ニトーさんの映画レビュー・感想・評価

ニトー

ニトー

ブログで書いた感想の体裁を整えてこちらに転載しています。
数字はバイアスがかかってしまうので基本的に点数はつけません。
長文をコピペして載せることが多いため誤字脱字が多め。

映画(160)
ドラマ(0)

フェリスはある朝突然に(1986年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます


そういえばホームカミングや一作目のデッドプールでパロられていたなーというのを「フェリスはある朝突然に」を観ていて思ったのですが、ホームカミングは青春というか学生モノ映画として、デッドプールは第四の壁
>>続きを読む

イコライザー2(2018年製作の映画)

-


あのね、日本の予告編で同胞が敵であることをバラしちゃったら予想できちゃうでしょうが。ほんといい加減にしてほしいですね。

個人的にシンクロニシティがあって、ほかの人とは違う部分で楽しめた部分があった
>>続きを読む

MEG ザ・モンスター(2018年製作の映画)

-


「インデペンデンスデイ」のサメ版ですな。ガジェットの感じも含めて。

まあね、今更こういう映画を観に行って「お話が云々」とか言うのはカップラーメンにキャビアが入っていないと喚くくらい愚の骨頂なわけで
>>続きを読む

ちえりとチェリー(2015年製作の映画)

-


日本人向けに作りたかった(それでも海外の映画祭では普通に受けた、とのこと)ということらしく、キャラデザがまさに日本アニメ的な(伊藤を援用させてもらうなら、私はそれこそ「怠惰なキャラクターデザイン」だ
>>続きを読む

チェブラーシカ 動物園へ行く(2015年製作の映画)

-


監督の経歴がいまいちよくわからないんですが、元々はアニメなどの脚本を手がけていて、そのつながりだったり、チェブラーシカの原作者のインタビューだかドキュメンタリーの撮影をしにいったときにできたツテなん
>>続きを読む

害虫(2002年製作の映画)

-


今見るとキャストとかちょい役に木下ほうかとか伊勢谷友介とか芳賀優里亜とか大森南朋とか出ていて面白い。

あと、サチの役に宮崎あおいで夏子に蒼井優というのが今だとむしろ逆のキャスティングの方が行人的に
>>続きを読む

ゼロ・ダーク・サーティ(2012年製作の映画)

-


「ハート・ロッカー」からこっち、ビグローさんは人間の人間化を行っているような気がする。ただ、その描き方が逆説的になるような題材を選んでいるためにそれが=で社会問題と直結するのだろう。

逆説的、とい
>>続きを読む

フライト・オブ・フェニックス(2004年製作の映画)

-


あの「ダイ・ハード ラストデイ」で悪名を轟かせるジョン・ムーアの過去作で「飛べフェニックス」のリメイクとのこと。

まあまあ面白かったです。脚本はもうちょっと練り込めたろうとは思いますが、遭難もので
>>続きを読む

映画 聲の形(2016年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

西宮さんマジ天使(皮肉)

「聲の形」(じゃなくてTHE SHAPE OF VOICEですか(失笑))がまさかここまで不快極まる映画だとは思わなんだ。なんかウィキが充実してるのも腹立たしいんですが。
>>続きを読む

500ページの夢の束(2017年製作の映画)

-


多分、これは登場人物へのピントや主観性をもっと変えて、脚本的な違和感を払拭すれば「マンチェスター・バイ・ザ・シー」や「20th century women」になるのだろう。監督のベン・リューインはこ
>>続きを読む

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

-

盗作疑惑とか色々ありましたけど、クレジットでその辺を確認するのを忘れるくらいには楽しんでいました、わたしは。劇場も笑い声で溢れていましたし。でもまあ、そもそもエンドクレジットも楽しめるようなタイプなの>>続きを読む

ペンギン・ハイウェイ(2018年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます


 普通に観ているとSFというか限りなくローファンタジーな様相ではある。SFとは何かということを深く突っ込むとキリがないのと私自身の底が知れてしまうのでどこがどう、とは言えないのですが、原作がSFの賞
>>続きを読む

バットマン リターンズ(1992年製作の映画)

-


技術的な部分やアクションへの嗜好を別にしても、やはりバートンはヒーロー/ヴィランを超人として描くことをしないのだなぁ、と「バットマン」からこっち、「リターンズ」を観て考えてしまった。

バートンはは
>>続きを読む

オーシャンズ8(2017年製作の映画)

-

オーシャンズ」シリーズはちゃんと観たことがないので、これまでのシリーズと絡めた話はほとんどできません。ただ、ジョージ・クルーニーが出てたとかマット・デイモンが出てたとか(本作でカメオしてたもののセクハ>>続きを読む

ミッション:インポッシブル/フォールアウト(2018年製作の映画)

-

ともかくずっと動きっぱなしで展開に次ぐ展開なので息付く暇がない。

イーサン=トムが車で走る・バイクで走る・足で走る・ヘリで走る。話に何か深みがあるとか、そういうことを考えさせる暇はない。そもそも考え
>>続きを読む

ジュラシック・ワールド 炎の王国(2018年製作の映画)

-

ここでもまたへんてこりんな邦題を付けられてました。
原題は「Jurassic World: Fallen Kingdom」なんですが、本編を見れば「炎の王国」というサブタイがいかに的外れというか本編の
>>続きを読む

インサイド(2016年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

2007年のフランス映画「屋敷女」のリメイクということらしいですね。で、「屋敷女」の方を検索して思い出したのですが、原作のほうはたしか滅茶苦茶グロいものだというのを聞いたことがあったことを思い出しまし>>続きを読む

未来のミライ(2018年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます


 ケモナー要素を期待している人には先に断っておきますが、今回のケモショタ要素はほとんどオマケというか、予告編の一連のシークエンスだけなので「おおかみこどもの雨と雪」とかレナモンを求めている人は肩透か
>>続きを読む

エスケープ・フロム・L.A.(1996年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

相変わらず午後ローはやってくれる。
ウィキを観ていて知ったのですが「ニューヨーク~」でのカートラッセルは吹き替えが青野武だったのですね。こっちは字幕で観たのですが、午後ローでは山路さんでした。むしろ青
>>続きを読む

トゥモロー・ワールド(2006年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます


原題が「children of men」で原作小説の日本語タイトルが「人類の子供たち」なのですが、どうして「トゥモローワールド」になったのだろうか。

キュアロンといえば最近では「Gravity」と
>>続きを読む

私はあなたのニグロではない(2016年製作の映画)

-

今回の「私はあなたのニグロではない」は面白い映画ではない。というのは説明するまでもないか。そういう類の映画ではないし。ただ、それでも観に行くのは、書くまでもなく私がブラック・カルチャーや黒人の歴史につ>>続きを読む

母なる証明(2009年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

初ポン・ジュノ。わたくしの御多分に漏れず、知名度や評価は知っていつつもなぜか観たことのなかった監督のひとりが彼なんですが、ちょっとびっくりした。

ポン・ジュノ、ちょっと凄まじい欺瞞の炙り出し方をして
>>続きを読む

バーフバリ 王の凱旋 ≪完全版【オリジナル・テルグ語版】≫(2017年製作の映画)

-


話題になっている割にあまり大々的な公開はしていない「バーフバリ 王の凱旋」の完全版を観てきました。

前作も世界公開版も観ていなかったのですが、なかなかどうして滅茶苦茶楽しかったです。

いや、イ
>>続きを読む

ファントム・スレッド(2017年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます


「愛vs愛」。お互いが異なる愛し方でもってお互いを愛そうとすることによって生じる闘争が、この映画で描かれていることなんじゃないかと。面白いのは、監督自身が「この映画において、ファッション界やドレス作
>>続きを読む

万引き家族(2018年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

やたらとフジテレビで特集(という名の映画とはあまり関係のない企画)が組まれていたと思ったら資本入ってたんですね。まあ、こういうところで出資してくれるのはありがたいのでじゃんじゃん(金だけ出して口出しは>>続きを読む

デッドプール2(2018年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます


一応、前作も劇場で一回だけ観てはいて、それなりに好きな映画ではあったわけなので今回も観に行ったんですが、なんていうかデッドプールが神様みたいでちょっと気持ち悪かったです。あと、これはすでに前作の段階
>>続きを読む

エリジウム(2013年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

社会派のキャメロン みたいだなーと。

なんかところどころでターミネーターっぽい絵ヅラがあるというのもそうなんだけど、ガジェットとかマシーンの挙動がT-800系っぽいというか。あとこれは特定の映画とい
>>続きを読む

恋のゆくえ ファビュラス・ベイカー・ボーイズ(1989年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

邦題のダサさときたらまったく・・・。あまつさえ、原題の前にくっつけてくる面の皮千枚張りっぷりには乾いた笑いが出てくる。

「恋のゆくえ/ファビュラス・ベイカー・ボーイズ」
原題はスラッシュの後ろの部分
>>続きを読む

サバービコン 仮面を被った街(2017年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

相変わらずダサい副題をつけるのが好きですねー日本の配給は。映画で描かれてるかぎりだと街というよりはむしろ家族なわけですし・・・ってこれネタバレだろうか。かなり序盤で種明かしされるとはいえ(そしてそれゆ>>続きを読む

岸辺の旅(2015年製作の映画)

-

毎度のことながらこの人の映画ってなんか独特ですよね。
黒沢映画にしてはやたらと音楽が目立っていたなーと思ったら初めてのフルオケだとのこと。音楽の使い方もなんか普通じゃないんですよね、あれ。「その場面で
>>続きを読む

カッコーの巣の上で(1975年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

「時計じかけのオレンジ」と似たようなテーマといってもいいかもしれない。あそこまで露骨(というか露悪?)ではないにせよ。
コミュニティ内の平和と秩序を優先することとそのコミュニティを形成する個人(要素)
>>続きを読む

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー(2018年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

久々に胸を張ってこう言い切れる映画を観た。


/)    __
           ///)/   \
          /,.
>>続きを読む

女は二度決断する(2017年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

 ドイツ(語)の映画といえば去年は「ありがとう、トニエルドマン」なんて傑作もありましたが、本作「女は二度決断する」も傑作です。面白いです。面白い、と書くと内容的に不謹慎かもと思わなくもないですが。
>>続きを読む

25時(2002年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

オールタイムベストに届くか届かないかといったぐらい、自分の好みの映画だった。

何が好みなのかって、それはまあ「マンチェスター・バイ・ザ・シー」的な、と言えるかもしれない。あそこで描かれるマンチェスタ
>>続きを読む

人生、ここにあり!(2008年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

 精神障害者に焦点を当てた、いわゆる社会派な映画ではあるんですが、内容はそこまでかしこまってはいない。むしろ、普遍的なテーマ性を持った映画で、誰が見てもわかりやすい物語になっている。観賞した印象として>>続きを読む

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

-

あれはメカゴジラというよりキングゴジュラス(verバイオゾイド(そんなのないけど))では・・・しかし立ち方とかはゴジラスギガっぽいし、顔はギャレゴジっぽくもある。よく考えたらどれもモチーフは同じだしキ>>続きを読む