尾張の青年さんの映画レビュー・感想・評価

尾張の青年

尾張の青年

アバウト・レイ 16歳の決断(2015年製作の映画)

3.7

この作品はルイがトランスジェンダーであることに思い悩む映画ではなく、ルイを愛する人達が想い悩む映画である。


エル・ファニングの、
友人たちの前で、心の機微を表す細かな演技と家族の前で、感情を爆発
>>続きを読む

5パーセントの奇跡 嘘から始まる素敵な人生(2017年製作の映画)

3.4

夢の為に人の何倍も努力する主人公は応援したくなるし、親友となったマックスも良い奴で最高だった。
難関も努力と彼なりの工夫で突破していく様も良かった。

でも、正直自分には合わなかった。
ホテルマンでは
>>続きを読む

ルイの9番目の人生(2015年製作の映画)

3.6

ファンタジーの皮をかぶったミステリー。
それほど期待せずに見に行ったが、ファンタジーとミステリーのバランスが良く、良い意味で予想を裏切られた。
とりあえず、ルイとお母さん、美人すぎ。

はじめてのおもてなし(2016年製作の映画)

3.9

裕福ながら崩壊寸前な一家が難民の青年ディアロを受け入れるお話。
彼を受け入れたことで、一家に舞い込んだ様々な問題と、それぞれが抱えた
問題が絡まり合い、事態は思わぬ方向に転がり出す。

難民というシリ
>>続きを読む

キングスマン:ゴールデン・サークル(2017年製作の映画)

4.0

アクション、ブラックジョーク、様々な点でパワーアップした続編。

出だしから迫力のカーアクション、新しいアイテムやスーツもカッコいい。
新たなキャラクター達も魅力的で、
相変わらず、ワクワクとさせてく
>>続きを読む

はじまりのボーイミーツガール(2016年製作の映画)

3.8

主演の二人が可愛い。
ラストは少し辛いところも。

邦題となっている、ボーイミーツガールと親子愛に満ちた映画だった。
親友のぽっちゃりと双子も良かった。

キングスマン(2015年製作の映画)

3.9

あんまり前情報を入れずに観て、
コリン・ファースが1人でガンガン活躍すると思っていたら、
意外と若者の成長物語だった。
鑑賞後、「マスク・オブ・ゾロ」を思い出した。

戦う紳士がカッコよすぎるし、
>>続きを読む

スター・ウォーズ/最後のジェダイ(2017年製作の映画)

3.7

圧倒的勢力を誇るファーストオーダーに追い込まれるレジスタンス。
自らが進むべき道を求め、迷い足掻く、レイとレン。
二つの戦いのカギを握る、「伝説のジェダイ」ルークが導く、
物語の行く末とは。

常にハ
>>続きを読む

MR.LONG/ミスター・ロン(2017年製作の映画)

3.7

台湾の殺し屋が、日本のおっさん&おばさんのお節介に翻弄されつつも、何故か彼になついた無口な少年や地元の人達と過ごした日々を描いた物語。

コミカルでほっこり、ちょっとバイオレンス。
若干雑な部分もある
>>続きを読む

RED/レッド(2010年製作の映画)

3.7

戦う、じいさん&ばあさんがカッコよすぎる!
楽しい作品。

パーティで女の子に話しかけるには(2017年製作の映画)

3.7

上映中、結構頭の上に「❓」が浮かんだ。
自分の読解力が足りていないのだろうけど、正直な感想としては変な映画。
でも、悪い映画ではない。

自分的にはラストシーンが良くて、あのシーンが無かったら低評価を
>>続きを読む

ジャスティス・リーグ(2017年製作の映画)

3.7

DCEUの5作目。
スーパーマンが地球に与えた「希望」が紡いだチーム「ジャスティス・リーグ」の1作目。

初登場組のキャラクター性がまだ表層しかわからないが、それぞれにそれぞれの魅力があり、単独作品が
>>続きを読む

gifted/ギフテッド(2017年製作の映画)

3.8

天から特別な才能を与えられた者が歩むべき人生とは何かを問う作品。

メアリー役の大人びていながら子供らしい演技が見事。

私の記憶が正しければ、この映画で「愛してる」という言葉は使われていない。
しか
>>続きを読む

マイティ・ソー バトルロイヤル(2017年製作の映画)

3.7

マーベル・シネマティック・ユニバースの17作目。
マイティ・ソーの3作目。

短髪、ムジョルニアを失ったソーの新たな姿が描かれる。
『キャロル』のケイト・ブランシェット演じる、死の女神・ヘラは恐ろしく
>>続きを読む

es [エス](2001年製作の映画)

3.8

忘れられない作品。
人間とはこんなに恐ろしいものなんだと思い知らされた。

ゴッホ~最期の手紙~(2017年製作の映画)

3.8

芸術に関してはさっぱりで、ゴッホの作品すら録に知らない自分だったが、
動く絵画によるアニメーションは見応えがあり、面白かった。

油絵だからこそ、より登場人物達の感情や、その場の空気感が伝わってくる様
>>続きを読む

セブン・シスターズ(2017年製作の映画)

3.7

思っていたよりスリリングでバイオレンスな映画だった。

七者七様、同じ顔ながら個性的な七姉妹を演じ分けたノオミ・ラパスはもちろん、姉妹を深く愛する祖父を演じたウィレム・デフォーが素晴らしい。
どこかB
>>続きを読む

ドリーム(2016年製作の映画)

3.9

黒人で女性という、60年代のアメリカでは、
あまりも厳しい処遇において。
数学者、技術者、統率者、三者三様の立ち向かい方で、
前に進んで行く姿が痺れる。
マイノリティであることへの差別を描きながら、
>>続きを読む

ワンダーウーマン(2017年製作の映画)

3.8

DCEUの4作目。
美しき戦乙女・ワンダーウーマンの1作目。

世界から隔離された島で育ち、神から力を授かったダイアナが、
外の世界で、スーパーヒロインとなる過程が描かれている。

前作のバットマンv
>>続きを読む

あしたは最高のはじまり(2016年製作の映画)

3.8

やはりオマール・シーの陽気で愛情深い役は天下一品。

主人公・サミュエルが理想のパパで、
娘・グロリアとの関係性は最高。
ゲイで親友のベルニーも、とても良いアクセントになっていた。

現実味にかける部
>>続きを読む

ハイジ アルプスの物語(2015年製作の映画)

3.9

通信ケーブルでポケモンの交換をしていた小学校の放課後、
夕食の前に観ていた、アルプスの少女ハイジ。
アニメの知識しか持っておらず、原作は知らなかったが、
スクリーンに現れたのは、あの夕日と共に見たハイ
>>続きを読む

ギフト 僕がきみに残せるもの(2016年製作の映画)

3.7

父と子の絆を切り取ったドキュメンタリー。

愛する息子に父親として与えられるもの全てを与えようとするスティーブの姿に心打たれたが、一番感動したのはスティーブと父親とのシーン。

エル ELLE(2016年製作の映画)

3.5

人の歪みを描いた作品。

ただあまり、期待していたほど狂気性は感じなかった。

スパイダーマン ホームカミング(2017年製作の映画)

3.9

マーベル・シネマティック・ユニバースの16作目。
市民を守るティーンエイジャー・スパイダーマンの1作目。

三度目の映画化にして、
最もポップなスパイダーマンが誕生した。
まだまだ子供で、ヒーローと呼
>>続きを読む

ウォーム・ボディーズ(2013年製作の映画)

3.7

ほっこりとするゾンビ映画。

これまでさんざ制作されてきたゾンビ映画をフリとしたラブコメ作品。
人間の少女に恋した心優しいゾンビの少年の物語。
そんな、あらすじ以上でも以下でもない映画。
もちろん、良
>>続きを読む

歓びのトスカーナ(2016年製作の映画)

3.7

主人公の二人は完全にヤベェ奴。
ベアトリーチェは常識が通じないし、
ドナテッラは心を壊している。
あまりにも身勝手で、迷惑な彼女達だが、
二人を愛さずにはいられない。
シビアな現実が夢見がちな二人に降
>>続きを読む

ハローグッバイ(2016年製作の映画)

4.0

主演の二人はとても魅力的で、
もたいまさこさんの演技は流石の一言。

本来なら交わることのなかった二人が、
ひょんなことから共に行動することになる。
ありきたりな設定だが、どこかシビアな作風もあり、
>>続きを読む

アバウト・タイム 愛おしい時間について(2013年製作の映画)

3.6

純粋で青臭い主人公や、素朴で愛らしいヒロイン、無邪気すぎる妹やビル・ナイ演じる優しい父親、偏屈な脚本家の友人など、とにかくキャラクター達が最高。

非日常的なタイムトラベル能力者が主人公でありながら、
>>続きを読む

LOGAN ローガン(2017年製作の映画)

4.0

『X-MEN』のスピンオフ4作目。
全体としては10作目にあたる。

ヒュー・ジャックマン版ウルヴァリン作品で最後にして、
最高の作品。
これまでの『X-MEN』とは違う、
ウルヴァリンやプロフェッサ
>>続きを読む

ダイ・ビューティフル(2016年製作の映画)

4.0

亡くなったニューハーフの遺言に従い、友人たちが七日間、
毎日違う死化粧をするというあらすじを見て鑑賞することを決めたが、
思っていた以上に深い話だった。

これは1人のニューハーフの人生の物語。
ミス
>>続きを読む

はじまりのうた(2013年製作の映画)

3.7

どん底に落とされた二人が出会い、人生が好転していく、音楽の力も相まって観ていて幸せになれる作品。

二人を結びつけた歌のシーンとアルバム作成の過程がワクワクした。

ちょっぴり切ないところが心に残った
>>続きを読む

素敵な遺産相続(2016年製作の映画)

3.8

テンポが良くて92分というサイズ感が丁度良いコメディ映画。
ご都合主義だけど、以外な展開や家族愛もあり、楽しんで観れる作品。

ONCE ダブリンの街角で(2006年製作の映画)

3.6

人生でたった一度、
素晴らしくも切ない出会いの物語。

予算の関係上でハンディカメラでの撮影とのことだったが、
それがむしろ、自分がダブリンに住む一般市民の様な印象を受け、
主人公たちが実在している人
>>続きを読む

怪物はささやく(2016年製作の映画)

3.5

ダイナミックな怪物やアニメーションを介して描かれる、
静かな家族愛の物語。
シガニー・ウィーバーのお祖母ちゃん役が絶妙。
主人公がひた隠しにする真実が途中で予測がついてしまうのが、残念。

50回目のファースト・キス(2004年製作の映画)

4.0

ヒロイン役のドリュー・バリモアが魅力的。

事故により記憶が一日しか持たない女性と、
彼女との恋を毎日一からやり直す男性の物語。
あらすじだけ読むと少し重い話に思えるが、
コメディタッチで楽しんで見て
>>続きを読む

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス(2017年製作の映画)

4.0

マーベル・シネマティック・ユニバースの15作目。
ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーの2作目。

1作目同様、ノリが良く楽しい作品。
前作でも家族への愛情が作品のピースの一つとなっていたが、
今回は更
>>続きを読む

>|