ともさんの映画レビュー・感想・評価

とも

とも

映画(196)
ドラマ(0)

銀座旋風児(ギンザマイトガイ)(1959年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

銀座旋風児、銀座退屈男と異名をとる若き宝石デザイナー二階堂卓也が主人公。
戦時中の悪事が今暴かれる!変装もあって多羅尾伴内感あり。

南国土佐を後にして(1959年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

「南国土佐を後にして」がこれでもかというぐらい何回もかかる。
前科のある小林旭が更生のために頑張る!

嵐を呼ぶ友情(1959年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

ラスト、うるっときた。

続・飢える魂(1956年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

南田洋子の色気がすごい。
考えてみれば小林旭、南田洋子、三橋達也、全員東映で観ているのでスッと話に入れた!

飢える魂(1956年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

小林旭のデビュー作とのことで観る。
役名もアキラ!

人間の條件 第1部純愛篇/第2部激怒篇(1959年製作の映画)

3.2

このレビューはネタバレを含みます

仲代達也のくらーい雰囲気が合う。

悪の親衛隊(1971年製作の映画)

4.3

このレビューはネタバレを含みます

面白かった!!歌の文句も「人間稼業」てなってるのがいい!途中の回想、ラストで泣かせる。パトカーの中で元気なのが救いやし、渡瀬恒彦らしさやんね!

産業スパイ(1968年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

面白い!!
辰兄いのバイタリティに感服。
終わり方が違えば、誇り高き挑戦になり得たか。でもこれが辰兄いらしさ!

ひばり捕物帖 折鶴駕篭(1960年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

近衛十四郎がカッコいい!!最後の殺陣の迫力が凄まじい。
江戸で起こる紀州家の人間の連続殺人事件。背後には由井正雪の陰謀が…。

子連れ殺人拳(1976年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

面白かった!格闘シーン、スローモーションからの突きや蹴りが相手に当たる瞬間だけ元の速さに戻すのがリアル!!

ダイアモンドは傷つかない(1982年製作の映画)

4.3

このレビューはネタバレを含みます

田中美佐子かわええ…!!綺麗な体。
ラストそこで終わるの!?ってなった。
だけどこの気怠げな雰囲気は好き。

肉体の門(1964年製作の映画)

4.1

このレビューはネタバレを含みます

野川由美子かわいい。
人間らしくなったら生きていけなくなるの…!? 今の時代にも通じる。
セット・衣装の色使いがすばらしい。

地獄の底をぶち破れ(1961年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

良い!!
特攻隊の隊長だった千恵蔵、部下の遺族17世帯を食べさせるために暗黒街のボスとなるが、組織のボスの座の争いに巻き込まれ…
淡島千景、いい女やな…。
千恵蔵とくっついちゃうのも、違うようなあって
>>続きを読む

続・隠密剣士(1964年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

京都ヒストリカ映画祭オンライン配信にて。
大瀬康一in忍者屋敷、VS風摩(ママ)騎馬隊。

隠密剣士(1964年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

京都ヒストリカ映画祭オンライン配信にて。
くらーい時代劇。初の大瀬康一。忍者対忍者の戦いもあり、グロテスクなシーンも多めだが今ひとつパッとせず…。
忍者狩り、忍びの卍の方が一貫性があって自分的には好み
>>続きを読む

主水之介三番勝負(1965年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

天地茂とくっついちゃう桜町弘子、近衛十四郎を討ちに行く里見浩太朗、明るい時代劇とはならず…
昭和40年時代劇最末期の作品。演出、三波春夫の主題歌など、試行錯誤が見える。

百面童子 完結篇 イスラムの女王(1955年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

京都ヒストリカ映画祭オンライン配信にて。吉田義夫ワルから元に戻るやん!珍しい展開!とワクワクしたのも束の間、やっぱり裏切るのね〜!

百面童子 第三篇 バテレンの宴(1955年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

京都ヒストリカ映画祭オンライン配信にて。

百面童子 第二篇 サタンの窟(1955年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

京都ヒストリカ映画祭オンライン配信にて。

百面童子 第一篇 ギヤマンの秘密(1955年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

京都ヒストリカ映画祭オンライン配信にて。
「南洋イスラム国の妖術師バテレン坊」で思考が止まる。

江戸三国志 完結迅雷篇(1956年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

京都ヒストリカ映画祭オンライン配信にて。
沢島忠助監督、大川橋蔵が若い!

江戸三国志 疾風篇(1956年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

京都ヒストリカ映画祭オンライン配信にて。

江戸三国志(1956年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

京都ヒストリカ映画祭オンライン配信にて。

警視庁物語 逃亡五分前(1956年製作の映画)

3.2

このレビューはネタバレを含みます

関山耕司、山本麟一が若い!
小"澤"茂弘、"澤"彰謙。

日輪太郎 完結編 蛇地獄の怪人(1956年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

京都ヒストリカ映画祭オンライン配信にて。
丘さとみがかわいい。日輪太郎の父親が髑髏丸という予想しなかった展開に。
円山栄子か丘さとみかどちらを選ぶのかわからなくしてるのがニクい。

冒険時代劇 日輪太郎(1956年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

丘さとみかわいい〜!
京都ヒストリカ映画祭オンライン上映にて。

>|