かなさんの映画レビュー・感想・評価

かな

かな

映画(35)
ドラマ(0)
  • 35Marks
  • 36Clips
  • 0Fans
  • 0Followers
  • 0Followings
  • List view
  • Grid view

遠い空の向こうに(1999年製作の映画)

4.1

死にゆく町で探究心、好奇心が悪とされる中、頑固にロケットへの憧れを追い求めていった男の子たちの実話

自分が高校生の時、この環境よりもっと素晴らしい環境が与えられていた中、ここまで何かに熱中できていた
>>続きを読む

オールド・ガード(2020年製作の映画)

3.8

撃たれても良い場合のアクションが新しくてめちゃくちゃかっこよかった

これぞ「永遠の愛」というのも感じた

ドクター・ドリトル(2020年製作の映画)

3.2

やっぱりRDJの演技が大好き
小さい頃夢中になって読んだ本が素敵に映像化されていた。
ストーリーはわりと単純でズンズン進んでいくけど、動物の使い方や、おうちの細かい仕掛けなどそういうのは新鮮だから飽き
>>続きを読む

ポセイドン・アドベンチャー(1972年製作の映画)

3.6

この時代にここまでリアルな映像にしているのがすごい
違和感を感じずにハラハラできた

パパが遺した物語(2015年製作の映画)

4.1

ママとパパにいつか会えなくなる日が来ると思うと悲しくて悲しくて涙が止まらなかった

ミッシング ID(2011年製作の映画)

2.7

いらないだろと思うシーンが多かった。

そういう映画なのに衝撃の真相!!とかでもなくありがちな真相でほんとうに残念

心のカルテ(2017年製作の映画)

3.2

摂食障害を起承転結のベタな展開で描いているのが違和感があった。

実際の拒食症は起承転結で治るようなものではないと思った。

ブレックファスト・クラブ(1985年製作の映画)

3.4

青春映画
皆高校生らしい無茶苦茶な考え
と思ってしまうのが心が死んだということなんだろうなあ
高校生の頃、部活の集まりで文句を言い合って泣きあっていた頃に見たかった

ダークナイト(2008年製作の映画)

3.5

ジョーカーの常人には計り知れない狂気がこわい。
普通の悪人にはある背景、動機が一切なく、ただ狂気のみ。全く共感できないのになぜか引き込まれて行く。
尋問のシーンは凄かった。
バットモービルからバイクに
>>続きを読む

ザ・ブック・オブ・ヘンリー(2017年製作の映画)

2.5

ジャンルがコロコロ変わってよくわかんないのになぜか泣けた