にうにうさんの映画レビュー・感想・評価

にうにう

にうにう

プレシャス(2009年製作の映画)

3.7

粗筋とか事前に読まずに、アメリカの貧困家庭を描いた話〜ぐらいの心積りで観たのが良かったのか、次々と明らかになる主人公の壮絶な状況に絶句。まだ16歳の女の子なのに周囲がこんなんなら、想像の世界にも逃げた>>続きを読む

ブータン 山の教室(2019年製作の映画)

3.9

撮影当時9歳だったというクラス長役の女の子が愛くるしいねぇ。この子が出て何か喋ってるだけで、涙ぐんでしまう感じ。

20年以上前にヒマラヤトレッキングに行った時に、この映画の舞台となる村と同じような標
>>続きを読む

12人の優しい日本人(1991年製作の映画)

3.7

もう30年も前の作品か〜。久しぶりに観てみたけど、そこそこ面白かった。

DUNE/デューン 砂の惑星(2020年製作の映画)

3.8

映像も音楽(というより音響)も独創的で、話も程よく進み、楽しめた〜。続編も決まったようで期待して待ちたいね。

カラスの親指(2012年製作の映画)

3.3

最後の方、あらそういうことだったのか〜ってどんでん返しはあったものの、ちょっと長いなぁと感じてしまった。

リスペクト(2021年製作の映画)

3.5

あまり乗れなかった〜。

音楽の感じがちょっとだけ自分の好みとズレてたからかなぁ。裕福な牧師の家で育ったってのはこの映画で初めて知ったけど、厳格な父との確執みたいのはあるものの、基本は恵まれた家庭に育
>>続きを読む

天空の結婚式(2018年製作の映画)

3.7

コメディだし、あぁこうなるんだろうな〜と展開が読めちゃう部分もあるけど、イタリアっぽさが詰まった楽しいお話でした。目いっぱいの身振り手振りの表情豊かな話っぷりとかね。

90分でサクッと終わるのもこれ
>>続きを読む

007/ノー・タイム・トゥ・ダイ(2019年製作の映画)

3.7

この手の映画だから当たり前なんだけど、カーチェイスやら銃撃戦やらたっぷり見せられて、満腹満腹〜。色々詰め込んでたけども三時間近くはちょい長いねぇと感じちゃった。

観光ビデオとしては、ノルウェーのアト
>>続きを読む

メインストリーム(2021年製作の映画)

3.4

オンライン試写会にて。

早口で捲し立てるネット番組の司会やったり、ビシッと格好いいダンスを決めたり、はては白昼の街中ストリーキングまで、ガーフィールドさん、頑張ってたね。

現代ネット社会の恐ろしさ
>>続きを読む

クルエラ(2021年製作の映画)

3.9

エンドロールで、あれ、エマストーンはんって…ララランドの人じゃん、ってようやく気が付いた。

色鮮やかで毒もある現代のおとぎ話。二人のエマの悪女対決、面白かった〜。

MINAMATAーミナマター(2020年製作の映画)

3.7

教科書で学んで名前ぐらいは知ってたけど、水俣で実際に起きてたこと、当時から続く住民の苦しみなんてのは全然知らんかったのね〜ってことに気付かされた。

主演のデップさんはじめ役者陣はみんな熱演、生真面目
>>続きを読む

メイキング・オブ・モータウン(2019年製作の映画)

3.8

基本はおじいちゃん二人(ベリーゴーディJrとスモーキーロビンソン)の笑顔振りまきながらの楽しい回想話。デビューした頃の少年スティービーやダイアナロスとか興味深い映像も多し。看板スター達との確執なんかも>>続きを読む

空白(2021年製作の映画)

3.8

不幸な、そして取り返しのつかない事故から始まる負のスパイラルと、そこからなんとか抜け出そうとしてもがく人たち。この先どうなっちゃうんだろうと話を追ってくと、ある人の言動でほんの少しだけ流れが変わる。逃>>続きを読む

魔女がいっぱい(2020年製作の映画)

3.5

日本海を航行するフェリーの中で鑑賞。

もしかして魔女もちょいとはいいとこあるんだよ、みたいな話かと想像してたんだけど、単なる悪役だった笑。でも、ハサウェイさん、残忍で強欲でちょい抜けてるところもある
>>続きを読む

ファーザー(2020年製作の映画)

3.6

認知症が進行していくおじいちゃんの、少しずつ足元が崩れ落ちていくような不安な感覚の追体験。アンソニーホプキンスさん、安定の熱演ね。

王の男(2006年製作の映画)

3.7

李氏朝鮮の王様と、その王様の宮殿にあるきっかけで住むようになった大道芸人たちのお話。狂気をはらむ王様の絵に描いたような暴君ぶりが見所か。劇中で特に説明がなかったように思うけど、大道芸人コンビの単なる友>>続きを読む

ナッシュビル(1975年製作の映画)

3.2

全編を彩るカントリー主体の音楽と、間に挟まる取り留めなくダラダラと続く会話劇。うーむ、自分にはイマイチでした。イイなと思える音楽が中盤のフォークトリオ絡みの二曲だけってのも影響したかな。

グランパ・ウォーズ おじいちゃんと僕の宣戦布告(2020年製作の映画)

3.7

デニーロ二本立ての二本目

あまり期待せず観たんだけど、意外に面白かった。ファミリー向けのコメディ映画としていい線いってるんじゃないかな〜。

カムバック・トゥ・ハリウッド!!(2020年製作の映画)

3.6

最初から最後までほぼ出ずっぱりで、セコくて胡散臭い落ち目の映画プロデューサー役を嬉々として演じるデニーロさん。死にそで死なない老ぼれ俳優のジョーンズさん。冷酷で残忍なギャングのはずが大の映画好きでどこ>>続きを読む

素晴らしき哉、人生!(1946年製作の映画)

3.8

シンプルで力強い物語に段々と引き込まれた。終盤で号泣したって感想をちらほら見かけるけど、自分はそこまでではなかった。でも、後からじんわりくるね〜。生きてるってことの意味をあれこれ考えちゃう。

守護天
>>続きを読む

アミスタッド(1997年製作の映画)

3.8

南北戦争の20年前、長く続いた奴隷貿易が英米でようやく非合法化されてアフリカからの新たな奴隷の'輸入'は禁じられるようになった頃に起きたある事件の歴史再現ドラマ。新たな貿易はダメでも、既に移送済の奴隷>>続きを読む

フリー・ガイ(2021年製作の映画)

3.8

口コミ評判の良さにつられて観てみたら、期待に違わず奇想天外で楽しいお話でした〜。あれ、この人どっかで見たことあるなと思いながら観てたんだけど、ジョジョラビットの監督さん、結構重要な役柄で俳優してた〜。>>続きを読む

コンテイジョン(2011年製作の映画)

3.4

有名俳優多数出演で公開当時観ていたに違いないと思い込んでいたけど、今見返しても既視感がないので、やっぱ観てなかったのかな〜笑。という訳で、テンポ良くスピーディな話ではあるけど自分には印象が薄いお話でし>>続きを読む

キネマの神様(2021年製作の映画)

3.6

50年前と今を行き来する物語。酒とギャンブルに入り浸り借金苦って、うわぁ古臭い設定って思っちゃったけど、終盤で少しウルっと来ちゃったのは、やっぱり自分も昭和の人だからかな〜。タイトルから期待しちゃう映>>続きを読む

顔のないヒトラーたち(2014年製作の映画)

3.7

正義感溢れる若い検事が、戦時中に収容所で行われていたナチスの国家的犯罪に切り込んで行く話。自分の親も含め、一つ上の世代の人達がもしかしたら残虐な犯罪に加担していて、今は何食わぬ顔して善良な市民としての>>続きを読む

イン・ザ・ハイツ(2021年製作の映画)

3.9

ハーレムのすぐ北、観光客にはあまり馴染みない地区だけど、ワシントンハイツって中米からの移民の多いところだったのね〜。言葉も異なる異国にやって来て様々な困難に遭いながら、夢を追いかけるラテン系の若者達の>>続きを読む

スーパーノヴァ(2020年製作の映画)

3.4

男性同士のこのカップルは、周囲から(少なくとも現時点では)何のわだかまりもなく受け入れられていて、幸せな日々を過ごしてきた模様。話の焦点はもはやそこではなくて、その先に起きる老いとか死に関わること。>>続きを読む

シャイニー・シュリンプス!愉快で愛しい仲間たち(2019年製作の映画)

3.9

オープントップバスでの仲間達とのヨーロッパ横断の旅、バカ騒ぎもちょっとした仲違いもあったけど、なんて楽しそうなんだろう〜。季節も夏だったけど、いつかは終わってしまう人生の夏みたいな切ないニュアンスも感>>続きを読む

ブラック・ウィドウ(2021年製作の映画)

3.8

マーベルさん安定の出来栄えで期待通りきっちり楽しませてくれますな。いつも少しだけ入る本筋とは関係ないユーモアのセンスが好き。

アガサ・クリスティー ねじれた家(2017年製作の映画)

3.3

うーむ、イマイチ。見始めたから最後まで観たけど、乗り切れず〜。

アポロ13(1995年製作の映画)

3.6

作り話じゃなくて、基本実話なんだよな〜ってのに驚く。
管制塔の責任者役のエドハリスさんの迫力が凄い〜、ちょっとかっこよすぎなきらいはあるけど。

お嬢さん乾杯!(1949年製作の映画)

3.6

没落旧華族のお嬢さんと、自動車整備会社を営む新興成金の若社長とのお見合いから始まる恋を描いた元祖ラブコメ。70年前の東京が人々の考え方も話し方も、もちろん街の景色も、今とは色々ズレていてそこが面白かっ>>続きを読む

Mr.ノーバディ(2021年製作の映画)

3.6

口コミスコアの高さにつられて、映画の日に鑑賞〜。

単純明快、素手による格闘やら銃やらで悪い奴らを成敗しまくってスカッとできるお話。(血塗れで人がバタバタやられてくシーンにある程度の耐性があれば) 
>>続きを読む

ヒノマルソウル~舞台裏の英雄たち~(2020年製作の映画)

3.8

リレハンメル五輪でスキージャンプ団体の一員として銀メダルを獲り、その次の長野大会では代表に選ばれなかった西方さんの物語。素直に感動しました。

あんまり簡単に感情を操作されちゃうのも癪なんで、主要登場
>>続きを読む

>|