おーけさんの映画レビュー・感想・評価

おーけ

おーけ

ドライブ・マイ・カー(2021年製作の映画)

-

西島さんの咽び泣くシーンを思い出した。一瞬、あれはわざとらしく見える。演技っぽく。しかし、この物語の主人公ならこう泣くのだろうと思わされた。泣くのに慣れていないせいで。

この映画は、観た後随分と経っ
>>続きを読む

花束みたいな恋をした(2021年製作の映画)

-

二人が別れた理由は物語を共有できなくなったからなのか、と見てからしばらく経った風呂の中で思った。

スパイの妻(2020年製作の映画)

-

いわゆる洋画でよく見るドンぱちスパイ映画ではなく、重厚感のある面白い映画だった。登場人物は少なく、ほとんどのシーンで主人公の「スパイの妻」と夫だけがフレームに映ってる。シンプルでありながら、ミステリア>>続きを読む

ハクソー・リッジ(2016年製作の映画)

5.0

人の評価なんて気にするな。誰もが弱いやつだと決めつけてた、上官さえも。そんな奴が一番勇敢な兵士だったんだから。

音楽(2019年製作の映画)

-

セリフとセリフの間などにあった、独特な間がとても心地よく、最後まで楽しく見れた。もしその間がなく、普通にセリフをポンポン言うような映画だったら、同じ脚本でも全く違った映画になってしまっていたと思う。独>>続きを読む

親愛なる同志たちへ(2020年製作の映画)

-

https://twitter.com/sasakitoshinao/status/1504596705760710657?s=20&t=6MZP7VcJh0jBjX68e_mHDw

戦場でワルツを(2008年製作の映画)

-

https://twitter.com/Atman_graha/status/1510217075092234240?s=20&t=6MZP7VcJh0jBjX68e_mHDw

ドリームプラン(2021年製作の映画)

-

https://twitter.com/hirox246/status/1512109491264921606?s=20&t=6MZP7VcJh0jBjX68e_mHDw

ぼくのエリ 200歳の少女(2008年製作の映画)

-

https://twitter.com/FJaY1nBHVwK07pR/status/1513179026810372108?s=20&t=6MZP7VcJh0jBjX68e_mHDw

フリー・ガイ(2021年製作の映画)

5.0

こんな最高な映画観れてよかった。レディ・プレイヤー1とトゥルーマン・ショーの要素を含みながら、最高な映画だった。
「俺たち何をする?」
「何でも。したいことをする。」
この最後の台詞も然り、現代に生き
>>続きを読む

グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち(1997年製作の映画)

-

もし、人にはないような特別なギフトを与えられたならば、それは使わなければならないのか。今ある楽しさ、簡単な日常を捨てても。


教授=使われるべきだと考えている。他人から強制されても。
相棒=自分の足
>>続きを読む

>|