くじらさんの映画レビュー・感想・評価

くじら

くじら

バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)(2014年製作の映画)

3.0

「イカした編集で、そりゃよござんしたね」と思いながら見てたけど、最後のシーンでノせられてしまってホロッときたのも事実なので「グゥ」と言ってしまった。

長回し風な演出で小さな舞台裏を舐めるように使って
>>続きを読む

フランケンシュタイン(1931年製作の映画)

3.8

怪物の悲しい造形も、絵作りも超クール。鮮やか。やっぱホエールは映画上手いんだな…。

かなり「完璧だ…」と震えるシーンが多くて大満足。
火が絵を締める格闘シーンのダイナミズムや、少女と遊ぶ怪物の絵の美
>>続きを読む

華氏 451(2018年製作の映画)

3.0

国家の統制により、「読書」を奪われた近未来の世界。読書の喜びを知ってしまったらどうする?という、名著の映像化2010年代版。

基本は10年代以降の安易な近未来SFが嫌いなのと、意味のないカメラワーク
>>続きを読む

犬鳴村(2020年製作の映画)

1.0

いや、すごい!久々に見たぞ!怒りを覚えるレベル!!!

脚本も演出も全部やばい。初手から放尿に見立てたペットボトルの水、「兄/悠真」からの着信(そんな登録名ねえだろ)、無駄なPOVもどきからやばい感じ
>>続きを読む

独裁者(1940年製作の映画)

3.7

コメディがコメディを侵犯せずにできる最大の説教。とはいえラストは、ただ怒りで乗り越える様に圧倒される。説教の域は出ないが、相手と時代がとてつもなく、あまりに本気すぎるのだ。

さっきまで重厚そうにみえ
>>続きを読む

ラ・ジュテ(1962年製作の映画)

3.8

非常にかっこいい映画。

映画-活動写真から間引きして写真動画を作ったのではなく、活動を凝固させて連続させている映画。

写真を眺めている時の「ここには撮影者はいない」という不在が、連関する写真動画の
>>続きを読む

ゾンビの中心で、愛をさけぶ(2018年製作の映画)

3.6

恋愛映画 × ゾンビ映画。
とはいえ両者のバランスは明らかに偏りがある。恋愛映画にゾンビが調味料としてかかっているのだ。なんで救助が来ないの?恋愛的課題が解決できてないからさ!

前半の「嫌な2人」が
>>続きを読む

ビバリウム(2019年製作の映画)

3.3

「おもしろ〜い」と「納得できねえ😂」の狭間にいる。

托卵ホラー × コピペされる現代消費社会ホラー。

まず微妙だった点。
いくらなんでも托卵の必然性がなさすぎる。
いや分かってる、理不尽な恐怖なの
>>続きを読む

レジェンド・オブ・メキシコ/デスペラード(2003年製作の映画)

2.8

今まで見たロドリゲス作品の中で1番ハマれなかった…

前半までのユーモアのなさがキツい。そんなにパンパンになるなら設定をもう一つ二つ削ってけろ。

みんなも言ってるけど、ジョニデが主役すぎる。前作で子
>>続きを読む

ザ・リッパー(1982年製作の映画)

3.5

念願のフルチジャーロ!楽しかった〜!

しっかり目のエログロドキドキサスペンスに、お洒落な音楽が響く響く。

緑と赤で彩られた嫌な街の中でめくるめく残虐が繰り広げられる中で、街を下からぐわっと映すメイ
>>続きを読む

回路(2000年製作の映画)

4.3

やー面白かった。『カリスマ』に次いで好きかも。

「死者-生者」の陣取りゲームパンデミックムービー。に加えて今作、面白いのはいわば「除外ゾーン」とでも言えるような第三勢力があるところ。

第三勢力は、
>>続きを読む

search/サーチ(2018年製作の映画)

3.1

「全編デスクトップ上だけで繰り広げられるサスペンス」っていう試みだけで無理矢理星3つくらい取れそうなもんだけど、割と堅実にサスペンスとして面白かった!

スクリーンセーバの時に電話が取れないのとかも、
>>続きを読む

ヒトラーを殺し、その後ビッグフットを殺した男(2018年製作の映画)

3.4

なぜか、本当になぜか、超大作映画の様相を保っており、まともな評価ができない。見終わったあと、「なんとなく4.5だったかな?」という気持ちにさせられる。合ってる?

題材はその名の通り「ヒトラー」でも「
>>続きを読む

ブレア・ウィッチ・プロジェクト(1999年製作の映画)

3.5

やー新鮮に怖くてよかった。

カメラが二種類あることが効いてるのがいい。
前半は「作品用カメラ」⇆「オフカメラ」の様相、
後半からは持ち手のト書き。
「誰がそれを撮っているのか」という、povの根幹を
>>続きを読む

マチェーテ・キルズ(2013年製作の映画)

3.4

前作は、マチェーテ自身があらゆるアイテムをマチェーテ化させて装備していたのに対して、今回は与えられるマチェーテがマチェーテ内で意味を拡張させていた。

マチェーテ(人)はマチェーテ(武器)を何度も与え
>>続きを読む

ゴースト・ハンターズ(1986年製作の映画)

3.5

カーペンターの中では本当に蒸気ムワムワで輪郭のない作品に仕上がってる、最強コメディ。

とにかくこの世界観の中で全員なマジなのが救い。マジなんだよいつだって。スタッフ陣も含めて。カーペンター作品はいつ
>>続きを読む

バトル・インフェルノ(2019年製作の映画)

4.0

ダメエセ神父の悪行に見かねた悪魔がわざわざ地獄からやってきた!デスゲーム式熱血教育指導!!
"ジグ・○ウ"よろしく、頑張れば認めてあげるよ!と、軽薄さをひとつひとつ懺悔させられながら物語が進んでゆく。
>>続きを読む

ターミネーター(1984年製作の映画)

3.8

お恥ずかしながら…いや最早恥ずかしくもなんともないわ。初視聴でした!!
おもろっっ!

未来からの来訪者モノで面白いこと全部やってんじゃん。全てを始めるために始まった物語。

全く弛まない背景説明も見
>>続きを読む

死霊のはらわた(1981年製作の映画)

3.7

おい、最高だな。

悪霊メイク第一段階の冴えがすごい。A級を感じる。痛み表現も遠慮ないし大爆笑。間も最高。こういう映画しか見たくないみたいな気持ちになる。

悪霊povどんどん最高になっていて大満足。
>>続きを読む

ブレードランナー(1982年製作の映画)

3.2

2019年ぶりの再視聴。

淀みない世界観は、後続する大量のディストピアSFやアンドロイド生命倫理ジャンルを持ってしても超えられないよなー。

「ロボットを人間に寄せたら感情が生まれてしまう」ことの論
>>続きを読む

ラストサマー(1997年製作の映画)

3.0

初キルまでが最高潮だった。偏差値が下がった『スクリーム』。

恐怖表現の動力源が「バカ」なのストレスにはなるな〜〜〜。いや、そのバカさ加減も笑えるんだけど。人狼ゲーム要素も「バカだから争ってる」にしか
>>続きを読む

ダゲレオタイプの女(2016年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

死んでも2人は分かたれない!嘘の結婚式が全部愉快な愛。

相変わらずの黒沢節で、恨みも復讐もない世界でただ生きる物語。なんであれあんまり気負わず一生懸命に生きなきゃいけない。

お父さんだけうまくいか
>>続きを読む

カリフォルニア・ドールズ(1981年製作の映画)

3.4

女子プロレスラーとマネージャーの巡業ロードムービー。ならず者な3人の、別に格好良くない物語がシブい。

何より、試合シーンが最高!初めから連続ドロップキックに強烈デスバレーボム!敵陣営も全員良かったな
>>続きを読む

エイリアン(1979年製作の映画)

3.2

ぐ、くやしい。あまりハマらなかったぞ………

アバンから出産まではめちゃくちゃ好きだった。あの生物たちの完全さの演出もわかる。

絵だけで語り切るイントロに、マザーを使った最低限の物語構成。宇宙船内の
>>続きを読む

グレムリン(1984年製作の映画)

3.0

これはかなり悪いパニックムービーだ…ギズモが可愛いからって……。

意外と悪趣味でグロい。モグワイちゃんたちがチキン食べるシーンも汚く描きすぎだし、かなり不快にしようとしとるだろ。なんなんだ。

ホラ
>>続きを読む

ニューヨーク1997(1981年製作の映画)

3.7

ジョンカーペンター × カートラッセル × 近未来 = 激クール!!!

それだけではあるものの、降り立った「監獄化したNY」をグオッと映すだけで格好良さを説明終了するシブさなんかは『ゼイリブ』の良さ
>>続きを読む

アパートの鍵貸します(1960年製作の映画)

3.7

や〜〜適当に見ようかと思ってたら面白かった〜〜。

ラブコメって言うけど、ラブコメかどうかかなり怪しい。恋愛の成就と言っていいか定かではないエンド、爽やかさがすごい。

この爽やかさは脚本の妙か。
>>続きを読む

デリカテッセン(1991年製作の映画)

3.4

イントロに力が入りまくっていて、本編がこれ以上ではないのでは?と不安だった。

でも始まったらそれが呼び水だったことに気づいた。始まる全てが、イントロを媒介して意外すぎる。まさかのセカイ系かよ!

>>続きを読む

吸血鬼ドラキュラ(1958年製作の映画)

3.5

「一冊の手記」を辿り物語が始まる構成、無骨でシブいし、おかげで序盤に背景説明をほとんどせずに済んでいる。映画の真ん中で初めてドラキュラ退治法を教えてもらう、クールな構成が映える映える。

そして何より
>>続きを読む

アナベル 死霊館の人形(2014年製作の映画)

4.0

再視聴!初めてホラー映画が面白いと思った運命の映画。

ホラーに対して食わず嫌いで「怖がらせるだけなんでしょ」と軽視してた私は、序盤の家から家への移動を長回しで完璧に映すシーンを見て「これはヤバいぞ」
>>続きを読む

パラサイト 半地下の家族(2019年製作の映画)

3.3

四角くて完璧な画面構成にあまり惹かれず、全体的に説明的すぎて『グエムル』のが好きだった。分かってたけど「メタファー表現」を褒められる映画が好きになれねえ。

においの映画演出が見事だったとはあまり思わ
>>続きを読む

霊幻道士(1985年製作の映画)

2.8

大量のキョンシー横並びでもう爆笑しちゃった。

とうとう手をつけたよ『霊幻道士』!『霊幻道士』を知ったのは『キョンシー』で、あの悲哀を帯びたマンションでだったのでまずピントを合わせるのに時間がかかった
>>続きを読む

スクリーム3(2000年製作の映画)

3.4

「映画の文脈(1)」、「映画体験、(2)」と続き、今回は「映画作成」だ!

本人と演じる役者=「自分の片割れ」と、片割れをキャスティング・指示する監督を主軸として物語は進んでいく。台本や小道具、プロッ
>>続きを読む

Bedhead(原題)(1991年製作の映画)

3.8

記念すべき"80作品目"は、アクションを大好きにさせてくれたロドリゲスの"8分"のファーストムービーに捧げます。

『エル・マリアッチ』のDVDについていた、ファンにとって(多分ロドリゲスにとっても)
>>続きを読む

絞殺魔(1968年製作の映画)

4.1

これはすごい。めちゃくちゃすごい。演出に全てかかってるサスペンス映画。

序盤の画面分割、私は大好きだ!過剰で気になりそうな感じはするけど、どれも意味ある挑戦だったように感じた。

ただ、本当に怖いの
>>続きを読む

ノーカントリー(2007年製作の映画)

3.3

どうしようもない悲しい運命をBGMゼロで走り切る、梅雨みたいな質感のチェイスムービー。
追いかけっこなのに速度が夢の中みたいに遅いのがまた悲しい。

空気砲と麻薬組織ってどうあがいてもB級ぽくなりそう
>>続きを読む

>|