尾張の青年

尾張の青年

  • List view
  • Grid view

ウォーム・ボディーズ(2013年製作の映画)

3.7

ほっこりとするゾンビ映画。

これまでさんざ制作されてきたゾンビ映画をフリとしたラブコメ作品。
人間の少女に恋した心優しいゾンビの少年の物語。
そんな、あらすじ以上でも以下でもない映画。
もちろん、良
>>続きを読む

歓びのトスカーナ(2016年製作の映画)

3.7

主人公の二人は完全にヤベェ奴。
ベアトリーチェは常識が通じないし、
ドナテッラは心を壊している。
あまりにも身勝手で、迷惑な彼女達だが、
二人を愛さずにはいられない。
シビアな現実が夢見がちな二人に降
>>続きを読む

ハローグッバイ(2016年製作の映画)

4.0

主演の二人はとても魅力的で、
もたいまさこさんの演技は流石の一言。

本来なら交わることのなかった二人が、
ひょんなことから共に行動することになる。
ありきたりな設定だが、どこかシビアな作風もあり、
>>続きを読む

アバウト・タイム 愛おしい時間について(2013年製作の映画)

3.6

純粋で青臭い主人公や、素朴で愛らしいヒロイン、無邪気すぎる妹やビル・ナイ演じる優しい父親、偏屈な脚本家の友人など、とにかくキャラクター達が最高。

非日常的なタイムトラベル能力者が主人公でありながら、
>>続きを読む

LOGAN ローガン(2017年製作の映画)

4.0

『X-MEN』のスピンオフ4作目。
全体としては10作目にあたる。

ヒュー・ジャックマン版ウルヴァリン作品で最後にして、
最高の作品。
これまでの『X-MEN』とは違う、
ウルヴァリンやプロフェッサ
>>続きを読む

ダイ・ビューティフル(2016年製作の映画)

4.0

亡くなったニューハーフの遺言に従い、友人たちが七日間、
毎日違う死化粧をするというあらすじを見て鑑賞することを決めたが、
思っていた以上に深い話だった。

これは1人のニューハーフの人生の物語。
ミス
>>続きを読む

はじまりのうた(2013年製作の映画)

3.7

どん底に落とされた二人が出会い、人生が好転していく、音楽の力も相まって観ていて幸せになれる作品。

二人を結びつけた歌のシーンとアルバム作成の過程がワクワクした。

ちょっぴり切ないところが心に残った
>>続きを読む

素敵な遺産相続(2016年製作の映画)

3.8

テンポが良くて92分というサイズ感が丁度良いコメディ映画。
ご都合主義だけど、以外な展開や家族愛もあり、楽しんで観れる作品。

ONCE ダブリンの街角で(2006年製作の映画)

3.6

人生でたった一度、
素晴らしくも切ない出会いの物語。

予算の関係上でハンディカメラでの撮影とのことだったが、
それがむしろ、自分がダブリンに住む一般市民の様な印象を受け、
主人公たちが実在している人
>>続きを読む

怪物はささやく(2016年製作の映画)

3.5

ダイナミックな怪物やアニメーションを介して描かれる、
静かな家族愛の物語。
シガニー・ウィーバーのお祖母ちゃん役が絶妙。
主人公がひた隠しにする真実が途中で予測がついてしまうのが、残念。

50回目のファースト・キス(2004年製作の映画)

4.0

ヒロイン役のドリュー・バリモアが魅力的。

事故により記憶が一日しか持たない女性と、
彼女との恋を毎日一からやり直す男性の物語。
あらすじだけ読むと少し重い話に思えるが、
コメディタッチで楽しんで見て
>>続きを読む

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス(2017年製作の映画)

4.0

マーベル・シネマティック・ユニバースの15作目。
ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーの2作目。

1作目同様、ノリが良く楽しい作品。
前作でも家族への愛情が作品のピースの一つとなっていたが、
今回は更
>>続きを読む

ドクター・ストレンジ(2016年製作の映画)

3.7

マーベル・シネマティック・ユニバースの14作目。
医者で魔法使い、ドクター・ストレンジの1作目。

医者であったがため、命の重さを知るヒーロー。
エゴイスティックな面ではアイアンマンと被る部分もあるが
>>続きを読む

扉をたたく人(2007年製作の映画)

3.5

切ない作品。
主人公が、味気無かった人生に光を取り戻していく過程が輝かしかったからこそ、ラストシーンは心に残る。

フリー・ファイヤー(2016年製作の映画)

3.5

何も考えずに観れる作品。
特段グロテスクなシーンも暗くなるようなシーンもないので、観ていて楽。

美女と野獣(2017年製作の映画)

4.0

ストーリー、展開はほぼアニメ版に忠実。
アニメで触れられなかった部分等、色々プラスされていて、アニメではジーン程度だったが、今回の作品では、気づけば涙が頬をつたっていた。

今回の作品で追加されて、野
>>続きを読む

はじまりへの旅(2016年製作の映画)

4.0

面白かった。
森で暮らしてきたハイスペック一家が都会に繰り出すという、興味深い設定で引き込まれ、最後にはピュアな家族愛に感動した。
最初から最後まで飽きることなく楽しめ、後味の良い作品だった。

LION ライオン 25年目のただいま(2015年製作の映画)

3.6

青年期の故郷を探そうと試行錯誤するところがメインになっているかと思っていたが、わりと少年期が長かった。
事実をベースにしているということで、感動的で感慨深くはあるが、映画的な面白みには欠けた印象。
>>続きを読む

バーレスク(2010年製作の映画)

4.4

深夜にテレビでやっていたのを見かけたがきっかけで知った。
ちょうど始まった、「ウェルカム・トゥ・バーレスク」でやられ、これはちゃんと見ないといけないヤツだと、すぐにテレビを消して、後日レンタルして観賞
>>続きを読む

SING/シング(2016年製作の映画)

3.8

楽しい映画だった。
歌のシーンは心が踊るし、笑えるシーンもある。
そして、意外と目頭が熱くなるシーンもある。
アニメだから子供向き、と侮るなかれ。

素晴らしきかな、人生(2016年製作の映画)

3.5

感動できて、この世界のことがちょっと好きになれる。
意外性や新しい発見などはないものの、安定感のある作品。

ラビング 愛という名前のふたり(2016年製作の映画)

3.3

決して悪い映画ではないが、自分にはあまり合わなかった。
実話が元になっているためか、起きた出来事を順に追っているだけのような、歴史の授業を聞いているかのような印象。
後ろの席の老夫婦が退席時に発した「
>>続きを読む

ラ・ラ・ランド(2016年製作の映画)

4.3

色彩豊かに奏でられた、すごく楽しくてロマンチックな作品。
日常から急に歌や踊りが始まるミュージカルに抵抗がない限り、楽しめると思う。
最初のシーンから、これは楽しい二時間になるな、と期待させられること
>>続きを読む

たかが世界の終わり(2016年製作の映画)

3.4

寝不足で劇場に向かい、静かな映画っぽいから途中で寝てしまうかもと不安があったが、杞憂に終わった。
予想以上に静かな映画だったが、気づけば息をのんで見入っていた。

ショコラ 君がいて、僕がいる(2015年製作の映画)

3.5

二人のクラウンとしての演技は見事で、演目として成り立っていた。

前半はドンドン人気者になっていく二人を見て、ワクワクしたが、後半はショコラの境遇に……。

映画館を出る時、た二人が支えあっている、こ
>>続きを読む

マッドマックス 怒りのデス・ロード ブラック&クロームエディション(2015年製作の映画)

3.9

これが自分にとって、初めてのマッド・マックス。

世紀末な世界観に特徴的な装束、迫力のあるアクション、闘争本能を奮い立たせるような音楽。
友人に誘われて、観賞したが、観てよかった。

白黒なのも、土埃
>>続きを読む

幸せなひとりぼっち(2015年製作の映画)

3.7

主人公は、偏屈で何かあるとすぐ怒鳴りちらす爺さんだけど、
そんな彼が気づけば大好きになっている。
じんわり泣ける、そんな映画。
上映館がもっと増えれば気軽にオススメできるのに。

アデル、ブルーは熱い色(2013年製作の映画)

4.5

主演のアデルの演技が素晴らしい。
高校時代は、子供と大人の狭間にいる少女を、
社会人時代は、色々なことがわかり始めた女性を、
些細な仕草や表情で演じ分けていた。
自然体な演技で、
泣き叫ぶシーンでは、
>>続きを読む

マダム・フローレンス! 夢見るふたり(2016年製作の映画)

3.3

少々期待しすぎてたかも。
あまりに純真で、たまに暴走するマダムをちょっと受け入れきれなかった。

ハンズ・オブ・ラヴ 手のひらの勇気(2015年製作の映画)

3.6

構成が丁寧で、見やすかった。
実話をもとにしているということもあって、
主人公が同性愛者に対する偏見に抗議の声をあげるでも、
理解を求めるでもなく、
平等を求め続けたのが良かった。

この世界の片隅に(2016年製作の映画)

4.0

シリアスな時代背景を、決して重くさせ過ぎずに、
むしろほのぼのと描かれていて良かった。

のんの声がのんびりとした主人公にすごくあっており、
現実と絵の世界が入り交じる感じもおもしろかった。

マイ・ベスト・フレンド(2015年製作の映画)

3.8

期待してた通りの作品で感動した。
登場人物が全員、善人すぎて、
現実味がないと言えばそうだが、
そのおかげで思っていたより素敵な仕上がりになっていた。

映画館を出た後、親友に会いたくなった。

手紙は憶えている(2015年製作の映画)

3.8

90代、認知症、手つきでさえ覚束ない、頼れるのは手紙だけ、
こんな復讐者は見たことがない。

ハラハラする展開に息をのみ、
ラストには70年越しの復讐の重みに、心を震わされる。
面白い作品でした。

マレフィセント(2014年製作の映画)

3.8

映像が綺麗で、元となっている『眠れる森の美女』より重要なポストとなったカラスや、
悪になりきれないマレフィセントのキャラクターが良かった。
『眠れる森の美女』へのオマージュも随所に見られ、予想よりも楽
>>続きを読む

グッバイ、サマー(2015年製作の映画)

4.1

主役のダニエルは凄く14歳って感じでかわいいし、テオはメチャクチャ良い奴。
悩んで、ぶつかり合って、成長する。
まさに青春映画。

ラストが意外でちょっと呆気に取られたけど、後で「あ、そういうことか」
>>続きを読む

パラサイト(1998年製作の映画)

3.6

子供の頃に観て印象深く残っている作品。
人を操る寄生生物に立ち向かうのが、問題を抱えた負け組達なのが良かった。

>|