ピートロさんの映画レビュー・感想・評価 - 2ページ目

ピートロ

ピートロ

映画(1119)
ドラマ(0)
アニメ(0)

青春ブタ野郎はゆめみる少女の夢を見ない(2019年製作の映画)

4.1

テレビアニメの完全なる続編。
全体的なトーンは暗く重苦しいものの、主人公の思春期症候群の秘密も氷解し、SF的展開はうまい。
素直に泣けた…。

エイドリアン 亡き妻が世界に遺したもの(2021年製作の映画)

4.0

エイドリアン・シェリーのことはハル・ハートリー作品の常連程度の知識しか有してなかったので、彼女が幸福の絶頂で殺害されたことや、監督・脚本も多く手がけていたことなどを初めて知った。
単純に彼女の映画人と
>>続きを読む

黄龍の村(2021年製作の映画)

3.8

約1時間しかなく内容もなかなかに変化があるのにまとまりがあった。
ベタと裏切り具合が絶妙。
詳しくは言えないが、全然グロくないのでホラーが苦手な方も前情報なしでぜひ。
ヘルシンキラムダクラブの音楽もい
>>続きを読む

べイビーわるきゅーれ(2021年製作の映画)

4.2

主演二人のやりとりが微笑ましく、会話もフレッシュで、ずっと観ていられる(部屋の定点カメラパート好き)。
アクションパートは想像していたよりも短尺だったが、評判通り迫力がありたしかにすごかった。
登場人
>>続きを読む

ハンナとその姉妹(1986年製作の映画)

4.1

三姉妹とその夫や恋人たちが繰り広げる恋愛群像劇。
ドロドロな関係と相反してなぜか爽やかな後味は、ウディ・アレンにだまされている感じがする。そんなとらえどころのなさが好きだ。
スクリューボール・コメディ
>>続きを読む

RUN/ラン(2020年製作の映画)

3.9

新鮮さはないけれど、無駄なくツボを押さえてコンパクトにまとめられており、よくできていると思った。

山河ノスタルジア(2015年製作の映画)

3.9

男女の三角関係や母子の絆を、過去・現在・未来を舞台に描く。
ストーリー自体はなんともつかみどころがない奇妙な味わい。
主役は中国の田舎の絶妙なロケーションだと思った。

ブレッドウィナー/生きのびるために(2017年製作の映画)

3.7

ブレッドウィナーとは大黒柱の意味らしい。
9.11の頃のタリバン政権下のアフガニスタンで、男装して外出し一家を支える少女の奮闘と悲劇。
作画のクオリティも高く、演出も面白かったのだが、全体として見ると
>>続きを読む

君は永遠にそいつらより若い(2021年製作の映画)

4.0

児相への内定が確定し卒業を間近に控えた主人公をめぐる物語。
なんとなく浮ついた学生生活の残滓を惜しむようなチャラついた話なのかと思っていたら、あにはからんや残酷で重苦しいストーリー。
キャストがみな魅
>>続きを読む

ウィンター・オン・ファイヤー ウクライナ、自由への闘い(2015年製作の映画)

4.0

2014年ウクライナ騒乱のドキュメンタリー。
極寒の季節にほぼ丸腰のまま命がけで親露派政府に対抗したウクライナ国民の、自由と尊厳をかけた闘争とその勝利に感動したが、その後のロシアからの度重なる攻撃と今
>>続きを読む

ザ・バニシング-消失-(1988年製作の映画)

3.9

時間軸操作の目的が独特で面白い。
ラストは個人的にアレの恐怖症なので本当にたまらない。確実に悪夢にうなされる。
作品全体の奇妙な味わいがよかった。

ブラック・ウィドウ(2021年製作の映画)

3.9

マーベル作品(映画)はだいたい観ているけど、さりとて熱心なファンというわけでもないので、人物相関や時間軸もわからず、鑑賞後、解説サイトで調べて「あー、なるほど」とか「あー、そうだったっけか」とつぶやき>>続きを読む

ドライブ・マイ・カー(2021年製作の映画)

4.1

最近の春樹原作作品では『バーニング』がよかったけれど、「春樹ワールドの空気感」という点では本作の圧勝。
情感のないセリフや熱量低めのトーンがここちよく、約3時間という長丁場も飽くことなかった。
岡田将
>>続きを読む

センセイ君主(2018年製作の映画)

3.9

ハイテンション・ラブコメ。
浜辺美波のぶっとんだ演技に心奪われた。
竹内涼真の笑顔は同性でもキュンとくる。
それにしても、ネットスラング、ジュディマリ、ドラゴンボール&ロッキーパロなどこの作品のターゲ
>>続きを読む

ヒッチャー(1986年製作の映画)

3.8

以前『恋するけだもの』上映後のトークショーで白石晃士監督が、本作からの影響についてちょっとだけ触れていたが、未見だったのでずっと気になっており、ようやく観た。
終始極めて不条理だが、前半の予測できない
>>続きを読む

映画 えんとつ町のプペル(2020年製作の映画)

3.6

豪華な声優陣に驚いたが、プペル役の窪田正孝は最初全然わからなかった(いい意味で)。
キャラデザや演出に「つぎはぎ」感があって統一性がないのが生理的に気持ち悪かった。
期待通りメッセージ性は激強だったけ
>>続きを読む

罪の手ざわり(2013年製作の映画)

4.1

4つのオムニバス。どれも面白く、映像もかっこよく、テーマも現代的で8年前の作品という古さをまったく感じさせない。
中国の「中途半端な風景」が醸し出す雰囲気がとてもいい。
一番好きなのはナイトクラブの話
>>続きを読む

フリー・ガイ(2021年製作の映画)

3.9

ヒロイン役のジョディ・カマーは『最後の決闘裁判』の主演の人かー。だいぶ印象が違ったので最初わからなかった。
ディズニーならではの「使えるものはなんでも使う」貪欲な姿勢を、サービスとして喜ぶか、げんなり
>>続きを読む

ライトハウス(2019年製作の映画)

3.8

孤島にオジサン2人きりという閉塞感を、モノクロで極狭画面サイズ(1:1.19)が効果的に増幅している。
徐々に現実と狂気の境が曖昧になっていく不穏なムードは楽しめたが、贅沢をいえばあとなにかもう一つ欲
>>続きを読む

アメリカン・ユートピア(2020年製作の映画)

4.1

衣装や舞台が同系色にデザインされ、セットも楽器のケーブルもない、ミニマルなトークとダンスのミュージック・ショウのドキュメンタリー。
「トーキング・ヘッズ」やその楽曲を詳しく知らないぼくでも楽しめるとこ
>>続きを読む

シャン・チー/テン・リングスの伝説(2021年製作の映画)

3.9

『ショート・ターム』の監督ということで気になっていたものの、後回しにしていてようやく鑑賞。
出来はよいのかもしれないが、個人的にこういった「旨いもの全部詰め合わせハイカロリー弁当」に飽きつつあることに
>>続きを読む

プロミシング・ヤング・ウーマン(2020年製作の映画)

4.2

先が読めるような読めないような展開の絶妙さと、90年代テイスト感あふれる「キメ絵」もよかったけれど、なんといってもこんな重苦しいテーマをエンタメの範疇で処理しきった胆力がえらい。
ポップで不穏な哀しき
>>続きを読む

17歳の瞳に映る世界(2020年製作の映画)

4.2

主人公の少女は大人たちにたいして徹底的な不信感を抱いており、まったく頼ったり相談しようとしない。
そのため観客であるぼくらにも詳細な情報はわからない。
彼女の行動に常に不安や心配を感じさせる物語の構造
>>続きを読む

スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム(2021年製作の映画)

4.2

異常な高評価、ネットでの盛り上がりから、ちょっとハードルを高く設定しすぎてしまったのかもしれない。
自分なりに展開を3つ予想してのぞんだのだが2つあってた。
テーマも現代的。
こんなファンムービーが大
>>続きを読む

PK(2014年製作の映画)

3.8

高得点なので気にはなっていたが、アマプラにないのと2時間半という長尺のため、ずっと後回しにしていた。
主演女優アヌーシュカ・シャルマの肉感的なルックスと人懐っこい笑顔が魅力的。
インド映画なのに、宗教
>>続きを読む

機動戦士ガンダムNT(2018年製作の映画)

3.7

90分という短い時間にギュウギュウに詰め込まれていたのでテレビ番組の総集編かと思った。
どことなく『AKIRA』や『エヴァ』風味がした。

映画大好きポンポさん(2021年製作の映画)

4.1

かわいいキャラ造形に油断していたが、新人映画監督の奮闘を描いた感動的なストーリー。
作画の美麗さはもちろんのこと、演出も非常に凝っていて、映画的な手法のカットやアニメ的なケレン味あふれるエフェクトなど
>>続きを読む

ファーザー(2020年製作の映画)

4.2

認知症を描く視点を変えることで、こんな魅力的なサスペンスになるという発見がすごい。
そんなすばらしい着想にアンソニー・ホプキンスの名演が加わるのだからもう無敵。

隔たる世界の2人(2020年製作の映画)

3.9

ジョージ・フロイド事件を題材にした「タイムループもの」のショートフィルム。
落下する瓶を受け止めるなどの『恋はデジャ・ブ』からの教科書どおりのお作法もちゃんと押さえているのは好感が持てる。
短編らしい
>>続きを読む

サウンド・オブ・メタル ~聞こえるということ~(2019年製作の映画)

4.0

聴覚を失ったドラマーの煩悶を描く体感型ムービー。
先に『エターナルズ』を観ていたので、ローレン・リドロフが出てきたとき「あ、マッカリだ」と思った。
主人公が彼女と再開したときのやりとりや、物語の終わり
>>続きを読む

劇場版 呪術廻戦 0(2021年製作の映画)

4.2

これだけで1クールいける濃度。
乙骨のシンジオマージュは、アニメファンへのサービス?
アクションシーンもすばらしいし(一瞬インサートされるエフェクトかっこいい)、最後の対決の乙骨の決め台詞は単純にしび
>>続きを読む

パワー・オブ・ザ・ドッグ(2021年製作の映画)

4.2

ヒューマンドラマの割にはやけにホラーやサスペンス的演出が多く、ずっと不穏な空気に包まれているのが不思議だったが、なるほどなと。
台詞による説明には一切頼らず、登場人物らの心情や生い立ちを描く丁寧なつく
>>続きを読む

ドント・ルック・アップ(2021年製作の映画)

4.3

巨大彗星衝突という古典的な題材ながら、SNSや巨大IT企業の影響力、現代アメリカの分断問題などを盛り込み、洒落た会話と軽妙なテンポで今観るべき作品に仕上がっている。
前半は政府やマスコミのあまりの無理
>>続きを読む

スウィートホーム(1989年製作の映画)

3.3

冒頭の暗すぎる市役所の雰囲気はまさに黒沢清。
CGにはないVFXならではのゴア的質感がいい。
伊丹十三の長尺歌唱タイムは謎。
気合の入りすぎた宮本信子の「ヴォーーーイ!」という悲鳴が耳に残る。
それに
>>続きを読む

マトリックス レザレクションズ(2021年製作の映画)

3.2

ダサい、痛々しくて見てられない…。
監督と出演者が年を重ねたなら、やはりその年輪を良い方向に活用するべきであって、ただ「あの頃」を再現して欲しくはなかった(というかできてなかったし)。
『ローガン』と
>>続きを読む

ラストナイト・イン・ソーホー(2021年製作の映画)

4.3

最近、ジャンルミックス的な作品が流行っている(ような気がする)し、個人的にも好みなのでたいへん楽しめた。
新しい映像表現への挑戦や、MV並に流される音楽のノリもよかった。
まあ、主演の2人(特にアニャ
>>続きを読む