・ケイジがたまにルー大柴とか高田純次に見えて、どうしても笑っちゃう。
何でも手に入る生活をちらつかされても揺る
>>続きを読む

火垂るの墓(1988年製作の映画)

-

記録 :
節子4歳だなんて、うちの娘と同い年じゃないか。酷過ぎる。だけど、これが現実。消させてはいけない過去。小学校の授業で見せるべき。

タイヨウのうた(2006年製作の映画)

-

記録 :
YUIの初主演映画。そして私の青春時代を彩る映画。演技の上手い・下手は置いておいて、良い映画だったと思う。劇中でYUIがうたう『Good-Bye days』は今でも聞いている好きな曲。心友と
>>続きを読む

>|