TOTTRさんの映画レビュー・感想・評価

TOTTR

TOTTR

2016〜 新✳︎

映画(192)
ドラマ(0)

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

-

人間の全盛期を観てる気分だった
羨ましさが残りました。

映画は普通
スターを映画にするのはそもそも、
そもそもが、ちょっと失礼な気もする


こん人の声が好き
パフォーマンスも好きです

あの手この手(1952年製作の映画)

3.5

私も醤油飲んだことある、、
陸上の大会に行きたくなかった
勝手に思い出した。
アコちゃんハーフみたい

アコとおじさんがかわいい
おばさまもいい
仲のいい夫婦の話で新鮮

選挙(2006年製作の映画)

-


最低だ、すごく前が見えなくなる
特に女の人に対する周りの態度
叱責してくる先輩がもう言葉に詰まる

印象的なのはこの山内さんの友人?とホテルの一室で会うところ

東京オリンピック(1965年製作の映画)

-

なんだか昔くさい印象があったが
そんなことはない
そんなことはなかった!

人の不変さを感じたのは生き物として単純で、感動と安心が同じくらい

どこにカメラを据えて撮っているんだろう、引きショット惹か
>>続きを読む

THE DEPTHS(2010年製作の映画)

-


9割映画が進んで、上手過ぎて(❔)
それからラストまで、口がおの字

ホテルの部屋廊下を挟んでのシーン、
ドアの開く音に期待してしまった

他の人の投稿でオム・ファタール
という言葉を知りました。

ソング・オブ・ザ・シー 海のうた(2014年製作の映画)

-

ユバーバインスパイア…?
フクロウの魔女、魔法、石化、インスパイア感じました。

万引き家族(2018年製作の映画)

-

夏のベタついた安藤サクラさんの肌がすごく汚く思えて、しょっぱさを感じた

オルエットの方へ(1970年製作の映画)

-

ヨットのシーンの撮り方がやばい多方面から撮影しててものすごいなと思う

カジノはあれはカジノだったのかどうなんだかな、ウナギ思い出した

カリーンが帰ってこなくて3人とも夜の食卓で死んでたのが、良かっ
>>続きを読む

ツィゴイネルワイゼン(1980年製作の映画)

3.8

変な病室〜好きな病室です
なんだかいい台詞がたくさんある気がしてやばい

サクラ!インド式ヨガ、

M/OTHER(1999年製作の映画)

-

坂の途中で出てくる犬に集中した!

不完全なふたりの方が好きだったけど、演者に対するカメラの近さがすごく好きだと思った

運命じゃない人(2004年製作の映画)

5.0

2回目

はやく地球に住みなさい〜という台詞
神田役の人忘れられない

この映画の夜はとても素敵で良い!

ハッピーエンド(2017年製作の映画)

5.0


おじいさんの台詞と女の子の台詞が頭に刺さって抜けない

夜霧の恋人たち(1968年製作の映画)

4.2

ムッシューが良かった
人と一緒にいるために何かを行うことが素敵に見えたり、狂気に見えたりする。

>|