カモマエやと思うやんさんの映画レビュー・感想・評価

カモマエやと思うやん

カモマエやと思うやん

映画(118)
ドラマ(0)

ハートストーン(2016年製作の映画)

-

長く感じた。景色ロケ地に憧れた。思春期ってどんな感じだったかな。

僕はイエス様が嫌い(2019年製作の映画)

-

やっと見れた出町座で
センスの塊で羨ましい
無駄なカットがなく、シンプルのカット割りの中に意図がしっかり入ってて、淡々と物語は続く
祈ったところで意味なかったんだねイエス様

私は家族以外で死を体験し
>>続きを読む

タロウのバカ(2019年製作の映画)

-

これがフィクションであることに驚き。不愉快だった。咀嚼しきれなくて思わずパンフレットを買った。彼らのストレスや感情の表現は、まっすぐでありながら凶器であった。

マイ・インターン(2015年製作の映画)

-

おじいちゃんめっちゃかっこよかった。素敵。ロバートデニーロ。

年齢も生きてきた過程も全然違う二人が合致してて面白かった。

寝ても覚めても(2018年製作の映画)

-

雰囲気や画の感じは好きやのに
関西弁が、、、。
話の展開が、、、。
朝子ちゃんに腹が立ってしまう。

ザ・ロイヤル・テネンバウムズ(2001年製作の映画)

-

自由奔放なキャラクターばかり

ウエスアンダーソンの世界

カメラワークが日本と違うなぁて思って勉強になった
こんなワークしてみたいなぁ

マスカレード・ホテル(2019年製作の映画)

4.6

めっちゃおもしろかった

ホテルものとして
グランドブダペストホテルを思い出した。構図やカット割りがとても計算高くて全てに意味があるんだなと感動しました、。

映画に引き込まれた!

blank13(2017年製作の映画)

-

決してエンターテイメントな面白い作品ではなかった。
前半は13年間の親子のブランクを淡々と描いていた。後半からは、変な訪問者によるエピソードでお父さんの人柄が伝わる、シュールな笑い。
途中飽きてくるけ
>>続きを読む

告白(2010年製作の映画)

-

構成が重層的で面白かった
モノローグで繋いでいくの良い
演出すごいなぁ

ルームロンダリング(2018年製作の映画)

-

映画作るならこんなの作りたいなぁ。おもしろかった。

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

-

クイーンは伝説なんだなと映画を通じて知ることができました。

ピンポン(2002年製作の映画)

-

ポスタービジュアルが松山ケンイチに見えて何故か勘違いしてた笑笑。松本大洋の独特さを表現するのはとても難しいんだだろうけど、違和感ない演技だった、、!
スポーツものはVFX大変なんだな、、、

四月の永い夢(2017年製作の映画)

4.0

いい映画を観たあとは、すっきりするな〜単純にいい話。ほんとに存在しそうな話だった。シーン一つ一つが丁寧で意味のあるものだった。私もラストが好きです。

何者(2016年製作の映画)

-

朝井リョウのリアルさが上手い
最後の演出は圧巻

ミックス。(2017年製作の映画)

4.3

原作があるかと思いきや、完全オリジナルでびっくり。コメディ作るなら、お手本になるテンポ感!おもしろかった!瑛太〜

2001年宇宙の旅(1968年製作の映画)

-

1968年にこの映画が作られていることに驚きです。AIとかシステムが現代に通じてて現実化しててこわかった。スケール感凄い大きい。音楽も壮大。実験的映像の部分もあり、最後のシーンは少しホラーで不気味さも>>続きを読む

三度目の殺人(2017年製作の映画)

4.6

お話が巧みでおもしろかった
画が圧倒的にかっこいい

>|