takuさんの映画レビュー・感想・評価

taku

taku

映画(120)
ドラマ(0)
  • List view
  • Grid view

クレイマー、クレイマー(1979年製作の映画)

3.8

人間らしさをテーマにした映画。かつメッセージとストーリーがシンプルだから心に響く。目の前のことに向き合う大切さ。"失った時に初めてその価値を知る"って言葉があるけど、その価値を知ってから自分を変えるこ>>続きを読む

キャロル(2015年製作の映画)

4.0

キャロルのこの上ないかっこよさと美しさ。余韻がすごい。テレーズがそんなキャロルに性別関係なく惹かれたのは理解できるし、現実的にあり得ることだと思う。一見、キャロルは身勝手な行動をしているように思えるが>>続きを読む

アジョシ(2010年製作の映画)

3.8

口数少ないアジョシの言葉が心に残る。”明日を生きる奴が、今日を生きる奴に殺される” “知ってるふりをしたい時、知らんぷりしたくなる"。描写、設定ともに残酷に描くのは韓国らしい。アクションシーンもかっこ>>続きを読む

gifted/ギフテッド(2017年製作の映画)

3.8

考えさせられる。特別な才能を持つから特別な生活をするべきか、それでも普通を取るか。特別な才能でしかできないことがあるからって考えも理解はできる。ただ、あくまでもメアリーは子供であり人間。メアリーがもっ>>続きを読む

ムーンライト(2016年製作の映画)

3.6

終始、緊張感と異様な雰囲気が漂う。シャロンの口数が少なく、秘めて感じがそうさせているのかも。ただ、フアンへのリスペクトが終盤見られるし(職業売人、容姿など)、シャロンはフアンに心を開くまではいかないも>>続きを読む

犬ヶ島(2018年製作の映画)

4.2

クレイ映画はあまり見ないけど、リアルな演技に見える場面とアニメーションらしい場面とバランスが良い。現代のメカニックなとこと、日本の古風な雰囲気を融合してて見入る。日本を舞台にした理由は何かあるはず。元>>続きを読む

レディ・バード(2017年製作の映画)

4.0

笑って怒って泣いて喜んで叫んで、いつでもまっすぐなレディーバードがかわいい。そして、こんなに感情を出して行動できる彼女がカッコよく見えた。悩み自体が青春で、田舎で過ごした高校時代を思い出した。親は最大>>続きを読む

チワワちゃん(2018年製作の映画)

3.8

1つのPVみたい。音楽良し、映像良し、色彩良し。10代後半に戻りたくなった。横にいるのが当たり前だった人は、いなくなってその有り難みがわかる。そんなに遠くない話に思えた。

ゴッズ・オウン・カントリー(2017年製作の映画)

3.3

セリフが少なく淡々と流れていく。眠くなってしまった。ジョニーがゲオルゲに恋に落ちる様子が散りばめられている。無言のゲオルゲに恋に落ちたジョニーの表情はどんどん変わっていく。動物、植物、人間の生死が映像>>続きを読む

グランド・ブダペスト・ホテル(2014年製作の映画)

3.7

普通じゃない話が普通になる。普通じゃない人が普通の人になる映画。テンポが速くて細かいところまでセンスが良くて引き込まれる。独特過ぎて、こういうのが見れるのが映画のいいところ。何度も見たくなる。

ルーム(2015年製作の映画)

3.7

何が幸せか考えさせられた。生まれてから外界を知らない人にとって、監禁の生活は普通であり幸せなのかもしれない。母は外界を知ってるからもちろん脱出したいんだけど。外界に出てからも孤独だし、ろくに外には出れ>>続きを読む

T2 トレインスポッティング(2017年製作の映画)

3.6

何だかんだでめちゃくちゃ仲良し。1を踏まえた上で見たほうが楽しめると思う。1の古めかしさを残しつつ、現代の流行りも盛り込んでる。1は薬薬金。2は女金薬。音楽は1と同様群を抜いて素晴らしい、家具やポスタ>>続きを読む

LION ライオン 25年目のただいま(2015年製作の映画)

3.7

現実を突きつけられた。前半は特に引き込まれた、子供達が誘拐されるシーンは恐怖を越えて絶望。人間不信になるがこれが世界の現実だと。後半は何とくのEDが予測できて、まずまず。孤独の時に何で人を頼れないのか>>続きを読む

君の名前で僕を呼んで(2017年製作の映画)

4.0

美しい映画。とにかく自然、音、建物、出てくるものが美しい。17歳にしての葛藤とそれを見守る恵まれた両親。ただどうしても同性愛がすんなり受け入れられない。サングラス+プールで音楽制作は究極のおしゃれ。風>>続きを読む

パッドマン 5億人の女性を救った男(2018年製作の映画)

4.3

モノづくりを担う者としての価値観が一致した。本質的に良いものは隠れがちで、道を開くには体力と精神力、孤独を受け入れる覚悟が必要。一方、世間は流行りやその場で縋れるもの、一過性のものに流れやすい。モノの>>続きを読む

アリー/ スター誕生(2018年製作の映画)

3.9

泣かせにくる
ブラッドリークーパーにすごい共感できる
飾りつけはいらない、自分を信じろ
ただそれが世の中で売れるものとは限らないのがやるせない、特にアーティストは
紳士すぎる立ち振る舞い、勉強になる

シャレード(1963年製作の映画)

3.7

ランパード
騙し騙し騙し、さらに騙し
ヴィトンのスーツケース
OPかっこよい

>|