パッキャラマドさんの映画レビュー・感想・評価

パッキャラマド

パッキャラマド

評価点数に小数点は極力つけない。☆5満点の出し惜しみはしない。

映画(31)
ドラマ(0)

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

5.0

涙。(←これ以上は言えない)

日本アカデミー賞最優秀作品賞にノミネートされるだろうな。ノミネートすらしなかったら日本アカデミー協会は茶番や! もしかしたら、米国オスカーも取る⁉︎淡い期待を1人で想像
>>続きを読む

パティ・ケイク$(2017年製作の映画)

4.0

PBNJ♪ ナナばあちゃん最強〜!
底辺まではいかないけど下層社会をラップを通じて描いてるところが良かったな。
Gate of hellが異世界感を漂わせていて映画的ですごく好き。 母ちゃんのいい声
>>続きを読む

女と男の観覧車(2017年製作の映画)

4.0

御年82才。巨匠ウディ・アレンと同じ時代を生きてる幸せ。しかも現役のウディ・アレンの新作をほぼタイムリーに観れるなんて!  

主人公が友人にアドバイス求めたのに、結局それを言葉とは裏腹に反故してしま
>>続きを読む

ゼア・ウィル・ビー・ブラッド(2007年製作の映画)

5.0

「ファントムスレッド」の監督と主演のタッグ過去作。ファントムスレッドの彼が「静」とすると、こちらは「動」。「無欲」とすると、こちらは「強欲」。
ウルフ・オブ・ウォールストリートが好きな人には相性がい
>>続きを読む

レディ・バード(2017年製作の映画)

4.0

良かった!現代版の「赤毛のアン」アン・シャーリーや! 赤毛のアンは自分のことをレディー・コーデリア・フィッツジェラルドだと思ってるし!

「家族」と「自我」と「自立」と「アイデンティティ」とを、自分
>>続きを読む

ファントム・スレッド(2017年製作の映画)

4.0

ダニエル・デイ・ルイス 引退前の最後の作品。高校時代に授業をエスケープして彼主演の「父に祈りを」を映画館に観に行ったことを思い出し非常に感慨深い。

訳ありのドレスの仕立て屋が主人公。ヒロインの女性は
>>続きを読む

ビューティフル・デイ(2017年製作の映画)

3.0

誰か〜。主人公の彼に生きる喜びを教えてあげて-。

過去の罪と罰を、一人で背負っているような主人公のジョー。
全体的に会話シーンを少なく、状況を説明するシーンも少なくしムダな贅肉を削いで、研ぎ澄まされ
>>続きを読む

孤狼の血(2018年製作の映画)

5.0

狂ってる(←褒めてます!)

アウトローな老刑事と正義感と法律を盾にする若手刑事2人のコンビ。バディー感が全然ないんだけど、それが逆に見る側にバディー感があるように見える錯覚。

1980年代の東映T
>>続きを読む

刑事マルティン・ベック(1976年製作の映画)

4.0

TSUTAYAで"良品発掘"シールが目に止まってレンタル。

1976年製作のスウェーデン映画。あまり古さは感じず、意外な展開で満足できる北欧ミステリだった。
まず意外だったのは主人公が初老! キャラ
>>続きを読む

きみへの距離、1万キロ(2017年製作の映画)

4.0

ラジオで稲垣吾郎がオススメしてたので観た。
結論から言うと、そこそこ良作で「さすが月イチ吾郎!のチョイス」と唸った。ちょっと日本語のタイトルがミスリードで思ってた展開と違ったので逆により楽しめた。
>>続きを読む

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

4.0

出てくるアニメ・ゲーム・ダンス・映画やらが大人になる通過儀礼のように、私の人生を通り過ぎいったものばかりで胸熱。
せちがらい世の中だけど、現実の社会と、リアルでの人のつながりを強く肯定してくれてありが
>>続きを読む

タクシー運転⼿ 〜約束は海を越えて〜(2016年製作の映画)

4.0

In spite of all the danger!
後半から涙が止まらなかった。本当にあった韓国軍事政権下1980年の光州事件の話。

フツー映画なら、本来の主人公は外国人のドイツ人にしてその目線
>>続きを読む

操作された都市(2017年製作の映画)

4.0

ちょっと新感覚の映画だったな。最初の5分は「何だよー。これ観て失敗かも」と思ったけど、これは後々に続く重要な仕掛けに過ぎなかった。粗削りな部分はあるし強引な所もあるけど、それでもワクワクさせられた。見>>続きを読む

牯嶺街(クーリンチェ)少年殺人事件 デジタル・リマスター版(1991年製作の映画)

4.0

東山彰良著の直木賞作品「流」(←☆5)を読んでいたので、内戦で敗れて台湾に渡った中国人の荒廃感や鬱積感はすこしは学習していた。

レビューの高さで、この映画を観ると肩すかしを食らうかも…。ただ時間を経
>>続きを読む

ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル(2017年製作の映画)

4.0

IMAX 3Dで鑑賞。 サウンドが前から後ろから地響きがすごかった。 終わった後、出口付近で観客が「楽しかったぁ」とほうぼうで聞こえたのが印象的。必見ではないけど見たら楽しい映画。

非モテ組がカッコ
>>続きを読む

レッド・スパロー(2017年製作の映画)

4.0

最近、現実に起こったイギリス郊外でのロシア人元スパイの暗殺。国際問題にまで発展しているが、ちょうどこの映画の内容とダブっているところがあり、戦慄をおぼえた。

普通の国民が、国家特殊機関に才能を見込ま
>>続きを読む

メイド・イン・ホンコン/香港製造 デジタル・リマスター版(1997年製作の映画)

5.0

関西圏の人に朗報。2018年4月7日よりシネリーブル梅田で上映開始。

20年前の映画だから感覚が合わなくても、「まぁ良いか」ってな具合でハードル下げ下げで見始め観たんだけど、本当に傑作だった。鑑賞し
>>続きを読む

花とアリス(2004年製作の映画)

5.0

過去鑑賞

ファンタジーで本当に不思議の国のアリスに迷い込んだような感覚になった。岩井俊二サイコー。

愛のむきだし(2008年製作の映画)

5.0

過去鑑賞

トリプルAの西島隆弘 と満島ひかりに目が離せなかった。人にはオススメしないけどスゴイ!

ビッグ・フィッシュ(2003年製作の映画)

5.0

過去鑑賞

ストーリーに出てくる父親の「ハチミツ」の話が最高に好き。

レインマン(1988年製作の映画)

5.0

過去鑑賞

ダスティン・ホフマンの台詞で「Wet」と言う場面で泣けた。

ガタカ(1997年製作の映画)

5.0

過去に鑑賞。
運命に抗(あらが)う最高のSF映画。

blank13(2017年製作の映画)

5.0

斎藤工の"匠"の"巧み"な構成とストーリー展開! これが映画初監督とは思えないほどの出来栄え! 泣いたー。

このストーリー最初どうやって落とし所をつけるんだろうなと思ってたら、ガラッと変わってそう
>>続きを読む

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

4.0

観る前からかなりハードルが上がっていたので、最初は、先が読めてしまいそうなありふれたストーリー展開に不安になったけど、それを凌駕する歌の存在が大きかった! 歌は主張だ。メッセージだ!リズムに乗っている>>続きを読む

犬猿(2017年製作の映画)

4.0

吉田恵輔監督の 4年ぶり待望のオリジナル作品。
人間の内面のほんの小さな悪を描くのがスゴく上手で、これ以上深掘りすると下品にもなりうる 直前のところで止める。微妙な匙加減が観客を魅了する。 吉田監督の
>>続きを読む

悪女/AKUJO(2017年製作の映画)

5.0

最高!という評価以外、言葉が見つからない。

ガンアクション、カーアクション、カメラワーク! だけでなくセリフにも無駄がなく空前絶後!!

自分は結構ストーリーの矛盾の粗探しをする方だけど、この映画は
>>続きを読む

ローガン・ラッキー(2017年製作の映画)

5.0

楽しすぎるー。まぢヤバい!

人が死なない、人を殺そうともしない最高のクライム映画だった!

コメディ要素的な雰囲気は一切感じられなく話は進むし、みんな真面目にクライムしてるんやけど、観てる側はケラ
>>続きを読む

女神の見えざる手(2016年製作の映画)

5.0

レビュー評価がべらぼうに高かったので観てみたらアタリだった! あやうく名作を見逃すところでだった。
友人を選ばずにオススメできるので☆5です。

社会派ドラマと謳ってるけど、サスペンス要素もあった
>>続きを読む

T2 トレインスポッティング(2017年製作の映画)

4.0

T1は、みんなが言うほどハマらなかったけど(鑑賞当時は若かったから?)、今回のT2は面白かった。4人の若者は、中年オジサンになっても変わってなかった!

"REALITY BITES" 現実の世知辛さ
>>続きを読む

オリエント急行殺人事件(2017年製作の映画)

4.0

30年前に読んだ原作の内容を忘れていたのですごく楽しめた!

最初の方のシーンで主人公ポワロの性格が分かった!…ようなつもりだったが、カウンターパンチを食らってノックアウト(←心地よい)

鑑賞後、ト
>>続きを読む

ビフォア・サンライズ 恋人までの距離(1995年製作の映画)

5.0

「もし神様が存在するなら人の心の中にはいない。人と人とのほんのわずかな隙間にいるの…。」会って1日の若い男女が織りなすの珠玉の会話劇。
所々で2人が引き合いに出す言葉が対比になっているところがおしゃれ
>>続きを読む