雅治さんの映画レビュー・感想・評価

雅治

雅治

映画(666)
ドラマ(0)

ミッドサマー(2019年製作の映画)

4.1

日本版より20分以上長いディレクターズカット版で見ました(さすがに長過ぎる)。ウィッカーマン(1973)に処女の泉、叫びとささやき、野いちごなどのベルイマン監督作品を足したような映画。

ホラー映画で
>>続きを読む

1917 命をかけた伝令(2019年製作の映画)

3.8

全編を1カットでさも撮ったかのように見せている戦争映画。ただし、1カットにこだわり過ぎたため自ら作品の首を締める事にもなってしまった。なので、角を曲がったら、急に落ちたり、滝だったり、と全体的に唐突な>>続きを読む

スウィング・キッズ(2018年製作の映画)

3.7

Filmarksのオンライン試写会にて

‪前半はコメディミュージカル→ 後半は黒人や共産主義者への差別や迫害を描く。サニーの監督らしく、エンタメ要素も強い。

ダンスバトルやタップダンスがとにかく楽
>>続きを読む

ラッカを脱出せよ(2019年製作の映画)

2.5

予告で良さげだと思ったらそうでもない。実話モノだけど、バックボーンを描かずにサスペンスに重点を置いたため、普通の映画になった印象。

獣たち(2018年製作の映画)

2.5

マイ・フレンチ・フィルム・フェスティバル2020年。1本目。83分間、可もなく不可もなく。

イントゥ・ザ・スカイ 気球で未来を変えたふたり(2019年製作の映画)

3.3

気球を飛ばすまでの経緯と飛行中の出来事を織り交ぜながら脚色されたストーリーを見た感じ。映像がとにかく美しい!キャラクターの魅力が弱い。

今日も嫌がらせ弁当(2018年製作の映画)

3.0

太鼓の佐藤寛太さんの話はまだ良いけど、シングルファザーの佐藤隆太さんくだりは余計じゃない?

ヒックとドラゴン 聖地への冒険(2019年製作の映画)

4.3

1と2の物語で描かれた家族愛とドラゴンとの友情を綺麗にまとめた、まさに有終の美

THE UPSIDE/最強のふたり(2017年製作の映画)

3.0

舞台とキャストを入れ替えただけでほぼほぼ一緒なリメイク(じゃ、オリジナル見たら良いんじゃない?)

クリスマス・ナイト 恋に落ちた騎士(2019年製作の映画)

2.5

ザ 普通。ヴァネッサ・ハジェンズが昨年に引き続き出演したNetflixのクリスマス映画(プロデュースもしてる)。ヴァネッサを92分間見るだけの映画。

盲目のメロディ~インド式殺人狂騒曲~(2018年製作の映画)

3.8

何も前知識なしに見た方が面白いタイプのブラックコメディ作品。チラシの裏も極力読まない方が良いと思う。最初のアレも全て回収するとは!

ブライトバーン/恐怖の拡散者(2019年製作の映画)

2.8

パイロットムービーみたいなドラマ第1話を見た感じで、90分見てまだプロローグだけを見た感じ。面白いのはラスト30分。無難に楽しめる。

美人が婚活してみたら(2018年製作の映画)

2.4

前半の吉本芸人が悪ふざけするシーンは見てて退屈だったが、後半になり回想の鍋やセックスシーンで少し持ち直す

アフター(2019年製作の映画)

2.3

ティーン版フィフティーシェイズオブグレイ。良くも悪くも普通過ぎる。

未来のミライ(2018年製作の映画)

1.3

この作品好きくない。長編じゃなくてオムニバスでやればいい。壮大な大冒険ファンタジーかと思いきや全く違う。今回はいつもと違い、脚本が細田守さんだけで書いてるが脚本なんか無いに等しい浅さ。やはり一人ではな>>続きを読む

恋するふたり(2018年製作の映画)

2.6

芋生さんを90分間眺めるだけの映画。映画としては特に何も。

Fate/kaleid liner Prisma☆Illya プリズマ☆ファンタズム(2019年製作の映画)

2.6

完全にファン向けの63分の映画。イリヤが主役ではなくてサブキャラがメインの作品。ファンなら笑えて楽しいが、同じギャグを何回もやり過ぎているのはさすがにどうかと思う。

春待つ僕ら(2018年製作の映画)

1.8

漫画の構成そのまんまやったせいか、中盤から後半思いっきり端折りまくって駆け足に

ナチス第三の男(2017年製作の映画)

2.0

年間ベスト級の原作がなぜこんな映画になってしまったんだろう?全てにおいて中途半端なため、印象に残らない。

Re:ゼロから始める異世界生活 Memory Snow(2018年製作の映画)

2.5

完全にファン向けのOVA作品だし(各々のキャラが飲酒しているシーンなど)、TVとは違いかなりコメディー調に作られている。エミリアとレムがただ可愛いだけです。それしか見所はない。

TVアニメや原作好き
>>続きを読む

詩季織々(2018年製作の映画)

2.7

中国を舞台に衣食住の3つのテーマを3人の監督が描いた短編オムニバス形式の映画です。絵は綺麗なんですが、全体的に脚本が弱く(2話目は特にそう感じる)、劇場で見なくても良いかな。

3話目が一番好き。

僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ~2人の英雄(ヒーロー)~(2018年製作の映画)

3.6

期末試験と林間合宿の間の夏を描いた作品。OPの若き日のオールマイトからワクワクし、そこからTVアニメを上手く編集し、ファンの人にも新規の人にもどちらも楽しめる。新規向けにでも楽しめるようにしたため、序>>続きを読む

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

4.5

(今の所)2018年度邦画ベスト10候補。大阪在住の方は、「9月シネ・リーブル梅田で良くない?」というのは止めて、ネタバレ喰らう前に予備知識なしで一日でも早く見に行って欲しい!イオンシネマ京都桂川へ見>>続きを読む

>|