Naoさんの映画レビュー・感想・評価

Nao

Nao

侵入する男(2019年製作の映画)

2.8

じわじわ系ホラーではなく、はっきりと狂気が描写されてるので見やすいし、ストーリーを把握しやすい。全部丁寧に回収してくれる。が、それが逆に脳裏に残るほどの怖さには繋がらない。出てきた人たちみんなそれぞれ>>続きを読む

パディントン 2(2017年製作の映画)

4.0

食わず嫌いしていたけど、見てよかった映画!パディントンのふわふわ具合が可愛かった💓所々大人もくすっと笑えるユーモアもあり、やさしいイギリス英語が聞けるのも見所(^^)

ミッドサマー(2019年製作の映画)

3.2

明るい(物理的に)ホラーという新たなジャンル、、。
ひどいと思ったけどダニーの表情を見て、あれ?これでよかった?と錯覚してしまうほど。素晴らしい演技。表情1つでこの映画を締め括れるなんてすごい女優さん
>>続きを読む

彼らが本気で編むときは、(2017年製作の映画)

3.4

リンコさんのように全てに丁寧に反応しながら生きていきたい。

TIME/タイム(2011年製作の映画)

3.0

時間をやり取りするっていう設定が面白い。内容は浅め。

あの頃。(2021年製作の映画)

3.7

コズミンが絶妙にいそうな嫌なやつで面白かった。コカドがナチュラルな演技してたのに笑った

ピエロがお前を嘲笑う(2014年製作の映画)

3.4

このレビューはネタバレを含みます

どんでん返しのどんでん返し
ケンカもしたけどいい仲間に出会えてよかったね。

モンスター上司2(2014年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

この映画、笑えるんだけど割とさくっと人が死ぬので苦手。

ジャングル ギンズバーグ19日間の軌跡(2017年製作の映画)

3.3

このレビューはネタバレを含みます

つい悪者を探しがちだけど、この話はただ今のこの危機的状況をどう生き抜くか、だけ。あんまり難しく考えないでシンプルに真剣にみたら面白い。

助かってよかったねー!と終わりたかったのにエンドロールみてほっ
>>続きを読む

ひとよ(2019年製作の映画)

3.2

重めなテーマだけど、おじさんが割と明るめでこの映画をただの暗い映画から救ってくれてる気がする。みんな不器用。
松岡茉優と佐藤健の兄妹ゲンカがリアルでおもしろかった。

アズミ・ハルコは行方不明(2016年製作の映画)

3.2

行方不明っていうのはおばさんの価値観にも入れない、だからといってJKにはもっと入れない。どこにも属せないって意味で行方不明と理解。
でもどこにも属さなくていいよね。自分の今の状況から抜け出すって意味で
>>続きを読む

殺し屋1(2001年製作の映画)

2.6

音楽に気を取られそうになるけど内容をよく見ると浅い。映画ではそこまで描ききれなかったのかなーと。グロい殺人シーンも度を超えると笑えてくる。漫画を少し読んだけど主人公の泣き顔はそっくり。

ピッチ・パーフェクト(2012年製作の映画)

2.0

全体的にとてもチープ。
メンバーの魅力が引き出されてないから最後まで応援したい気持ちが湧かない。曲もただ流行りを詰め込んだだけで、なんにも工夫がない。残念。

バード・ボックス(2018年製作の映画)

3.7

得体の知れない恐怖から逃れる系。
唯一見える敵は精神障害者の人たち。この人たちが完全に悪に描かれていたのだけがちょっと疑問。
子供たちがかわいい💕川下りよく頑張ったえらいえらい。

ザ・ホワイトタイガー(2021年製作の映画)

3.0

インドの階級社会がテーマの映画はいくつもあったけど、それを突破した感。新たなヒエラルキーを生み出したかのように見えるのは今だけ?
どうインドらしさが出てくるか期待したがそれほど。「茶色と黄色が支配する
>>続きを読む

リップヴァンウィンクルの花嫁(2016年製作の映画)

3.5

最初から最後まで安室に騙されてるのに「ありがとうございます」って言っちゃう主人公に終始しっかりして!と言いたくなる笑

ヤクザと家族 The Family(2021年製作の映画)

3.4

ヤクザの年表。歴史とともに変わっていく様がヤクザなのにどこか同情さえ覚えるほど人間らしい。
綾野剛はこういう役が似合う!

バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)(2014年製作の映画)

3.8

マイケルジャクソンのman in the mirrorのように、鏡の中の自分を奮い立たせていた。

私というパズル(2020年製作の映画)

3.8

出産して事件が起きてから、日々が淡々と過ぎていく様子が悲しかった。何も起きない、何も感じない、何も面白くない、。それなのに傷ついている彼女に誰も寄り添わないでなんなら腫れ物扱いで知らないおばさんに突然>>続きを読む

ノーカントリー(2007年製作の映画)

3.5

もうこわいよ。
この奇妙な髪型がこわさを助長してる。
この男にあったら助かる気がしないよ。

ホムンクルス(2021年製作の映画)

2.8

最後の持っていき方はちょっと急いだかなーという印象。
私は漫画派で。

ユージュアル・サスペクツ(1995年製作の映画)

3.4

このレビューはネタバレを含みます

あの刑事にしてみれば、時間を返せ!って言いたくなる
でもあそこまで筋の通った綺麗なデタラメなら騙されても納得。

ソーセージ・パーティー(2016年製作の映画)

3.0

スーパーで繰り広げられる食品達のサバイバルコメディ!の、中になぜかビデが笑
妙に表現が生々しくて下品!
力を抜いてかるーく見られるからおすすめ。

>|