michikaさんの映画レビュー・感想・評価

michika

michika

大体田舎電車でスマホで見てるやつ、クリップしまくるくせにしたやつを全然見ようとしない

映画(222)
ドラマ(3)

ダージリン急行(2007年製作の映画)

3.7

話は別におもしろいわけではないけどわくわくする

スモール・タウン・クライム -回り道の正義-(2017年製作の映画)

3.7

すっごくおもしろいわけではないけどかっこよくて見やすい話
バーのおばちゃんがかっこよかったからもっと見たかった

シャイン(1995年製作の映画)

3.2

長い過去の回想シーンが息苦しくて苦痛、DV親父にどうにか報復してくれたら評価は変わっていた

ミニオンズ(2015年製作の映画)

4.0

恥ずかしながら初めてみたミニオンズ、小ネタが細かくておもしろかった!人間の造形とかもピクサーやドリームワークスとは微妙に違っていたりしていろんな面で楽しめた!

エージェント・ウルトラ(2015年製作の映画)

3.8

全然傑作とかではないけどB級好きにはたまらないものがありまくり

Pink(英題)(2016年製作の映画)

4.5

全人類に見てほしい系映画
アミターブ・バッチャンが本当に最高すぎる

地上の星たち(2007年製作の映画)

4.0

長いんですがいいです。
インドの格差社会、競争社会に問題提起する一作。アニメーションなどの入れ方もよかったし子供がかわいい。

アナと雪の女王/家族の思い出(2017年製作の映画)

3.5

アナ雪みたことなくて、オラフはこんなに狂った感じなのか?!とびっくりした!

リメンバー・ミー(2017年製作の映画)

4.1

感動するね、、またイケメンキャラが生まれたよかった、、

ジャニス リトル・ガール・ブルー(2015年製作の映画)

3.7

ジャニスのことよく知らなかったけど知らなくてもおもしろかった

手遅れの過去(2015年製作の映画)

3.9

オチにはちょっと冷めたもののかなり好きだった、不思議な緊張感がある、見せ方は純粋にかっこいいと思った

ライアー ライアー(1997年製作の映画)

3.7

ジムキャリー炸裂で基本めちゃくちゃ!無条件に元気になりたいときにおすすめ

ダンガル きっと、つよくなる(2016年製作の映画)

5.0

試写会にて。試写室ですでにダンガル ダンガル…のBGMが流れていてテンション爆上がり!
すばらしい女性応援物語であった、、そして実話て…!

はじめてのおもてなし(2016年製作の映画)

4.1

難民問題、ISなど社会問題に触れながらも重くなく見やすい!倫理観を押し付けすぎない感じもよかった。

キャロル(2015年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

濡れ場が結構濃厚でびっくりした。美しすぎる2人、素敵だった

スカーフェイス(1983年製作の映画)

4.1

途中で見るのやめてずっと置いてたけどもう一回みたらおもしろかった!アルパチーノは文句なしにカッコいい

ヴィクトリア(2015年製作の映画)

3.6

最初の30分くらいがめちゃくちゃ退屈でヴィクトリアもただのビッチっぽくて嫌いだったんだけどピアノのあたりから引き込まれた。2時間ワンカットっていうことで時間の感覚についてすごく考えさせられる。BGMは>>続きを読む

おやすみなさいを言いたくて(2013年製作の映画)

3.9

娘が連写するシーンが本当につらい、涙が出そうだった
精神的な重圧がすごいなあ

ガーディアン(2012年製作の映画)

3.4

ティルシュヴァイガーが好きじゃなければ特に見なくていいかな、笑
好きな感じなんだけどベタなのに話の筋がブレまくるのとやたら長い!笑

おじいちゃんの里帰り(2011年製作の映画)

4.0

ドイツとトルコの関係は全然知らなかった、子供でもみれそうなくらい移民の歴史を噛み砕いてくれていてテンポもよく見やすかったです

早春(1970年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

ラスト衝撃すぎる…笑
童貞キモストーカーの主人公がとにかくきもい、きもいけど美少年!だんだんきもさも可愛く思えてくる、、
切なく終わることはなんとなく予想されてたけど切ないどころかいきなりブツッと切ら
>>続きを読む

聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア(2017年製作の映画)

3.5

悪役的な子が次どう出るのかっていうのが気になって最後まで興味が持続されてみれたし、嫌いじゃないしなにも文句がないけど、それ以上のものもなかった…
不快不愉快と言われている割には淡々としてて見やすかった
>>続きを読む

ぼくの名前はズッキーニ(2016年製作の映画)

5.0

なにこの可愛すぎる映画、、可愛い甘酸っぱさもあるけどしっかり人物たちの抱える闇も描きつつも物事は前向きにすすんでいくっていう救いのある方向性でめちやめちゃよかった、吹き替えでみたけど結構はまってた!>>続きを読む

ナチュラルウーマン(2017年製作の映画)

3.8

心理描写的な映像表現が結構好きだった
マリーナに向けられる許しがたい差別的行為、でもあながちフィクションに感じられないというのが恐ろしい

岸辺のふたり(2000年製作の映画)

3.9

最後がわからなかったので色々レビューを見たい

道成寺(1976年製作の映画)

3.8

背景の平面さが洒落ていて、人形の禍々しさとのバランスがよかった。ヒイッとなる場面もあって良

パロアルト・ストーリー(2013年製作の映画)

3.4

こんな環境に生まれなくてまじでよかったー、笑
酒とドラックとセックスのことしか考えてない学生たちついていけねー!

ディア・ライフ(2016年製作の映画)

3.8

インドのキラキラパワーを求めていたのですが思ってたより間延び感というかゆっくり進んでく、シャールクでてくんのめちゃ遅かったな…
カイラのキャラクターありそうでなかった感じでよかった、シャールクとの距離
>>続きを読む

>|