Mrノーマンさんの映画レビュー・感想・評価

Mrノーマン

Mrノーマン

観賞メモと観賞したいメモ。
3.0以上は面白かったもの。
3.5以上は再度観たいもの。
4.0以上は何度でも観たいもの。

観賞毎に同じ映画でも書き直してます。

映画(133)
ドラマ(0)

バック・トゥ・ザ・フューチャー(1985年製作の映画)

4.4

2018年34本目。
小さい頃にめちゃめちゃ好きで何度も観た作品。久しぶりに観ましたがやはり良い映画は年月を重ねてから観ても面白い。

近年の真面目過ぎるCG満載のSFに疲れたらこちらを観ましょう。ハ
>>続きを読む

嗤う分身(2013年製作の映画)

3.4

2018年33本目。
ジェシー·アイゼンバーグがひとり二役で同姓同名の人物を演じるという洋画版『世にも奇妙な物語』

昭和歌謡がBGMで流れたときは何事かと思った。

引き金になった出来事はどこからだ
>>続きを読む

カイト/KITE(2014年製作の映画)

2.9

2018年32本目。
インディア·アイズリーのロリ美少女っぷりが中々良かった。変装して潜入するシーンも見た目がコロコロ変わって楽しめたのでヨシ。

しっかしサミュエルは本当に一筋縄じゃいかないキャラを
>>続きを読む

ナイトクローラー(2014年製作の映画)

3.7

2018年31本目。
ジェイク·ギレンホールの怪演が光る作品。
夜の街を疾走していく時の緊迫感とスクープを追うスピード感、ジェイク演じるルーの頭のネジが外れた演技でちょっとしたシーンでも目が離せない。
>>続きを読む

スリー・ビルボード(2017年製作の映画)

3.9

2018年30本目。
赤い3枚の広告看板から始まるヒューマンドラマ。

始まりから重い雰囲気の話だと想像はつくのだけれど、そんなことはお構いなしに役者さん達の演技に引き込まれていつの間にか集中して観て
>>続きを読む

ナイト・スリーパーズ ダム爆破計画(2013年製作の映画)

2.0

2018年29本目。
ジェシー·アイゼンバーグとダコタ·ファニングの無駄遣いを観たければ今作をどうぞ。彼らだから観られる作品、という気もする。

全編通して淡々と話が進んでいって、特に盛り上がるシーン
>>続きを読む

スパイダーマン3(2007年製作の映画)

3.3

2018年28本目。
トビー·マグワイア版スパイダーマンのラスト1本。めちゃめちゃに詰め込んだ割に確りまとめた感のある今作だけれど、個人的にはサンドマンストーリーとヴェノムストーリーは分けて4作目作っ
>>続きを読む

スパイダーマン2(2004年製作の映画)

3.4

2018年27本目。
トビー·マグワイア版スパイダーマン2作目。
アルフレッド·モリナ演じるDr.オクが闇落ちする前も後も散り際も渋い。

普通の生活とスパイダーマンとしての生き方の間に揺れるパーカー
>>続きを読む

スパイダーマン(2002年製作の映画)

3.5

2018年26本目。
アメイジングやホームカミングなどなどスパイダーマンは沢山あるけれど、なんやかんや確りまとまっているスパイダーマンはコレだよなぁ、という作品。

説明のための駆け足過ぎるシーンも無
>>続きを読む

シェイプ・オブ・ウォーター(2017年製作の映画)

3.3

2018年25本目。
いつだか映画の予告編を観ていて気になっていた作品。綺麗な映像が多く印象的。

なんで惹かれたんだこれ?とか。
なんで衰弱してたの?そしてなんで復活したの?
…など、ストーリー的に
>>続きを読む

ダンケルク(2017年製作の映画)

2.8

2018年24本目。
無声映画に近い表現と時を刻むようなBGMが不安を煽り続ける独特な映画。

3つの視点から、場面場面の違った緊張感がひたすら続いて、その緊張感が後ろを流れるBGMで更に後押しされる
>>続きを読む

バーフバリ 王の凱旋(2017年製作の映画)

3.7

2018年23本目。
インド映画式ストーキング術を彼から学べ…!
…と、言わんばかりの1作目から続けての鑑賞。

レベルの高い変態ストーキング王子様とそのお父様の話。…なんだけど。バーフバリお父様が格
>>続きを読む

バーフバリ 伝説誕生(2015年製作の映画)

3.7

2018年22本目。
レベルの高いインド映画式ストーキング術を備えた変態を観る映画。

冷静に考えるとだいぶ気持ち悪いことをしてる筈なのにそんな描写を素敵なロマンスシーンにしてしまう辺り、変態に優しい
>>続きを読む

カンフー・ヨガ(2017年製作の映画)

3.5

2018年21本目。
ジャッキー×インド映画。
どうなの?!これ、どうなの?!って思いつつ鑑賞。

ヨガ関係ねえじゃん!…っていうツッコミだけで済んだらツッコミの才能無いです。ツッコミ所しか無いんだよ
>>続きを読む

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー(2018年製作の映画)

3.8

2018年20本目。
宇宙最強の指パッチン完成を拝む為の映画。

ヒーローは最後に必ず勝つもの、という安心感の元に観るタイプの映画だという先入観があるからこそのサノスの絶望感がとてつもない。

トニー
>>続きを読む

キングスマン:ゴールデン・サークル(2017年製作の映画)

3.7

2018年19本目。

スタイリッシュ現代スパイアクション映画の続編。前作を踏襲したシーンもありつつ、ぶっとんだ悪役もあり、小粋な小道具ありの良作。傘、パワーアップしすぎじゃ無いですか。

ただ名作だ
>>続きを読む

エージェント・ゾーハン(2008年製作の映画)

3.3

2018年18本目。

バカ過ぎるアクションコメディに飢えたらこれを観るしかない、とある意味太鼓判を捺せる作品。

とりあえず下ネタ酷い。本当に酷い。アクションシーンもところどころバカすぎて凄すぎて笑
>>続きを読む

亜人(2017年製作の映画)

2.8

2018年17本目。

原作をちょっとでも読んでいる人のための映画になってしまうのは原作ありきの映画化作品の宿命なんですかね。

ストーリーがダイジェスト感あって、原作で補足する必要があるかも。

>>続きを読む

マジック・イン・ムーンライト(2014年製作の映画)

2.7

2018年16本目。

コリンファースって本当に色々な役をこなすよなぁ、と感心してしまう映画でした。いや、ほんと、最初のワンシーンを何の先入観も無しにあれをコリンファースだと見抜けたら凄い。

厭世的
>>続きを読む

マイティ・ソー バトルロイヤル(2017年製作の映画)

3.7

2018年15本目。

『お前はハンマーの神か?』

アンソニ·ーホプキンス演じるオーディンが最高すぎるんだよなぁ。雷鳴の様な音と共に王様の姿がフラッシュバックするシーンが好きすぎました。

ソーの覚
>>続きを読む

マスク・オブ・ゾロ(1998年製作の映画)

3.5

2018年14本目。
王道ヒーローモノな作品。

アンソニー·ホプキンスが格好良すぎ、貫禄ありすぎで正直主役よりアンソニー演じる初代ゾロの方が観ていて興奮した。

キャサリン·ゼタ·ジョーンズも画面に
>>続きを読む

アメイジング・スパイダーマン2(2014年製作の映画)

3.8

2018年13本目。引き続きアメイジングしてるスパイダーマンとはどんなや?という興味で鑑賞。

今作はめっちゃアメイジングしてました。1作目より色々とやりたいことをやっている感じがして楽しく鑑賞できま
>>続きを読む

アメイジング・スパイダーマン(2012年製作の映画)

3.3

2,018年12本目。どの辺がアメイジングしてるスパイダーマンなんだ?!って興味から鑑賞。

主役に関していうとシーンが変わる度に泣いてるトビー·マグワイアの無印スパイダーマンとか、少年感満載で一番学
>>続きを読む

羊たちの沈黙(1990年製作の映画)

4.1

2018年11本目。

アンソニー·ホプキンスの怪しい演技が光るサスペンス。狂気に満ちた殺人犯を見つけるために狂気に触れる緊張感がたまらない。

レクター博士が画面に映る、もしくは画面外に確かに存在し
>>続きを読む

エアベンダー(2010年製作の映画)

3.6

2018年10本目。
これハリウッドでやるの?!?!
…って感じの映画。主役の少年が役柄的にも演技的にも凄すぎた。

個人的にはこういうの好きなんだけど、完全に続きがあるような終わり方しといて続き無い
>>続きを読む

スノーデン(2016年製作の映画)

3.0

2018年9本目。
実話ってところが恐ろしくもあり考えさせられるお話。確かにいつだかニュースで見たような内容だった。

常に機密を抱える天才の葛藤ってどんなもんなんでしょうね。

はじまりのうた(2013年製作の映画)

4.0

2018年8本目。
観たあとにまた観たい、と思わせてくれる作品だった。

アルバムを作ろう!と街中でレコーディングするシーン、色々なところから集められるバックバンド。美しいキーラ·ナイトレイとマークラ
>>続きを読む

フルスロットル(2013年製作の映画)

2.9

2018年7本目。

ポール·ウォーカーのパルクールがヤバい映画。話の流れは主人公無双する例のやつなのであとは好みの問題かなぁ。

とりあえず日本のCMがめちゃくちゃダサかった上にCMでゴリ押ししてた
>>続きを読む

きみに読む物語(2004年製作の映画)

3.7

2018年6本目。

恋するレイチェル·マクアダムスが観たくなったらこれ。めちゃくちゃキュートなヒロインしてます。

男性側と女性側のどちら側の視点で観るかでかなり印象が変わるかも。オチが読めてもそこ
>>続きを読む

スター・トレック BEYOND(2016年製作の映画)

3.6

2018年5本目。

前2作から更に時系列が進んでの3作目。
序盤からのジェットコースター展開に負けず劣らず、中盤も後半も疾走感満載な映画でした。カークとスポックのやり取りは観ているだけで胸アツ。個人
>>続きを読む

スター・トレック イントゥ・ダークネス(2013年製作の映画)

3.4

2018年4本目。

安定感のある面白い映画。
カンバーバッヂがいい感じに頭のキレる超人していてたまらんぜってなる。

今作はスポックの活躍が光りますなー。
お前、格闘戦そんなにできるんかいっ!って思
>>続きを読む

ナルニア国物語/第3章:アスラン王と魔法の島(2010年製作の映画)

3.0

2018年3本目。
んー!全盛期は2作目だったな感が強い。しかし今回も相変わらずのファンタジーしてて良かった。

アスランが呪いを解くシーンがめちゃめちゃファンタジーしてて胸アツでした。

ピーターの
>>続きを読む

ナルニア国物語/第2章:カスピアン王子の角笛(2008年製作の映画)

3.7

2018年2本目。
1作目よりこっちのが面白い!うおお!ってなれる作品だった。

ジョージ·ヘンリーが幼女から可憐な少女になり、なんかかんや一番奇跡の女王様っぷりを発揮しているし、ウィリアム氏は王様か
>>続きを読む

ナルニア国物語/第1章:ライオンと魔女(2005年製作の映画)

3.0

2018年1本目。
昔映画館で鑑賞して、そのあとも1度観た気がするのだけれど改めての鑑賞。

ティルダ·スウィントンの魔女っぷりが怖くて怖くてたまらなかった記憶あったけどやっぱり白くて怖い魔女してまし
>>続きを読む

キャプテン・アメリカ ウィンター・ソルジャー(2014年製作の映画)

3.6

左から失礼する映画。

昨年末にも一度鑑賞したのだけれど、観たいシーンがあって再度鑑賞。
キャプテンアメリカの2作目にあたる作品だけれど、コチラから鑑賞しても違和感なく観ることができると思う。

アン
>>続きを読む

ドン・ジョン(2013年製作の映画)

2.2

スカーレットヨハンソン、ほんとに美人で色気ある身体してますよね。…って感じの映画でした。

えー?!最後そっちでおわんの?!なんて思いつつ1回観たらもういいや感がかなりあった。つまらなくはないけど特に
>>続きを読む

>|