ミチボルタさんの映画レビュー・感想・評価

ミチボルタ

ミチボルタ

わりと好き嫌いしないようにしてる
トラボルタの映画はそこまで見ていない

映画(306)
ドラマ(5)

選挙に出たい(2016年製作の映画)

3.8

おもしろい
李さんに対して差別的な発言をしていた人々が、日本の大多数かもしれない思うと恐ろしい、マジで言ってんのか…??
中国人か韓国人かもわかってないのに、名前だけで判断して根拠のないヘイトかましま
>>続きを読む

教誨師(2018年製作の映画)

4.3

死刑制度について別の角度から考え直すことができた、良作
室内劇での役者の演技が全員良すぎるので、安っぽい演出は要らないんじゃないかなあというのはあるけど…

LOOPER/ルーパー(2012年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

そこそこ面白い要素はあるのに変に散らかってる感じがした、なんかに要点を絞ったらもっと面白くなりそうなのに
あと全体的に画面の魅力が無さすぎる…

それでとにかく未来のほう、クソ野郎だな!!!最後あの射
>>続きを読む

シシリアン・ゴースト・ストーリー(2017年製作の映画)

3.9

想像の中で膨らんでいく期待とか、幻想的な演出がやたら痛みを増幅させてくる、見た後ダメージデカめの作品でした
命の重み、というよりは、一人の少年の存在の重み、という感じ
たくましいヒロインがすごく素敵で
>>続きを読む

インセプション(2010年製作の映画)

4.5

めっちゃおもろかったです
メメントが自分的にほんとにつまんなかったのでこの監督はあわないのかもしれない…って思ってたんですがジョセフ・ゴードンレヴィット目当てで鑑賞
そしたらめちゃくちゃおもしろかった
>>続きを読む

マンディ 地獄のロード・ウォリアー(2018年製作の映画)

3.6

こういう趣味の人が趣味嗜好ぶっちぎりで作り切ったって感じがすごくよかったです
ストーリーなんてどうでもいいのかもしれない

虎のTシャツとブリーフ姿で血みどろで酒を浴びるケイジ、チェーンソー敵の方が長
>>続きを読む

ファーゴ(1996年製作の映画)

3.3

もうちょっと笑えるのかと思ってたのでま、自分が悪いんですが
なんともむなしい

blank13(2017年製作の映画)

3.9

よかった、丁寧だし深入りしすぎない感じとかもよかった

ガンジスに還る(2016年製作の映画)

3.6

静かな方のインド映画
小津小津と言われているが小津全く知らないのですみません

ヘアスプレー(2007年製作の映画)

4.6

なんか知らんけどぼろ泣きしてしまいました
曲もダンスもひたすらに真っ直ぐなスローガンもよかった
R &Bやツイストは詳しくないけどもっと聞きたい

イコライザー2(2018年製作の映画)

3.7

やー、面白いけど一作目の記憶も若干曖昧だったからこれ誰だっけ??てなった。最近そういうの多い。すぐ忘れる…デンゼルワシントンがこの人殺しが!!と罵るシーンがありますがあんたが一番殺してる!!!となるの>>続きを読む

いつだってやめられる 7人の危ない教授たち(2014年製作の映画)

4.0

設定がもうおもしろい、話もめちゃくちゃよく出来てる!派手なアクションとかを期待してたけどそういうのはあんまなかったかな

ギルバート・グレイプ(1993年製作の映画)

3.7

シンプルでスッキリしててよい
ヒロインの女の子が素敵

恋はデジャ・ブ(1993年製作の映画)

3.7

ここまで一生ループしてる話っていうのも意外とみたことない。
理屈っぽくないので見やすいけどループものとしての醍醐味みたいなのはあんまないのかな。終わり方は解せぬ。
でもビル・マーレイがとにかく好き。

メイド・イン・ホンコン/香港製造 デジタル・リマスター版(1997年製作の映画)

4.5

相当期待して見たけど裏切らない良さだった。
若さと死は表裏一体、大人の心臓の色はクソより汚い、時代の空気をそのまま封じ込めたような感触がすばらしい。
青春映画ってこういうのだよな、そんなにうまくいかな
>>続きを読む

きみへの距離、1万キロ(2017年製作の映画)

3.5

最初の方の目の見えないおじいさんのエピソードが素敵だったのてそれ以降結構単調に感じた、もう何個かエピソードがあればな…
あとは日本版の予告や宣伝がかなり良くないと思う、、
ロボットかわいいからええか

ビューティフル・デイ(2017年製作の映画)

3.9

痛みを分かち合うこと…なのか通じてなくてもよかったのか、

ヘイル、シーザー!(2016年製作の映画)

3.8

やたら評価低いけどおもしろかった
脱力系
ミュージカルシーン長いのとかもワクワクして、その後の温度差もまたよい

悲しみに、こんにちは(2017年製作の映画)

4.0

気持ちの整理がつかなくてもどかしい、年頃の女の子の繊細な内面がむき出しになっててこっちまでヒリヒリしてしまった
ラストシーンが素晴らしい…!

食べられる男(2016年製作の映画)

3.3

主演の本多さん目当で鑑賞
切ないなあ、クスッと笑えるところもあり思ってたよりは見やすかったかな

ナイスガイズ!(2016年製作の映画)

3.5

期待値上がりすぎてた!
面白かったけど、意外と地味だった

バオ(2018年製作の映画)

4.0

本編インクレディブルよりわいはこっちでぼろ泣きした方です

インクレディブル・ファミリー(2018年製作の映画)

3.8

おもしろかった、1作目の記憶が曖昧でしたがストーリー自体は見てなくてもわかる系かな、若干この人なんだっけというのはあるが
ただちょっと安定志向すぎた感じもあって、近年のピクサー作品の中では少し地味かも

トイ・ストーリー2(1999年製作の映画)

4.2

こんなん泣いちゃうわ……もともと人形とかモノに命を吹き込んで考えてしまう系人間ですが、これ見たら余計捨てたりできないな…

静かなふたり(2017年製作の映画)

3.6

今年の100本目になってしまったけどこれは少し前にみたやつ
サクッと見るにはちょうどいい、こんな映画も必要

ポップ・アイ(2017年製作の映画)

4.2

すごくロードムービーとして王道に面白い
ちょっと切なさもあり、登場人物の人の良さも良い

>|