ゾノさんの映画レビュー・感想・評価

ゾノ

ゾノ

映画(352)
ドラマ(22)

ヒトコワ -ほんとに怖いのは人間-(2012年製作の映画)

3.0

3本目の親の顔が見てみたいはよかったね。

ラストの奴は普通にヒトコワじゃなくて笑った。

スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け(2019年製作の映画)

3.8

カイロレン、アダムドライバーはおいしい役やったね。
エピソード8からと考えると持ち直したんじゃないかな。

好きなシーンもあるし、嫌いじゃない。
ただフォース万能になりすぎかな。
まぁスターウォーズ詳
>>続きを読む

風の谷のナウシカ(1984年製作の映画)

3.8

映画館でやってたので鑑賞
実は初めて見た。

流石に古さを感じるが面白かった。
ガンシップのデザインとか割と好き。

キャラクターも魅力的やね

まぁでももののけ姫の後に見たのは失敗でしたかな

ヘイト・ユー・ギブ(2018年製作の映画)

4.5

生きる理由は死ぬ理由
世の中は複雑なんだ
何人死ねばわかる?

刺さるなー刺さる。

考えさせられるが、この映画を見るとやはり人種差別は尽きないなと…。
人種差別というのを利用して騒いでるようにも見え
>>続きを読む

新聞記者(2019年製作の映画)

3.9

この映画を見てわかったことは自分の無知。
こんなにわかりやすく日本の時事を描いてるけど、こんなに知らなかったんだなーと。
無知は罪ですな。

本田翼が過去最高に好きな映画だった。嫁になってくれ。

>>続きを読む

スウィング・キッズ(2018年製作の映画)

5.0

音楽と映像のカタルシスで、戦争という悲劇をさらに引き立たせた映画だったなー

これ以上に戦争ってのはつらいって思わされたのは無いかも。

こんなに上がるのに辛い。

俺たちステップ・ブラザース -義兄弟-(2008年製作の映画)

4.0

弾けたなカタリーナワインミキサー!

子供の心ってのは大切やな
純粋で強いんや

クソ下品やけど笑った

イエスタデイ(2019年製作の映画)

4.0

幸せとはなんだろうか、って感じでしたね

金を稼ぐことが幸せなのか、仕事で成功するのが幸せなのか、夢を叶えることが幸せなのか、好きな人と居るのが幸せなのか

ジョンは幸せだったのかな…

恋愛模様は完
>>続きを読む

PK(2014年製作の映画)

4.7

宗教を学ぶ、入門編!って感じでしょうか

日本人って宗教に触れる機会少ないからある意味pkに感情移入しやすそう。

脚本の流れが上手くて普通に感動したわ。

pkがなにより魅力的でグッド。
俺も空に手
>>続きを読む

初恋(2020年製作の映画)

4.5

個性バリバリの生きたキャラクターに追われる。
それだけでおもしれぇ

三池監督はキャラが生き生きしてるんだよなーそこがすごい好き。

いちいちカッコいいポーズとか構図とか展開とか人の癖とかがいいんだよ
>>続きを読む

マリと子犬の物語(2007年製作の映画)

3.7

ベタベタだけどグッとくるね。
避難するシーンが悲しい。

おじいちゃんの無念のセリフが泣けた。

母はつよし。

ベイブ(1995年製作の映画)

5.0

負け犬ならぬ、負け“豚”が起こす、大革命。

すげーかわいい。世界観がまず最高。

今考えるとこれ撮るのめっちゃ大変だったのでは??CGが発展していないこの時代によく撮ったなと思う。

いやーなんか好
>>続きを読む

バッド・ジーニアス 危険な天才たち(2017年製作の映画)

4.7

汗が印象的な映画。

観てるこちらも手汗が止まらねぇ…それくらいドキドキワクワクソワソワする。

しっかりした伏線があり、話もロジカルでおもしれぇ!よく出来てるわ

ミッドサマー(2019年製作の映画)

4.2

このレビューはネタバレを含みます

映画の内容通り、とんでもない世界に連れて行かれた感じ。

正直途中で「帰りてえ…」ってなるのはある意味正しいのかもね。

個人的に「この人たちにとっては老人を老人ホームに入れる事が残酷に見えるかも」と
>>続きを読む

レディ・バード(2017年製作の映画)

4.4

女性には響きそうだなー…

印象としては「6才のボクが大人になるまで」の女子高生版って感じかな。

そばで支えてくれてた存在って大事。
気付くのにも時間かかるけどね。

最愛の子(2014年製作の映画)

4.1

このレビューはネタバレを含みます

つらいなーこれが中国の現実なのか…

子供たちのためにどうするべきなのか…どうすれば幸せなのか、答えが出ない感じがつらい。

あの時目を離していなければという後悔がめちゃくちゃ伝わるシーンもあってつら
>>続きを読む

ジーサンズ はじめての強盗(2016年製作の映画)

4.3

強盗シーンは無抵抗に緊張させられる。編集がずるい!ドキドキするわ!

なんだかんだケイパー物は好きだなー。
計画を練って訓練して実行。やっぱワクワクする。

親友ってヤツはいいなぁ〜

野性の呼び声(2020年製作の映画)

4.2

いいシーンが多かったなー。
手紙をみんなが受け取るシーンとか、ハリソンフォードとカヌーで冒険したり、なんかいいよなー。

曲がよくて冒険モノ感が強くなった気がする。

バックの“野生”を表す黒い狼の演
>>続きを読む

犬鳴村(2020年製作の映画)

4.1

意外に話がロジカルで面白かった。

前半はフルアクセルで怖さ出してきて
後半謎解きになっていった印象。

ジャパニーズホラーは音でビックリさせるの少なくて好印象

個人的に好きな演出もあったりして。
>>続きを読む

ペレ 伝説の誕生(2014年製作の映画)

4.2

不勉強ながら、ジンガのことを全然知らなかった…。そんな文化があるんだねー。

父親の役の人がよかったねー
挫折した父が、息子を育てて見送る。
そしてそんな我が息子が…というのに泣ける。

熱くなれるい
>>続きを読む

MAN WITH A MISSION THE MOVIE ‐TRACE the HISTORY‐(2019年製作の映画)

-

映画館でマンウィズの楽曲を聞けたのは最高。

ドキュメンタリー映画というより、ライブ中に流れる映像の長い版という印象。良くも悪くも映画じゃない。でもドキュメンタリーってこんな感じなのかな。

スティー
>>続きを読む

音楽(2019年製作の映画)

4.5

「音楽」という「衝動」
それがこの映画にはある気がする。

ロックって演奏が上手いとかそういうのじゃないって事を思い出した。

スキャンダル(2019年製作の映画)

4.1

終わり方がいい。
なんか好き。

実話ベースで淡々としているが、飽きさせない工夫というか、映像手法使ってて退屈しない。特に前半は。

ただ、字幕で見ると色々情報追えなかったり、そもそもこれ字幕あってん
>>続きを読む

1917 命をかけた伝令(2019年製作の映画)

4.8

映画の「観賞」というよりまさに「体験」。

ぜひ映画館で見てほしい。

ワンカット“風”の作品ではあるが、見どころすごいある。どこからどこで繋いでるんだろうとか考えるだけでも面白い。

ラストシーンも
>>続きを読む

リチャード・ジュエル(2019年製作の映画)

4.1

このレビューはネタバレを含みます

実は初のイーストウッド。

演出力は流石だなと。
正義感あるしいい奴なんだろうなと思う反面、
「まぁ疑われても仕方ないよなー」という風にも思わされる。それを自然と見せてるのがうまいなー。

わりとバカ
>>続きを読む

スペル(2009年製作の映画)

4.5

爆笑したホラー映画。

シンプルに娯楽として面白い。

出世に目が眩んだりしたらいけないね。人に優しくしよう。

フォードvsフェラーリ(2019年製作の映画)

4.7

なんやこれ、あつい

演出が上品でなー
語らず表情や目線で関係性を見せたりするあたりいいなー
喧嘩のシーンでも缶詰かビール瓶持つけど、やっぱやめて菓子袋持って殴るシーンとかさりげなくていい。

個人的
>>続きを読む

グリーンブック(2018年製作の映画)

4.7

好きなシーンが多いんだよなー。いいシーンが多い。

手紙書くシーンやケンタッキー食って骨を外に捨てるシーン。ニューヨークの友達にたまたま会ってバーに行くところを引き止められるシーンとか、ホント印象的な
>>続きを読む

パラサイト 半地下の家族(2019年製作の映画)

4.7

言えないこと伏せて言うなら、シンプルに娯楽作品として面白い。

考えさせられる内容ではあるけど、ちゃんと面白い映画に落とし込んでるし、すげーわ。

キャラというか、役者が魅力的やし、韓国映画いいなー羨
>>続きを読む

ディナーラッシュ(2001年製作の映画)

4.0

なんか変わった映画やなと

いろんなキャラが出てくる中、それぞれ個性強めで好き。料理しながらラジオ聴いてバクチしてるのとかいいよね。

腹が減る

ドラゴンボール超 ブロリー(2018年製作の映画)

4.8

なんじゃこれ
本気過ぎるやろ

バリバリ最高の作画、3Dパートもあり、熱い展開もあり、最高かよ。

パラガス少し可愛そうな気もするし、フリーザ悪いだけで痛い目にあんまりあってないなーくらい、不満点。
>>続きを読む

彼女が目覚めるその日まで(2016年製作の映画)

3.8

クロエちゃん演技こんな上手いんやね

実話だからなのか、物語としてというか、深い内容とかではなかった。こんな病気があると知れたいい映画でしたね。

邦題は変えた方がいいと思う

手紙は憶えている(2015年製作の映画)

4.6

このレビューはネタバレを含みます

思っていたのと違った。(いい意味で)
前情報なしで見てほしい。

こんなにスローでスリリングな映画はないよ

パーティで女の子に話しかけるには(2017年製作の映画)

4.1

タイトルとはかけ離れた内容。
「思ってたのとちがう!」ってなる。なんかお得ね。

開始30分何を見てるんだこれは、という感じで進んでいきましたが、後半のまさにパンクな展開は好き。普通に笑っちゃったわ
>>続きを読む

>|