かにさんの映画レビュー・感想・評価

かに

かに

備忘録。点数はほぼフィーリング。

映画(107)
ドラマ(0)

イエスマン “YES”は人生のパスワード(2008年製作の映画)

4.2

落ち込んだときにまた見るぞ〜!

ずーっと笑えるしズーイー・デシャネルは超かわいい。

わたしも色々消極的ゆえ冒頭のカールのようになくなってしまったらどうしようと不安になってきたな笑 全部にイエス!は
>>続きを読む

ROMA/ローマ(2018年製作の映画)

3.6

Netflixずっと契約しているのになかなか見れずやっと鑑賞。

ストーリーに良さを感じたり、監督のメッセージを受け取る、までには至れなかった。でも、そんなことどうでもよくなるくらい(どうでもよくはな
>>続きを読む

パディントン 2(2017年製作の映画)

4.5

モフモフ、ほっこり、ときにハラハラ、とにかくハッピーな映画!前作もいいな〜と思っていたけれど圧倒的にこちらが良い…。

基本的に笑えるところばかりで楽しいのだけれど最後は泣くしかない、優しさというのは
>>続きを読む

天気の子(2019年製作の映画)

3.7

賛否両論あるという結末、わたしは好きでした。天気、異常気象、ってテーマも魅力的だなあ。

「君の名は。」公開当時はまさに主人公二人と同世代で、見終わった後の興奮・余韻が凄かった。関係あるかは分からない
>>続きを読む

女王陛下のお気に入り(2018年製作の映画)

3.7

宮廷モノだけど描くのは女同士のドロドロバトル。衣装も凝ってて宮廷内の装飾品やらインテリアも素敵だけど全体的にどんよりして不穏。人々は一見品があるけれど繰り広げられるのは下品な行為ばかり。そんなアンバラ>>続きを読む

ヴィクトリア女王 最期の秘密(2017年製作の映画)

3.6

アブドゥルに会ってからのヴィクトリア女王のキラキラした表情が素敵。

こういう出来事が100年も隠されていた、隠せた時代があったのだなあと改めて思った。そんな時代背景の「権力」で守られ、「権力」によっ
>>続きを読む

Girl/ガール(2018年製作の映画)

4.0

ララが家族の理解も得ていて社会のサポートも十分に得ているからこそ、純度100%で描くことができる「思春期のトランスジェンダーの少女」の痛み。

途中ドキュメンタリーを見ているのかと錯覚するくらい、言葉
>>続きを読む

レオン 完全版(1994年製作の映画)

4.5

これが純愛だよな…という気持ち

マチルダは当たり前に可愛いし、レオンも可愛い。牛乳吹いちゃったりするのね。

ストーリーもアクションも無駄がなくてすごい〜って素人ながら思ったけど、なにより一番良かっ
>>続きを読む

プロメア(2019年製作の映画)

4.2

キャラクター、デザイン、アクション、音楽、何を取ってもカッコイイ!!!
炎と氷の表現オシャレすぎ〜〜!ストーリーも激アツ〜!と興奮してたら終わっていた。

日本のアニメってやっぱりいいな、映画館で見ら
>>続きを読む

未来のミライ(2018年製作の映画)

3.1

親になったら分かるのかもしれないけど、この年頃の子が苦手すぎてやはり辛かった部分も…かわいいけど…

祖先の人生の積み重ねで「今」の自分がある、という当たり前だけれど見落としてしまいそうなことを教えて
>>続きを読む

キングダム(2019年製作の映画)

4.3

壮大なスケールの物語と「少年漫画らしさ」ってこんなにも上手く共存出来るんだ…!と感動してしまった。

とにかく熱い展開。とにかくカッコイイアクション。中国映画を見ていると錯覚してしまうかのような世界観
>>続きを読む

ナミヤ雑貨店の奇蹟(2017年製作の映画)

3.1

カットありCMありのテレビ放送だと、時系列を整理するのに必死になってしまってあまり話に入り込めなくて少し残念!

色々な話がひとつに繋がる類のものは見てて純粋にワクワクする

シング・ストリート 未来へのうた(2016年製作の映画)

3.9

バンドのみんな、特に主人公がどんどんカッコよくなっていくのが素敵!恋、夢、歌の力ってすごいよ。

あらゆる苦悩や問題全部を歌に昇華させちゃうの本当にロック!若い!それで全部がスッキリ解決する訳ではない
>>続きを読む

レディ・バード(2017年製作の映画)

3.7

怒って、笑って、泣いて、怒って、また笑って、親子でも友達でも人間関係ってこういうものだよなあって思った。

多感な時期をそうでもなく過ごしたので、こんな色んなことが目まぐるしく起こる映画内みたいな青春
>>続きを読む

パディントン(2014年製作の映画)

3.7

こんなに礼儀正しくて健気でモフモフな彼を好きにならない人なんているのだろうか…

パディントンも愛しいけどブラウン一家も愛しい〜!

ロンドンの街は映画でしか見たことないから、もはや私の中でファンタジ
>>続きを読む

アラジン(2019年製作の映画)

4.8

アニメの良いところを余すことなく落とし込みつつ、実写だからこその表現と設定改変を良い塩梅で入れていて、とにもかくにも最高でした!!!!

わたしは所謂ディズニープリンセスの中で、ジャスミンが一番好きな
>>続きを読む

アラジン(1992年製作の映画)

5.0

何度も何度も見ている、なんならディズニーアニメーションの中で一番大好き!

画質の悪いDVDでしか見てなかったので、地上波の画質の良さに感動しつつ、改めて良くできた作品だなあと。物語は言ってしまえばベ
>>続きを読む

アバウト・タイム 愛おしい時間について(2013年製作の映画)

4.2

「ちゃんと生きよう」って思えた、でも決して説教じみてはいない。素敵な生き方を優しく提案してもらったような…そんな映画。
タイムトラベル物でそう思えると想定してなかったから、良い意味で裏切られた!

>>続きを読む

潔く柔く(2013年製作の映画)

-

Netflixに追加されてたので久しぶりに見た

岡田将生さんが好きなわたしからしたら、役柄、ときめき度(そして髪型)において最高な作品!
あと初見のときと全く同じ箇所で泣いた。

美しい人ばかり出て
>>続きを読む

愛がなんだ(2018年製作の映画)

3.7

幸せになりたいっすね
唯一共感できた台詞、そして仲原くんには是非幸せになってほしい。あと、基本共感ゼロの登場人物たちの中でダントツで葉子が分からなかった。分からん。

2人の世界じゃなくて外の世界の中
>>続きを読む

名探偵コナン 紺青の拳(2019年製作の映画)

3.6

友人に誘われて数年ぶりに映画館でコナン君をみました
京極さんの少し笑ってしまうくらいの異次元の強さ、、
怪盗キッドは普通にめちゃくちゃかっこいいんだけども、あのマント、走って逃げるときは絶対邪魔だよな
>>続きを読む

ビューティフル・ボーイ(2018年製作の映画)

3.5

更生したかと思えば戻りまた更生して戻り…見てるわたしたちまでも、薬物依存からの脱出の過程を追体験しているようでとにかく辛い。きっかけもほんの少しの興味だったことが、ドラッグの恐ろしさを際立たせているな>>続きを読む

ドリーマーズ(2003年製作の映画)

3.8

双子のお家広すぎません…?めちゃくちゃオシャレだしシンプルに住みたい…というのはおいといて

ここまで退廃的なのは嫌だけれど、街と断絶された3人だけの生活は純粋に楽しそうだしだからこそ尚更依存しては絶
>>続きを読む

劇場版『えいがのおそ松さん』(2019年製作の映画)

5.0

「おそ松さん」は1期のときに(当時アニメは全然詳しくなかったのに)ひょんなことからどハマりして、そこからずっと大好きなコンテンツです。そんなわたしからしたら、こんな映画作ってもらえたのがただ幸せ、とい>>続きを読む

翔んで埼玉(2018年製作の映画)

-

生まれも育ちも埼玉のわたしとしては話のテンポだとか完成度云々とかもはやどうでもいい。
限定的なネタで笑える不特定多数の人間と同じものを見てみんなで爆笑するという最高の時間を過ごすことこそ、この映画があ
>>続きを読む

メリー・ポピンズ リターンズ(2018年製作の映画)

4.5

本当に最高でした。今の技術だから作れるファンタジーと前作への様々なリスペクトやオマージュ、それが上手く融合していてメリーポピンズ好きとしては見られて幸せ!

ストーリー展開とか諸々惜しいところはあるけ
>>続きを読む

チャーリーとチョコレート工場(2005年製作の映画)

5.0

何回目かってくらい見ているけどやっぱり好きだなあ。さすがに嫌なやつがお灸を据えられてる(据えすぎな気もするけど)のが好きなだけではないです(笑)
なんで満点なのかと聞かれても分からないけどとにかく好き
>>続きを読む

ウォールフラワー(2012年製作の映画)

4.3

はみ出しものたちの「キラキラ」がまぶしい。高校生活に戻りたい、だけじゃなくて「今」を楽しまなくちゃなあって感想が生まれたのが良い意味で想定外でした。

ハッピーエンドかバッドエンドかとかいう分かりやす
>>続きを読む

ベイビー・ドライバー(2017年製作の映画)

3.8

センスのかたまり!爽快とはこのことか〜!超かっこいい〜!

音楽に合わせたカーチェイス、銃撃戦、アクションがカッコよすぎるし、見ながらこっちもベイビーみたいにノってしまった、飛行機なのに…

ベイビー
>>続きを読む

キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン(2002年製作の映画)

4.2

最初に「実話だよ」って教えて貰って見始めたはずなのに、現実離れした巧妙な手口に魅了され忘れて、最後にまた「実話だよ」って言われて、わ〜まじかすげ〜!ってなるのが楽しかった!

その華麗なる犯行の中に、
>>続きを読む

キングスマン:ゴールデン・サークル(2017年製作の映画)

4.0

2作目としての新しさ前作の良さが詰まって…云々書こうと思ったけど単純におもしろかった〜!グロさも人の死も良い意味でポップに描かれてるから、1に引き続いただただ楽しいなやっぱり

キングスマンのスマート
>>続きを読む

キャロル(2015年製作の映画)

3.8

人もファッションも音楽も全部まとめて美しい映画だった。

キャロルの高貴でカッコイイのに意外と脆い部分を持ち合わせているところ、テレーズの天使のようで芯のあるところ(とあのカワイイ帽子)が本当に最高…
>>続きを読む

君の名は。(2016年製作の映画)

4.0

この年の「劇場でみて良かった」堂々の第一位に君臨。

入れ替わりものは見ていてドキドキワクワクして楽しいし、中盤~終盤にかけては展開にただのめり込んでしまいました。

ズートピア(2016年製作の映画)

4.8

今までのディズニー作品ではあまり取り上げなかったテーマを扱いつつも、エンターテインメントして最高の出来且つおもしろい!伏線回収も見事だし、キャラクターもみんな個性があって生き生きしていて魅力的。

>>続きを読む

尾崎支配人が泣いた夜 DOCUMENTARY of HKT48(2016年製作の映画)

-

当時HKT48がすごく好きだったのですが、劇場でめちゃくちゃ泣きました。

贔屓目抜きで、良くまとまっていていいドキュメンタリーだと思う。大人数グループ故にフォーカスする部分の選択が難しかったかもしれ
>>続きを読む

バクマン。(2015年製作の映画)

3.7

内容も面白かったけれど、劇伴やペンの音をはじめ、全体的にスタイリッシュでカッコイイ!

エンドロールの映像何度も見たくなります

>|