ユさんの映画レビュー・感想・評価

ユ

1からそれ以上を感じ取れる人間になりたい
できるだけ言語化する

  • List view
  • Grid view

ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅(2016年製作の映画)

4.5

映画館行けばよかったな〜
動物がとにかく可愛い大好き
あのパン焼きたくなった

ストーリーは重かったなぁ。
人に抑圧され続けて、扱いきれない黒い感情が生み出されてしまう。そして本人が悪いはずないのに、
>>続きを読む

Mommy/マミー(2014年製作の映画)

4.0

非常にとっつきにくく、馴染めない感覚がなかなか取れなかった。

途中からは夢中になって観たけれど、最後まで自分は外から眺めてるな、って感覚、、。
共感、っていうものはなかったけれど、彼らの状況が変わる
>>続きを読む

パディントン(2014年製作の映画)

4.0

違うものを排除しようとする風潮への警告であると感じたな〜

もちろん映像はとーっても可愛くて、最初っからキュンキュンしてました(^ν^)
ちょいちょい挟まれるパロディとか、たくさん笑いながら観れました
>>続きを読む

ぼくは明日、昨日のきみとデートする(2016年製作の映画)

3.5

普通に泣いてしまったな、ポロッと。
恋愛映画で泣くなんていつぶり(笑)

にしても、ずるい設定ですね〜
原作未読だったけど何回も分かりやすい言葉で教えてくれたのでよく意味がわかりました。

結局、別れ
>>続きを読む

ハドソン川の奇跡(2016年製作の映画)

4.1

全体を通して流れる不穏な雰囲気、、。
全員助かったのになんでこんな暗いんや、って思っとったら、、
機械のシュミレーションでは引き返すことが可能だっただと、、、!?
心底腹がたつな〜〜〜
全く同じ状況の
>>続きを読む

野火(2014年製作の映画)

4.2

追体験しているかのよう。
開始30分でもうすでに限界だった、、。

二度と見たくはないが、
観ておいてよかった、と思える作品。

パッセンジャーズ(2008年製作の映画)

3.8

おっ、、もしや?
って思ったのはいつ頃だろう、、

あの透明なディスカッションルームの不気味さが嫌だったわ〜

細かいところはちょいちょい気になるけど、見てる最中は十分楽しめました。

映画 鈴木先生(2012年製作の映画)

4.0

ドラマから映画までほぼ一気見してしまった

ほんとにうまくまとめるよな〜〜
こんな理性的な学校ないよな〜

問題がああして事件になるまでに、私は気付けるのかな、、。

逃げ場所を奪うことの考えのなさ、
>>続きを読む

オーバー・フェンス(2016年製作の映画)

-

蒼井優が、すごい〜

作品に流れる空気感は割と好きだったとおもうけど、
共感し難い感覚の人というか、、
聡への憧れをどこかに抱いた自分がいたな。

残穢 住んではいけない部屋(2016年製作の映画)

-

こえ〜〜よ〜

と思ってたのに、、、
最後の最後でな〜〜

自分で想像してるうちの方が怖かったわ!!!!!

溺れるナイフ(2016年製作の映画)

-

コウちゃんの神々しさは、難しい、、

でも菅田将暉以外には考えられない役だったとおもう

途中にぶち込まれた邦楽はあれはセンスあるの、、?わかんない

そこのみにて光輝く(2013年製作の映画)

-

もう一回は観れなさそう。

きみはいい子を観てからの鑑賞だったので、なんというか、身近なところにある家族の物語と、自分からは遠いと感じる家族の物語を見たのかな。
でもどちらも家族で、愛がそこにあるはず
>>続きを読む

何者(2016年製作の映画)

5.0

目眩がするほどインパクトのある映画でした。

SNSに投影される自分が、自意識、そして承認欲求の強い表れであることが示されていたと思います。

そして就活は、それぞれが自己の本質を突きつけられる大きな
>>続きを読む

ひそひそ星(2015年製作の映画)

-

夜眠れなくて、観てみたら
眠れました、、、、、。

起きてちゃんともう一度観ました。
難しかったナァ、、

映画の中で長い時間をかけて荒廃したであろうあの土地は、実際には一瞬で壊されてしまった景色なわ
>>続きを読む

セブン(1995年製作の映画)

4.5

ラストの葛藤が、、、!!!!!

もう一回観たい、
けど観たくない、、。

シン・ゴジラ(2016年製作の映画)

4.7

観終わった後、いろんな考察サイト見まくってしまった(笑)

いや〜1回見ただけではストーリーについていくので精一杯でした。

正直、細かいところまでしっかり理解できている気がしない。

蒲田くん、とっ
>>続きを読む

ミッドナイト・イン・パリ(2011年製作の映画)

4.5

とーーっても胸踊る映画だった!

芸術に疎い私ですら楽しめた(笑)
芸術に詳しい人なら何倍楽しめたのか!

それぞれのベルエポック。
人が持つ過去への憧れ。

あのインテリ野郎を、実際に目で見たことに
>>続きを読む

きみはいい子(2014年製作の映画)

5.0

これは映画館で観てたら大変なことになっていたんではないか、と思う。

嗚咽が出るほど泣いてしまった。

尾野真千子と池脇千鶴の、あの雰囲気と距離感がなんというか、、。

どうしてうまく愛せないんだろう
>>続きを読む

自由が丘で(2014年製作の映画)

-

退屈だなーって思ってきたあたりで終わった。
加瀬亮がかっこよくて良かった。

時間の話と、花の話は難しくて理解するのは難しいけど、興味深かった。

自分の理解度はこの映画の何パーセントくらいなのだろう
>>続きを読む

たかが世界の終わり(2016年製作の映画)

4.3

家族って曖昧で難しいな
近いのに遠く感じるのは寂しい

>|